県外をさすらう

2012年9月12日 (水)

『オムライスの店 おむや』おむやセット(岡山県岡山市)



この日は所用で、岡山県へ。

所用も所用、観光気分なんてノンビリ味わえそうになかったもんで

せめて、岡山名物“デミカツ丼”でも食べておこう…なんて街を歩いてみる。

ま、でも

スマホナビで見付けたお目当ての店は、宿泊先から結構遠かった(笑)

そんなこんなで歩き疲れて、立ち寄ったのがコチラ

岡山市柳町にある『オムライスの店 おむや』です。








このお店、店名が示す通りのオムライス専門店。

メニューは色々チョイス出来て面白い。

①外観:ふわとろ・巻き

②サイズ:メガ(1300g)・L(800g)・レギュラー(500g)・S(300g)

③ソース:特製デミグラス・トマトソース・和風おろしソースなど13種類

④トッピング:スパイシーチキン・あらびきベーコン・ロールキャベツなど9種類

もうこの時点で、食いしん坊のハートを鷲掴み(笑)








【おむやセット(Lサイズ)】850+50円

まずは、サラダとスープが登場。

サラダは、自家製木苺ドレッシングがかけられたもの。

スープは何てことないコンソメ味だが、具に白玉団子が入っている変わり種。

そして、待つこと数分

メインのオムライスが登場♪








今回のチョイスは、ふわとろ&オーロラソース&トッピングなし。

サイズは様子見、800gのLサイズ(笑)








最初にバターの風味がフワッと広がり

程よいケチャップ率のライスと、これまた程よい半熟加減の卵が口の中で融合。

酸味のあるオーロラソースがアクセントになり、食べながら楽しい。

本当は巻き型オムライスの方が好きだけど、今回はふわとろで正解。








食べ進めていく中、ウズラ卵がひょこっと現れるサプライズ。

たかがウズラ、されどウズラ

鷲掴みにされていたハートを、さらにグリグリ揉まれたような気分です(笑)

いや〜、なかなか楽しい。








Lサイズでも多いかなと思っていたけど、難なく完食。

これならば、1300gのメガでも全然大丈夫だったかな。

食べログで後日チェックしてみると、評価は思いの外良くないようで。

個人的には悪くないと思うし、店先で待ち客が出来る位人気あるみたいだけどな〜。

ま、でも、強いて言うならば

店内はあまり広くなく、カウンター席も簡素な作りで居心地は良くなかったかな。

オッサンよりも、カップルやファミリー向けなのかもしれない。






■オムライスの店 おむや

住所:岡山県岡山市北区柳町2-1-8 佐藤ビル 1F 地図(スマホナビ対応)

時間:11:00~22:30

定休日:日曜

駐車場:無

2011年5月 9日 (月)

祖谷渓の小便小僧(徳島県三好市)



大歩危峡かずら橋滝美食堂…ときた、今回の“GW徳島ぶらり旅”もこれでラスト。

せっかくなんで、祖谷渓の『小便小僧』を見て帰ろう♪…ってなことに。

ところが、どっこい

祖谷街道中一番の難所といわれる、この七曲りの道が結構キツい(笑)

対向車に遭遇しては、離合…をひたすら繰り返します。







しばらく走り続けていると

祖谷温泉の近くで、何やら人だかりが?

まさか…







じゃじゃん!!

小便小僧を発見♪







少し角度を変え、横から小便小僧♪







後ろに回って、背中越し小便小僧♪

…って、しつこい?(笑)

なお、この像は

かつて、地元の子供達が度胸試しをしたという逸話にちなんで作られたんだとか。







小便小僧の頭上からのアングルで渓流を撮って…と思いましたが

ま、ここは高所恐怖症でヘタレな私目線でご勘弁を…(笑)

いや〜、それにしても

この断崖絶壁から眺める祖谷渓の景色も美しい♪

祖谷に来たなら、この名所も押さえておいた方が良いかもしれませんね〜。






■祖谷渓の小便小僧

住所:徳島県三好市池田町松尾

駐車場:無

2011年5月 8日 (日)

『滝美食堂』祖谷そば(徳島県三好市)



さて、徳島ぶらり旅の続きです。

スリリングな体験を済ませた途端、少し安心したのか

ちょいとばかり小腹が減ってきました(笑)







かずら橋周辺には、食堂や売店が何軒か建ち並び

その店先で、アメゴの塩焼きなどの祖谷名物が売られています。

芋や豆腐に特製味噌を付けて焼いた“でこまわし”も美味しそう♪









歩いて間もなくすると、見えてきたのが「琵琶の滝」

滝に近付けば、マイナスイオンを肌で感じられます。

この滝は、その昔

戦に敗れ、人目を忍んで隠れ住んだとされる落人が

この滝の下で琵琶を奏でて慰め合った、という言い伝えもあるそうです。







で、その側にある『滝美食堂』で昼食を取ることに。

この食堂では、店内で滝を眺めながらの食事も可能なようです。







メニューにも数々の祖谷名物がありますね。







今回は店の向かい側にあるスペースで、川のせせらぎを聞きながら食べることにしましたよ。







そよ風に吹かれ、眺める祖谷川は格別。

旅の疲れも癒されますね〜。







「祖谷そば」500円

見た目、刻み揚げとカマボコが入った素朴なそばといった感じ。







祖谷そばは、今回初めて食べましたが

あっさりとした出汁に、少し太めで短い麺が特徴的なんですね。

素朴過ぎて、物足りなさも若干感じる味わいですが

自然に囲まれた場所で食べるには、これ位が丁度良いのかも。

次回は、他の祖谷名物も食べてみないといけませんね〜♪







関連ランキング:郷土料理 | 三好市その他

2011年5月 5日 (木)

祖谷のかずら橋(徳島県三好市)



「レストラン 大歩危峡まんなか」から山道を突き進み

今回の目的地『祖谷のかずら橋』の近くまでやって来ました。

無口な駐車場管理人を横目にポストへ料金を投入(笑)







川岸方面へ歩いていくと、案内板が見えてきました。

更に歩を進めて行くと、どこからか悲鳴が?







なんと、あそこにかずら橋が!!

山奥にあるイメージがありましたが、そう遠くない場所にあるんですね。







早速、かずら橋へ向かいます♪







おっ、橋が見えてきましたね。

多くの人が恐る恐る渡っていくのが見えます。







その恐怖体験を味わうにも500円が必要なんです…(笑)







ウィキペディアから一部抜粋しますと

【現在の西祖谷山村善徳のかずら橋は長さ45m、幅2m、谷からの高さ14mで日本三奇橋の一つであり、重要有形民俗文化財である。】

…と、あります。

“超”が付くほどの高所恐怖症の私が

何故この場所をGWの観光地に選択したのか、自分自身でも不思議なんですが

恐いもの見たさも一生に一度と考えればアリなんでしょね(笑)

さ〜、そろそろ渡りますっ!!







%*☆※♯…!!

この板と板の隙間では、足を踏み外すと完全にズポッといくではないですか(笑)







が、しかし

橋から眺める景色は最高♪

…とは言っても、ヒヤヒヤしながら撮ってたもんで

ほとんどの画像がブレまくってましたけどね〜(笑)






■祖谷のかずら橋

住所:徳島県三好市西祖谷山村善徳

時間:日の出〜日没

定休日:無休

駐車場:有

2011年5月 4日 (水)

大歩危峡観光遊覧船で川下り(徳島県三好市)



さ〜て、記憶が鮮明なうちに最近のネタを書いておかねば…(笑)

GW初日でもあったこの日

たまにコメント欄に出没する職場仲間のAさんと徳島県入り♪

で、今回のぶらり旅の途中で立ち寄ったのが

国道32号線沿いにある三好市の『レストラン 大歩危峡(おおぼけきょう)まんなか』です。







駐車場から見下ろすと、目に飛び込んでくるのが

風に吹かれて泳ぐ鯉のぼりと、エメラルドグリーンに輝く吉野川。

この吉野川では観光遊覧船が随時運行されています。

なお、その乗船場付近の片岩は県指定の天然記念物なんだそうですよ。







せっかくだから、遊覧船にも乗っておこ〜♪…ってなことで

レストラン内で乗船券を購入し、階段を下って乗船場へ。

(大人1050円、小人525円)

大ボケ小ボケなオッサン二人組が、大歩危・小歩危を舟下り♪

ま、どちらが大ボケの方なのかは触れませんが…(笑)







遊覧船の前には行列が。

靴を脱ぎ、ゴザの敷かれた船内に座っての乗船なわけですが

多くの観光客を一度で乗せ切ろうとしてるのか、身動きし辛いほどの鮨詰め状態に。

もうちょい、人数制限とかの配慮があってほしいもんですけどね〜。







ま、そんなこんなで出発〜♪

この日は晴天でほんと良かった。







川岸には、長年の水流によって傾いた奇岩が見られます。

他には、ライオンの形に見える“獅子岩”なども。

この季節は、岩ツツジもアチラコチラで咲いてました。







下流でUターンして乗船場に戻ってくる頃には、鯉のぼりがお出迎え。

約30分のノンビリとした川下りも風情があって良いもんですね。







レストラン内の売店で買物もしましたよ。

ご当地キューピーも、こんなスタイル。









祖谷そばや藍染めの衣類など、徳島県ならではの名産品が沢山。

で、Aさんが買ったお土産がといいますと…







「土佐の思ひ出」!!

う〜ん…旅の雰囲気なんて度外視のAさん(笑)







さ〜、いよいよ

今回の目的地へと向かいますよ〜♪






■レストラン 大歩危峡まんなか

住所:徳島県三好市山城町西宇1520

時間:9:00〜17:00

定休日:無休

駐車場:有

2010年12月21日 (火)

ヨットで上蒲刈島へ♪(広島県呉市)

今年も残すところ、あと10日となりました。

あちこちぶらついた記念に撮り収めた画像を眺めていけば

いろんな思い出が、走馬灯のように蘇ってきます。

それと同時に、後回しにしたままの

ブログに載せ忘れた画像まで見つかるもんです(笑)

今年のネタは、今年のうちにってことで…

まずは、この日のお話をご紹介♪







「無料でヨット体験が出来る話があるで〜♪」

…と、同じ職場で働くオジサンからのお誘い。

このオジサン

普段から冗談しか言わない、オオカミ少年…

いや、オオカミ中年のような人で(笑)

案の定、胡散臭く思った他の職場仲間からは

敬遠されまくりで、見事なまでの撃沈(笑)

で、結局

ブログのネタ欲しさに、私だけが立候補したわけで…







今治の菊間から、広島県の呉市に向かって出発♪

半信半疑だった私も、ここでようやく

これはマジ話だったんだな〜と、確信(笑)

そのオジサン、ヨットのオーナー

そして、もう一人同行者がいての計4名で

楽しい船旅と相成りました♪







エンジンを切って、風を受けてスイスイと進みます♪

大型船が通過して生じる大波には、ヒヤヒヤしつつも

これはこれで、また楽しいもんです。

広島まで、結構な距離があるとは思っていたものの

あっという間に目的地が見えてきました。







上蒲刈島に到着〜♪

『かまがり海の駅』?

道の駅ならぬ、海の駅ってのもあるんですね。







早速、島を散策してみます♪

あちこち撮りまくりの私なんて、ほったらかしで

二人の中年は、歩を進めております(笑)









この「県民の浜」の海水浴場は

“日本の快水浴場百選”

“日本の渚・百選”

“日本の水浴場55選”

…に、選出されているんだそうです。

広島には、こんな美しい海水浴場があるなんて

ほんと、羨ましいですな〜。







「海猿」のロケ地にもなってたようです。

そして、この周辺には

宿泊施設・温泉・天体観測所なども…

う〜ん、ほんと羨ましい。







駐車場の外れから、坂道を上っていくと…







展望台があるんです♪







眺めも良好♪

このあと、持参した弁当で腹鼓を打ち

後ろ髪を引かれる思いで、島を退散。







帰る頃には、海面に日光がキラキラと反射。

この日は、色々と滅多に味わえない体験も出来て

いい思い出になりましたね〜♪

詳細はよく分かりませんが

こういったヨット体験は、各所で定期的に行われているようで

申し込めば、なんとかなるのかな?

なんとかならなかったら、ごめんなさい(笑)






■かまがり海の駅(県民の浜)

住所:広島県呉市蒲刈町大浦7605

駐車場:有

2010年11月24日 (水)

『豚太郎 東津野店』ミソカツメン(高知県津野町)



宇和島に帰省しての3日目

降りしきる雨の中、またまた高知県入りしてみました♪

その最中で、空腹に耐え切れず立ち寄ったのがココ

『豚太郎 東津野店』です。

ま、正直なところ…入るか入るまいか

躊躇してしまうような外観ではあります(笑)









ふと、壁に目をやれば

みそカツラーメンをプッシュしていることがわかります。

きっと、某番組でも“変な食べ物”扱いされたんでしょう(笑)







「ミソカツメン」700円







個人的には、ラーメンのトッピングにカツはアリ。

カツの厚さに物足りなさはあるものの

揚げたてで、香ばしくサクサクと食べられます。

ある支店では、冷食の一口カツらしきものが

さも、当然のように乗ってましたから(笑)

まだ、この店は良心的といえますね。

スープは、やや濃いめながらも美味しくいただけました。







好みの問題もありますが、やっぱり

昔から食べ慣れた愛媛の豚太郎の味の方が私は好きかな。

高知の豚太郎は各店舗で、メニューやその味

店構えでさえも、さほど統一はされておらず

比較的自由な感じで、フランチャイズっぽくもないですね。

東津野店でも、この異色な看板が目印となっておりますよ♪






■豚太郎 東津野店

住所:高知県高岡郡津野町力石

時間:?

定休日:?

駐車場:有

2010年10月19日 (火)

道の駅・木の香(高知県いの町)



「大瀧の滝」を出たあとも、寄り道街道まっしぐら♪







「長沢貯水池」の周りをバク進♪

この辺りは代わり映えしない道が続き

運転もちょい疲れ気味…









「長沢ダム」です。

しばらく景色を眺めた後、さらにバク進♪







県道40号線から国道194号線方面へ左折。

そして、大橋ダム周辺にある「木の根三里」へ。

おっ、この吊り橋を渡ってみましょ〜かね♪







うお〜!!

めちゃめちゃ揺れる〜!!

高所恐怖症でもある私は

半分も行かない所でギブアップ(笑)

あわてて戻ろうにも体が動かんかった(笑)







展望台やキャンプ場とか面白そうなもんがあるんやけど

ま、こればかりは仕方ない…

これじゃ、徳島の「かずら橋」へは行けそうにないな(笑)







そして、今回のぶらり旅の最終地となった

道の駅の『木の香(このか)』に到着〜♪

外観写真を撮り忘れたので、先ずは中の様子から。

ここで、高知産のラー油をゲット♪







限定販売の「きじカレーパン」もゲット♪

きじ肉と本川いも

そして何か?が入ってる…







揚げたてをパクっとな♪

あまり油っぽくもなくイケますね〜。

たくあんみたいな食感がしたのは気のせいか…(笑)

でも、そうだったとしても

意外にマッチしていてアリでしたよ♪







側に流れる桑瀬川ではアメゴ釣りも出来るようです。

また、この敷地内には「木の香温泉」もあり

旅の疲れを癒すには持ってこいでしょうね〜。

このあとは、長〜い「寒風山トンネル」で県境越え

西条から松山へ国道11号線を真っすぐ帰りましたとさ…

疲れて、寄り道する気にならんかっただけやけど(笑)






■道の駅 木の香

住所:高知県吾川郡いの町桑瀬225-16

時間:11:00〜20:00

定休日:無休(1〜3月は毎週火曜)

駐車場:有

2010年10月18日 (月)

大瀧の滝(高知県いの町)



「土小屋」を出たあとは、毎度恒例の寄り道タイム♪

「よさこい峠」まで行くと、大きく右折。

そこから、山道を下っての高知県入りです。

あああ〜、ワクワクします(笑)

行き当たりばったりな旅って、いいやね〜♪(笑)







曲がりくねった県道40号線をひたすら進む中

見えてきたのが「白猪谷渓谷」の看板。

ちょっと気にはなりつつも

ここは、無難にスルー♪(笑)







お…?

滝ですよ〜♪

距離はあるもののバッチリ眺められます。







後で調べて分かったんですが

この場所から、滝の近くまで行くことも出来るんだとか?

う〜ん、行ってみたかったな〜。

この点が、行き当たりばったりの悪いところ…(笑)









『大瀧』で“おおたび”って読むんやね?

板に滝の説明が書かれているとは思うんやけど

年季が入ってて読めません(笑)







時間帯によってはライトアップも可能なようです。

まだ午後3時過ぎだったので、装置は動かず。

ちょっと試してみたかったですね〜。









駐車場の向かい側には、山から水が流れ落ちています。

これが、かなり冷たい♪

ちなみに、この滝がある一帯は

冬場は道も凍結して、かなり危険なんだとか…

凍った滝も見てみたいもんですけどね。

さて、さらに山道を突き進みますよ〜♪






■大瀧の滝

住所:高知県吾川郡いの町寺川

駐車場:有

2010年10月10日 (日)

第69番札所 観音寺(香川県観音寺市)



「神恵院」から、六十九番札所の『観音寺(かんのんじ)』へ。

【2010年9月11日 巡礼その15】

同じ境内にあると、参拝も楽ですよね。









大師堂、本堂と参拝。









境内にある大きな楠。

ガッシリとした力漲る根元ですね〜。

どうか、お疲れ気味のオッサンにもパワーを…(笑)






■観音寺

住所:香川県観音寺市八幡町1-2-7

駐車場:有

無料ブログはココログ