食べ歩き@今治市

2013年5月 8日 (水)

『ごんべ食堂』カツライス+天ぷら中華そば(今治市)

02_2

この日は所用で今治へ。

そんな所用の合間に商店街周辺をウロウロ散策すると

食べログでチェックしていた店を各所で発見することが出来ました。






03_2

あれこれ目移りする中、こちらの店で遅めの昼食。

今治市通町の『ごんべ食堂』

アーケードから少し外れた道沿いで営業している老舗の食堂。

レトロな雰囲気を醸し出す外観が堪りません。






04_2

外観以上に店内がこれまたシブい。

ここ最近訪問した食堂の中でも一二を争うレトロ感なのでは?






05_2

出前用の“岡持ち”も、昭和の食堂必須アイテム。

店を切り盛りしているご夫婦にお話を伺うと

ごんべの「ご」の字が、カタカナの「ボ」のように見えるのは

漢字の「古」が段々変化していき、古→ボ→ご…になったからだとか。

時代劇でも「ボ」の字を見たことがある、なんてことも言ってたけど

この食堂、何時代から営業してるんでしょう?(笑)






06_2

こちらがメニュー。

麺類・丼物・ご飯物など、全体的にリーズナブルな値段設定。

メニュー内容を凝視すれば、オッと思わせる一品もあります。






07_2

てなことで、こちらをオーダー。

【カツライス】550円

この食堂での“カツ系”はハイエンド、それでも550円♪






08_2

今年3月の今治遠征で食べた「佳ぼん」のカツライス

カツとライスが分けられた“カツ定食”風だったりしましたが

この「ごんべ食堂」タイプが“正調”カツライスと言うべきなのかな?






09

カツは脂身の多いロース肉。

ソースは甘酸っぱく濃厚で、ライスとの相性も良い。

とんかつソースとデミグラスソースをブレンドしたような味わいかな?

この手のカツライスは、カツ中心にソースがかけられているので

カツライスのソースをカツカレーのルーの如く食べ進めてしまうと

最終的にライスだけ余ってしまうので要注意(笑)

もうちょいソースが多いと嬉しいけど

あくまでも、ご飯とおかずが一つの皿に乗っている感覚なのでしょう。






10

こちらも追加オーダー。

【天ぷら中華そば】500円

この日はハシゴを諦め、一軒で二品喰い♪(笑)






11

天ぷらうどん・天ぷらそばは、食堂の定番としてありがちですが

“天ぷら中華そば”となると、ちょいとばかり珍しい。

中華そばの上で堂々と鎮座したエビちゃんは、私同様に着膨れするタイプ(笑)

ま、でも、この値段を考えると充分な内容だし

揚げ立てのカラッとした衣をふやかせ、食感の変化を楽しむのも悪くない。






12

麺は中細で、やわらか。

スープはオーソドックスな中華そばのようでありながら

ほんのりアッサリ和風、うどん出汁にも似た味わい。

具材の玉葱が甘めなので、親子丼などの丼物の出汁にも近かったり?

この中華そばも、今まであまりお目にかからなかったタイプですね。






Img_2189

なお、駐車場は店の隣に2台ほどスペースがあるようです。

店のご夫婦も親切だったし、リピ確定かな。

いや~、それにしても今治はやっぱり奥深い。

また近いうちに遠征の計画を立てなければ♪






■ごんべ食堂

住所:愛媛県今治市通町1-1-1 地図

時間:11:30~18:30

定休日:水曜

駐車場:有






2013年3月20日 (水)

『お食事処 もり』みそラーメン(今治市)

01

今治ネタの続き。

「佳ぼん」の次にやって来たのが、蔵敷町にある『お食事処 もり』

土地勘のない私はウロウロ迷ってしまいましたが

県道38号線から鴨部神社を目印に向かうと、場所も分かりやすいかも。






02

こちらが店内。

先客に常連と思われる子ども連れファミリー、とても和やかな雰囲気。

カウンター席中心(小テーブルも1つあり)の決して広くはない造りですが

店を切り盛りしている気さくなお母さんや客とのこの“距離感”が

アットホームな雰囲気を醸し出していると言えるでしょう。






03

「ごめ~ん、ご飯がなくなったんよ」とお母さんの先制パンチ。

ここで、2軒連続カツライスっちゅう道を絶たれるわけですが(笑)

ま、ハシゴしてるし、過食防止にもなって良かったかな?






04

【みそラーメン】430円

食べログでも絶賛されていた一品をオーダー。






05

具材は、チャーシュー・メンマ・もやし・白ゴマなど。

このチャーシューは肉の旨味がギュッと詰まった感じでアリ。






06

濃厚そうなスープは、後味は意外にまろやか。

味噌のコク、ニンニクや白ゴマの風味、唐辛子のピリッとした辛味が一体となり

奥深く、どこか懐かしい味わいを生み、食べ終わるまで飽きさせません。

シンプル且つ王道、こんな味噌ラーメン久しく食べてなかった気がする。

欲を言えば、もうちょい濃厚に仕上がると好みに近付きそう。

次回訪問の機会があれば、そう申告してみようかな。

(もしかして、この日はたまたま薄かったとか?)

そして、カツライスとの2品喰いも…無理ない程度でしてみよう♪(笑)






07

08

なお、駐車場は店から数mの場所にあり。

いや、しかし、今治には興味そそられる店が多い。

2、3日泊りがけで、ローラー作戦ばりの食べ歩きをしたくなった♪(笑)






■お食事処 もり

住所:愛媛県今治市蔵敷町2-15-22 地図

時間:11:30~17:00(土日祝は、~14:00まで)

定休日:?

駐車場:有


2013年3月19日 (火)

『佳ぼん』カツライス(今治市)

01

02

「サンライズ糸山」で河津桜を堪能した後、今治市の中心地に移動。

昼食時に立ち寄ったのが、こちらの『佳ぼん』

2枚目画像がピンボケなのは、店のご主人が突然出てきて驚いたため(笑)






03

店内は厨房前にカウンター、その周りにテーブルが3席。

年配のご夫婦2人で切り盛りしているようです。






04

こちらがメニュー。

麺類・ご飯類・お好み焼きなど、食堂の定番が揃いますが

この中から、ちょいと気になる一品をオーダー。






05

【カツライス】750円






06

数ある今治名物の中の1つでもある、カツライス。

数年前に某店で食べたそれは

カツカレーのルーをデミグラソースにしたようなスタイルだったけど

この「佳ぼん」版カツライスは、ご飯とおかずを分けた定食風なんであります。






07

1cm弱厚のカツは、肉々しい旨みで美味。

衣もカラッと揚がった感じで食感もナイス。

ソースの味わいはデミというよりも、とんかつソース寄り?

個人的には、これに味噌汁なんて付いてたら嬉しいが

その辺がカツ定食ではない、カツライスのカツライスたる所以なのかな。

ま、カツライスの定義も店それぞれ違った方が面白みもあるかも。

これを機にいっちょ、カツライス巡り始めてみようかな♪






■佳ぼん

住所:愛媛県今治市大正町5-4-30 地図

時間:11:00~19:00

定休日:火曜

駐車場:有




2012年7月12日 (木)

『丸啓食堂』中華そば(今治市)



「白龍」で昼食をガッツリいった後は、今治市の東方面にある桜井へと移動。

そして、やって来たのが『丸啓食堂』です。

ま、ここは軽く“おやつ”替わりで(笑)

こちらも前記事に引き続き、大将さんのオススメ店になります。

今年2月にも訪問した綱敷天満神社の近くにある食堂ですが

店の前は道も狭く、土地勘がなければ偶然通りかかって発見出来る場所とはいえないでしょう。

初めて行く人は、桜井漁港を目印にすれば分かりやすいかもしれませんね。








店の横にいた二匹の犬がお出迎え。

目をそらさず、ジーっと見つめられながらの入店(笑)








店内は、昔懐かしい食堂の雰囲気。

初訪問なのに、過去にも訪れたことがあるかのような錯覚すらします。

近所の常連客らしき、おいちゃんおばちゃん達とお店の方との会話に耳を傾けていると

昨日今日ではない、長年培われてきた間柄であることも大いに想像出来ました。

店内で寛ぐおいちゃんおばちゃん達を見ていると、愛され親しまれているこの店の存在の大きさを感じずにはいられません。








こちらがメニュー。

実にシンプルな内容ながら、食堂の定番はキッチリ押さえている感じ。

てか、この店に関しては余計な物は必要ないかな。

で、オーダーしたのが








【中華そば】450円








チャーシュー・メンマ・蒲鉾など、具材もシンプル。

これまた、余計な物は必要ないのでしょう。








この店の中華そばのスープは塩豚骨風味。

「ていきびん」の中華そばをコク深くした感じ。

コショウは予めかけられていて、少し濃い目に感じなくもないですが

決して突出しているわけでもなく、許容範囲の良い塩梅。

スープ・麺・具材がお互いにケンカせず、丁度良いバランスを保ち、まとまっています。

いや~、良いです♪

個人的には“美味い中華そばの見本”と言っても過言ではない完成度だと思います。

この店もまた訪問してみないといけませんね。






■丸啓食堂

住所:愛媛県今治市桜井5-13-52 地図

時間:11:00~17:00

定休日:日曜

駐車場:有



2012年7月10日 (火)

『中華料理 白龍』焼豚玉子飯+スタミナラーメン(今治市)



久しぶりの今治ネタ。

今回は、今治市郷本町にある『中華料理 白龍』に初訪問。

こちらは、以前コメントを頂いた大将さんのオススメの店でもあります。

それにしても、どうですか、この外観。

入店前の時点で、早くも好奇心をくすぐられまくりなんですけど♪(笑)










店内は、庶民的な下町の中華食堂の趣。

入口から向かって右側にテーブル席、左側には小上がり、奥側には厨房の手前にカウンター。

それほど広くはない店内ながら、人数はそこそこ入りそう。

昼時とあってか、次から次へと客が入店し始め、かなりの賑わいに。

メニューは、オーソドックスな中華系や日本向けアレンジ中華などが多数。

かなり豊富な品揃えで、あれこれ迷いそうではありますが

これまた、大将さんがオススメしてくれた品をオーダーしてみました。








【焼豚玉子飯】500円

これが、なかなかのボリューム♪

なんと、ラーメン丼に入っての登場です。

玉子の数も3個使われていて、食いしん坊のハートをくすぐられますね。








玉子の下に敷き詰められた焼豚は、茹で豚タイプ。








今まで食べてきた焼豚玉子飯の多くは、甘辛いドロッとしたタレがかかっていましたが

この店のタレは、醤油の風味が強いサラッとしたタイプ。

ご飯にもしっとり馴染むツユダク風の玉子飯を、レンゲですくってガッツリいきます♪

焼豚玉子飯なんてどこで食べてもそんなに大差ないだろうとタカをくくっていましたが

この店は、この店特有の個性で存在感を放っているといえるでしょう。








【スタミナラーメン】450円

ラーメン丼に入った焼豚玉子飯をやっつけている最中に、2品目が登場(笑)








大将さんの助言通り、麺は硬めでオーダーして正解。

硬めの麺・野菜・挽き肉などに、しっかり味の付いたコクのあるスープが絡みます。

その中でも、コリコリ&シャキシャキした食感の“豆もやし ”は隠れた主役といえるかも。

麺類ながら具材までガッツリ食べる感じで、これはお気に入りのラーメンになりそう。

食べ終える頃に、焼豚玉子飯の小サイズ+ラーメンのセット物があることに気付きましたが

なんだかんだで、今回の単品2つオーダーで良かったかな。

どうせ完食してしまうことですし…(笑)

いや〜、それにしても、良い店に巡り会えました。

大将さん、オススメ店の紹介ありがとうございました。




で、この後

満腹の腹を擦りながら、2件目の店に移動…(笑)






■中華料理 白龍

住所:愛媛県今治市郷本町1丁目3-41 地図

時間:11:00~21:00

定休日:木曜

駐車場:有



2012年3月20日 (火)

『カナディアン』オムライス&ハンバーグ ~おとなさまランチ~(今治市)





先日、今治市の志島ヶ原で梅の花を見た帰りに

その近所にあるハンバーグ屋『カナディアン』に立ち寄りました。

看板の“ジャンボハンバーグ”なる文字が、私の食い意地を刺激しますね~(笑)








外観もさることながら、店内にも赤レンガの装飾が施されていて

オシャレで、落ち着いた雰囲気。










店のウリとなるハンバーグは、トッピングやソースも様々。

アメリカやイタリアなど、メニュー名もワールドワイドなのが特徴的。

また、グラム数によって値段も変動するようです。










ハンバーグ以外にも、スパゲティ・ドリア・オムライス・サラダなど

洋食系の王道メニューが揃っています。

で、この中から今回オーダーしたのが








「オムライス&ハンバーグ 〜おとなさまランチ〜」1,050円

私も充分アダルトなので、こちらのメニューに決定♪

ま、精神年齢は低めなんですけど…(笑)








先ずは、右側のオムライスから。

昔ながらのオムライスを食べ慣れたオッサンにとっては

こんな感じのを食べるのは異次元体験でありまする…








たっぷりとデミグラスソースがかかっているので、かなりウエッティですが

玉子のフワトロ加減と相まって、なかなかの美味しさです♪

ま、でも

こうなると、逆に食堂系のオムライスが恋しくなるのは

オッサンの悲しい性でありましょうか…(笑)








続いて、左側のハンバーグ。

とろけるチーズでコーティングされたハンバーグには

これまた、デミグラスソースがたっぷり。








こちらも、なかなか♪

ただ、味わいもデミグラスソースによる部分が大きいので

肉そのものの美味さを楽しむには、違うメニューの方が良かったかな?

この可愛らしい“おとなさまランチ”

女性や“お子様”にはウケが良いでしょうね。








可愛らしさついでに、スイーツなんかも食べてみたいところでしたが

それは、また次回のお楽しみということで…




いやいや、やっぱり

食いしん坊なオッサンは“ジャンボハンバーグ”っしょ♪(笑)








関連ランキング:ハンバーグ | 伊予桜井駅

2011年7月31日 (日)

『手打ちうどん たぬき』肉そば(今治市)



またまた、今治ネタです。

といっても、今回は松山市から程近い菊間町方面。

まずは、軽く腹ごしらえするために『手打ちうどん たぬき』に初訪問。

場所は、伊予亀岡駅の少し手前の国道196号線沿いにありますよ。







店先では、たぬきの置物が出迎えてくれてました。

その愛くるしい姿には、妙に親近感を覚えたりなんかして…?(笑)









ネタとして思い描いていた「たぬきそば」は残念ながらありませんでしたが(笑)

うどん・そば共に、オーソドックスなメニューが揃っていましたよ。

本来ならば、店側が推しているうどん系で行くべきですが

そばを食べたい気分を頭から拭い切れず、こちらをオーダー。







「肉そば」600円

甘辛く煮込まれた牛肉とゴボウが入った蕎麦です。







麺は細めで柔らかいですが、その食感から手打ちの良さも充分感じられました。

具材の甘辛さが出汁に滲み出て、どこか懐かしくて優しい味わいでしたよ。

今度来る機会があれば、うどんメニューも食べてみないと…♪







さて、次に向かうは

この店からそう遠くない、今回の目的地です♪






たぬきそば(蕎麦) / 伊予亀岡駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


住所:愛媛県今治市菊間町種3598-2

時間:10:30〜21:00

定休日:月曜

駐車場:有

2011年7月18日 (月)

『チャイナダイニング 白楽天』焼豚玉子飯(今治市)





東予方面ぷらぷら旅の続き。

さてさて、当てもなく動いた旅とはいえど

いつもと変わらず、腹ってのは減るもんで…(笑)

そこで、やって来たのが

今治市の常盤町にある『チャイナダイニング 白楽天』です。

どうやら、かなりの人気店のようで

昼食時とはいえ、店内はほぼ満員状態で賑やか。

“お一人様”だった私は、誰もいない外れのカウンター席へ通されます。

ま、その方が気兼ねなく撮れるってもんですよ…(笑)











店頭にも幟が立っていたように

やっぱ、今治まで来たら“焼豚玉子飯”は食べてみないかんでしょう♪

ま、そう言いながらも

このメニューの豊富さに、かなり目移りはしましたね(笑)







「玉子飯(焼豚玉子飯)」700円

ボリュームあるサイズの丼に入った焼豚玉子飯に、中華スープ付き。







かつて、店の“まかない飯”だった焼豚玉子飯を

最初に商品化したのが、この「白楽天」なんだそうです。

“玉子飯”とメニュー表記された辺りに、そのこだわりもあるんでしょうかね?







レンゲで玉子をつつくと、濃厚な黄身がドロ〜ンと…

ほんでもって、パクっとな♪







いや〜、こりゃ美味い♪

やや甘めで香ばしいタレが、ご飯と玉子の黄身に絡んでグ〜♪

焼豚玉子飯の評価は、タレの味が好みかどうかによる部分が大きいとは思いますが

個人的には、これまで食べたどの焼豚玉子飯よりも

この店のそれは、断トツと言えるんではないかと♪

松山にあれば、間違いなく通う店なんだろうな…と思ったりもしましたね。






白楽天中華料理 / 今治駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


住所:愛媛県今治市常盤町4-1-19

時間:11:00〜15:00/17:00〜22:00

定休日:火曜

駐車場:有

2010年10月12日 (火)

『味秀』で寿司食いね〜(今治市)





今治にある寿司屋『味秀(あじひで)』にやって来ました。

国道196号線を今治から西条方面へ

桜井海岸へ向かう脇道に入れば

しばらくすると、店が見えてきます。

でも、ぱっと見では店とは気付きにくいかも?







店の入口横には、生け簀もあり

結構でかい魚も泳いでたりします。







店内には、かなり広い座敷もあり

大人数で入店しても充分ゆとりがありそうです。

で、こちらがメニュー。

握り寿司や刺身、丼物などが揃っています。







注文方法は、紙にテーブル番号と食べたいものを書き

その紙を店員に渡して、席で待つというシステム。

で、その待っている間に

お茶やら醤油皿なんかをセルフで準備したりします。







こちらは、相方が注文した

「ウニ丼(赤だし付き)」1500円

別皿のウニを自分で乗っけて、ウニ丼を完成させます。

「ウニってこんなに甘かったっけ?」

…とか言ってたような?(笑)







で、こちらが私が注文した握り寿司

「ハマチ・タイ・イクラ・ウニ」合わせて1200円

うん、確かにウニが甘かった♪

いい店で食べ慣れてない人間の感想はこんなもんです…(笑)







この店の売りは、ネタが分厚いことですね。

横から見ると、シャリと同じくらい。

こりゃ、食べ応えありますね〜♪







「赤だし」200円

何種類か魚のアラが入っていて、いいダシ出てます。







店内には、煮物や唐揚げなどの惣菜も並べられてます。

車を運転してるので無理なんですが

ほんとは、こんなんを摘みながら

ビールをグビッとやりたかったりもします♪(笑)

街中にあるような洗練された高級店とは、また違うけども

家族とかでワイワイしながら食べるのには向いてる店かも。

個人的にはお気に入りの店です♪






■味秀

住所:愛媛県今治市桜井甲1776-2

時間:11:30〜21:00(ラストオーダー20:00)

定休日:元旦のみ

駐車場:有

2010年7月 8日 (木)

『さんわ 伯方島本店』伯方の塩ラーメン(今治市)





今治・伯方島にある『さんわ 伯方島本店』をご紹介♪

「伯方の塩ラーメンだけは外せ〜ん!!」

…っちゅ〜、Gさんの燃える精神に押され?(笑)

“しまなみぶらり旅”の予定の中に組入れたんですよね。

我々4人共に「伯方の塩ラーメン」は初体験♪







すっきりとした味わいのスープがたまりません♪

「おが多」のスープも良かったけど、ここもなかなか。

麺は、柔らかくて白い細麺。

その食感は“にゅうめん”のようでした。

もうちょいコシが欲しいとこやけど、こんなラーメンなんかな?







伯方の塩ラーメン以外にも

中華そば・チャンポン・うどんといった麺類や

丼物・カレー・一品料理などなどメニューが豊富。

こりゃ、何度訪れても飽きないかもしれません。







また、この店に来る機会があれば

この塩だれが使われてるといわれる

「汁なし塩ラーメン」を食べてみようかな♪

味噌や豚骨とかの濃い味のラーメン好きな私やけど

アッサリした塩ラーメンにもはまりそうな予感…♪

何処か良いとこないかな?






■さんわ 伯方島本店

住所:愛媛県今治市伯方町木浦甲1650-1

時間:11:00〜20:00(水曜は、11:00〜17:00)

定休日:不定

駐車場:有

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ