食べ歩き@砥部町

2013年6月16日 (日)

『なかまる』ちくわ天ぶっかけ(砥部町)

01_2

砥部町川井の『なかまる』

この店も愛媛屈指のうどん屋と言って過言ではないでしょう。

これまで何度か訪問済みですが、当ブログでは久々の紹介となります。






04_2

めっさ気になる、豪華な「なかまるスペシャル」

ランパス提示でワンコインになるんですが、この日はあいにく夕方の訪問。

メニューを恨めしく眺めつつ、その隣の一品をオーダー。






05

【ちくわ天ぶっかけ・冷】600円+大盛り100円






06_2

竹輪は縦に半分カットしたものと2欠片。

その横には、刻み葱・海苔・白ゴマ・レモン・生姜。






07_2

麺はモッチリ、申し分ないコシ。

ダシも濃すぎず薄すぎず、丁度良い味加減。

ちくわ天も揚げたてホクホク、うどんの邪魔をしない存在感。

刻み葱がこの店特有?しんなりとした食感で好み。

葱って、麺が良ければ良いほど(冷し系は特に)

青臭い歯応えある食感は却って邪魔になるだけ、とこの店に来る度思い知らされる。






02_2

03_2

この日も満足、間違いなく美味かった。

非の打ち所がないとはこのことか。

あえて欠点を探すなら(探す必要もないが)

やっぱ「なかまるスペシャル」がえらく高いってことだけ(笑)

ファットマンさんのブログによると

このスペシャルは具材が多すぎて、大盛りにしないと麺が不足するらしい。

千円オーバーか…給料日以降に再検討だな♪(笑)




関連記事はこちら

「なかまる」牛すじうどん(砥部町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-95d2.html






■なかまる

住所:愛媛県伊予郡砥部町川井868 地図

時間:11:00~14:30/17:00~20:00(日曜は11:00~14:30)

定休日:月曜

駐車場:有


2012年12月 4日 (火)

『楢家』カツスパゲティ(砥部町)

01_2

02

砥部町高尾田にある『楢家(ならや)』に初訪問。

県道23号(伊予川内線)を東方面に進んだ、高尾田交差点付近にある喫茶店。

こちらも以前から気になっていた店の一つだったりします。






03

店内は明るく、清潔感もある良い雰囲気。

テーブル数も多めで、人数もそこそこ入りそうな広さ。






04_2

05_2

06

メニューの数も結構豊富。

やはり定番のアレかな~なんて考えていた矢先

思わず目にとまってしまったコチラをチョイスしてみました。






07

【カツスパゲティ】800円

店を切り盛りしているお母さん曰く、一番よく注文されるメニューだそうです。




08

鉄板 on the ミートスパ on the カツ♪

カツスパゲティが食べられる店ってありそうで、あまりないのかも。

私も、数年前に訪問した今治市「イーストバレイ」以来だったりします。






09

カツは脂身の少ないロース肉。

油が新鮮なのか、衣もサクッとアッサリとした食感で食べやすい。






10

ミートソースはまろやかな昔懐かしい味わい。

トマトの酸味も抑えめで、奇をてらうことなく具材もシンプル。

お好みで、タバスコや粉チーズなどで味変しながら食べるのがアリかな。

ボリュームはもうちょい欲しいですね、800円だし。

ま、でも、ネタに行き詰まりしていた砥部方面で

のんびりと寛げそうな喫茶店を発見できたのは何よりの収穫♪






■楢家

住所:愛媛県伊予郡砥部町高尾田270 地図

時間:8:00~20:00

定休日:?

駐車場:有


2012年11月 5日 (月)

『うどん茶屋 大林』鍋焼きうどん(砥部町) ※閉店



砥部町の『うどん茶屋 大林』に初訪問。

国道33号線沿い、運動公園入口交差点付近にあるうどん屋。

店舗は少し奥に入った場所にあり、国道からは看板しか確認出来ないため

素通りしてしまいがちな店ではあります。








店内は、昔ながらの老舗うどん屋の趣。








一般店にしては全体的にリーズナブルな値段設定。

各種うどんメニューが揃っています。








【鍋焼きうどん・大盛り】580円+100円

寒くなってきたこの時期にはコレでしょう。








具材は、牛肉・玉子・蒲鉾・鳴戸・葱

オーソドックスな鍋焼きスタイル。








麺は少し硬めのゴツゴツしたタイプ。

グツグツと煮え立っていても全然軟らかくならない頑丈な麺です。

出汁はアッサリ、いや、かなり薄め。

鍋焼きうどんといえば、甘かったり、少し醤油辛いものを予想するものですが…








この貼り紙を眺める私に、御夫婦が声を掛けてくださいました。

何でも、この地で店を構えて30年近く営業されていながらも

ご主人の年齢も70才を過ぎ、後継者も居ないため

今年の12月30日を以て、閉店してしまうんだそうです。

ここ数年は、ご主人が脳梗塞を患う中

懸命に営業を続けてきたことも明かしてくれました。

いかにも、私が不健康そうに見えたのか

「野菜食べなさいよ」「納豆が良いわよ」

と、奥様も母親のように色々と心配してくださいました。

(私と同い年の娘さんがいるんだとか)

ん〜、待てよ

あの薄味は私を気遣ってのことかもしれないな〜?

そういえば、こちらをチラチラ覗いてたような気もするし(笑)

普段は、もうちょい出汁の味もしっかりしているのかもしれませんね。

ともあれ、色々と考えさせられるこの日の訪問でした。






■うどん茶屋 大林

住所:愛媛県伊予郡砥部町上原町290-3 地図

時間 11:00〜18:00

定休日:火曜

駐車場:有




2012年7月18日 (水)

『食堂ちとせ』冷めん(砥部町)





久々の紹介になります、砥部町の『食堂ちとせ』

ジメジメと蒸し暑かった梅雨時の訪問に、夏メニューを発見♪

やはり、ここは押さえておくべきでしょう。








【冷めん】600円








麺の上には、ハム・胡瓜・錦糸玉子・もやし・わかめがトッピング。

綺麗にカットされた具材から、店のご主人の丁寧な仕事ぶりを窺い知ることが出来ます。








中細麺と具材を、程よい酸味のタレに絡めてガッツリ。

ごくごくシンプルながら、オーソドックスなスタイルの冷麺ですが

他店で食べるそれよりも、どこか繊細さを感じさせますね。

欲を言えば、もうちょい冷水で麺がキュッとシメられていると良いかも。








【玉子焼】200円

今回は、一品物も追加オーダー。








中に具材は入っていないプレーンな玉子焼きですが、これも良い。

やはり、シンプル且つオーソドックスなスタイルなんです。

妙に甘かったり、しょっぱかったり

パサパサしてたり、グチャグチャしてたり

そんな玉子焼きに度々出くわしますが(私は玉子焼きにはウルサイ…笑)

この店の玉子焼きは、文句を出させない“まとまり”があります。

これに醤油を微量(少量では多すぎ)垂らして、ご飯をワシワシやってみたいもんです。

ま、それ位ならば今度やってみよう♪(笑)

いや~、それにしても良いですね。

普通の食堂ながら、その奥に光る輝き…私は見逃しませんぞ(笑)




関連記事はこちら

「食堂ちとせ」豚網焼き定食(砥部町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-56be.html

最近メシ その4
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-4.html

最近メシ その3
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-ae92.html






■食堂ちとせ

住所:愛媛県伊予郡砥部町千足212 地図

時間:11:00〜14:30/17:30〜20:00

定休日:日・祝祭日

駐車場:有

2012年3月18日 (日)

『麺屋 夢創』カレー味噌ら~めん(砥部町) ※移転による閉店



こちらも久しぶりの訪問となる砥部町の『麺屋 夢創(むそう)』です。

高架下という場所からか、または前回の訪問が影響してるのか?

ちょいとばかり足が遠退いていましたが、今回は果たして…








店内はこちらのカウンター以外にも、テーブル席がいくつか。

お一人様の訪問故に、カウンターに陣取る訳ですが

この席、厨房からの湯気と熱風が半端なかったりします(笑)










その湯気と熱風により、曇るデジカメのレンズを拭きながらの撮影…(笑)

メニューは、前回訪問時より幾分増えているようです。








気になる冬限定の一品。

オーダーしてみたものの、この日は残念ながら売り切れでした。








てなことで、二番目に気になったコチラをオーダー。

「カレー味噌ら〜めん」750円

赤い丼が目を引きますね~。






<BR>

具材は、チャーシュー・もやし・ネギ・刻み玉ねぎ。

カレー&味噌がブレンドされたスープには白ゴマと黒ゴマか入っています。








麺は中細、固過ぎず軟らか過ぎずの良い食感。

肝心のスープも、カレー&味噌どちら共に風味のバランスが良く

クセのない円やかな仕上がりになっていますね。

いや〜、こりゃ美味いですよ♪








「唐揚げねぎまみれ」400円

ラーメンと一緒に、こちらもオーダー。








ラーメンのサイズと比較しても分かるように

この唐揚げ、なかなかのボリュームなんです♪








唐揚げ一つ一つのサイズも大きめ。

甘辛いタレとネギを絡めてかぶりつくと、口の中で肉汁ジュワ〜。

これまた良いんです♪

あくまでも個人的見解にはなりますが

今回の久しぶりの訪問で、印象はガラリと変わりました。

また近々、再訪問してみよう♪




関連記事はこちら→「麺屋 夢創」真醤油ら~めん(砥部町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-72ea.html?optimized=0








関連ランキング:ラーメン | 北伊予駅久米駅北久米駅

2012年2月14日 (火)

『珈琲 貴族』かくれんぼピラフ(砥部町)



以前より気になっていた砥部町の『珈琲 貴族』に初訪問。

国道33号線を南下し、国道379号線に移って小田方面に向かえば

左手にこの黄色い建物が見えてきますよ。








砥部焼観光センターの近くということもあってか

駐車場横には、こんな感じで陶器などが置かれていたりします。








店の入口手前には、こんな物も。

ちょっと怪しい店なのかなと予想していましたが

あながち間違ってもなさそうです(笑)








店内は照明を抑えた落ち着く雰囲気を醸し出していますが

この日は常連と思われる団体客で賑わっていたため、私は2階へと移動。

こちらは、日差しも入る明るい部屋となっています。








本棚のマンガも豊富に揃っていますが、その年齢対象はいささか低め…(笑)












メニューは、コーヒー・ドリンク・デザート












トースト・サンドイッチ・ピザ・グラタン・ピラフ・カレー












スパゲッティ・焼きそば・定食・お好み焼き…などなど。

で、この中からオーダーしたのが








「かくれんぼピラフ(サラダ付)」700円








薄焼き卵の下にピラフが“かくれんぼ”しているのは一目瞭然とはいえ








ケチャップで書かれた「?」マークが謎を呼びます(笑)

ほんでもって、パクっとな♪








…おおっ、美味い♪

店の雰囲気からして、味への期待のハードルは下がっていましたが(笑)

そんなことを抜きにしても、これは良いですね~♪








豚肉や山菜に加え、アサリ・イカ・エビなど魚介類の旨味が出ているんでしょう。

食べ進むとケチャップが時折アクセントにもなり、最後まで飽きさせません。

ボリュームもそこそこあるので大満足な一品でした♪








2階には私一人しか居なかったはずなんですが

何処かしらから視線を感じていたのは気のせいだろうか?(笑)

それにしても、料理は意外に美味しいし(…失礼)

遊び心は満載過ぎるし(笑)

珍しいモン好きな私も、今回ばかりは頭の中に「?」マークを浮かばせながら店を出ました。

全然“貴族”らしくない「貴族」

興味ある方は是非お試しあれ〜。




『珈琲 貴族』のHPはコチラ http://kizoku.info/

※店の正式名称は「COFFEE & REST KIZOKU」のようです。








関連ランキング:カフェ | 砥部町その他


2012年2月11日 (土)

『なかまる』牛すじうどん(砥部町)

食べログでも評価の高いうどん屋『なかまる』に初訪問。

場所はある程度確認していたんですが、砥部にそんな店有ったっけ?…ってな印象。

全く見当も付かないので、ここは素直にナビ頼みで行脚する訳ですが








国道33号線から細い脇道に入り、右折、また右折、橋を渡って

おいおい、一体何処に連れて行かれるんだ?…ってな多少の不安も抱えつつ(笑)

民家の手前で、こちらの看板を発見。

ま、偶然通りかかって見付けられる場所でないのは確か(笑)








西条市の「うどんYA」ほどのディープ感はありませんが

私の好奇心をくすぐりまくる店には間違いなさそう。

ま、そんな前書きはさておき(笑)

早速、暖簾を潜っての突撃〜♪








テーブル・カウンター・小上がり共に数席ずつあり、そこそこ人数が入る広さ。

いつオープンしたのか分かりませんが、まだ新しく綺麗な店内は好印象。










こちらがメニュー。

初訪問ということで、冷たいぶっかけで行きたいところですが

寒さも手伝ってか、この日も生憎のバッドコンディションなもんで

温かい系からのオーダーにしてみましたよ。








「牛すじうどん」600円

メニューに“当店の隠れた逸品”と書き記されているだけあって期待出来ます。








うどんの上には、煮込まれた牛すじ肉・大根・蒟蒻。








麺は喉越しも良く、程よいモッチリ感♪

食べログの高評価も頷けます。

これは近々再訪問して、冷たい系でコシも確認してみたいところ。

出汁は少し塩分が強く感じられたものの、許容範囲と言えるでしょう。








これまた、牛すじ肉が絶品♪

よく味が滲みてて、プルンプルンな食感。

これで、ビールをグビッとやれば堪らんでしょうね♪








カウンター前のポン酒を見て、夜の再訪問もアリかなと思いましたが

砥部までの交通手段を考えると、ちとばかり難しいかな?








「いなり寿司(2個)」150円

うどんと一緒に食べたコチラも美味しゅうございました♪








店の駐車場の前では、咲き始めて間もない菜の花が。

極寒な日々が続きますが、暖かい春の訪れも近いようです。




…と、たまには綺麗に締めてみる(笑)








関連ランキング:うどん | 砥部町その他


2012年1月28日 (土)

『ラーメン・喫茶 この味めん』日替わり定食(砥部町)





以前より気になっていた店のひとつでもある『ラーメン・喫茶 この味めん』に初訪問。

松山市から国道33号線沿いを砥部町方面に向かえぱ、左手に見えてくる砥部町中央公民館の敷地内に店舗を構えているようです。








駐車場に車を停め、その公民館の手前まで歩いていくと店の入口に到着しますよ。








“ラーメン・喫茶”というだけあって、見た目は喫茶店風?な店内。

客は私一人だけ…そして、一向に現れない店員(笑)








仕方なく店の奥まで向かい声をかけることで、ようやく気付いてもらうこともでき

物静かだった店内に慌ててBGMが流されたりします(笑)

このユルさも、この店の味(この味)なのかな…なんて微笑ましかったりもしましたが。








メニューはラーメンが中心ですが、定食・うどん・焼き飯などの食事系に加え

喫茶店らしくコーヒーやドリンク類もあるようです。

で、私が今回オーダーしたのが…








「日替わり定食」650円

ミニラーメンに、ご飯・おかず・漬け物が付くお得な内容。








ラーメンはミニサイズということで、通常の半分位の量になるのでしょうか?

具材はチャーシュー・メンマ・ワカメなど。








スープは見た目「天下一品」のラーメンを思い出させる色合いだったりもしますが

ラーメン一本では勝負してないであろう、ファミレスや高速SAなどにありがちな極々普通な味わい。

店の雰囲気からして、ちょっと変わったラーメンが食べられそう…と期待してた分

若干の拍子抜けはした感はありますが、それでも充分美味しく食べられますよ。








おかずの内容は、唐揚げ・だし巻き玉子・ひじき・キャベツ・スパゲティサラダ。

だし巻き玉子をこよなく愛する私にとっては色々と言及したいところですが(笑)

これでこの値段ならば、充分満足してもいいのかな。

次回訪れる機会があれば、焼き飯や餃子も食べてみたいですね~♪








関連ランキング:ラーメン | 砥部町その他

2011年6月17日 (金)

『食堂 ちとせ』豚網焼き定食(砥部町)



またまた、久しぶりの更新。

ここ最近、多忙と体調不良な日々が続いた上に

ネタ探しも“肩透かし”を連発してたもんで…(笑)

ま、こんな時は

お気に入りの間違いない店で、仕切直すのが一番でしょう。

そんなこんなで、今回は砥部の『食堂 ちとせ』です。







思い起こせば、ちょいとご無沙汰の訪問だったんですが

相変わらないその雰囲気(良い意味で)は気分も落ち着きますね。

で、今回は定食系メニューからオーダーしてみましたよ。







「豚網焼き定食」800円

豚網焼きをメインとした、ご飯・味噌汁・漬物・小鉢の付いた定食です。







香ばしく焼かれた豚肉が五枚。

良い感じの照り具合が食欲をそそりますね〜。

…ほんでもって、パクっとな♪







う〜ん、美味い♪

豚肉の味付けも絶妙で、箸が進みますよ。

そのまま食べるのも良いですが、ご飯やキャベツを包んで食べるのもアリでしたね。







ヒジキの煮物も、シャキシャキ感を残した根菜類が多めでグ〜♪

こちらも、濃すぎず薄すぎずの絶妙な味付けで

丁寧に作られた仕事ぶりが窺える一品でした。

この店はオススメです♪

(前回の記事は→コチラ






■食堂 ちとせ

住所:愛媛県伊予郡砥部町千足212

時間:11:00〜14:30/17:30〜20:00

定休日:日・祝祭日

駐車場:有

2010年11月19日 (金)

『食堂 ちとせ』親子丼(砥部町)



二度目の『食堂 ちとせ』です。

ここ最近“食堂ちとせ 砥部町”でググって、当ブログにアクセスしてくれる人も多いようで

私の微力な記事でもお役に立つのであれば…と、先月に引き続いての訪問と相成りました。

(前回の記事は→コチラ







前回の中華そばもナカナカでしたので、いやがうえにも期待は高まります。

色々と迷いましたが、今回は丼もので♪







「親子丼」520円

「豚汁」180円







食堂の豚汁のイメージって、濃いめの味付け且つ

具材もクタクタに煮込まれた、ガッツリいけるタイプを思い浮かべますが

この店の豚汁は上品で、具のひとつひとつの素材が活きてます。

野菜もシャキシャキ、豆腐もプルン。







そして、親子丼です。

蒲鉾のピンクが彩り良いですね〜。







こちらも、素材が活きてますよ。

鶏肉は噛みしめると、旨味が口の中で広がります。

いや〜、こりゃ美味い♪

刑事ドラマにありがちなシーンで、犯人にカツ丼を差し出す取り調べを見かけますが

この親子丼であれば、自供させるのもたやすいんじゃないかと思わせるような一品です♪






(例えとしては、いまひとつか…笑)






■食堂 ちとせ

住所:愛媛県伊予郡砥部町千足212

時間:11:00〜14:30/17:30〜20:00

定休日:日・祝祭日

駐車場:有

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ