食べ歩き@松山市

2013年8月13日 (火)

『中国料理 梁山泊』冷麺(松山市)

Photo

松山市平和通りの『中国料理 梁山泊(りょうざんぱく)』

平和通りといっても、国道196号線よりも西側の古町駅寄り。

こちらも2年ぶりと久々の訪問になりますが

そのきっかけを生む原動力となったのは、この貼り紙。

夏はやっぱ、涼しい麺がええやね。






Photo_2

そんなこんなで今回のオーダー。

【冷麺】700円






Photo_3

ちょい大き目サイズの丼。

麺の上には、胡瓜・ハム・わかめ・トマト・錦糸卵・椎茸・レモン。






Photo_4

麺は中細、モチモチ食感。

味としては、極々オーソドックスな冷麺ではあるけど

この店のそれがちょい違うのは、タレがラーメンスープ並にたっぷり入っている点。

こんだけの量は必要ないよな、なんて思いつつも

麺をすすると、タレの酸味が食道をドンドン通過していき

夏バテ気味の体に喝を入れる感じで、何だか悪くない。

時折その酸味にむせ返りそうにもなるが(笑)

それはそれで?また悪くもない。






Photo_6

店内はさほど広くなく、照明も薄暗い。

その空間の中で、5名程の店員の賑やかな会話が飛び交う。

そのやり取りに聞き耳を立てると、おかしくて吹き出しそうにもなる。

(話自体が面白いというわけではなく)

騒がしいかどうか、そのラインも微妙っちゃ微妙だが(笑)

それがこの店のBGMであり、黙々とされちゃ物足りなくなってしまうだろう。

メニュー数やボリュームだけじゃない、この店の魅力が見えてきた。

うむ、夏メニュー狙いで近々再訪問かな♪




関連記事はこちら

「中国料理 梁山泊」カレー天津丼(松山市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-a418.html






■中国料理 梁山泊

住所:愛媛県松山市平和通り6-3-2 地図

時間:11:30~22:00

定休日:月曜

駐車場:有






2013年7月11日 (木)

『手打うどん 白滝』ぶっかけうどん+ライス小(松山市)

01

「ランチパスポートvol.4」シリーズ

まず1店目は、松山市北吉田町の『手打うどん 白滝』

場所は、空港通り~三津方面の間の県道22号線沿い。

こちらは数年前に一度訪問して以来、久々です。






02

その頃と変わらぬ、昔ながらのうどん屋といった雰囲気。

テレビの下には狸の剥製なんぞも飾られています。






03

こちらがランパスメニュー。

【ぶっかけうどん・冷+ライス(小)】750円→500円

うどんは、温or冷から選択可能。






04

うどんの上には、肉牛蒡・わかめ・蒲鉾・大根おろしなどの具材。

別添のダシを回しかけ、混ぜながら食します。






05

コシの有無云々よりも、適度な歯応え…といった表現が正しいのかな?

讃岐うどんでもなく、伊予のコシ抜けでもない、この店独特な麺といった感じ。

ダシは辛口のように見え、食べ進めると思いのほかアッサリとした後口。

上品な甘辛さの肉牛蒡が、そのアッサリ感の中でアクセントにもなったり。

正直なところ、ライス小をうどんに付ける必要性はないと思いますが

これがあることで満腹にもなるのかな…なんて。






06

07

08

数年前の訪問の記憶は当てになりませんが

その頃食べたぶっかけは、もうちょいモチモチ麺だったかと思います。

麺が変わったのか、この日たまたまだったのか

温かいうどんだと、また違った印象を受けるのかもしれませんが。

なもんで、次回はカレーうどんや鍋焼きうどんにも挑戦してみようかな。

ま、そう言いながら、うどんよりも

変わり種のラーメンの方に魅力を感じてしまうのは必然だろうか?(笑)






■手打うどん 白滝

住所:愛媛県松山市北吉田町1227-14 地図

時間:11:00~20:00(19:30オーダーストップ)

定休日:水曜

駐車場:有






2013年7月 8日 (月)

『お食事処 くいしんぼ』チャンポン(松山市)

01_2

久しぶりの訪問、松山市中村の『お食事処 くいしんぼ』

前回は夜の訪問でよく確認できませんでしたが

まさかの、くいしんぼ=喰心坊…だったんですね。

ま、夜露死苦や愛羅武勇みたいなもんで微笑ましくもあり(笑)






02_2

さて、店員の愛想がないとか挨拶がないとか

過去記事で、さり気な~く毒を振りまいたりもしましたが(笑)

今回の訪問ではその辺も改善されていました。

前回はたまたまだったかも??






03_2

04_2

しかし、店内に散在するコレって何ざましょ?

石には間違いないようですが、多数すぎてちょい不気味(笑)

店の人にもコワくて聞けない(笑)






05_2

そんなこんなで?今回のオーダー。

【チャンポン】480円






06_2

この店のチャンポンはあんかけタイプ。

具材は、豚肉・キャベツ・人参・卵とじなど。






07_2

このあんかけが、とにかくドロっと濃厚。

麺を持ち上げる箸が重たいのなんの(笑)

スープはしっかりとした味わいの醤油ベースで、かなり激熱。

漢なら口内のヤケドなんて気にせずガッツくべき!…とまでは言いませんが(笑)

“喰心坊”ならば、これと一緒にご飯追加してみるのもいかがでしょ♪






13

…って、このクソ暑い時期に紹介すべき一品ではないかな(笑)

てなことで、近々“冷し中華そば”なるメニューにも挑戦してみたいと思います。

実は普通の「冷し中華」だった、そんなオチになってしまってもご勘弁を(笑)




関連記事はこちら

「お食事処 くいしんぼ」カツカレー(松山市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-3b6d.html






■お食事処 くいしんぼ

住所:愛媛県松山市中村3-2-5 地図

時間:11:00〜21:00

定休日:水曜

駐車場:有(少し離れた場所に有り)




2013年6月17日 (月)

『カレー&中華料理 カウ』カツカレー(松山市)

01

松山市本町の『カレー&中華料理 カウ』

国道196号線沿いの本町5丁目交差点付近、牛丼の「三河屋」の2軒隣。

こちらも昔から気になりつつも、行けずじまいだった店。

今回は以前コメントを頂いた、みうけんさんの情報を元に訪問してみました。

(みうけんさん、情報ありがとうございます♪)






02

店内はカウンターのみで15席ほど。

切り盛りしているのは男性2人、年配の方がご主人かな?

この店も古くから営業している老舗のようで

オッサン率高め、男のオアシスといった感じ。

女性1人ではとても気軽に入店出来ないであろう雰囲気(笑)






03

壁に貼り出された豊富なメニュー陣。

カレー・麺類・ご飯物・中華系の一品料理・定食など。

で、今回オーダーしたのが






04

【カツカレー】650円

お初ゆえのジャブなチョイス。






05

30cm近い皿でまずまずのボリューム。






06

ルーは、家庭的なカレーの延長線上といった味わいですが

長年継ぎ足しを繰り返して作り続けてきたであろう

昨日今日作りたてのカレーじゃ真似できないコク深さを感じます。

食べログでは甘口カレーと評されていましたが、私はそうでもなかったかな。

この値段ゆえ、カツに使用される豚肉は上質な物ではないですが

肉の旨味は充分で、揚げたてサクサク、このカレーともマッチしています。

意外と言っちゃ失礼ですが、店の雰囲気などからは想像出来ない

美味しいカレーが気軽に食べられるナイスな店ではないかと♪






07

麺類や中華も気になるけど、やはりカレーかな。

次回訪問ではステーキカレーに挑戦してみよう♪






■カレー&中華料理 カウ

住所:愛媛県松山市本町5-6-9 地図

時間:?

定休日:?

駐車場:無






2013年6月 8日 (土)

『うどん 麦わら』冷かけ(松山市)

01

松山市古川の『うどん 麦わら』

これまで何度か紹介している、個人的にもお気に入りの一店ですが

新たに登場した夏メニュー情報をファットマンさんのブログで拝見し

ウズウズして堪らなくなり、早速駆けつけてみました♪(笑)

どうやら、これまでの夏メニューよりも品数豊富になっている様子ですね。






02

てなことで、こんな感じのオーダー。

【冷かけ】330円

【カレーライスセット(ミニサラダ付)】うどん代+400円






03

豊富なメニュー陣の中、アレコレ迷いそうでしたが

今回はシンプルな“冷かけ”をチョイス。

無論、かけうどんの冷たいバージョンというシンプルな内容だけど

ゴチャゴチャ着飾らない、純粋に勝負を挑むこの一品に期待♪






04

澄み切った優しいダシは、アッサリとしながらも旨味しっかり。

イリコからダシを取っているとのことですが

魚臭さを感じさせない、とても飲みやすい仕上がりになっています。

麺がこれまた秀逸。

モッチリ、ネットリ、シットリ、口の中で絡みつくかのような食感。

ここ最近、乱駆郎さん流“うどん官能描写”にハマっている私が断言しましょう

この「麦わら」の冷かけは…ヒジョーにエロい♪(笑)






05

以前訪問でハートを揺さぶられたカレーもまた良い♪

食いしん坊的には、もうちょいボリュームがあると嬉しいけど

次回は単品としてオーダーしてみるのもアリかな。






06

07

08

いや、しかし、期待を裏切りませんな~♪

客が次々来店して、一人で切り盛りしているご主人も忙しそうだったけど

それでも、にこやかに接してくれる姿勢には頭が下がります。

私も常に笑顔でいられるように心がけなければ♪




関連記事はこちら

「うどん 麦わら」煮込みうどん(松山市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-c4fd.html

「うどん 麦わら」カレーうどん+とろろ飯セット(松山市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-a8c4.html

「うどん 麦わら」味噌煮込みうどん(松山市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-fe97.html

「うどん 麦わら」冷たぬき(松山市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-9183.html






■うどん 麦わら

住所:愛媛県松山市古川西2-8-1 西沢ビル1F 地図

時間:11:00〜21:00

定休日:木曜

駐車場:有






2013年6月 5日 (水)

『らーめん 萬樂 空港通本店』萬樂炭火焼ちゃーしゅうめしセット(松山市)

01

“ランチパスポートVol.3”シリーズ その3

今回は、松山市空港通りにある『らーめん 萬樂(ばんらく)空港通本店』

この店に訪問するのは実に5年ぶり。

そんな頃までは、普段の外食もあちこち目移りすることなく

5店位を転々とローテーションし続ける日々を送っていた私(笑)

そんなローテーションの一角を担っていたのが、この「萬樂」だったんです。






02

この店は自販機で購入した食券でオーダーを通すシステム。

ランパス利用する場合も同様、ランパス専用の食券を購入することになります。

久々の訪問でしたが、店主は5年前と違う人かな?

ま、昨夜何食べたか覚えていない、そんな私の記憶は当てになりませんが(笑)






04

こちらがランパス提示でワンコインに。

【萬樂ちゃーしゅうめしセット】830円→500円

ラーメンにチャーシュー丼が付いたセット物。






05

具材はチャーシュー2枚・味玉・木耳・もやし・海苔など。






06

麺は滑らかで程よくコシあり。

スープは豚骨醤油系のクリーミーな味わい。

昔から変わらない安定した味ではあるけど、久々の訪問ゆえなのか

あれっ、こんなに美味しかったっけ?…なんて感じたりもします。

食べ進める中で、卓上に置いてある辛味噌などで味変することも可能。

ラー油を数滴落とせば、比較的まろやかなスープもピリッと締まって良いです。






07

チャーシュー丼はチャーシュー4枚に小松菜?とマヨネーズ少量。






09

特筆すべきはチャーシュー。

ラーメンのチャーシューに比べ、こちらはしっかり炙られており

トロトロのやわらかさと、カリッとした焦げ目の異なる食感が楽しめます。

何といっても香ばしい風味が良いんですよね。

失礼ながら、この店ってチャーシューがこんなに美味しかったっけ?

…と、何度も自問自答してしまいました。

既にその後2度訪問し、ランパス有効利用回数もクリアしてしまったので

今後は通常値段で食べなきゃいけないのが、恐ろしく残念だけど(笑)

このチャーシュー丼目当てに再訪問するのはアリかな♪






■らーめん 萬樂 空港通本店

住所:愛媛県松山市空港通6-12-3 ジョイランド21内 地図

時間:11:00~24:00

定休日:無休

駐車場:有






2013年5月24日 (金)

『辛メンヤ 中元』辛麺(松山市)

01

松山市三番町の『辛メンヤ 中元』

場所は、千舟町通り沿いから大街道に移動して一つ目の脇道を入って直ぐ

シネマサンシャインの裏辺りになるでしょうか。

朝までコースが予想されていた飲み会を、3次会直前で上手~く?潜り抜け(笑)

フラフラとタクシーに近付き、運転手がドアを開けてくれたにも拘らず

「あ、〆ラーメン忘れてた!」と踵を返し、再度フラフラ立ち寄ったわけです(笑)






02

こちらも以前から気になっていた店で、今回が初訪問。

入口から手前にテーブル席、その奥に厨房

その更に奥側に小上がり席があったのかな?

壁のポスターからを見ても、一昔前のレトロな居酒屋を演出しているようでもあります。

煌びやかなお姉さま方に囲まれるよりも

こういった雰囲気の方が妙に落ち着くのは、私も年をとった証拠だろうか(笑)






03

「辛メンヤ」といえば、やっぱり辛麺。

その辛さレベルは何段階にも分けられ、超激辛ともなると25倍になるようです。

辛いのは嫌いじゃなく、結構得意な方だと思う私。

よし…イってみますか…






04

ま、そんなこと言いつつ無難な辛さをオーダー。

酔っていても理性は働くんです♪(笑)

【辛麺・特辛(8倍)】800円






05

とはいえ、8倍ながら表面を覆う唐辛子の量はハンパない。






06

そんな唐辛子一帯をホジホジすると、卵とじやニラなどの具材が顔を現します。






07

韓国麺・ちゃんぽん麺・うどん・雑炊の中から、今回は韓国麺をチョイス。

弾力あるモチッとした麺は食べ応えアリ♪

スープも辛いには辛いが、旨味があるのか充分美味しく頂けます。

これなら25倍もイケたんじゃ?…なんて、強がりを見せたのも束の間

脳はともかく身体は正直なのか、汗が噴出して止まりませんでした。

こりゃ、カプサイシン効果ってやつも期待出来るのかな♪

…と、腹回りを摩りながら言ってみる(笑)






08

09

10

11

今思うと、クセになりそうな味わいだったのか

この記事を書いている途中で、また食べたくなる衝動に駆られたりなんかして。

うむ、これはリピ確定ですね。

居酒屋メニューも充実しているので、飲み目的でもアリかもしれない♪






■辛メンヤ 中元

住所:愛媛県松山市三番町2-2-1 地図 

時間:17:00~翌2:00

定休日:?

駐車場:無






2013年5月22日 (水)

新店『井上のそば屋』辛味大根そば(松山市)

01

松山市保免に4月下旬オープンした『井上のそば屋』

当ブログでもオープン前に「新店情報」として既報済みでしたが

その記事にコメントを頂いた、なみさんの情報に背中を押される恰好で

遅ればせながら初訪問してきました。

(なみさん、情報ありがとうございます♪)






02

以前の「多磨屋」の造りをそのまま継承する形の店内。

薄暗い照明や、静かで気だるい洋楽BGMが流れるあたりに

ちょっとオシャレな蕎麦屋を演出している感じが窺えます。

そんな店内の雰囲気も一枚撮っておきたかったのですが

食事時ゆえにか、結構な賑わいぶりだったので今回は断念。

メニューは蕎麦屋としては比較的リーズナブルな値段設定。

私も含め、蕎麦屋に敷居の高さを感じていた方も利用しやすいですね。






03

【シソだけ天ぷら】300円

蕎麦と同時オーダーしたこちらの一品が先に登場。

少し小振りなシソの葉ですが、5枚あるので文句なし。

天ぷらそのものには塩味が付いていて、レモン汁をかけて頂きます。

シンプルですが、パリッとした食感がナイス。






04

唐揚げや玉子焼など、他にも気になる料理があり

蕎麦が来る前にもう一品いっとくかな?…なんて考えていたところに






05

ようやく、本日のメインが登場。

【辛味大根そば・冷】630円

大きめの皿に乗った蕎麦の横には、ぶっかけダシと山葵

そして、蕎麦茶も一緒に付いてきました。






06

蕎麦の上には、大根おろし・鰹節・海苔・カイワレ大根・天かす。

この上からダシを満遍なくかけ、よく混ぜて食します。






07

麺はやや細め、コシもあり。

不揃いな太さの麺をそれぞれ食べ比べてみると

引っ張っても切れにくい弾力性を兼ね備えていることもよく分かります。

以前訪問した「菊音」の蕎麦がガッチリした“男麺”ならば

この店は、しなやかで優しい“女麺”と例えるべきでしょうか。

大根の辛味が口内を刺激し

山葵のツンとした辛さが鼻腔を突き抜けるのが何とも心地よい。

私は蕎麦を普段から食べ慣れておらず

あれこれ語れるほどのウンチクを持ち合わせていないので

麺類としてアリかナシか、そんなヒジョーに単純な評価をしてみると(笑)

結論…アリでしょう♪

この麺が温かい蕎麦ならばどうなるのか、とても気になるし

この日注文の多かった親子丼も結構気になりました。

ま、でも、次回は空いてる時間帯に訪問するべきかな?

個人的には、静かで落ち着いた雰囲気の中で蕎麦をすする方が乙だと思うし(笑)




関連記事はこちら

新店情報
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-9829.html






■井上のそば屋

住所:愛媛県松山市保免中2-10-15 地図

時間:11:00~15:00/17:00~21:00

定休日:月曜(祝日の場合は翌日休み)

駐車場:有






2013年5月20日 (月)

新店『半角屋』半角屋ラーメン(松山市)

01

松山市中央通りに新しくオープンしたラーメン店『半角屋』

オープン予告ともいえる黄色い看板が取り付けられた約一週間前

奇しくも同じく、食いしん坊レーダーがピピっと反応したyoshiさんと

オープン日情報を共有し合うお約束をしていた中

そのオープンは、5月17日突然のようにやって来ました。






Img_2873_2

駐車場が何処にあるのか分からないので、取り敢えず歩いて探索。

(私が何処に駐車したかはさておき…笑)

どうやら、隣の「さんわ」と共用駐車場なのでしょうか?

こちらの店舗裏に3台程度のスペースがあるようです。

チラッと覗くと裏の扉が開いており、覗きついでにそこから入店してみました(笑)






02

店内はカウンター8席、小上がりもあったかな?

店を切り盛りしていたのはまだ若い大学生風の男性一人。

「やってますか?」と聞くと「はい!」と元気な返答。

(こっそり入店したわけではないんです…笑)

客は私一人、オープン日午後の部では一番乗りだったようです。






03

こちらがメニュー。

聞くところ、ラーメンのスープは豚骨醤油系がメインだけど

限定ラーメンのみスッキリ醤油系。(鶏だし中華そばもそうかな?)

他には、韓国風冷麺・ご飯物・定食類などが揃っているようです。






04

【半角屋ラーメン】580円

初訪問ということで、取り敢えず店名を冠した一品をオーダー。

大盛りでないですが、丼サイズはそこそこ大きめ。

トッピングは、豚の角煮・味玉・もやし・木耳など。






06

豚骨醤油スープは、醤油辛さは抑えめで

豚骨のクリーミーさが前面に出たマイルドな味わい。

いかんせん、スープの温度が極めてヌルいのが原因なのか

旨味というかパンチが足りないようにも感じてしまいます。

そういえば、厨房には寸胴らしきものが見当たらなかったな~。






07

ウリであろう豚の角煮はどこから出てきたのか…冷たい(笑)

白い脂身の部分が固まっているのは、食い意地張った私でもちょっとキビしい。






Img_2871

うむむ、どこかに褒めるべき点は…なんていう思いだけど(笑)

麺がやや硬めのいいコシ加減でアリです。

ま、でも、その麺も家庭用の片手鍋で湯掻かれていたんですけどね(笑)

団体客が押し寄せたらどう対処するんだろう、なんて心配になり

たまらず、店を出すのは初めてですか?…と聞くと

友人の店で修行し、今回初めて独立したことを明かしてくれました。






08

こちらも追加オーダー。

【Aセット】+250円

好きなラーメンに、じゃこ飯とサラダが付くセット物。

特製ダレを絡めたジャコが乗ったご飯は、ごくごく普通だが悪くない。

ひょっとしたら、修行先のまかない飯だったのかな?






Photo

yoshiさんのブログで話題になっていたこの貼り紙。

よく見ると、左下隅に「やり直す」という文字が記されているんです(笑)

(yoshiさん、勝手に画像拝借ごめんなさい m(_ _)m)

この件に触れると、若いお兄さんは慌てて店の外に出ていき

その後、恥ずかしそうに戻ってきました。

意味深な文字でしたが、どうやら単なるミスプリントだったようです(笑)






09

その後あれこれ話しているうちに

そのお兄さん、実は中国人だということが判明。

言われて初めて分かるほど日本語は流暢で、日本のラーメンが大好きだとか。

今後は、友人との二人で店を切り盛りしていくようです。

正直なところ、人気ラーメン店がひしめく中央通り界隈で勝負するには

オープン初日ということを差し引いても、些か“準備不足”といった感は否めず

色々な面で「やり直す」、いや見直す必要があるかとは思います。

ま、でも、まだまだ若いし伸びしろもあるのかな…なんて。

ここはひとつ、ガンバッテ!!…と応援しておきましょう。




yoshiさんの記事はこちら

2013年5月17日(金) 本日オープン!! 「半角屋」
http://ameblo.jp/yoshichyan/entry-11532025648.html

関連記事はこちら

新店情報 その3
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-627c.html






■半角屋

住所:愛媛県松山市中央2-23-3 地図

時間:11:00~15:00/17:00~22:00

定休日:無休

駐車場:有(店舗裏に3台程度)






2013年5月11日 (土)

『雁飯店 久万ノ台店』麻婆丼とラーメンのセット(松山市)

01

先日ようやく購入に踏み切った「ランチパスポートVol.3」

どの店も混雑が予想されるGWが終了したことで

私も掲載店行脚の方をぼちぼち始動していきたいと思います。

今回1店目にチョイスしたのは、松山市久万ノ台の『雁飯店 久万ノ台店』

中央通りから西に進んだ、聖陵高校の向かい側辺りで営業している中華料理店。






02

この店への訪問は何だかんだで5年ぶりになるでしょうか。

店内もその頃と相変わらない雰囲気。

寡黙で職人気質?のご主人方が提供する料理には期待が持てます。






03

今回のオーダーはコチラ。

【麻婆丼とラーメンのセット】850円→ランパス提示で500円






04

05

まずは麻婆丼。

唐辛子の辛さは感じるものの、山椒のピリピリ痺れる刺激はなし。

食べ進むにつれ舌がヒリヒリし始め、徐々に額に汗も滲みますが

辛いのが苦手な人でも比較的食べやすい味わいとなっています。

とろみ絶妙、豆腐もプルプル。

セット物ということで、ボリュームはそれほどでもないですが

この麻婆丼なら通常の単品(650円)で今後オーダーするのもアリかなと。






06

07

そして、ラーメン。

通常のラーメン丼よりも一回り小さいサイズでしょうか。

こちらはアッサリとした醤油味のスープ。

麻婆丼を何口か食べた後だったので、よりアッサリ感じたかも?

もやしやメンマの歯応えある食感が特徴的。

大衆中華店のありがちなデフォルト醤油ラーメンは

これまで可もなく不可もなくといった印象で、好んでは食べてきませんでしたが

この店のそれは、サイドメニューとして充分アリかなと思います。






08

09

10

11

こちらが通常メニュー。

豊富な内容で、ワンコインメニューも充実。






12

13

14

5年前の訪問ではなかった焼豚玉子飯や汁なし坦々麺なども魅力的。

ランパス利用で初訪問した方には

今回のセット物以外の方が店の良さも充分伝わるのでは?

…なんて、個人的には思ったりしましたが、

このメニュー陣を見れば再訪問もしてみたくなるでしょう。

いや、それにしても

近くの席にいたオジサンの広東セット?はボリューミーで美味しそうだった。

次回は腹を空かしてそれを狙うのみ♪(笑)






■雁飯店 久万ノ台店

住所:愛媛県松山市久万ノ台1185-5 地図

時間:11:15~15:00/17:00~23:00(オーダーストップ22:45)

定休日:不定

駐車場:有(店舗前、他)






より以前の記事一覧

無料ブログはココログ