ぶらつき@東温市

2013年8月11日 (日)

上林森林公園の風穴 ~2013年初夏~(東温市)

Photo_2

いやー、暑い!

暑いなんてもんじゃなく、あ゛つ゛い゛

日差しは焼けるように痛く、体は汗でベトベト

こりゃ、家に居た方がいい

部屋で冷房効かせ、扇風機の前でガリガリ君かじるのが一番♪(笑)






Photo_3

ま、そうはいっても、せっかくの夏休み。

こんな時ゃ、東温市のアソコで避暑っちゃうのが一番♪

場所は山の中。

詳しくは、記事下部の住所&地図をご参照くださいませ。

(暑さにやられ説明がいい加減…笑)






Photo_4

山道は狭い上に、急カーブ多し。

車酔いだけには気を付けませう。

避暑りに来たのに、車内で気分悪くなるなんてもう最悪。

道中、そうめんで腹パンパンにするのも要注意(笑)






そんなこんなで、えひめ森林浴八十八ヵ所の第53番

『上林(かみはやし)森林公園』に到着。

この歩道を進むと、絶好な避暑ポイント“風穴”が見えてきますよん。






Photo_5

この日は5月下旬の訪問ゆえ、見た目こんな感じですが

夏場は外気温との温度差によって霧が発生しているんですよね。






Photo_6

Photo_7

風穴から吹き出す冷たい風が、ひんやり気持ちいい♪

てか、ちょい肌寒くなるほどの冷気。

猛暑なこの時期、多くの人がこの地を訪れ賑わっているのではないかと想像。

愛媛の最高の避暑地、と言っても過言ではないですもんね。

私ももう一回くらいは出かけてみようかな?

ガソリン代が勿体ないし、ガリガリ君で我慢しようかな??(笑)






しょぼ動画もどうぞ。






関連記事はこちら

上林森林公園の風穴(東温市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-bc60.html






■上林森林公園

住所:愛媛県東温市上林 地図

駐車場:有




2013年7月22日 (月)

白猪の滝 ~2013年初夏~(東温市)

01

東温市の『白猪(しらい)の滝公園』

猛暑日続く今日この頃、こんな時は涼を求め

こんな避暑地にお出かけするのも乙ではないでしょうか♪

桜三里の坂道から県道494号線へと進入して、そのまま南下。

間もなくすると、公園の広い駐車場が見えてきますよん。






Img_2941_4

目指すは、マイナスイオンたっぷり“白猪の滝”

この無料駐車場から歩いて上るのも良いですが






02

有料駐車場まで車で上るのがオススメ、暑いですし(笑)






03

そんなこんなで、こちらが有料駐車場。

一応、私有地。






04

管理人と思われるオジサンの鋭い眼光にプレッシャーを感じつつ

駐車料金(300円)はしっかり払いましょう(笑)






この駐車場からは歩いて500m。






涼を求めて…なんて言いながら、結構汗だく(笑)

ま、そんなこんなで…






無事到着♪

この日の水量は今ひとつかな。

肝心のマイナスイオンの方も、身体が火照って今ひとつ感じられず?(笑)

ま、でも滝を眺めているだけで涼しくなるから不思議。






しょぼ動画もどうぞ。






12

次回訪問はやっぱり冬かな。

その時は、こちらの店にも立ち寄ってみよう♪






■白猪の滝

住所:愛媛県東温市河之内 地図

駐車場:有






2012年6月16日 (土)

花き研究指導室の紫陽花(東温市)





さてさて、再び“紫陽花”ネタです。

「森の交流センター」を出て、車で2、3分

同じく東温市の『花(か)き研究指導室』にやって来ました。

こちらは、約2年ぶりの訪問になります。








この「花き研究指導室」でも色んな植物を観賞することが出来るんですよね。

まず、目に入ったのが“チェリーセイジ”という花。

ミッキーマウスを逆さまにしたような、普段はあまり見かけない色形ですよね。








こちらは“スィートヤロームーンウォーカー”

競走馬だとしても違和感ないほど、変わった名前ですが(笑)

別名は“ノコギリソウ”というそうです。










ほんとは色々紹介して、最後まで引っ張りたいところですが(笑)

案外あっさりと、紫陽花に遭遇♪

範囲こそ狭いものの、綺麗に咲いていましたよ。








ま、でも、記事は続くんです(笑)

それは何故かといいますと…








また別のエリアでも、紫陽花を発見していたんですね~。












ビニールハウスの中にも、沢山の色取り取りの紫陽花が♪

こちらは、この日の時点(6月9日)で早くも見頃を迎えていました。

ま、このまま記事を終えるのも何なので(笑)

最後に、この施設で見られる他の植物の画像も載せておきます。



















関連記事はこちら

花き研究指導室(東温市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-c51c.html?optimized=0






■花き研究指導室

住所:愛媛県東温市下林2210-1 地図

時間:9:00~17:00

定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、12月28日~1月4日

駐車場:有

2012年6月15日 (金)

愛媛県森の交流センターの紫陽花(東温市)





ネタのストックが溜まりに溜まって、どれから書けば良いか迷っていますが

やはり、ここは旬なものを旬なうちに放出しておくべきでしょう♪

てなことで…

約一年ぶりの訪問となる東温市の『愛媛県森の交流センター』

今回の訪問の目的は、今が見頃の“紫陽花”です。








紫陽花が咲いているエリアに向かう前に

まずは、センター入口から向かって右側にある「亜熱帯植物展示館」に立ち寄ります。








温室の中で見られるのは、ヤシなどの亜熱帯地域ならではの植物。

室内には私しかいなくてシンミリと静まり返っているので

トロピカル気分を満喫♪…とまではいきません(笑)








そんな静かな室内なので

周囲でガサガサッと物音がすると、かなり驚きます(笑)

草むらの影からセンターの管理人?が現れたのには、年甲斐もなく慌てふためきましたが…(笑)










温室を出て、センター内の遊歩道を散策すると

あちらこちらで多種多様な植物を見ることが出来ますよ。

こちらは“ホプシー”というマツ科の植物。

灰色をした葉も珍しいですよね。










こちらは、赤い薔薇。

ちょっとしたパーティーには、これを胸ポケットに差せばOKかな♪(笑)

ま、でも、枯れかけているものも多く

アップで撮れる薔薇を探すのには苦労しました。








こちらも、同じバラ科の“シモツケ”

下野(しもつけ)の国(現在の栃木県)で最初に発見されたことから、この名前が付けられたとか。

甘い香りに誘われ、カナブンも飛んできました。








前回訪問(昨年4月)では綺麗に咲き誇っていた“ベニバナユキヤナギ”。

こうやって季節を通して変化していく姿を見られるので勉強にもなりますね。








さて、今回の目的でもある紫陽花ですが

センター入口から向かって一番奥に、咲いているエリアがありました。








ここで見られる紫陽花は白い花びらをしたもの。

この日の時点(6月9日)では、まだ色付いていない状態の紫陽花も多く

見頃を迎えるのは、まだこれからといったところでしょう。










それでも、その隣に咲いていた“カシワバアジサイ”と“ガクアジサイ”は綺麗でしたよ。

しばらく雨天続きとなりそうですが、雨に濡れた紫陽花を観賞するのも乙かも?

ま、私はそんな日は自宅に引きこもりますけど~♪(笑)




関連記事はこちら

紫陽花なう♪
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-7f5c.html

愛媛県 森の交流センター(東温市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-ea2b.html?optimized=0






■愛媛県森の交流センター

住所:愛媛県東温市田窪743 地図

時間:9:00〜17:00

定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、12月27日〜1月5日

駐車場:有

 

2011年10月 4日 (火)

見奈良のコスモス畑(東温市)



仕事帰りに東温市見奈良にあるレスパスシティの傍にあるコスモス畑に立ち寄ってみました。

この畑は、春は菜の花、秋にはコスモスが咲き誇るんですよね。

綺麗に咲いているものもあれば、枯れ始めたコスモスもチラホラ。

先週の雨天続きの影響か、もしくはまたもや見頃を逃したのか…?(笑)









しかも、強風で上手く撮れてませんし…(笑)







そうこうしているうちに日も暮れ、撮影を断念。







今月中旬まで「コスモスまつり」が開催されているようなので、レスパスシティに遊びに行かれた際に立ち寄ってみてはいかがでしょう♪








ちなみに、こちらは記事にこそしていませんが今年の4月に撮っておいたこの畑。

密集して咲き誇る黄色い菜の花の方が見栄えはするかも?






■見奈良のコスモス畑

住所:愛媛県愛媛県東温市見奈良1110

駐車場:有(レスパスシティ内)




2011年4月10日 (日)

愛媛県森の交流センター(東温市)



東温市にある『愛媛県森の交流センター』をご紹介。

県道209号線にある拝志大橋の側の案内板に従い

重信川沿いに進んで行くと辿り着くことが出来ます。







このセンターは“県民参加の森林づくり”の推進を図ることを目的とした施設で

その敷地内にある花木園や展示館で、色んな植物を観賞することが出来ます。

自然に触れ、目の保養をするには最適な場所といえますよね。







歩を進めると、春を感じさせる植物があちらこちらに。

では、その中から一部だけ紹介してみますね♪







こちらは「モクレン」

私の中では、木蓮といえば

スターダストレビューの名曲「木蓮の涙」を思い浮かべてしまいますが

恥ずかしながら、その花を実際に目にしたのは初めて。

こんな綺麗な花だったんですね〜。

ちなみに「ハクモクレン」という白い木蓮もあるそうですよ。







こちらは、バラ科の「ベニバナユキヤナギ」

文字通り、雪のように白い花が柳のように垂れ下がっています。

普通のユキヤナギと違って、蕾の段階ではピンク色をしているそうです。

ちなみに、花言葉は“愛嬌、愛らしさ”

う〜ん、私にピッタリ?(笑)







この変わった形の黄色の花は「サンシュユ」

別名ハルコガネバナ(春黄金花)と呼ばれ、秋には赤い実を付けます。

その実の成分は漢方薬にも配合されていて、滋養強壮の効果があるんだとか。

私もそろそろ、漢方薬のお世話になるかもしれないので

この花のことも、よ〜く覚えておいた方がいいかな(笑)









まだまだ、このセンターで見られる植物は多種多様。

この近くには「花き総合指導センター」もあり、そこでも同様に季節を楽しむことが出来ますよ。






いや〜、爽やかな記事だな〜♪(笑)






■愛媛県森の交流センター

住所:愛媛県東温市田窪743

時間:9:00〜17:00

定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、12月27日〜1月5日

駐車場:有

2010年9月24日 (金)

上林森林公園の風穴(東温市)

急に涼しくなり、秋らしくなりましたね〜。

てか、風が強くてちょっと寒すぎるかな。

そんな時に恐縮なんですが、タイミングの良くないネタをひとつ…(笑)









涼しさを求めて、東温市の『上林森林公園』に初訪問♪

この日は、8月最後の日曜日とあって

子供連れのファミリーなど、大勢の人で賑わっていました。

(相変わらず、一ヶ月前のネタを書いてます…)









山道を少し歩くと、風穴のある場所が見えてきました。

霧がかってますね〜。

この辺りで、既にヒンヤリしていますよ。









こりゃ涼しいですね〜♪

まさに、自然のクーラー。

この穴では、ヒマラヤ原産の高山植物でもある青いケシの花が栽培されているそうなんですが

訪れる時期がちょっと遅かったのか、今回は残念ながら見られず…







この公園は、緑に囲まれて空気も良いので

あちこち散歩するのも良いかもしれませんね〜。

8月末でありながら、紫陽花を見ることも出来ましたよ。







来年の夏は、公園へ上る途中にあるそうめん流しにも行ってみようかな…






■上林森林公園

住所:愛媛県東温市上林

駐車場:有

2010年5月 8日 (土)

滑川渓谷(東温市)



花き総合指導センターを出て

桜三里を走り

滑川(なめかわ)渓谷へやって来ました。

ここに来るのも初めてだったりして…

つい最近まで

インドア派だった私にとっちゃ〜

ドキドキな初体験ばかり…ウフッ♪







…さてさて(笑)

ここも“えひめ森林浴八十八ヶ所”に選定されてるんやね。

早速、レッツらゴ〜♪











この時、平日の夕方。

だ〜れも、居やしません…

そこには、好奇心旺盛なオッサンが

ひたすら前進する姿のみ(笑)







お?…あの梯子も昇るのか?







てか、かなり足元が滑りやすいんよね。

こんな場所で転倒し、気絶したとしても

誰かが助けに来てくれるのは、いつになるやら…(笑)

これは、気をつけて歩かんといかんね。







少女のようなキラキラした目で

ペンギンみたいなヒョコヒョコ歩きで

滝へ向かう無邪気なオッサン♪







ようやく、歩道が。







はっきりとは、判りにくかったんやけど

この辺が“犬くぐり”になるようです。

滝は、もうすぐやね。







お♪

見えてきましたよ♪









ザーッと音をたてる“奥の滝”

周りを囲むような形状をした“龍の腹”

何とも言えない幻想的な世界。







滝に近づいてみました♪

マイナスイオンは“白猪の滝”ほどは感じませんね…

誰も居ない場所にポツ〜ンと一人。

空も暗くなり始め

聞こえてくるのは、ただただ

滝の音のみ。

この異様ともいえる雰囲気の方が勝って

マイナスイオンに気付かなくなっている状態なんかも…?(笑)







滝の近くのあちこちに見られる

この積み上げられた石でさえ

かな〜り、不気味に感じられるんよね…

ここへは、明るい時間帯に

大勢で行くことをオススメいたします(笑)






■滑川渓谷

住所:東温市明河字海上

駐車場:有

2010年5月 7日 (金)

花き研究指導室(東温市)

最近、自然に触れる機会が増え始めた私。

でも、ちょっくら恥ずかしいのが

植物や生物なんかの知識が皆無に等しいんです。

そんなもんで、今回の話は

「植物の名前をお勉強しましょ〜」の巻♪









で、何処にやって来たかといいますと

『花(か)き研究指導室 』

入口を見てみますと、正式名称になるんでしょうか?

“愛媛県農林水産研究所 農業研究部 花き研究指導室”

むむむ…

私の頭脳が早くも悲鳴をあげております(笑)







さてさて、入園♪

おや?数日前に、花まつりがあったんですね。

実はこれ、二週間ほど前のネタを今頃書いてるもんで…悪しからず。







歩を進めると見えてくるのが、この花時計。

乙女チックな漫画でも、まず見当たらな〜いね♪







おっと…ジタバタし過ぎました。

さて、勉強勉強(笑)

で、この赤い花ですが、名称は“島大臣”といいます。

花そのものの色が、綺麗に撮れてなくて残念。







“ハーブ”は、皿の上でしか見たことありません(笑)







ミント三種。

左から“ペニーロイヤルミント”“アップルミント”“パイナップルミント”

全部同じに見えるのは私だけでしょうか?(笑)







↑さて、この白い花の名前は何でしょう?







正解は“オステオスペルマム”

う〜ん、必殺技みたいでステキ♪







階段を降りると、そこにも多くの植物が。







これは“雲竜桑”といいます。

変わった形ですね〜。







ビニールハウスの中にも、花がたくさん。

入れないビニールハウスもあるので要注意なんです。











いや〜、綺麗ですね♪

こうやって、花や緑に囲まれると癒されますね♪




え?

↑この上の花の名前ですか?




それは、また次回の宿題に…(笑)






■花き研究指導室

住所:愛媛県東温市下林甲2210-1

開園時間:9:00〜17:00

休園日:月曜(祝日の場合はその翌日)
※12月28日〜1月4日も定休日

駐車場:有



2010年4月 7日 (水)

白猪の滝(東温市)

過去画ストックよりアップいたします。

先日、見奈良で菜の花を堪能した後

白猪の滝へも、レッツらゴー♪しました。





そんなこんなで、無料駐車場に到着。

ふむふむ…

徒歩なら30分?車と徒歩でなら15分?

「…よし!車だ(笑)」







徒歩だと長〜く厳しい坂道。

下の無料駐車場に停めて、歩く人なんておるんかいな?

な〜んて思いながら

車でヨタヨタ上ってると

そこに待ち構えていたのは…

有料駐車場!!

なんちゅう見事なからくり(笑)











ゼェゼェ言いながらも

懸命に歩を進める無邪気なオッサンの私。

すると…







わお♪







愛媛自然百選だそうです♪

マイナスイオンがハンパない♪







冬になると、滝が凍りつき

また違った風景が見られるようです。

冬にまた来てみたいとは思いますが

上ってくる道のりまで凍結してそうな気がする…(笑)






■白猪の滝

住所:愛媛県東温市河之内
(皿ヶ嶺連峰県立自然公園の中)

駐車場:有

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ