« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月25日 (火)

本日のつぶやき(2013年6月25日)

2013年6月23日 (日)

『あわしま堂 本社 直売所』塩豆大福(八幡浜市)

02

先日の南予遠征で立ち寄った、八幡浜市保内町の『あわしま堂 本社』

国道197号線から宮内交差点を県道249号線へと南下

川之石高校の向かいにある「あわしま堂 第1工場」を通過し

そのまま県道沿いを進んだ川之石港に面した辺りの場所になります。






Pkpz1atdclgywbc1371737249_137173752

この本社では、入口付近のスペースに直売所が設けられていて

そこで廉価の和菓子を購入することが出来るんですよね。






03

04

05

どうです、安いでしょ?

俗に言う“おつとめ品”ってやつですが

味はもちろん、見た目もほとんど気にならないレベルの品質。

その中には新商品までお試し価格で販売されているので

あわしま堂フリークにとっては嬉しい限りではないかと♪

ま、私も最近フリークになった一人なんですけどね(笑)






06

この直売所は先月リニューアルしたそうで

無人営業から有人化で精算もスムーズになり

スペース内のテーブルで寛ぐことも可能になったようです。






07

そんなこんなで今回購入したのがコチラ。

これで540円なんですよ♪






08

個人的にもオススメしたいのが【塩豆大福】

表面はシットリもちもち、餡はバランス良い上品な甘さ。

豆の食感が時折アクセントになるのがまた良いんです。

これにお茶があれば、もう何もいらないっしょ♪(笑)







ほんでもって、フリークは翌週にも八幡浜入り♪

これで530円♪

前週よりも買い物上手になってる気がするぞ~♪

…って、ちょっとハマりそうな予感がするけど

やっぱ甘いものは程々にしないといけないな、と不健康な私は戦々恐々(笑)






■あわしま堂 本社 直売所

住所:愛媛県八幡浜市保内町川之石1-237-53 地図

時間:9:00~17:00

定休日:正月のみ?

駐車場:有






2013年6月19日 (水)

『喫茶 モカチャーゼ』大盛り焼きそば(松前町)

01

久々の訪問となる松前町の『喫茶 モカチャーゼ』

最近行われていた外観工事も終了し、装いも新たに営業中のようです。






02

事前に何を食べるか考えてはいなくとも

それでも、大盛りオーダーにすることだけ決まっていたのは

日向薫平さんジンゴズンゴさんの先日の爆食いレポの影響に違いありません(笑)






03

【焼そば】600円+大盛り100円






04

想像を超えるボリュームとはいかないまでも

つまようじ測定すると、積まれた高さはそこそこあるんでないかと。






06

たかが目玉焼き、されど目玉焼き。

このトッピングで通常の焼きそばに20ポイント加算される不思議。






05

ソースは濃すぎず薄すぎず。

麺は蒸されたものか、モチッとした食感が良い。

焼そばもちょっとした工夫で美味しくなるもんであります。

ま、でも、適量は普通盛りだと申しておきましょう(笑)






Img_3350

この焼そばにはプラス150円で、ご飯・味噌汁・漬物が付くセットも追加可能。

ビンボー人根性で単品を喰らう私に、ご飯のサービスをしていただき嬉しい限り♪

おそらく、食い意地張ってそうな人限定?のサービスだとは思うけど(笑)

そんな心遣いが何とも心憎いったらありゃしない。

食いしん坊のみんな、モカチャーゼに…行っちゃおーぜ♪




関連記事はこちら

「喫茶 モカチャーゼ」ゴールドカレー(松前町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-525e.html

「喫茶 モカチャーゼ」ジャンボオムライス(松前町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-7a93.html

「喫茶 モカチャーゼ」スタミナ定食(松前町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-688f.html?optimized=0






■喫茶 モカチャーゼ

住所:愛媛県伊予郡松前町北黒田粟津394-3 地図

時間:8:00~20:00

定休日:日曜

駐車場:有






2013年6月17日 (月)

『カレー&中華料理 カウ』カツカレー(松山市)

01

松山市本町の『カレー&中華料理 カウ』

国道196号線沿いの本町5丁目交差点付近、牛丼の「三河屋」の2軒隣。

こちらも昔から気になりつつも、行けずじまいだった店。

今回は以前コメントを頂いた、みうけんさんの情報を元に訪問してみました。

(みうけんさん、情報ありがとうございます♪)






02

店内はカウンターのみで15席ほど。

切り盛りしているのは男性2人、年配の方がご主人かな?

この店も古くから営業している老舗のようで

オッサン率高め、男のオアシスといった感じ。

女性1人ではとても気軽に入店出来ないであろう雰囲気(笑)






03

壁に貼り出された豊富なメニュー陣。

カレー・麺類・ご飯物・中華系の一品料理・定食など。

で、今回オーダーしたのが






04

【カツカレー】650円

お初ゆえのジャブなチョイス。






05

30cm近い皿でまずまずのボリューム。






06

ルーは、家庭的なカレーの延長線上といった味わいですが

長年継ぎ足しを繰り返して作り続けてきたであろう

昨日今日作りたてのカレーじゃ真似できないコク深さを感じます。

食べログでは甘口カレーと評されていましたが、私はそうでもなかったかな。

この値段ゆえ、カツに使用される豚肉は上質な物ではないですが

肉の旨味は充分で、揚げたてサクサク、このカレーともマッチしています。

意外と言っちゃ失礼ですが、店の雰囲気などからは想像出来ない

美味しいカレーが気軽に食べられるナイスな店ではないかと♪






07

麺類や中華も気になるけど、やはりカレーかな。

次回訪問ではステーキカレーに挑戦してみよう♪






■カレー&中華料理 カウ

住所:愛媛県松山市本町5-6-9 地図

時間:?

定休日:?

駐車場:無






2013年6月16日 (日)

『なかまる』ちくわ天ぶっかけ(砥部町)

01_2

砥部町川井の『なかまる』

この店も愛媛屈指のうどん屋と言って過言ではないでしょう。

これまで何度か訪問済みですが、当ブログでは久々の紹介となります。






04_2

めっさ気になる、豪華な「なかまるスペシャル」

ランパス提示でワンコインになるんですが、この日はあいにく夕方の訪問。

メニューを恨めしく眺めつつ、その隣の一品をオーダー。






05

【ちくわ天ぶっかけ・冷】600円+大盛り100円






06_2

竹輪は縦に半分カットしたものと2欠片。

その横には、刻み葱・海苔・白ゴマ・レモン・生姜。






07_2

麺はモッチリ、申し分ないコシ。

ダシも濃すぎず薄すぎず、丁度良い味加減。

ちくわ天も揚げたてホクホク、うどんの邪魔をしない存在感。

刻み葱がこの店特有?しんなりとした食感で好み。

葱って、麺が良ければ良いほど(冷し系は特に)

青臭い歯応えある食感は却って邪魔になるだけ、とこの店に来る度思い知らされる。






02_2

03_2

この日も満足、間違いなく美味かった。

非の打ち所がないとはこのことか。

あえて欠点を探すなら(探す必要もないが)

やっぱ「なかまるスペシャル」がえらく高いってことだけ(笑)

ファットマンさんのブログによると

このスペシャルは具材が多すぎて、大盛りにしないと麺が不足するらしい。

千円オーバーか…給料日以降に再検討だな♪(笑)




関連記事はこちら

「なかまる」牛すじうどん(砥部町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-95d2.html






■なかまる

住所:愛媛県伊予郡砥部町川井868 地図

時間:11:00~14:30/17:00~20:00(日曜は11:00~14:30)

定休日:月曜

駐車場:有


2013年6月15日 (土)

『喫茶 ラング』カツ丼(鬼北町)

01

松野町で滝ウオッチングをした帰りに遅めの昼食。

昨秋以来の訪問、鬼北町の『喫茶 ラング』です。






06

その前回食べたワイルドなカツカレーが好印象だったこともあり

今回もカツ繋がりでこちらの一品をオーダーしてみることに。






03

【カツ丼】700円

メインのカツ丼に味噌汁・小鉢・漬物付き。






04

カツカレー同様、厚み2cmのロースカツ。

横幅カットが細めでワイルド感に欠けるのがちょい残念だけど

その分、甘辛なダシと半熟玉子がカツに絡みやすくなっています。

今まで食べたカツ丼の中では間違いなく好みの域に入るけど

味付け抑えめ、ワイルドカツ化、これで愛媛屈指のカツ丼に変貌するだろうと

この店のファンで食いしん坊な私が、そう断言しておきましょう♪(笑)






07

味噌汁は少し甘めの白味噌仕立て。

ちょい苦手なタイプだけど、豆腐・キャベツ・人参など具沢山

味噌カスが沈殿しているあたりに田舎風の良さもあって

このカツ丼とも実にマッチしているようで案外悪くなかったり。

小鉢の筍の煮物や卵焼きも素朴な感じでアリでした♪






02

この日は近所の常連客らしき方々で店内はほぼ満席。

おそらく遠方から遥々やって来た様子のお兄さん客や私が

入口付近の狭いエリアに追いやられた格好なのが何ともおかしかったが(笑)

根強いファンに支えられているこの店の魅力を感じられた光景でもありました。

南予の鬼北にラングあり。

また近くまで来たら立ち寄ってみなければ♪




関連記事はこちら

「喫茶 ラング」カツカレー(鬼北町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-a200.html






■喫茶 ラング

住所:愛媛県北宇和郡鬼北町大字興野々337-5 地図

時間:9:00~19:00

定休日:無休

駐車場:有




2013年6月14日 (金)

天ケ滝公園 ~2013年春~(松野町)

01

GWの連休を利用して出かけた松野町。

今回の目的地は初訪問となる『天ケ滝(あまがだき)公園』

「虹の森公園」を横目に県道381号線沿いを南下し

松野東小学校を通過して間もなく、県道106号線へと移動。

鼻歌まじりに狭い山道を突き進みます。






03_2

おおっ、あれは…!?

突然目の前に現れた滝に思わずコーフン♪






こちらが駐車場。

ここから滝まで200mの道のり。






11

新緑の眩しさの中、存在感を放つ赤紫色のツツジ。

前夜降り注いだ雨粒が滴る絵になる風景。






駐車場の傍には不動の水車。






06

足下が濡れていたとはいえ、比較的歩きやすい方かな。






07

カメラを手にカニとにらみ合ったりしつつ






10分位で到着。






09_2

10

12

落差約30m、2段で流れ落ちる段瀑。

前夜の降雨の影響か、見応えある水量だったのはラッキー。

荒々しさと美しさ、自然と向き合い癒される

滝ウオッチングに今後ハマりそうな予感がします。






しょぼ動画。







14

来た道を引き返し、奥内の棚田にも立ち寄ることに。

その途中で見かけた「逆杖の公孫樹(さかづえのいちょう)」

愛媛県天然記念物指定の猛々しい老大樹で、これまた見応えあり。






16

15

Img_2311

18

こちらが「奥内の棚田」

一見のどかな田舎風景ですが、日本の棚田100選にも選出されています。

先人の手で積み上げられた石積みは芸術的ですらあります。

その実、名所の多い松野町

天ケ滝・逆杖のイチョウ・奥内棚田、まとめて観光してみるのはいかがでしょ♪






■天ケ滝公園

住所:愛媛県北宇和郡松野町奥野川 地図

駐車場:有






2013年6月11日 (火)

『イル・デ・パン』シェフの気まぐれランチ(伊予市)

01

02

伊予市下吾川の『Ile des pins(イル・デ・パン)』

国道56号線沿い、100円ショップ「ダイソー」の隣にあるカフェレストラン。

こちらも以前から気になっていた店で、今回が初訪問。






03

外観だけでなく、店内も木の温もりを感じさせるオシャレな造り。

天井も高く、日差しが入った明るい雰囲気。

店のHPによると、カナダから木材を取り寄せた本格的ログハウスのようです。






04

私が座った席の傍には暖炉も。

たとえ火を起こしていなくても、そこにあるだけでムード満点。

ああ、ここで寝泊りしたい♪…なんて気分にさせられますが

私も大人なので、そこはスッパリあきらめます(笑)






05_2

【シェフの気まぐれランチ】850円

内容は日替わりかな?

この日は、ポークステーキ・ライス・スープ。






06

07

メインのポークステーキはミディアムレアの焼き加減。

豚肉の本来の旨味が堪能できる味わいで、なかなかグッ。

かけられたデミグラスソースも程よい酸味と甘みで、肉の味を引き立てるに充分。

横に添えられたサラダもドレッシングが美味で、野菜嫌いな私も満足。

シェフの気まぐれという割に抜け目ないですな。






09

10

11

12

13

こちらはメニューの一部。

洋食のみならず和食まで揃っていて実に豊富な内容。

この日のランチが良かったので、他のメニューも期待できそう。

また近々再訪問してみようかな♪






Img_2917

なお、駐車場は(国道から向かって)店の裏側にありますよ。






■イル・デ・パン

住所:愛媛県伊予市下吾川1212 地図

時間:8:30~21:00(20:30オーダーストップ)

定休日:水曜

駐車場:有






2013年6月 9日 (日)

『味処 鼓響』天丼セット(松前町)

01

「ランチパスポート Vol.3」シリーズ その4

今回は松前町の居酒屋(日本料理店?)『味処 鼓響(こきょう)』

エミフル~伊予郡中線・松前駅間を通る県道214号線沿いから

松前中学とサークルK間にある脇道へと進入して直ぐの場所にあります。

この「鼓響」も訪問する機会になかなか恵まれない店でしたが

これまたランパスによってキッカケが生まれた格好です。






02

木目調の明るい雰囲気の店内は好印象。

入口から向かって左側にカウンター、右側に小上がり席。

さほど広くはありませんが、その空間がアットホーム感を醸し出しています。

昼食時を少し外した13時過ぎの訪問でしたが、店内はほぼ満席。

その客層は、昼下がりをまったり過ごす昭和マダムばかり(笑)

ランチ=奥様方…ってことで、ランパス利用率もやはり高い。

その影響か、厨房ではご夫婦?がフル回転で切り盛りしていました。






03

こちらがランパス提示でワンコインに。

【天丼セット】900円→500円

メインの天丼にサラダ・小鉢・吸物・漬物が付いてきます。






04

天丼の中身は、海老3尾・南瓜・茄子・獅子唐。

甘辛く旨味ある別添の天つゆを回しかけ頂きます。

海老天は細身ながらプリプリ食感なのがアリ。

ま、でも、器が浅くて、ご飯が食べにくいのが難点かな。

そういえば、私の隣に座っていたマダムもそう仰っていました(笑)






05

06

やはり、この店の真価を感じ取るのは夜の居酒屋スタイルでしょう。

場所的にも難しくないので機会があれば行ってみたいですね。

いや、しかし、もうちょい落ち着いて食べたかったな…

正直なところ、マダムの視線を感じて今ひとつ味が分からなかったし(笑)






■味処 鼓響

住所:愛媛県伊予郡松前町筒井1038-4 地図

時間:11:30~14:00(13:30オーダーストップ)/17:30~22:30

定休日:水曜

駐車場:有(店舗横)






探偵ナイトスクープ『10年以上口をきいていない父と母』

今回は、ちょいと趣旨を変えた記事内容でございます。

この動画、是非見ておくんなまし。

放送批評懇談会が選ぶベスト番組【ギャラクシー賞月間賞】にも選出されたそうです。

いや、しかし、探偵ナイトスクープって名作が多いですな。






2013年6月 8日 (土)

『うどん 麦わら』冷かけ(松山市)

01

松山市古川の『うどん 麦わら』

これまで何度か紹介している、個人的にもお気に入りの一店ですが

新たに登場した夏メニュー情報をファットマンさんのブログで拝見し

ウズウズして堪らなくなり、早速駆けつけてみました♪(笑)

どうやら、これまでの夏メニューよりも品数豊富になっている様子ですね。






02

てなことで、こんな感じのオーダー。

【冷かけ】330円

【カレーライスセット(ミニサラダ付)】うどん代+400円






03

豊富なメニュー陣の中、アレコレ迷いそうでしたが

今回はシンプルな“冷かけ”をチョイス。

無論、かけうどんの冷たいバージョンというシンプルな内容だけど

ゴチャゴチャ着飾らない、純粋に勝負を挑むこの一品に期待♪






04

澄み切った優しいダシは、アッサリとしながらも旨味しっかり。

イリコからダシを取っているとのことですが

魚臭さを感じさせない、とても飲みやすい仕上がりになっています。

麺がこれまた秀逸。

モッチリ、ネットリ、シットリ、口の中で絡みつくかのような食感。

ここ最近、乱駆郎さん流“うどん官能描写”にハマっている私が断言しましょう

この「麦わら」の冷かけは…ヒジョーにエロい♪(笑)






05

以前訪問でハートを揺さぶられたカレーもまた良い♪

食いしん坊的には、もうちょいボリュームがあると嬉しいけど

次回は単品としてオーダーしてみるのもアリかな。






06

07

08

いや、しかし、期待を裏切りませんな~♪

客が次々来店して、一人で切り盛りしているご主人も忙しそうだったけど

それでも、にこやかに接してくれる姿勢には頭が下がります。

私も常に笑顔でいられるように心がけなければ♪




関連記事はこちら

「うどん 麦わら」煮込みうどん(松山市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-c4fd.html

「うどん 麦わら」カレーうどん+とろろ飯セット(松山市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-a8c4.html

「うどん 麦わら」味噌煮込みうどん(松山市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-fe97.html

「うどん 麦わら」冷たぬき(松山市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-9183.html






■うどん 麦わら

住所:愛媛県松山市古川西2-8-1 西沢ビル1F 地図

時間:11:00〜21:00

定休日:木曜

駐車場:有






2013年6月 5日 (水)

『らーめん 萬樂 空港通本店』萬樂炭火焼ちゃーしゅうめしセット(松山市)

01

“ランチパスポートVol.3”シリーズ その3

今回は、松山市空港通りにある『らーめん 萬樂(ばんらく)空港通本店』

この店に訪問するのは実に5年ぶり。

そんな頃までは、普段の外食もあちこち目移りすることなく

5店位を転々とローテーションし続ける日々を送っていた私(笑)

そんなローテーションの一角を担っていたのが、この「萬樂」だったんです。






02

この店は自販機で購入した食券でオーダーを通すシステム。

ランパス利用する場合も同様、ランパス専用の食券を購入することになります。

久々の訪問でしたが、店主は5年前と違う人かな?

ま、昨夜何食べたか覚えていない、そんな私の記憶は当てになりませんが(笑)






04

こちらがランパス提示でワンコインに。

【萬樂ちゃーしゅうめしセット】830円→500円

ラーメンにチャーシュー丼が付いたセット物。






05

具材はチャーシュー2枚・味玉・木耳・もやし・海苔など。






06

麺は滑らかで程よくコシあり。

スープは豚骨醤油系のクリーミーな味わい。

昔から変わらない安定した味ではあるけど、久々の訪問ゆえなのか

あれっ、こんなに美味しかったっけ?…なんて感じたりもします。

食べ進める中で、卓上に置いてある辛味噌などで味変することも可能。

ラー油を数滴落とせば、比較的まろやかなスープもピリッと締まって良いです。






07

チャーシュー丼はチャーシュー4枚に小松菜?とマヨネーズ少量。






09

特筆すべきはチャーシュー。

ラーメンのチャーシューに比べ、こちらはしっかり炙られており

トロトロのやわらかさと、カリッとした焦げ目の異なる食感が楽しめます。

何といっても香ばしい風味が良いんですよね。

失礼ながら、この店ってチャーシューがこんなに美味しかったっけ?

…と、何度も自問自答してしまいました。

既にその後2度訪問し、ランパス有効利用回数もクリアしてしまったので

今後は通常値段で食べなきゃいけないのが、恐ろしく残念だけど(笑)

このチャーシュー丼目当てに再訪問するのはアリかな♪






■らーめん 萬樂 空港通本店

住所:愛媛県松山市空港通6-12-3 ジョイランド21内 地図

時間:11:00~24:00

定休日:無休

駐車場:有






2013年6月 4日 (火)

本日のつぶやき(2013年6月4日)

2013年6月 2日 (日)

『朝日食堂』中華そば(伊予市)

Img_1271

こちらは、伊予市湊町の老舗「濱田屋」

営業時間は17時まで(土・日は休み)という

なかなか訪問する機会に恵まれない店ですが

平日18時頃、たま~に店先に暖簾が掛かっていることがあります。

こういう時、食いしん坊な私は喜色満面で突撃してみるんですが

店内には誰もおらず、厨房に向かって何度呼びかけるも反応なし。

こうやって私、この店に今年3度フラれ続けています(笑)






01

ま、それくらいじゃ簡単にメゲないのが食いしん坊の悲しい性。

食いしん坊レーダーのアンテナを張り巡らし、次なる店へと向かいます。

そんなこんなで、今回やって来たのが伊予市灘町の『朝日食堂』

「濱田屋」から商店街通りを南下した「いよ温泉」付近にある食堂。






02

こちらも、昔ながらの古き良き食堂。

切り盛りしているのはご家族でしょうか。

年配のお母さん、その娘さんらしき奥様、その奥様の娘さんらしき若い女性

そして、店内を走り抜ける子ども達…って、まさかの四世代?

客層も老若男女、近所の常連らしき方々で賑わうアットホームな印象。

厨房内から入店していた人もいたけど、そこにも入口があるのだろうか?

ま、その辺も含めてアットホームですわな(笑)

メニューは麺類と丼物が中心で、リーズナブルな値段設定が嬉しい。






03

【中華そば】500円

初訪問ゆえ、看板メニューと思われるこちらの一品をオーダー。

ワンカップ酒瓶に入ったお冷が、何だか郷愁を誘う♪(笑)






04

少し濁った色合いのスープはアッサリとした味わい。

しかしながら、その奥にある旨味で食べ終わるまで惹きつける魅力があります。

ここ最近食べた中華そばのスープの中では上位に入るであろう美味しさ。

健康診断の結果すら忘れさせるほどで、思わず完飲してしまった(笑)






05

具材は、豚肉・キャベツ・もやし・蒲鉾・竹輪・白ゴマなど。

黄色い卵麺?は、ちょいとばかりモチャッとした食感。

この辺は好みが分かれそうだが

スープと具材とのトータルで見ると完成された物と言えるでしょう。

この食堂メニューの看板を長年背負っているだけはありますね。

次回はもう一つの看板、鍋焼きうどんにチャレンジしてみよう♪






Img_1353

朝日食堂の傍にある「HIKARI」

こちらも気になるもんで、近々突撃してみよう♪






■朝日食堂

住所:愛媛県伊予市灘町16 地図

時間:10:00~19:00

定休日:月曜

駐車場:有






2013年6月 1日 (土)

本日のつぶやき(2013年6月1日)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

無料ブログはココログ