« 『やしま食堂』チャンポン(松山市) | トップページ | しまなみアースランド ~2013年春~(今治市) »

2013年5月 8日 (水)

『ごんべ食堂』カツライス+天ぷら中華そば(今治市)

02_2

この日は所用で今治へ。

そんな所用の合間に商店街周辺をウロウロ散策すると

食べログでチェックしていた店を各所で発見することが出来ました。






03_2

あれこれ目移りする中、こちらの店で遅めの昼食。

今治市通町の『ごんべ食堂』

アーケードから少し外れた道沿いで営業している老舗の食堂。

レトロな雰囲気を醸し出す外観が堪りません。






04_2

外観以上に店内がこれまたシブい。

ここ最近訪問した食堂の中でも一二を争うレトロ感なのでは?






05_2

出前用の“岡持ち”も、昭和の食堂必須アイテム。

店を切り盛りしているご夫婦にお話を伺うと

ごんべの「ご」の字が、カタカナの「ボ」のように見えるのは

漢字の「古」が段々変化していき、古→ボ→ご…になったからだとか。

時代劇でも「ボ」の字を見たことがある、なんてことも言ってたけど

この食堂、何時代から営業してるんでしょう?(笑)






06_2

こちらがメニュー。

麺類・丼物・ご飯物など、全体的にリーズナブルな値段設定。

メニュー内容を凝視すれば、オッと思わせる一品もあります。






07_2

てなことで、こちらをオーダー。

【カツライス】550円

この食堂での“カツ系”はハイエンド、それでも550円♪






08_2

今年3月の今治遠征で食べた「佳ぼん」のカツライス

カツとライスが分けられた“カツ定食”風だったりしましたが

この「ごんべ食堂」タイプが“正調”カツライスと言うべきなのかな?






09

カツは脂身の多いロース肉。

ソースは甘酸っぱく濃厚で、ライスとの相性も良い。

とんかつソースとデミグラスソースをブレンドしたような味わいかな?

この手のカツライスは、カツ中心にソースがかけられているので

カツライスのソースをカツカレーのルーの如く食べ進めてしまうと

最終的にライスだけ余ってしまうので要注意(笑)

もうちょいソースが多いと嬉しいけど

あくまでも、ご飯とおかずが一つの皿に乗っている感覚なのでしょう。






10

こちらも追加オーダー。

【天ぷら中華そば】500円

この日はハシゴを諦め、一軒で二品喰い♪(笑)






11

天ぷらうどん・天ぷらそばは、食堂の定番としてありがちですが

“天ぷら中華そば”となると、ちょいとばかり珍しい。

中華そばの上で堂々と鎮座したエビちゃんは、私同様に着膨れするタイプ(笑)

ま、でも、この値段を考えると充分な内容だし

揚げ立てのカラッとした衣をふやかせ、食感の変化を楽しむのも悪くない。






12

麺は中細で、やわらか。

スープはオーソドックスな中華そばのようでありながら

ほんのりアッサリ和風、うどん出汁にも似た味わい。

具材の玉葱が甘めなので、親子丼などの丼物の出汁にも近かったり?

この中華そばも、今まであまりお目にかからなかったタイプですね。






Img_2189

なお、駐車場は店の隣に2台ほどスペースがあるようです。

店のご夫婦も親切だったし、リピ確定かな。

いや~、それにしても今治はやっぱり奥深い。

また近いうちに遠征の計画を立てなければ♪






■ごんべ食堂

住所:愛媛県今治市通町1-1-1 地図

時間:11:30~18:30

定休日:水曜

駐車場:有






« 『やしま食堂』チャンポン(松山市) | トップページ | しまなみアースランド ~2013年春~(今治市) »

食べ歩き@今治市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1352874/51504557

この記事へのトラックバック一覧です: 『ごんべ食堂』カツライス+天ぷら中華そば(今治市):

« 『やしま食堂』チャンポン(松山市) | トップページ | しまなみアースランド ~2013年春~(今治市) »

無料ブログはココログ