ぶらつき@宇和島市

2012年8月23日 (木)

『なつかしのキャラクター おもちゃ博』in きさいやロード(宇和島市)



盆休みの宇和島ぶらり旅の続き。

「大衆食堂 わかば」で昼食を済ませた後は

愛車ハーレーで、商店街アーケードの“きさいやロード”を爆走♪

松山の大街道を自転車で走ろうものなら

血相変えた監視員?に慌てて止められますが

宇和島であれば、のんびり優雅に走ることが出来ます(笑)








そんなこんなで

次の目的地は、こちらの「もーにほ〜る」(三越跡地)

この会場では、えひめ南予いやし博の一環として

『なつかしのキャラクター おもちゃ博』が現在開催中なんです。

やはり、おもちゃで育った“元・男の子”としては、このイベントは押さえておくべき♪(笑)








会場内に入ると、1階ロビーでは

子どもの頃、我々が胸を熱くしたヒーローやロボットがお出迎え。

左から、グレンダイザー・マジンガーZ・グレートマジンガー

う〜ん、今見てもカッコいい♪








その横には、仮面ライダー・ウルトラマンエース

奥には、鉄腕アトム・タイガーマスク

昭和のヒーローが、これでもかと勢揃い♪








この仮面ライダーは、どうやらガチャガチャの自販機のようで

左太股にお金を入れ、右膝からカプセルが出たりするのかな?

ま、この辺は、カッコいいのか悪いのかちょっと微妙…(笑)








会場の2階へと上がると、そこには沢山のおもちゃが待ち構えています。

おもちゃの種類も、1960〜2000年代別に分けられていて

大人から子どもまで幅広い年齢層に受け入れられる仕組。

1960年代の有名どころは、鉄人28号・巨人の星・ウルトラマン・黄金バットあたり。








さて、これは何でしょう?

私は微かに記憶を残しながら、全然思い出せませんでしたが(笑)

年上の同僚Aさんにこの画像を見せたところ、なんと、ジョウロだと判明。

背中から水を入れ、指先からピューッと…?

これまた、カッコいいんだか悪いんだか微妙(笑)








私がハマるのは、1970年代。

これは自宅にあったよな〜なんて物もチラホラ見られます。








ライディーン・ガイキング・コンバトラーV・鋼鉄ジーグ










ジャッカー電撃隊

知っている人は知っている

知らない人は当然知らない、4人のサイボーグ♪(笑)








あしたのジョーは、シャンプーの容器でしょうか?

昔はこんな、キャラクター物シャンプーも多かったんですよね。

ま、でも、ジョーの顔も微妙な上に

“手ブラ”ポーズがセクシーだったりします(笑)








おもちゃ以外には、映画のポスターも。

その昔、宇和島にあった東映の映画館にはよく通ったな〜。

グレートマジンガー&ゲッターロボや

歴代仮面ライダーの“夢の競演”には大興奮したものでした。








入場料は、大人300円(子どもは100円)

私と同世代のオッサン(元・男の子)であれば、これで300円なら安いもんです。

開催期間は、9月30日まで。

気になる方は、宇和島に遊びに来たついでに立ち寄ってみるのもいかがでしょうか♪






■もーにほ〜る

住所:愛媛県宇和島市新町1-4-9 地図(スマホ ナビ対応)

時間:10:00~18:00(イベント開催期間中)

定休日:?

駐車場:無(周辺に有料駐車場あり)




2012年5月 2日 (水)

ナンゾコレ珍百景 ~宇和島編~

GWの連休を利用し、宇和島の実家に帰省しております。

宇和島の町並みをフラフラしていると気付きます。

この町って、何か変だな~…と(笑)








てなことで、今回紹介します『ナンゾコレ珍百景』

某テレビ番組のパクリかよ、なんて声が聞こえてきそうですが

ま、その辺は深く考えずにお付き合い下さいませ(笑)

そんなこんなで、まず最初のナンゾコレ♪

さ~て、コレ↑何だと思います?








なんと、巨大迷路の入口だったんですよね。

普段は通らない道とはいえ、宇和島にこんな場所があるとは知りませんでした。

門は閉鎖している上に草木が覆い茂っているので、実態は掴めず(笑)

迷いに迷った末に、文字通り“夢の国”で終わったことも考えられますが

その真相はいかに?








お次は、弁当屋。

素通りしてしまいがちな交差点付近に店舗を構えていますが

よ〜く見ると、通行人を魅了する宣伝文句が書かれていたりします(笑)

その味わいも一度は試してみたいところですが、果たして…








引き続き、弁当屋。

オープン当初はイケてる店名だったと想像してみる(笑)

いや、それにしても、流行語の風化って恐ろしい。

個人的には、揚げ出し豆腐は大好物ですが

弁当のオカズとしては、チョベリバの部類でないかと(笑)








さてさて、唐突に始まった感のある「ナンゾコレ珍百景」も

珍百景といいながら、早くもラストの紹介となってしまいました(笑)

前記事でもチラッと触れた、この遊園地ですが

ナンゾコレだけでは済まない、素敵なアミューズメントパークと言っても過言ではないでしょう(笑)

ま、V3の後頭部ばかりお見せするのも何なので








じゃじゃん♪

やっぱ、遊園地には遊具がないとあきまへん(笑)

どうですか、V3の背中に乗れるなんて画期的でしょ?








ま、それでも

大の大人が乗っかると、貴重な“宇和島遺産”を破壊しかねません(笑)

そんな時には








隣にあるロボコンで我慢しましょう(笑)




このGW、どこに遊びに行こうか決めかねている貴方

話のタネに、一度この遊園地に訪れてみませんか?(笑)

詳しくはこちらをクリック→



2011年5月 2日 (月)

山本牧場の芝桜(宇和島市)



宇和島に帰省して二日目

この日は、津島町にある『山本牧場』へ。

国道56号線を南下して行き、津島高校を過ぎた辺りで左折

そして、県道4号線の山道をひたすら上っていくと







…到着〜♪

この牧場は春になると、花畑の一面に芝桜が咲き誇るそうです。

GWということもあってか、この日も多くの人で賑わっていましたよ。







芝桜を見に行く手前で、双子のヤギがお出迎え♪

…といっても、草を食べるのに夢中で

全然こちらを向いてくれませんでしたが(笑)







おっと、他のヤギがヒョコヒョコッとやって来てくれました。

可愛いですね〜。

ここにいるヤギは、まだ生まれて間もないそうです。







芝桜の前でくつろぐ人達も。

ほのぼのとした雰囲気に心も和みます。







芝桜の間にある小道を通って行くと

オッサンな私も乙女チックな気分を味わえます♪

(以前にも同じような言葉を使ったような…笑)







見頃は過ぎていますが、それでも充分綺麗です。

青や白の芝桜も所々で見かけましたよ。









芝桜以外にもツツジなどの色んな花が。







来年も綺麗な芝桜を見られると良いですね〜。

そんな気持ちで“芝桜募金箱”に少しですが募金もしておきました。







この小高い山を上って行くと、放牧された牛にも会えるそうですが

一雨来そうな雲行きのため、今回はパスしました。

ネタ欲しさに上ってみたら良かったかな?(笑)

なお、この牧場では

定期的にミニイベントも行われていて、季節に関係なく楽しめそうですよ。

『山本牧場』さんのHPは→コチラ






■山本牧場

住所:愛媛県宇和島市津島町槇川150

駐車場:有

2011年2月24日 (木)

丸山公園(宇和島市)



先日の記事でもチラッと触れましたが

今回は、宇和島市の『丸山公園』を紹介してみたいと思います。

私にとっては、なんだかんだで二十数年ぶりの訪問。

それでは、ちょいと懐かしい気分に浸りながら

公園内を散策してみま〜す♪







まずは「梅園地」へ。

先ほどの案内板がある辺りから、下り坂へ向いて歩いていくと…







うむむ、これは恐ろしい。

朝早いからか、この梅園地には誰もいないようなので

私をイノシシと見間違う人はいなかったはず…?(笑)







で、肝心な梅の開花状況ですが

この日(2月13日)の時点で、三分咲きといったところでしょうか。

しかも、あまり日の当たっていない木にいたっては

ほとんど咲いていない様子。

今年は、去年よりも開花が随分と遅いようです。







お次は「運動広場」







殺風景な広場ではありますが

私の小中学生時代は、ここでソフトボールなんかをよくやりました。







その広場の奥には、多くの遊具があったはずなんですが

いつの間にやら、この鉄棒だけに?

これは、ちとばかり寂しいですね…







その運動広場から、公園内を東側へ移動。

「陸上競技場」と「多目的グラウンドの」横を通り抜けると、小高い山が見えてきました。

どうやら、あそこが「ふれあい広場」のようです。







その広場まで上り、そこから宇和島の景色を眺めてみました。

ちなみに、真ん中に小さく写っているのが宇和島城。







案内板のある場所まで戻り

さらに西側へ移動すると、闘牛場が見えてきました。

昔は、この辺りは

牛のウ○コだらけで、えらいことになっていましたけど…(笑)









現在も闘牛大会は定期的に行われている様子。

また今度、機会があれば観戦してみるのもいいかな♪







その闘牛場近くにある通称“きのこの山”

幼少期、同名のお菓子から我々が名付けたんですが

今回、これを目の当たりにした時には

ちょっとした感動すら覚えましたね(笑)

ま、このブログを見てくれている方で

この感動を共鳴してくださる方が、どれくらいいるのやら…(笑)

いや〜、それにしても

新設された個所もあるとはいえ、二十数年前とあまり変わっていませんでしたね。

この公園は、運動するのも良し散歩するのも良しですよ。

私も、また帰省時にでも訪れてみようかな♪






■丸山公園

住所:愛媛県宇和島市和霊町555-1

駐車場:有

2010年6月13日 (日)

赤松遊園地(宇和島市)





和霊神社の前を流れる須賀川沿いに車を走らせ

『赤松遊園地』にやって来ました。

“遊園地”といっても期待しちゃ〜いけません(笑)

ここは、小・中学生時代によく遊びに来てた場所なんですが

今はどうなってるのか気になってたんですよね。







ま、案の定…遊園地には誰もおりゃ〜しません(笑)

近くに釣り人が数人おるだけです。

おっ、あれは?

どうやら、この売店は健在のようですよ。







1986年のマリリン♪

時代が止まっているのか?

それとも…

私のような年代に対するウケ狙いなのか?(笑)







その売店の横には食堂もあるんです。

ま、海の家みたいなもんですね。

ひとしきり海水浴を楽しんだ後は、よく「即席ラーメン」を食べたもんです。

今でも微かにその味を覚えていますが

おそらく、金○ゃんラーメンだったかと…(笑)

ちょっと中に入ってみたい気もしたんですが、人の気配が全く無かったもんで今回はパス(笑)







ま、一応ですが遊具はあります。







反り返っとるね〜。

こんなん本当に現れたら、ちびっ子もショッカーも逃げ回るで(笑)







お〜、懐かしい♪

このブランコで勢いつけて海に飛び込んでたもんです。

当時は、クラゲに刺されながらも

何十回飛び込んでも飽きんかったもんやけど。







今は遊泳禁止でしょうか?

とても泳げるような状態じゃないですね。







海水を洗い流すためのシャワー室もあります。

ま、温水が出る…っていうよりも

外気温で熱くなってしまった水が出てくるんですが(笑)







記憶が定かやないけど有料だったんですね…

子供には、ちとばかり高いような気も?(笑)







もうひとつのシャワー室は、少しだけ安い(笑)

でも、鍵がかかったままの“開かずの間”状態になっております。









遊園地の奥まで歩を進めると覗き岩が見られますよ。

その形状からしても奇岩といえますね。







こんなメルヘンチック?なもんもあったんです。

その竜宮城への入口は、ひっくり返ったボートによって塞がれてますが…(笑)

それにしても、この「赤松遊園地」

あんまり変わっていなくて嬉しかった♪

我々は歳を取るものの、この場所だけはいつまでも変わらない

そう…それは

まるで、玉手箱を開いてしまったかのようでもあります。






…いいオチかな?(笑)






■赤松遊園地

住所:愛媛県宇和島市大浦甲2342 地図

駐車場:有



2010年6月12日 (土)

第42番札所 仏木寺(宇和島市)





「龍光寺」で出会ったオイチャンと同行し

向かうは、四十二番札所の『仏木寺(ぶつもくじ)』

【2010年5月6日 巡礼その7】

オイチャンの軽トラのナンバーからして

どうやら、はるばる徳島から来たみたい。

後で聞いてみたところ、八十八ヶ所巡りは何度もやってるんだとか。

さぁ、オイチャンが逸れないようにゆっくり誘導いたしますよ〜♪







到着するなり、本堂へ向かい

すたすた歩いていく徳島のオイチャン。

あ、これ↑オイチャンの後ろ姿(笑)

何度も巡ってるだけあって慣れたもんやね。











私が境内であちこち撮影しよったら

いつの間にか、徳島のオイチャン見失ぉた…(笑)

途方に暮れてもしゃ〜ないんで、帰ろうとすると

早々と、門から出とった。

で、アイス売りよるオイチャンと談笑しよるし(笑)







アイスのオイチャンによると

ここのアイスは“仏木寺名物”なんだとか?

ま、せっかくなんでね

敢えて、そのオイチャンの口車に乗ってみる…(笑)

うん、懐かしい味やね♪

よく見りゃ、アイスを撮影しよる私を見つめとる?(笑)







「明石寺には行かんの〜?」って誘われたんやけど

ここで、徳島のオイチャンとはお別れ。

ここから、明石寺へは山道を通らなければいかんけど

無事着けたやろ〜かな?

さて、私は

まだまだ、三間町をあちこちドライビン♪

そういえば、この辺にあるゴルフ場で

キャディーのバイトしたこともあったよな〜。

嗚呼、懐かしい思い出…






■仏木寺

住所:愛媛県宇和島市三間町1683

駐車場:有

2010年6月 8日 (火)

第41番札所 龍光寺(宇和島市)

さっき、録画しておいた『SONGS』観たんやけど

安全地帯の曲ってエエやね〜♪

昔は、玉置氏の歌い方も険しい顔で固い感じやし

こちらまでも、釣られて険しい顔になったりしたもんやけど?(笑)

なんか、少し力が抜けた歌い方になってた。

もちろん、いい意味で。

それとも、私がリラックスして聴けるような年代になったんかな?

玉置氏が歳老いた分、私も歳老いたもんやし…(笑)

ちなみに、明日が『SONGS』安全地帯の第二夜。

6月9日(水)22:55〜23:25/NHK

どうしても、ここ最近のワイドショーの

あの件がクローズアップされがちなんやけど(笑)

曲は間違いなくエエですよ♪







さて、本題です。

四十一番札所の『龍光寺(りゅうこうじ)』にやって来ました。

【2010年5月6日 巡礼その6】

「コスモス館」からは、車で数分で行ける距離。

といっても、こんな近さなんやけど

ナビに散々振り回され、30分くらいかかった(笑)

ま、この石で出来た案内↑が見つかれば

すぐ分かるんやないかなとは思います。







ようやく駐車場までたどり着きました。

ここから、坂道を上ると寺へ行けるようです。

駐車場の手前にある門を撮影していると

地元のオイチャンが、軽トラで近寄ってきて

「これから上がるんか〜い?」

と気さくに声をかけていただきました。

「はい、そのつもりです」

と答えると…

「ありがと〜〜〜♪」

って、軽トラで去っていきました(笑)

田舎の人って温かいやね〜。

見知らぬ人と挨拶したり出来るのも

こういった寺巡りの魅力の一つかもしれんね。







民家の間を抜けるように、石段を上ります。









上が本堂で、下が大師堂。

お遍路さんも、結構来てましたね。







境内から見渡す三間町の景色。

ここで、またもやオイチャンから声をかけられました。

「次のお寺へは行かんの〜?道がよく分からんのよ〜。」

さっきのオイチャンとは違います。

かなり似てたけど…(笑)







さて、次は

このオイチャンとの同行二人…いや、同行三人?(笑)

のネタを書きたいと思います。






■龍光寺

住所:愛媛県宇和島市三間町大字戸雁173

駐車場:有

2010年6月 6日 (日)

道の駅・みま コスモス館(宇和島市)

嗚呼…長すぎたのよね、GW。

書くネタはたまりにたまってるんやけど

ポンポンと書ける余裕と若さがない(笑)

で、これ一ヶ月前のネタ。

今さら思い出しながら書いてるなんて…

ま、地味〜に脳みそ動かすけん

アンチエイジングにはなるかもね(笑)









ま、そんなこんなで

宇和島に帰省して3日目

この日は三間町方面へドライビ〜ン♪

まず最初にやって来たんは

ここも、うれしはずかし初訪問

『道の駅 みま コスモス館』でございます。

同じ宇和島市でも「きさいや広場」と比べると

場所が場所なだけに、ちょいと寂しい雰囲気?







山に囲まれた三間町は農産物が豊富やね。

特産品売場には野菜がいっぱいでした。

なんか面白いもんないかな?と物色してたら

おぉ♪

「チューしたくなる飴」を発見。

これで憧れのあのコとウフフのフ…

な〜んて妄想してたんやけど

「一人でなめるのはやめましょう!」なる注意書き…

思わず心ん中でつぶやきましたよ

「なめんじゃね〜!!」






…飴だけに♪







さてさて(笑)

気を取り直した私は

三間産の「秋ウコン」を買っちゃいましたよ♪

やっぱ、健康第一っしょ。

これを毎晩ではないものの

寝る前に薬みたいに水で流し込んで飲んでます。

気のせいかもしれんけどプチ健康気味(笑)

ま〜…でもね

これって、飲む時むせるんよ。

しかも、かなりの高確率でむせる(笑)

ウコンって水に溶けにくいんやろかね?







せっかくやし、記念館にも入ってみました。

入館料は、大人300円。









「畦地梅太郎記念美術館」

三間町出身の版画家のようで

その作品は味があって良いですよね〜。

ポストカードかなんか売ってたんかな?

買っとけばよかったかな〜と思ったものの後の祭り。









こちらは「井関邦三郎記念館」

「畦地梅太郎館」と同じ館内に併設されております。

昔のトラクターやコンバイン

農業に関する資料やパネルなどが展示。

ま、この記念館はそれなりやね。









この道の駅にはレンタルサイクルも置いてあるようで

三間の田舎道を自転車で走り

自然と触れ合ってみたりするんもいいかも♪






■道の駅 みま コスモス館

住所:愛媛県宇和島市三間町務田180-1

時間:9:00〜18:00

定休日:火曜(祝日の場合は翌日)

駐車場:有

2010年6月 5日 (土)

道の駅・みなとオアシス きさいや広場(宇和島市)



水分補給も必要なオッサンのGW♪

普段、自転車乗らんもんで

たまに乗ると尻痛になるんよね〜。

この辺りから、自ずと

悩ましい腰振り走行に…(笑)







「宇和島城」の次にやって来たのは

初訪問の『道の駅 みなとオアシス きさいや広場』

去年の4月にオープンした道の駅なんですよね。











特産品売場は多くの人で賑わってました。

宇和島ならではの海産物や農産物など

他の道の駅に負けないくらいの充実ぶりでしたよ〜。









売場の中で水槽を発見。

地元のチビッコたちに混ざり

尻痛なオッサンも魚に釘付け〜♪







「みかん唐辛子」なる物があったので買ってみました。

みかんパウダー?の入ってる割合が多いもんで

辛いもん好きな私には少し物足りんかな…

でも、料理の香り付けにはいいかも♪









貝柱の入った「パールコロッケ」は一番人気のようです。

想像してたよりは淡白なお味。







パールコロッケの他にも美味そうなもんがあるね。

次回の訪問時には、じゃこカツでも食べてみよ〜♪






■道の駅 みなとオアシス きさいや広場

住所:愛媛県宇和島市弁天町1丁目318-16

時間:9:00〜18:00

定休日:無休

駐車場:有

2010年6月 4日 (金)

宇和島城(宇和島市)



え〜、さてさて

ブレーキ泣きのする愛車ハーレーで滑走するGW

「天赦園」で目の保養をしたあと

お次に向かうは「宇和島城」です♪

ほ〜んと、久々で

20年以上前に行った以来やろか?







城山の南側に位置している「上り立ち門」

今回はここから上ってみようかな♪

その古めかしい外観からは歴史を感じますよね。

城山東北側にも「藩老桑折氏武家長屋門」なる入口がありますよ。







さて、門をくぐって石段を上ります。









この坂道の途中に洞穴があったんやけども…

もう無くなったんやろか?

その洞穴に生息してるゲジゲジが頭に落ちてくると

えらいことになるという伝説があったんよね。

もちろん、子供が流行らせた迷信なんやけど(笑)







城山を上る途中で現れる「郷土館」

無料ならば入ってみます♪(笑)









館内には、民俗資料などが展示されております。

ここの管理人のオイチャンが話好きで

宇和島ネタを楽しく聞かせてもらいました♪







この急傾斜な石段を上ると…








ド〜ンと、天守閣。

江戸時代以前から、現代まで保存されている現存12天守の1つのようで

その天守は、国重要文化財に指定されているとか。









天守閣内には、模型や日本全国の城のパネルなどが展示。

最上階から眺める宇和島市内の景色も良い♪

宇和島に遊びに来た際には

是非とも立ち寄ってほしい場所ですね。






■宇和島城

住所:愛媛県宇和島市丸之内1

時間:天守閣 9:00〜16:00

※城山内は、6:00〜18:30

定休日:無休

料金:天守閣 200円

駐車場:?

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ