食べ歩き@松前町

2013年8月12日 (月)

『めん処 矢磨樹 松前店』ソースカツ丼・ぶっかけ冷やしうどんのセット(松前町)

Photo

「ランチパスポート vol.4」シリーズ。

2店目は、松前町のうどん店『めん処 矢磨樹(やまき)松前店』

東レがある県道22号線沿い、松前病院の傍。

松山市(姫原)と八幡浜市(保内)にも矢磨樹の支店があります。






Photo_2

この店に訪問したのは実に15年ぶり。

あの頃は若かったな~

血圧やコレステロールなんて気にもしなかったな~

…と、感傷にふけりながらの入店(笑)

店内はその15年前と全く変わらない雰囲気。

意外に広く、テーブルと小上がりで100席もあるんだとか。






Photo_4

こちらがランパス提示でワンコインに。

【ソースカツ丼・ぶっかけ冷やしうどんのセット】760円→500円






Photo_5

うどんの上には、大根おろし・生姜・刻み海苔などシンプルな具材。






Photo_6

麺は細め。

冷やされてキュッと締まっていながら、モチモチ感は充分。

オーダーから配膳までに少し時間がかかったことからも

作り置きではない、茹でたての“活きた”麺だったと言えるでしょう。

ダシも濃すぎず薄すぎず、大根おろしや生姜によって後味もさっぱり。

清涼感ある“夏麺”と呼ぶに相応しい一品。

いや~、なかなか。






Photo_7

ソースカツ丼は、甘辛なソースがご飯にマッチ。

カツの厚さもボリュームもそれなりですが、うどんとの合わせ技で一本。

いや、しかし

15年前はぶっちゃけ、可もなく不可もなしのうどん店(失礼!)という印象でしたが

いやいやどうして、普段使いもアリな店だと再確認。

今回はランパス利用ゆえ、通常メニューまでチェック出来ませんでしたが

この麺ならば、他のうどんも期待出来るかも??

うむ、近々再訪問してみなければ♪






■めん処 矢磨樹 松前店

住所:愛媛県伊予郡松前町筒井1597-8 地図

時間:11:00~21:00

定休日:無休

駐車場:有






2013年7月 5日 (金)

新店『スペイン石窯工房 パンメゾン』塩パン+牛肉ゴロっとカレーパン(松前町)

Img_3430

松前町の新店『スペイン石窯工房 パンメゾン』

塩パンで有名な八幡浜の人気店が中予に進出するとあって

6月21日のオープン日以降、店周辺では行列が出来るほどの賑わいぶりだったとか。

人混みが苦手な私は暫く様子見しよう、なんて考えていましたが

オープンから1週間を経過し、そろそろ客足も落ち着いてきたかも?なんて

偵察がてら店の前をドライブ(笑)

タイミング良くか、駐車場は8割程度の埋まり具合で行列もなし。

よっしゃ入ってみっか~♪…と鼻歌まじりに初訪問したわけです。






Img_3428

ところがどっこい、入口から店内に向けて見えるは…行列!(笑)

うーむ、ここまで来て引き下がるようじゃ…と素直に並んでしまうのは

ただただネタが欲しいだけのブロガーの悲しい性ってやつ?(笑)

字が薄くて確認しづらいチラシの裏には

塩パン購入者以外はすんなり入店することが可能、と書かれています。






03

お目当ての塩パンは1組5個までの限定。

前に並ぶ方々が順々に5個ずつ取っていく中

私の番ではご覧のとおり、跡形もなく消え失せていたりなんかする(笑)

ま、でも、しばし待てば、焼きたて登場でオッサンご満悦。






04

そんなこんなで、私も5個ゲット♪






05

06

行列のまま店内を一周しながらパンをチョイスしていく格好。

この日の訪問ではお惣菜系の品揃えは良かったけど

他のパンは売り切れ続出だったようで、ちょい残念。






07

08

店内奥には、スペイン製の石窯。

ちなみに塩パンは別のオーブンで焼かれていたようです。






09

店内では、無料のコーヒーと一緒に焼きたてパンを食べることも可能。

私ですか?…迷うことなく回避(笑)






10

てなことで、近くの「ひょこたん池公園」に移動♪

この時期は公園の所々に紫陽花が咲いていましたよん。

そんな絶好の眺めの中、ベンチに座って、塩パンを早速






11

…って、思わぬ珍客!

普段は愛想ないのに、匂いに敏感だな~(笑)






13

【塩パン】73円

外はカリッ、中はシットリ、そうそうコレが塩パン…って言いたいところですが

八幡浜店で感動した塩パンのMAXを10とすると

この松前店は現時点で7か8くらい?(あくまでも個人的な感想)

ま、でも、この辺は時間の経過と共にクリアされていくことでしょう。

そういった意味では今後が楽しみといえますね♪

比較的、細身でこんがり焼色が付いているのが八幡浜店の食感に近いかも?






14

【牛肉ゴロっとカレーパン】150円

フワフワのパン生地の中には、スパイシーで酸味あるカレーがたっぷり。

このカレーでご飯が食べたい、なんて思うのは私だけ?(笑)

2個購入した、その内の1個は牛肉ゴロゴロ状態♪

もう1個は、入っていたかどうか気付かず(笑)

ま、そこら辺はその日の運勢を占うつもりでドキドキしながらどーぞ♪






15

【手作りチャーシューコッペ】200円

チャーシューと塩ダレを絡めた白髪ネギをコッペパンで挟んだ一品。

塩パンとカレーパンで満腹中枢が刺激される中

パン生地がこれまたフワフワで、難なく胃袋に入ってしまった。

この手だと、他にはコロッケパンや焼きそばパンなどがあったかな。






02

なお、店のオススメTOP3はこんな感じ。

この日売り切れだったクリームパンも期待できそう。

こりゃ次回訪問が楽しみだな♪






16

おまけ

パンをもらえず、ふてくされるの画?(笑)




関連記事はこちら

新店情報 その2【追記あり】
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-7231.html

「パン・メゾン」塩パン(八幡浜市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-6559.html






■スペイン石窯工房 パンメゾン

住所:愛媛県伊予郡松前町大字中川原字新田406-1

時間:6:30~19:00

定休日:火曜

駐車場:有






2013年6月19日 (水)

『喫茶 モカチャーゼ』大盛り焼きそば(松前町)

01

久々の訪問となる松前町の『喫茶 モカチャーゼ』

最近行われていた外観工事も終了し、装いも新たに営業中のようです。






02

事前に何を食べるか考えてはいなくとも

それでも、大盛りオーダーにすることだけ決まっていたのは

日向薫平さんジンゴズンゴさんの先日の爆食いレポの影響に違いありません(笑)






03

【焼そば】600円+大盛り100円






04

想像を超えるボリュームとはいかないまでも

つまようじ測定すると、積まれた高さはそこそこあるんでないかと。






06

たかが目玉焼き、されど目玉焼き。

このトッピングで通常の焼きそばに20ポイント加算される不思議。






05

ソースは濃すぎず薄すぎず。

麺は蒸されたものか、モチッとした食感が良い。

焼そばもちょっとした工夫で美味しくなるもんであります。

ま、でも、適量は普通盛りだと申しておきましょう(笑)






Img_3350

この焼そばにはプラス150円で、ご飯・味噌汁・漬物が付くセットも追加可能。

ビンボー人根性で単品を喰らう私に、ご飯のサービスをしていただき嬉しい限り♪

おそらく、食い意地張ってそうな人限定?のサービスだとは思うけど(笑)

そんな心遣いが何とも心憎いったらありゃしない。

食いしん坊のみんな、モカチャーゼに…行っちゃおーぜ♪




関連記事はこちら

「喫茶 モカチャーゼ」ゴールドカレー(松前町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-525e.html

「喫茶 モカチャーゼ」ジャンボオムライス(松前町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-7a93.html

「喫茶 モカチャーゼ」スタミナ定食(松前町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-688f.html?optimized=0






■喫茶 モカチャーゼ

住所:愛媛県伊予郡松前町北黒田粟津394-3 地図

時間:8:00~20:00

定休日:日曜

駐車場:有






2013年6月 9日 (日)

『味処 鼓響』天丼セット(松前町)

01

「ランチパスポート Vol.3」シリーズ その4

今回は松前町の居酒屋(日本料理店?)『味処 鼓響(こきょう)』

エミフル~伊予郡中線・松前駅間を通る県道214号線沿いから

松前中学とサークルK間にある脇道へと進入して直ぐの場所にあります。

この「鼓響」も訪問する機会になかなか恵まれない店でしたが

これまたランパスによってキッカケが生まれた格好です。






02

木目調の明るい雰囲気の店内は好印象。

入口から向かって左側にカウンター、右側に小上がり席。

さほど広くはありませんが、その空間がアットホーム感を醸し出しています。

昼食時を少し外した13時過ぎの訪問でしたが、店内はほぼ満席。

その客層は、昼下がりをまったり過ごす昭和マダムばかり(笑)

ランチ=奥様方…ってことで、ランパス利用率もやはり高い。

その影響か、厨房ではご夫婦?がフル回転で切り盛りしていました。






03

こちらがランパス提示でワンコインに。

【天丼セット】900円→500円

メインの天丼にサラダ・小鉢・吸物・漬物が付いてきます。






04

天丼の中身は、海老3尾・南瓜・茄子・獅子唐。

甘辛く旨味ある別添の天つゆを回しかけ頂きます。

海老天は細身ながらプリプリ食感なのがアリ。

ま、でも、器が浅くて、ご飯が食べにくいのが難点かな。

そういえば、私の隣に座っていたマダムもそう仰っていました(笑)






05

06

やはり、この店の真価を感じ取るのは夜の居酒屋スタイルでしょう。

場所的にも難しくないので機会があれば行ってみたいですね。

いや、しかし、もうちょい落ち着いて食べたかったな…

正直なところ、マダムの視線を感じて今ひとつ味が分からなかったし(笑)






■味処 鼓響

住所:愛媛県伊予郡松前町筒井1038-4 地図

時間:11:30~14:00(13:30オーダーストップ)/17:30~22:30

定休日:水曜

駐車場:有(店舗横)






2013年1月31日 (木)

『双葉食堂』鍋焼きうどん(松前町)

01

あけましておめでとうございます。

明日から2月だというのに、今更ながらのご挨拶失礼いたします(笑)

さて、新年一発目のネタはと言いますと

2度目の紹介となる、松前町の『双葉食堂』です。

県道22号線を南下、東レ→松前病院→うどんの「矢磨樹」と通過し

ゆるい右折カーブを越えた辺りにひょこっと現れる食堂。

店先に暖簾が掛かっていないと気付きにくい場所だったりします。






03

【鍋焼きうどん】450円

双葉食堂といえば、やっぱりコレ。

牛肉・じゃこ天・蒲鉾・竹輪・揚げ・わかめ・錦糸卵…など意外に具沢山。

う~ん、懐かしい♪

いや、ほんとは、懐かしすぎて思い出せない(笑)






04

ダシは、ほんのり甘くて優しい味わい。

愛媛の鍋焼きうどん代表格「アサヒ」や「ことり」にも相通ずる味わいだけど

私はこの双葉食堂の方が思い入れが強いんです。






05

麺も軟らかコシ抜けだけど、鍋焼きはこうでなくっちゃという感じ。

思わず目尻が下がってしまうような、ほんわかした気分になれます。






06

【もりずし】170円

ガラスケースに入ったバラ寿司?が美味しそうで、思わず手を伸ばしてゲット。

鍋焼きとの組合わせの定番といえば、いなり寿司がベストですが

この寿司も、ほんのり甘味ありのアッサリした味わいでなかなか♪

いや~、良いですね。

この店に来ると、汚れちまった私のハートも浄化されそう(笑)




関連記事はこちら

「双葉食堂」中華そば(松前町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-7b09.html






■双葉食堂

住所:愛媛県伊予郡松前町浜370-1 地図(スマホ ナビ対応)

時間:?

定休日:?

駐車場:有

2012年12月26日 (水)

『洋食屋 ひまわり』日替わりランチ(松前町)

01

02

松前町の『洋食屋 ひまわり』

国道56号線沿い「ていきびん」の裏辺りにある、知る人ぞ知る店。

平日昼間のみの営業で、これまで訪問の機会に恵まれませんでしたが

ワケありの休暇を利用して、やっとこさの初突撃です。

ま、ワケありと言っても、単に風邪でダウンしていただけなんですが

そんな状況でも、食べる時は食べるんです♪(笑)




03

店は住居の一部(リビング?)を利用しているようで、そこにテーブルやソファーが置かれています。

なお、店の入口は駐車場の向かい側になりますが

間違って家の玄関に向かうと、犬に激しく吠えられるのでご注意を(笑)






04

テーブル席以外にも、外のテラスで飲食することも可能のようです。

一瞬気にはなりましたが、背中が妙にゾクゾクしていたのでとりあえず回避(笑)






05

今回のオーダーがこちら。

【日替わりランチ】680円

この日の内容は、カレー・ヒレカツ・ポテトサラダ。

カレー狙いだったので、ちょうど良かった。






06

カレーのアップ。

牛肉がゴロゴロ入ったビーフカレーです。






07

牛肉の旨味が前面に出ているコク深いルー。

家庭的といえば家庭的な味わいですが

友人宅でこんなカレーを出されりゃ、おかわりすることは必至で

一晩寝かせたもの目当てに、翌日もお邪魔してしまうのではないでしょうか♪

う~む…あんまり上手い例えではないけども(笑)

なかなか美味しい、好みのカレーでしたね。






08

ヒレカツはそれなりでしたが、カレーの上に乗っていると印象もまた違うかも。






09

10

11

こちらがメニュー。

揚げ物系のランチに、カレーやラーメンなど。

日替わりランチのカレーのボリュームは少なめでしたが

通常メニューのカレーだともうちょい多いのかな。

洋食屋というよりはアットホームな喫茶店という感じでしたが

昼下がりのひと時をまったり過ごすには適した店といえますね。

次回は、暖かくなった頃にテラスでラーメンを食べてみよう♪






■洋食屋 ひまわり

住所:愛媛県伊予郡松前町上高柳503-1 地図

時間:11:00~15:00

定休日:土・日曜

駐車場:有




2012年10月24日 (水)

『のどか食堂』日替りランチ(松前町) ※閉店



松前町にある『のどか食堂』に初訪問。

東レから国近川を越えた工業地の中にポツンと佇む店です。

この店の前を通ることがなければ、その存在すら気付かないですし

なかなかディープな雰囲気を醸し出している食堂といえるのではないでしょうか。








ここは、以前「みのり」という名前で営業していた食堂。

店内にいた女性に話を伺うと

「みのり」を切り盛りしていたのが、叔母さんにあたる“みのり”さんで

その叔母さんからバトンタッチされ、現在は店名を変え営業をしているんだそうです。

てことは、この女性の名前が“のどか”さん?








こちらがメニュー。

至ってシンプルですが、これだけあれば充分って感じでしょうか。








【日替りランチ】500円

カレー・チキンカツ・サラダ・汁物とボリューム満点。








カレーは、ごくごく家庭的な味わい。

実家や社食のそれと限りなく似た味わいだったりなんかします(笑)

でも、やはり落ち着くところは

肉やジャガイモがゴロゴロ入った、こんなカレーになるんでしょうね。








チキンカツは作り置きでしたが、時間帯によっては揚げ立てを食べられるのかもしれません。








汁物は、玉子綴じの入ったアッサリしたもの。

これまた実家の味にクリソツ。

こりゃ、家庭料理に飢えた時には再訪問してみるべきかな(笑)








なお、ランチにはコーヒーとデザートも付いてきますよ。

ちなみに、この日のデザートはプチケーキでした。

ワンコインで満腹の満足。






■のどか食堂

住所:愛媛県伊予郡松前町北川原1250 地図

時間:?

定休日:?

駐車場:有




2012年8月16日 (木)

『双葉食堂』中華そば(松前町)



食べ歩きネタが続きます。

今回紹介する店は、松前町にある『双葉食堂』

この食堂への訪問は、なんだかんだで約20年ぶりになります。

「古びた食堂だな〜」それが20年前に感じた印象。

(私がまだヤングでピュアだった頃…笑)

“昔ながらの”といった表現を超越した、雰囲気あるレトロな食堂だったんです。








店のご主人の話によると

この「双葉食堂」も18年前に改装して、現在に至るそうです。

店内の雰囲気も当時から様変わりしてはいますが

席に腰を下ろすと、その頃の記憶が頭の中でフラッシュバックしてきました。










こちらがメニュー。

その当時食べた、いなり寿司は顕在。

「双葉食堂」のいなり寿司は、田舎の祖母宅の食事を思い出させる懐かしい一品です。

が、しかし

入口近くのガラスケースを覗くと、この日は残念ながら売り切れ。

ちょっと早めに訪問した方が良いのかな?







【中華そば】450円

当時の記憶では、鍋焼きうどんを食べた印象が強いので

今回は、こちらの中華そばをオーダーしてみました。








丼の中には、牛肉・わかめ・蒲鉾・錦糸玉子などの具材。








澄みきった醤油ベースのスープは

あっさりとした味わいで、その奥に感じるうどんダシにも似た甘みは

ちょっとややこしいけど“和風・中華そば”とも呼べそうな一品。

麺・具材・スープのどれかが突出することなく、共にバランスよく

この中華そばからの、さりげない味の主張も感じ取ることが出来ます。

いや〜、これは良い。

想い出と共に、心に染み入る一杯でした。

ごちそうさまでした♪






■双葉食堂

住所:愛媛県伊予郡松前町浜370-1 地図(スマホ ナビ対応)

時間:?

定休日:?

駐車場:有




2012年8月10日 (金)

『喫茶 モカチャーゼ』ゴールドカレー(松前町)



早くも3度目の紹介、松前町の『喫茶 モカチャーゼ』

喫茶店(レストラン?)ながら、実にバラエティーに富んだメニュー内容ゆえに

これまで、頭の中では候補に挙がりつつ断念してきた“カレー”を今回はチョイス。

既にカレーを攻略済みのファットマンさんのブログを読むと、なかなか評価も良さそう。

これは、いやが上にも期待は高まります。








【ゴールドカレー】1000円

開催中のロンドンオリンピックを意識した訳ではないですが

一番良い色のメダル…ならぬ、カレーを食べてみることに♪(笑)








カレーが入った楕円形の皿は、横幅約30cmの大きさ。

うむ、でも…

ボリュームに対する概念が崩壊しまくっている私は、この程度では驚きませんぞ(笑)








しかし、皿を持った瞬間、このカレーの真のボリュームに気付かされることに。

底が深い皿には、タップリ注がれたカレーの重みがズッシリ。

そして、思わずニンマリ(笑)








カレーのルーは、一口食べた瞬間にフルーツの酸味がフワッとほのかに広がり

ワンクッション置いて、追いかけるようにスパイシー感がやって来ます。

この(良い意味で)微妙に複雑な味わいが、口の中でどのような広がり方をして

そして、どのタイミングでどう変化していくのか

個人的には、これを楽しむことがカレーの醍醐味だと思っていますが

モカチャーゼのカレーには、その醍醐味が充分備わっていますね。

いや〜、これは良い♪








カレーとは別皿の洋食系おかず。

既存メニューのハンバーグカレーとエビカレーが、この一品で堪能出来るのかも。

このスペシャル感が、ゴールドカレーの“ゴールド”を表現しているのでしょう♪








フワッとした口当たりの優しい今どき?のハンバーグとは違い

この店のそれは、昔食べたことがあるような懐かしさすら感じさせる肉々したハンバーグ。

ちょっと濃いめのソースと肉汁のジューシー感が相まって、白ご飯との相性も良さそう。








このレモンの横に添えられているのは、モカチャーゼ自家製マヨネーズ。

おそらく、体に良いものをと考えられて作られていると思われ

市販のマヨネーズのような酸味や油っこさは皆無。

その円やかな口当たりは、エビフライ用と気付かずそのまま食べてしまったほど(笑)

ファットマンさんもブログで触れていたけど

私も3度目の訪問で、この店の洋食屋としての実力の片鱗を見せつけられた思い。

まだあまり知られていない地味な印象の残る店ですが、いやいやどうして

モカチャーゼ、侮るなかれ♪




ファットマンさんのブログ記事はこちら

モカチャーゼで石手川ダムカレー(満水時の)
http://ameblo.jp/199170/entry-11311653988.html




関連記事はこちら

「喫茶 モカチャーゼ」ジャンボオムライス(松前町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-7a93.html

「喫茶 モカチャーゼ」スタミナ定食(松前町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-688f.html?optimized=0






■喫茶 モカチャーゼ

住所:愛媛県伊予郡松前町北黒田粟津394-3 地図

時間:8:00~20:00

定休日:日曜

駐車場:有



2012年7月 7日 (土)

『川崎屋』ビーフン(松前町)





松前町にある『川崎屋』に初訪問。

松山市から松前町方面に県道22号線を南下する道順であれば

東レの前を通過し、松前港付近までやって来ると店舗の外観を確認することが出来ます。

この周辺はよく通る道で、この店の存在も昔から知りながら

“割烹・仕出し”専門店ゆえに、そう気軽に訪問する機会に巡り会えなかったのも事実。

でも、食べログの“下町食堂開拓者”yoshi1714さんのレビューを読むことで

気兼ねなく、安心して突撃することが出来ました♪








店内は、カウンター席と小上がりの座敷が数席。

カウンターの裏に厨房があるようで、忙しなく動き回る料理人の姿も窺えます。












メニューは、麺類・丼・定食・麺類&丼のセット物など。

オーダー予定は最初から決めてましたが、いざメニュー内容を目の当たりにすると

食いしん坊の悲しい性か、あれこれ食べてみたい欲求に駆られます(笑)

ま、でも、ここは初志貫徹で…








【ビーフン】580円








スープはとろみの付いた、あんかけタイプ。

キャベツ・人参・もやしなどの野菜がタップリな上に

豚肉や卵とじまで入っていて、とにかく具沢山。








俗に言う“ビーフン”とは、米粉やコーンスターチが原材料の麺類なのですが

この店の麺は、やや細めの中華麺が使用されています。

上記の“ビーフン”を期待してオーダーすると拍子抜けしてしまいがちですが

中華麺の方が馴染み深く、食べやすさもあるのでしょう。

米粉のビーフンの方が良い…という方は、恐らく少数意見だと思いますし

私も、こちらの麺の方が好きです。

で、肝心の味ですが“中華あんかけラーメン”と化したビーフンは、間違いのないテッパンの味わい。

何度食べても飽きないんではないかな、と思わせます。

うむむ、何だかハマりそうな予感♪








今回は夕方時の訪問でしたが

ランチメニューには、ビーフン&握り寿司のセット物なども揃っているようで

次回は是非とも、昼時を狙って突撃してみたいものです。

でも、こちらの割烹・仕出し専門店ならではのメニューも気になりますね。

う〜ん、困った。

これまた、食いしん坊の悲しい性…ってやつかな(笑)




yoshi1714さんの食べログレビューはこちら

ビーフンという名の中華あんかけラーメン! 「川崎屋」
http://tabelog.com/ehime/A3801/A380103/38006131/dtlrvwlst/4205348/






■川崎屋

住所:愛媛県伊予郡松前町浜460 地図

時間:11:00~14:00/17:00~21:00

定休日:日曜、祝・祭日

駐車場:有(店舗前)



無料ブログはココログ