« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

本日のつぶやき(2013年5月31日)

2013年5月30日 (木)

本日のつぶやき(2013年5月30日)

2013年5月28日 (火)

愛媛さすらい日記、もうすぐ終了

ブログ開始から3年ちょい。

いつかはこの日がやって来ると思っていました。

ま、でも、こればかりは仕方ないことなのです。

まぶたを閉じると、あんなことやこんなこと

ああ、おもひでがいっぱひ………







な~んて、思わせぶりですが

実は、もうすぐ容量パンパンになりブログが書けなくなるんです。

てなことで、夏が終わる頃に「愛媛さすらい日記」は終了!

続編として「新・愛媛さすらい日記」がスタートします♪(笑)

いや、パート2やエピソード2の方がカッコいいかな?

てか、アメーバやライブドアあたりにブログ引っ越そうかな?(笑)






2013年5月27日 (月)

りんりんパークー ~2013年春~(西条市)

01

GW西条遠征のラスト。

松山への帰路の途中で立ち寄ったのがコチラ

西条市小松町の『りんりんパークー』

国道11号線沿い、伊予小松ICのちょい西側にあるテーマパーク。

伊藤かずえ出演CMがテレビで流れていたのも一昔前。

そんなことも思い出しつつ、ここに来てようやくの初訪問。






02

ふと看板を見やると、パークでなく“パークー”だったりする。

てか、最後の伸ばし棒「ー」が後付けされているような気もする(笑)






03

レストランやお土産売り場など

観光客のドライブイン的用途で利用できる施設でもあるようです。

その中で販売されている物は、野菜・果物に乾物






04

謎の壺






05

謎のガラス玉






06

財布のヒモが多少緩みそうになるのを我慢しつつ(笑)

向かうは奥の庭園♪






07

08

「りんりんパークー」といえば有名なのが錦鯉。

餌に群がる鯉の大群はなかなか見応え有りです。






09

池の奥に「錦鯉水族館」と「大うなぎの館」を発見♪






10

水族館の中はこんな感じ。






11

大うなぎの館もこんな感じ。

ほぼ、廃墟状態(笑)






12

おっ、ミニ四駆レース場もあるではないか♪

それ~






14

…って、こちらも廃墟。

こりゃ、昨日今日の話じゃないな(笑)






13

どこか物憂げな表情のパンダ。

その気持ち、よ~く分かります(笑)






Img_2698

ドライバーの疲れを癒すには足湯が最適♪

バスクリンも入ってます(笑)






15

ま、そんな施設ですけど

あれこれ色んな楽しみ方も自由に出来るのではないかと。

ジャンボ鯉も大うなぎも見かけなかったけど

どこかにいたんでしょう、多分(そう信じてみる…笑)

気になる方は、西条ドライブのついでにど~ぞ♪






16

んー…

やっぱ、後付けでしょ?(笑)






しょぼ動画と、りんりんパークー動かないCM(0:20あたり)






■りんりんパークー

住所:愛媛県西条市小松町明穂甲50 地図

時間:8:30~19:30

定休日:無休

駐車場:有






2013年5月26日 (日)

本日のつぶやき(2013年5月26日)

『ニュースコール』西条てっぱんナポリタン(西条市)

01

02

まだまだ続くGW西条遠征。

もうしばらくお付き合いくださいませ(笑)

昼食時に立ち寄ったのが西条市小松町の『ニュースコール』

国道11号線沿い、予讃線・JR伊予小松駅付近にある老舗の喫茶店。

こちらも以前から気になっていた店でようやく初訪問。






03

こちらの店も昭和懐古な空間。

こんな雰囲気の店への訪問がここ最近多い気がするのは

やはり、私が年をとったせいだろう(笑)

店を切り盛りしているのも昭和マダムといった感じの奥様方。






04

05

こちらがメニュー。

コーヒーやドリンク類にモーニングセットなど。

とここで、食事系メニューは店先に黒板で記されていたことに気付く。

そういえば、定食やカレーがあったような?…なんて考えていると






10

ガラステーブルの下で宣伝されている、こちらの一品に目が止まる。

なるほど、西条といえばこれがあった♪






06

【西条てっぱんナポリタン】500円






07

鉄板でジュージューと音を立てながら登場。

麺や具材が眩しい位に赤く染まっているのも

一昔前の喫茶店のナポリタンを髣髴させているようで思わずニンマリ。






08

甘酸っぱい(ある意味)期待を裏切らない味わい。

一瞬にして昭和の時代にタイムスリップさせてくれます。






09

半熟状態の卵に絡ませるのもアリ。

少し焦がした玉子焼状態で一緒にパクつくのもアリ。

西条てっぱんナポリタン、悪くないですね♪






ググってみたところ

「西条てっぱんナポリタン」が食べられる店は他にも沢山あるようです。

次回の西条遠征でも攻めてみるかな♪






追記のおまけ、西条てっぱんナポリタンの歌






■ニュースコール

住所:愛媛県西条市小松町新屋敷甲41 地図

時間:?

定休日:?

駐車場:有






2013年5月25日 (土)

嘉母神社のうちぬき ~2013年春~(西条市)

05

GW西条遠征の続き。

禎祥寺で藤の花を堪能した後、市内の中心地から再び西方面へ移動。

そして、たどり着いたのが加茂川付近にある『嘉母(かも)神社』

過去記事でも一度紹介済みの神社ですが

西条に来れば立ち寄りたくなる、個人的お気に入りスポットでもあるんですよね。






06

07

08

09

10

嘉母神社といえば、何といっても“うちぬき水”が有名。

平成八年には、その水の美味しさで日本一に認定されているんですよね。

今回もペットボトル持参で、しっかりと水汲みしてして帰りました。






しょぼ動画もどうぞ。






01

02

04

嘉母神社から更に西に進むと見えてくるのが中山川。

その川沿いを下流方面へと移動し、燧灘に面した難波地区へ。

難波集会所の向かいにある公園でも、藤やツツジが咲いています。

ここは人も少なく穴場かな?

また機会があれば立ち寄ってみよう♪






■嘉母神社

住所:愛媛県西条市禎瑞645 地図

駐車場:有




2013年5月24日 (金)

『辛メンヤ 中元』辛麺(松山市)

01

松山市三番町の『辛メンヤ 中元』

場所は、千舟町通り沿いから大街道に移動して一つ目の脇道を入って直ぐ

シネマサンシャインの裏辺りになるでしょうか。

朝までコースが予想されていた飲み会を、3次会直前で上手~く?潜り抜け(笑)

フラフラとタクシーに近付き、運転手がドアを開けてくれたにも拘らず

「あ、〆ラーメン忘れてた!」と踵を返し、再度フラフラ立ち寄ったわけです(笑)






02

こちらも以前から気になっていた店で、今回が初訪問。

入口から手前にテーブル席、その奥に厨房

その更に奥側に小上がり席があったのかな?

壁のポスターからを見ても、一昔前のレトロな居酒屋を演出しているようでもあります。

煌びやかなお姉さま方に囲まれるよりも

こういった雰囲気の方が妙に落ち着くのは、私も年をとった証拠だろうか(笑)






03

「辛メンヤ」といえば、やっぱり辛麺。

その辛さレベルは何段階にも分けられ、超激辛ともなると25倍になるようです。

辛いのは嫌いじゃなく、結構得意な方だと思う私。

よし…イってみますか…






04

ま、そんなこと言いつつ無難な辛さをオーダー。

酔っていても理性は働くんです♪(笑)

【辛麺・特辛(8倍)】800円






05

とはいえ、8倍ながら表面を覆う唐辛子の量はハンパない。






06

そんな唐辛子一帯をホジホジすると、卵とじやニラなどの具材が顔を現します。






07

韓国麺・ちゃんぽん麺・うどん・雑炊の中から、今回は韓国麺をチョイス。

弾力あるモチッとした麺は食べ応えアリ♪

スープも辛いには辛いが、旨味があるのか充分美味しく頂けます。

これなら25倍もイケたんじゃ?…なんて、強がりを見せたのも束の間

脳はともかく身体は正直なのか、汗が噴出して止まりませんでした。

こりゃ、カプサイシン効果ってやつも期待出来るのかな♪

…と、腹回りを摩りながら言ってみる(笑)






08

09

10

11

今思うと、クセになりそうな味わいだったのか

この記事を書いている途中で、また食べたくなる衝動に駆られたりなんかして。

うむ、これはリピ確定ですね。

居酒屋メニューも充実しているので、飲み目的でもアリかもしれない♪






■辛メンヤ 中元

住所:愛媛県松山市三番町2-2-1 地図 

時間:17:00~翌2:00

定休日:?

駐車場:無






2013年5月23日 (木)

本日のつぶやき(2013年5月23日)

2013年5月22日 (水)

新店『井上のそば屋』辛味大根そば(松山市)

01

松山市保免に4月下旬オープンした『井上のそば屋』

当ブログでもオープン前に「新店情報」として既報済みでしたが

その記事にコメントを頂いた、なみさんの情報に背中を押される恰好で

遅ればせながら初訪問してきました。

(なみさん、情報ありがとうございます♪)






02

以前の「多磨屋」の造りをそのまま継承する形の店内。

薄暗い照明や、静かで気だるい洋楽BGMが流れるあたりに

ちょっとオシャレな蕎麦屋を演出している感じが窺えます。

そんな店内の雰囲気も一枚撮っておきたかったのですが

食事時ゆえにか、結構な賑わいぶりだったので今回は断念。

メニューは蕎麦屋としては比較的リーズナブルな値段設定。

私も含め、蕎麦屋に敷居の高さを感じていた方も利用しやすいですね。






03

【シソだけ天ぷら】300円

蕎麦と同時オーダーしたこちらの一品が先に登場。

少し小振りなシソの葉ですが、5枚あるので文句なし。

天ぷらそのものには塩味が付いていて、レモン汁をかけて頂きます。

シンプルですが、パリッとした食感がナイス。






04

唐揚げや玉子焼など、他にも気になる料理があり

蕎麦が来る前にもう一品いっとくかな?…なんて考えていたところに






05

ようやく、本日のメインが登場。

【辛味大根そば・冷】630円

大きめの皿に乗った蕎麦の横には、ぶっかけダシと山葵

そして、蕎麦茶も一緒に付いてきました。






06

蕎麦の上には、大根おろし・鰹節・海苔・カイワレ大根・天かす。

この上からダシを満遍なくかけ、よく混ぜて食します。






07

麺はやや細め、コシもあり。

不揃いな太さの麺をそれぞれ食べ比べてみると

引っ張っても切れにくい弾力性を兼ね備えていることもよく分かります。

以前訪問した「菊音」の蕎麦がガッチリした“男麺”ならば

この店は、しなやかで優しい“女麺”と例えるべきでしょうか。

大根の辛味が口内を刺激し

山葵のツンとした辛さが鼻腔を突き抜けるのが何とも心地よい。

私は蕎麦を普段から食べ慣れておらず

あれこれ語れるほどのウンチクを持ち合わせていないので

麺類としてアリかナシか、そんなヒジョーに単純な評価をしてみると(笑)

結論…アリでしょう♪

この麺が温かい蕎麦ならばどうなるのか、とても気になるし

この日注文の多かった親子丼も結構気になりました。

ま、でも、次回は空いてる時間帯に訪問するべきかな?

個人的には、静かで落ち着いた雰囲気の中で蕎麦をすする方が乙だと思うし(笑)




関連記事はこちら

新店情報
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-9829.html






■井上のそば屋

住所:愛媛県松山市保免中2-10-15 地図

時間:11:00~15:00/17:00~21:00

定休日:月曜(祝日の場合は翌日休み)

駐車場:有






2013年5月21日 (火)

本日のつぶやき(2013年5月21日)

Twitter始めてブログが疎かになっているような…?(笑)



2013年5月20日 (月)

新店『半角屋』半角屋ラーメン(松山市)

01

松山市中央通りに新しくオープンしたラーメン店『半角屋』

オープン予告ともいえる黄色い看板が取り付けられた約一週間前

奇しくも同じく、食いしん坊レーダーがピピっと反応したyoshiさんと

オープン日情報を共有し合うお約束をしていた中

そのオープンは、5月17日突然のようにやって来ました。






Img_2873_2

駐車場が何処にあるのか分からないので、取り敢えず歩いて探索。

(私が何処に駐車したかはさておき…笑)

どうやら、隣の「さんわ」と共用駐車場なのでしょうか?

こちらの店舗裏に3台程度のスペースがあるようです。

チラッと覗くと裏の扉が開いており、覗きついでにそこから入店してみました(笑)






02

店内はカウンター8席、小上がりもあったかな?

店を切り盛りしていたのはまだ若い大学生風の男性一人。

「やってますか?」と聞くと「はい!」と元気な返答。

(こっそり入店したわけではないんです…笑)

客は私一人、オープン日午後の部では一番乗りだったようです。






03

こちらがメニュー。

聞くところ、ラーメンのスープは豚骨醤油系がメインだけど

限定ラーメンのみスッキリ醤油系。(鶏だし中華そばもそうかな?)

他には、韓国風冷麺・ご飯物・定食類などが揃っているようです。






04

【半角屋ラーメン】580円

初訪問ということで、取り敢えず店名を冠した一品をオーダー。

大盛りでないですが、丼サイズはそこそこ大きめ。

トッピングは、豚の角煮・味玉・もやし・木耳など。






06

豚骨醤油スープは、醤油辛さは抑えめで

豚骨のクリーミーさが前面に出たマイルドな味わい。

いかんせん、スープの温度が極めてヌルいのが原因なのか

旨味というかパンチが足りないようにも感じてしまいます。

そういえば、厨房には寸胴らしきものが見当たらなかったな~。






07

ウリであろう豚の角煮はどこから出てきたのか…冷たい(笑)

白い脂身の部分が固まっているのは、食い意地張った私でもちょっとキビしい。






Img_2871

うむむ、どこかに褒めるべき点は…なんていう思いだけど(笑)

麺がやや硬めのいいコシ加減でアリです。

ま、でも、その麺も家庭用の片手鍋で湯掻かれていたんですけどね(笑)

団体客が押し寄せたらどう対処するんだろう、なんて心配になり

たまらず、店を出すのは初めてですか?…と聞くと

友人の店で修行し、今回初めて独立したことを明かしてくれました。






08

こちらも追加オーダー。

【Aセット】+250円

好きなラーメンに、じゃこ飯とサラダが付くセット物。

特製ダレを絡めたジャコが乗ったご飯は、ごくごく普通だが悪くない。

ひょっとしたら、修行先のまかない飯だったのかな?






Photo

yoshiさんのブログで話題になっていたこの貼り紙。

よく見ると、左下隅に「やり直す」という文字が記されているんです(笑)

(yoshiさん、勝手に画像拝借ごめんなさい m(_ _)m)

この件に触れると、若いお兄さんは慌てて店の外に出ていき

その後、恥ずかしそうに戻ってきました。

意味深な文字でしたが、どうやら単なるミスプリントだったようです(笑)






09

その後あれこれ話しているうちに

そのお兄さん、実は中国人だということが判明。

言われて初めて分かるほど日本語は流暢で、日本のラーメンが大好きだとか。

今後は、友人との二人で店を切り盛りしていくようです。

正直なところ、人気ラーメン店がひしめく中央通り界隈で勝負するには

オープン初日ということを差し引いても、些か“準備不足”といった感は否めず

色々な面で「やり直す」、いや見直す必要があるかとは思います。

ま、でも、まだまだ若いし伸びしろもあるのかな…なんて。

ここはひとつ、ガンバッテ!!…と応援しておきましょう。




yoshiさんの記事はこちら

2013年5月17日(金) 本日オープン!! 「半角屋」
http://ameblo.jp/yoshichyan/entry-11532025648.html

関連記事はこちら

新店情報 その3
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-627c.html






■半角屋

住所:愛媛県松山市中央2-23-3 地図

時間:11:00~15:00/17:00~22:00

定休日:無休

駐車場:有(店舗裏に3台程度)






2013年5月19日 (日)

昨日のつぶやき(2013年5月18日)

2013年5月18日 (土)

禎祥寺観音堂の藤棚 ~2013年春~(西条市)

01

GW西条遠征の続き。

藤森荒魂神社から西条市の中心地へ向かって東へ。

そして、やって来たのが『禎祥寺(ていしょうじ)』

場所は、予讃線・伊予西条駅の少し手前の県道141号線沿い付近。

ここも藤の花が咲く西条では有名な観光スポット。

駐車場もあるにはありますが、この時期だけ有料になるようで?






02

その駐車場前の道から少し下った場所に禎祥寺はあります。






03

屋台から漂うベビーカステラの甘い香りの誘惑に負けそうになりつつも

いざ、境内へと潜入♪






04

05

06

07

08

09

県指定の天然記念物でもある観音堂の藤は樹齢約400年の老木。

広範囲に咲き誇るその様は圧巻です。

この日の訪問(5月6日)から3日前位が一番ピークだったそうですが

いやいやどうして、十二分に目を楽しませてくれました。






10

11

12

帰りに駐車場の隣にある「大阪屋」の店頭販売で和菓子を購入。

酒まんも良かったけど、山菜おこわがめっさ美味だった。

次回遠征でも、参拝がてら立ち寄ってみよう♪






■禎祥寺

住所:愛媛県西条市上喜多川 地図

駐車場:有






2013年5月17日 (金)

本日のつぶやき(2013年5月17日)

Img_2859

Img_2883

両店の記事は後日アップ予定。






2013年5月16日 (木)

本日のつぶやき(2013年5月16日)




2013年5月15日 (水)

藤森荒魂神社の藤棚 ~2013年春~(西条市)

01

GW西条遠征。

この日は、家でゴロゴロするのは勿体無いほどの晴天。

そんなもんで“ふじまつり”開催中の『藤森荒魂(あらたま)神社』へ。

場所はJR予讃線・壬生川駅から少し北上した辺りの県道159号線沿い。

こちらの案内板が目印にもなるわけですが、神社は一体どこにあるのやら?






02

なんと、神社を発見したのは公園の中。

いや、神社の横に公園があると言うべきか。






03

こちらが、その藤森荒魂神社。

決して大きな神社ではありませんが

この季節は藤の花が咲く有名なスポットでもあるようです。






04

05

06

07

09

10

11

藤棚の下に潜り込むと、風に揺れる藤の花から甘い香りが漂い

何とも言えない、ほんわかした気分になります。

ベンチに座って弁当を食べたりするのも乙かななんて思いました。

所々少し枯れた部分もありましたが

この日(5月6日)は見頃を迎えた丁度良い時期でしたね。

また来年も機会があれば訪問してみよう♪






しょぼ動画もどうぞ。






■藤森荒魂神社

住所:愛媛県西条市喜多台74 地図

駐車場:?






2013年5月14日 (火)

新店情報 その3

昨朝、中央通りで新店を偶然発見♪

しか~し、スマホのカメラ調子悪いわ

デジカメにSD入ってないわで、泣く泣く撮影を断念(笑)

そんなこんなで不慣れなTwitterで速攻つぶやいたのがコレ。






Img_2835

ほんでもって、本日の夕方ようやく撮影に成功。

気になる新店の名は『半角屋』

ウリとなるであろう“とんかくラーメン”は豚の角煮が入ったラーメンかな?

これは、なかなか楽しみ。

現時点で、その他詳細は不明。

私よりも先にブログに情報をアップしていたyoshiさんが

オープン日などを今後教えてくれることでしょう♪

(またしても人任せ…笑)




yoshiさんのブログ記事はこちら

「中華料理 風道」 跡地にラーメン屋がオープン?
http://ameblo.jp/yoshichyan/entry-11529836480.html




2013年5月13日 (月)

Twitter始めました♪

Img_2832

始めてみたものの、使い方よ~分からん。

誰か分かりやすくおせ~て♪(笑)

ま、でも、ぼちぼち飽きない程度でつぶやきます!






2013年5月12日 (日)

『和食 どんと 伊予店』ロースカツランチ(伊予市)

01_2

「ランチパスポートVol.3」シリーズ。

2店目は、伊予市米湊の『和食 どんと 伊予店』

国道56号線から伊予市役所へと向かう道沿いにある

スーパーフジの敷地内で営業している和食ファミレス店。






02_2

店内はそこそこ広く、薄暗い照明で落ち着いた雰囲気。

日頃からファミレスに良い印象を持っていなかった私も

偏見や入らず嫌いってのも良くないな、と思わされた次第。

そんな普段は利用しない店へ訪問するキッカケを作ってくれるのも

ランパスのメリットかもしれませんね。






03_2

【ロースカツランチ】798円→ランパス提示で500円

メインのロースカツに、ご飯・味噌汁・漬物が付いてきます。






04_2

肉厚1.5cm、脂身部分も程よく残っているのが嬉しい。

ヘルシー志向なのか、脂身を予め除去する店も最近多いですからね。






05_2

そんなカツをこちらのソースで食すようです。

テーブル上にソースの容器が常備されているのがファミレスっぽい?

うむむ、またもや偏見が頭をもたげてきました(笑)






06_2

風味良い擦りゴマにソースを絡めて食べるシステムかな

思いのほか悪くないですね。

勿論、ワンコインだということが前提の評価です(笑)

店員の接客対応は、明るく愛想良くて

意外にマニュアル染みていないのが好印象。

ご飯・キャベツおかわり自由、+105円でソフトドリンク飲み放題など

ランパスに表記されているものの、その辺の説明がなかったことだけ残念。

世の中には、おかわりしたくても言い出しにくい

食い意地張ってるシャイなあんちくしょうもいるんです(笑)






11_2

12_2

10_2

こちらはメニューの一部。

どうやら、和食の「どんと」は豚カツ物がウリのようです。

他にも、チキンカツ物・丼物・麺類・セット物などが揃っています。

値段設定が全体的にもうちょい低ければ、普段使いで度々利用出来そう。

ま、でも、メニュー写真のチャンポンや冷麺が美味しそうだったので

機会があれば再訪問してみよう♪






■和食 どんと 伊予店

住所:愛媛県伊予市米湊728-3 地図

時間:11:00~15:00/17:00~21:00(土・日・祝日は11:00~21:00)

定休日:無休

駐車場:有(フジ駐車場)






2013年5月11日 (土)

『雁飯店 久万ノ台店』麻婆丼とラーメンのセット(松山市)

01

先日ようやく購入に踏み切った「ランチパスポートVol.3」

どの店も混雑が予想されるGWが終了したことで

私も掲載店行脚の方をぼちぼち始動していきたいと思います。

今回1店目にチョイスしたのは、松山市久万ノ台の『雁飯店 久万ノ台店』

中央通りから西に進んだ、聖陵高校の向かい側辺りで営業している中華料理店。






02

この店への訪問は何だかんだで5年ぶりになるでしょうか。

店内もその頃と相変わらない雰囲気。

寡黙で職人気質?のご主人方が提供する料理には期待が持てます。






03

今回のオーダーはコチラ。

【麻婆丼とラーメンのセット】850円→ランパス提示で500円






04

05

まずは麻婆丼。

唐辛子の辛さは感じるものの、山椒のピリピリ痺れる刺激はなし。

食べ進むにつれ舌がヒリヒリし始め、徐々に額に汗も滲みますが

辛いのが苦手な人でも比較的食べやすい味わいとなっています。

とろみ絶妙、豆腐もプルプル。

セット物ということで、ボリュームはそれほどでもないですが

この麻婆丼なら通常の単品(650円)で今後オーダーするのもアリかなと。






06

07

そして、ラーメン。

通常のラーメン丼よりも一回り小さいサイズでしょうか。

こちらはアッサリとした醤油味のスープ。

麻婆丼を何口か食べた後だったので、よりアッサリ感じたかも?

もやしやメンマの歯応えある食感が特徴的。

大衆中華店のありがちなデフォルト醤油ラーメンは

これまで可もなく不可もなくといった印象で、好んでは食べてきませんでしたが

この店のそれは、サイドメニューとして充分アリかなと思います。






08

09

10

11

こちらが通常メニュー。

豊富な内容で、ワンコインメニューも充実。






12

13

14

5年前の訪問ではなかった焼豚玉子飯や汁なし坦々麺なども魅力的。

ランパス利用で初訪問した方には

今回のセット物以外の方が店の良さも充分伝わるのでは?

…なんて、個人的には思ったりしましたが、

このメニュー陣を見れば再訪問もしてみたくなるでしょう。

いや、それにしても

近くの席にいたオジサンの広東セット?はボリューミーで美味しそうだった。

次回は腹を空かしてそれを狙うのみ♪(笑)






■雁飯店 久万ノ台店

住所:愛媛県松山市久万ノ台1185-5 地図

時間:11:15~15:00/17:00~23:00(オーダーストップ22:45)

定休日:不定

駐車場:有(店舗前、他)






2013年5月10日 (金)

『食堂 山男』いのししぼっかけめし(宇和島市)

01

宇和島市祝森の『食堂 山男』

国道56号線を津島方面に南下した松尾トンネルの少し手前辺りにある食堂。

今回はGWの帰省を利用して2年ぶりに訪問してみました。






02

店を切り盛りしているのはご夫婦でしょうか。

テーブル席の他にも小上がりもあり、20人位は入るスペース。






03

04

こちらがメニュー。

定食・丼物・麺類など、食堂らしい内容。

朝8時からの営業とあって、朝食メニューまで揃っています。






05

壁に貼り出されているのは特別メニューのようです。

カレー鯖定食あたりネタ的にも魅力的で迷いますが

「山男」なら、やっぱコレでしょ♪






06

【いのししぼっかけめし】800円

前回訪問で食べ損ねていた猪肉料理をオーダー。






07

猪肉・豆腐・蒟蒻・牛蒡・椎茸・しめじ・えのき・葱など具沢山。

汁物と言っても過言ではない、ご飯がドップリ浸かったツユだく系。






08

このツユが思いのほかアッサリ味。

しかしながら、口の中で徐々に広がる猪肉の旨味エキス。

食べ進むにつれ、これが丁度良い塩梅になってくるんですよね。

猪肉も臭みなく調理されていて食べやすいし

肉の硬さも部位によって異なり、食感が楽しめるのも良いですね。

以前、伊予市の「大平」で食べたキジボッカケとも似て非なる

アッサリなのにワイルド、漢なら一度は食べておきたい“山男メシ”でした。

うむ、また違う季節に訪問して違った猪肉料理も食べてみよう♪




関連記事はこちら

「食堂 山男」日替りランチ(宇和島市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-2da8.html






■食堂 山男

住所:愛媛県宇和島市祝森甲4580-1 地図

時間:8:00~20:00

定休日:日曜

駐車場:有






2013年5月 9日 (木)

しまなみアースランド ~2013年春~(今治市)

01

02

今治市高地町の『しまなみアースランド(今治西部丘陵公園)』

国道196号線沿いにある明徳短大辺りから北上した場所にある公園。

この公園は芝桜で有名なスポットと聞き

「ごんべ食堂」で昼食を済ませた後、帰路の途中に立ち寄ってみましたが






03

残念ながら、4月下旬のこの日は見頃も過ぎていたようで。

ちなみに画像右下のシルエットは私です(笑)






07

ま、せっかくなので公園内を散策。

芝桜のある場所から坂道を更に上っていくと駐車場に到着。

その駐車場の真正面には芝生広場。

結構広々としているので

○○ちゃん待ってよ~、△△くん遅い~…なんて

走り回ったり、戯れ合ったり、寝転がったりすることも可能。






08

子ども向けの遊具もあります。

誰もいなけりゃ、私も人目を忍んで遊ぶんですけどね。

ま、いい年した大人だし今回は諦めましょう(笑)






09

10

この公園の面白いのは、地球の環境問題に取り組んでいるところ。

あれこれ語るのは面倒なので、詳細はこちらのHPを見ていただくとして(笑)

この「地球の道」なる遊歩道を進んでいくと

地球の誕生から現在に至るまでの長い歴史を体感出来るようです。






11

45億年前






12

40億年前






13

5億年前






14

3億年前






15

一つだけ、はっきり言えるのは

この「地球の道」を歩くと、良い運動になります(笑)

散歩コースには適した公園ですね。

また来年の春、芝桜を見に来てみようかな♪






しょぼ動画もどうぞ。






■しまなみアースランド(今治西部丘陵公園)

住所:愛媛県今治市高地町2-429-1 地図

駐車場:有






2013年5月 8日 (水)

『ごんべ食堂』カツライス+天ぷら中華そば(今治市)

02_2

この日は所用で今治へ。

そんな所用の合間に商店街周辺をウロウロ散策すると

食べログでチェックしていた店を各所で発見することが出来ました。






03_2

あれこれ目移りする中、こちらの店で遅めの昼食。

今治市通町の『ごんべ食堂』

アーケードから少し外れた道沿いで営業している老舗の食堂。

レトロな雰囲気を醸し出す外観が堪りません。






04_2

外観以上に店内がこれまたシブい。

ここ最近訪問した食堂の中でも一二を争うレトロ感なのでは?






05_2

出前用の“岡持ち”も、昭和の食堂必須アイテム。

店を切り盛りしているご夫婦にお話を伺うと

ごんべの「ご」の字が、カタカナの「ボ」のように見えるのは

漢字の「古」が段々変化していき、古→ボ→ご…になったからだとか。

時代劇でも「ボ」の字を見たことがある、なんてことも言ってたけど

この食堂、何時代から営業してるんでしょう?(笑)






06_2

こちらがメニュー。

麺類・丼物・ご飯物など、全体的にリーズナブルな値段設定。

メニュー内容を凝視すれば、オッと思わせる一品もあります。






07_2

てなことで、こちらをオーダー。

【カツライス】550円

この食堂での“カツ系”はハイエンド、それでも550円♪






08_2

今年3月の今治遠征で食べた「佳ぼん」のカツライス

カツとライスが分けられた“カツ定食”風だったりしましたが

この「ごんべ食堂」タイプが“正調”カツライスと言うべきなのかな?






09

カツは脂身の多いロース肉。

ソースは甘酸っぱく濃厚で、ライスとの相性も良い。

とんかつソースとデミグラスソースをブレンドしたような味わいかな?

この手のカツライスは、カツ中心にソースがかけられているので

カツライスのソースをカツカレーのルーの如く食べ進めてしまうと

最終的にライスだけ余ってしまうので要注意(笑)

もうちょいソースが多いと嬉しいけど

あくまでも、ご飯とおかずが一つの皿に乗っている感覚なのでしょう。






10

こちらも追加オーダー。

【天ぷら中華そば】500円

この日はハシゴを諦め、一軒で二品喰い♪(笑)






11

天ぷらうどん・天ぷらそばは、食堂の定番としてありがちですが

“天ぷら中華そば”となると、ちょいとばかり珍しい。

中華そばの上で堂々と鎮座したエビちゃんは、私同様に着膨れするタイプ(笑)

ま、でも、この値段を考えると充分な内容だし

揚げ立てのカラッとした衣をふやかせ、食感の変化を楽しむのも悪くない。






12

麺は中細で、やわらか。

スープはオーソドックスな中華そばのようでありながら

ほんのりアッサリ和風、うどん出汁にも似た味わい。

具材の玉葱が甘めなので、親子丼などの丼物の出汁にも近かったり?

この中華そばも、今まであまりお目にかからなかったタイプですね。






Img_2189

なお、駐車場は店の隣に2台ほどスペースがあるようです。

店のご夫婦も親切だったし、リピ確定かな。

いや~、それにしても今治はやっぱり奥深い。

また近いうちに遠征の計画を立てなければ♪






■ごんべ食堂

住所:愛媛県今治市通町1-1-1 地図

時間:11:30~18:30

定休日:水曜

駐車場:有






2013年5月 7日 (火)

『やしま食堂』チャンポン(松山市)

01

松山市北持田町の『やしま食堂』

勝山通りの裏道沿い、県庁舎中予地方局付近で営業している食堂。

普段なかなか通らない場所ですが、この近辺での所用がてら初訪問。






02_3

外観から漂う、古き良き食堂の雰囲気。

ガラスケースの中身がメニューサンプルと限らないのも、レトロな食堂(笑)






03_3

店を切り盛りしているのは年配のご夫婦。

入店時には照明も点灯しておらず、普段の客数も少ないのかな?

…なんて不安も一瞬よぎるが、果たして?






04_3

こちらがメニュー。

麺類・丼物・ご飯物・定食など、食堂の定番は押さえているし

何といってもワンコイン前後で食べられるのが嬉しい。

で、今回オーダーしたのが






05_3

【チャンポン】490円

具材が多そうだと、実際に数えてみたところ






06_3

豚肉・ハム・蒲鉾・竹輪・落とし卵・キャベツ・人参・玉葱・青葱

もやし・えのき・しめじ・筍・ピーマン・カニかまのフライ

…と、15種類も!

ま、カニかまのフライは定食の残り物なんだろうな(笑)






07_3

スープは、うどん出汁のような和風ベース。

煮込まれた具材からの旨味も手伝ってか、コク深い味わい。

ちょい甘めの鍋焼きうどんにも近いかな?

麺の茹で加減も、やわらか過ぎない程良い硬さでアリ。

食べ進むにつれてクドく感じるスープの甘さも、麺や豊富な具材でカバーしてます。

ボリュームもあるし、安いし、意外性がある内容で楽しめるし

入店時の不安をかき消す、そんな満足度でした♪

しかし、つくづく思う…

期待値のハードルの高さって大事だよな~と(笑)






■やしま食堂

住所:愛媛県松山市北持田町58 地図

時間:?

定休日:?

駐車場:無






2013年5月 6日 (月)

『門田商店 かどみせ』カップソフト(東温市)

01_2

東温市横河原の“かどみせ”こと『門田商店』

伊予鉄横河原線・横河原駅付近にある昔懐かしいアイスで有名な店。

温かくなってきた今日この頃、2年ぶりにふらっと訪問してみました。






02

「かどみせ」といえば、やっぱりアイスキャンディー。

棒が斜めに刺さったカチコチのそれは

一口食べると、遠い昔の幼少時代に瞬時にタイムスリップ出来ます。

ま、でも、最近は歯もだんだん弱くなってきたし(ジジイか…笑)

まだ食べたことなかったコチラをチョイス。






03

【カップソフト】250円

文字通り、カップにソフトクリームが入った一品。






04

このソフトがまた、ミルキーで濃厚。

クリームの下のシリアルもいい仕事してます。

これ以上甘いとオッサンにはキツいな~っていう、ちょい寸前だけど

ミルクのコクがそれを充分にカバーしていますね。

ソフトで250円はちょい高いかなとも思ったけど、この美味しさなら納得。

てか、アイスキャンディーよりもアリかもしれない。

うむ、今年の夏はコレ目当てに何度か通ってみようかな♪




関連記事はこちら

「門田商店 かどみせ」アイスキャンディー(東温市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-0669.html






■門田商店 かどみせ

住所:愛媛県東温市横河原349-4 地図

時間:9:00~17:00

定休日:無休

駐車場:有

※アイスの販売時期は4~10月まで






2013年5月 5日 (日)

『カレー屋』大盛カレー(内子町)

01_2

のんびりぼちぼち3年以上書き続けた「愛媛さすらい日記」

改めてイチから読み直してみると(GWで暇なもんで…笑)

内子町の食べ歩きネタの乏しさに気付かされたりなんぞします。

乏しいと言っても、ただ私が訪問してなかっただけで

いざ町並みを散策してみると、アチラコチラに良さげな店があ~るじゃないですか♪

そんなこんなで、今回初訪問したのが黄色い看板が目印の『カレー屋』

長い商店街通りの中でも、少し北上した辺りで営業しています。






03_2

04_2

和風の造りの綺麗な店内。

新店かと見紛いそうですが、ググれば数年前から営業している店とのこと。

隅々まで清掃が行き届いている好印象な雰囲気。






05_3

「カレー屋」という店名も分かりやすければ

メニューもカレーのみで勝負する非常に分かりやすい仕組み。

カレーは普通か大盛り、それにトッピングの有無だけという内容。






06_2

ほんでもって、この店の面白いところが“セルフ方式”

2種類ある皿(普通・大盛り用サイズ)のどちらかに

好きなだけご飯を盛って、好きなだけルーを注ぐことが可能♪

※ルーは継ぎ足しOK♪





07_3

らっきょうと福神漬けも好きなだけ♪






08

野菜サラダも好きなだけ♪

※サラダも継ぎ足しOK♪

ま、好きなだけと言っても常識の範囲内ですよ(笑)






09

今回のチョイスはこんな感じ。

【大盛カレー(サラダ付)】600円

【豚カツ(一枚)】180円

【唐揚げ(一個)】30円

トッピング類はオーダー時に申告すれば、厨房で個別に揚げてくれます。






10

欲張ってご飯を山盛りに装ったので見た目は悪いけど

胃袋に入ってしまえば同じでしょう♪(笑)






Img_2494

比較的サラッとした粘度のルー。

その中で目視で確認出来るのは、細かく刻まれた人参や玉葱

そして、ホロホロに溶け込んだ牛肉など。

円やかで、その直後にフワッと広がるスパイシー感。

と言っても、その辛さは尾を引くことはなく

クセのない食べやすい味わいのカレーと言うべきでしょうか。






11

カツは肉薄ながら、噛み締めると豚肉の旨味が感じられる上に

揚げ立ての衣の食感がまた良いんですよね。

唐揚げは醤油などで下味がしっかりと付けられていて

これまたカリッと食感が良く、香ばしくてジューシー。

あまり空腹ではなかったので、一個しかオーダーしなかったけど

30円だし、もうちょい食べても良かったな~♪

(空腹じゃないのに大盛りかよ?というツッコミは無しの方向で…笑)

何はともあれ、もうちょい早くから訪問したかったと思える店で

南予方面に出かければ、度々立ち寄ってしまうお気に入り店になるかも♪






■カレー屋

住所:愛媛県喜多郡内子町内子2748 地図

時間:11:00~14:00/16:00~20:00

定休日:水曜

駐車場:有






2013年5月 4日 (土)

『お食事処 いよ家』焼肉定食(松山市)

01_2

松山市末広町の『お食事処 いよ家』

松山市駅から県立中央病院に向かう道沿いにある老舗の食堂。

この地域周辺は、ここ最近出向く機会も減っていたけど

たまには良いんじゃないの的、気まぐれな訪問と相成りました(笑)






02_2

気まぐれと言っても、初訪問する店ってのは多少は緊張もするわけで。

そういえば、私も初めてのホニャララ…(以下省略)






03_2

そんな私の緊張を解きほぐしてくれたのが、この熱帯魚♪

照明の当たり具合で、様々な色に輝く姿は思わず見とれてしまいます。

店を切り盛りしているお母さんに、何ていう魚ですか?と聞いて

「……アロワナ?…?」と無愛想な返答を受けるも

その魚の輝きがまた、私の心を癒してくれるのであります(笑)






04_2

05_2

こちらがメニュー。

麺類・ご飯物・丼物・定食に麺類&ご飯物のセットなど。

おつまみとして、ちょっとした一品料理も揃っているのが嬉しい。

で、今回オーダーしたのが






06_2

【焼肉定食】750円

メインの焼肉に、ご飯・味噌汁・冷奴・漬物が付いてきます。






07

焼肉といっても、キャベツやモヤシが入った“肉野菜炒め”風。

その奥に添えられているのは玉子焼と大根の煮物。






08

極々ありふれた家庭的な味わいで、特筆するほどでもないけど

そんな家庭的な味に飢えた、独身のオッサンにはそれが悪くなかったりもする。

また気が向いたら、ふらっとアロワナに会いに行ってみようかな♪






■お食事処 いよ家

住所:愛媛県松山市末広町14-3 地図

時間:11:00~15:00/17:30~22:00

定休日:日曜

駐車場:有(1台)






肱川あらし展望公園 ~2013年春~(大洲市)

01

あちこち駆け巡った先月の大洲遠征の記事ラスト。

2年前に“肱川あらし”を初めて目の当たりにして以来

展望台から肱川を見下ろせる公園の存在はずっと気になっていましたが

方向音痴な私は場所が分からず、これまで泣く泣く断念していました(笑)

しかし、今回は遠征の帰り道で偶然

国道378号線(ゆうやけこやけライン)沿いに案内板を発見したんです♪






02

こりゃ訪問しなくちゃいかんだろうと、その案内板に従い

ループ橋をぐるり渡って、そのまま山道をひたすら直進していくと

こちらの『肱川あらし展望公園』に到着することが出来ました。






06

4月中旬の訪問とあって、展望台周辺には八重桜も咲いています。






03

そんなこんなで早速、展望台の上階へ。

この場所から眺めることの出来る景色が






04

…こちら♪

広々と見渡せる伊予灘、そして、長浜大橋。

冬にはここで、肱川あらしが吹き抜ける様子を観察できます。

長浜大橋に立ち寄った昨年の正月は残念ながら無風状態でしたが

今回の「肱川あらし展望公園」の訪問で

改めて、冬の再訪問への願望が一層強くなりました。






05

この日は天気も良く、広島方面も一望。






07

こちらが松山方面。

いや~、それにしても良い眺め。

冬だけでなく、温かい時期に弁当持って訪問するのもアリかな♪






しょぼ動画もどうぞ。




関連記事はこちら

長浜大橋で肱川あらしを体験(大洲市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-4d80.html






■肱川あらし展望公園

住所:愛媛県大洲市長浜黒田 地図

駐車場:有






『山美呼食堂』中華そば(大洲市)

01_2

大洲市八多喜町の『山美呼(やまびこ)食堂』

こちらも先月の大洲遠征の中で立ち寄ってみました。

祇園公園とJR八多喜駅の間を通る県道24号線の駅前交差点を東へ進入

狭い住宅地の道沿いを駐在所の前で右折すれば

郵便局の手前辺りで営業しているのを確認出来ます。






02_3

こちらも、こじんまりとした雰囲気の食堂。

カウンターの向こうにはウイスキーや焼酎のボトルも置かれていて

ご近所の常連客が夜な夜な訪れ賑わう光景も想像できます。






03_2

地元民のみぞ知るような場所で営業している食堂だし

普段の地域密着?が影響しているのか、何度呼んでも誰も出てきません(笑)

そんな“やまびこ”すら感じない場合は、トイレ横のブザーを押してみましょう。






04_2

店の奥からお母さんが登場し、改めてオーダーを通します。

メニューは、麺類・ご飯物・アルコール類など。

この食堂にも「湯だめうどん」がありました。






05_2

今回オーダーしたのがコチラ。

【中華そば】450円






06_3

具材は、豚肉・蒲鉾・竹輪・じゃこ天・キャベツ・人参・玉葱など。

中華そばとしては具沢山な内容。






07

アッサリしながらも甘みある優しい味わいのスープは

表面に浮かんだラー油と、散りばめられた白ゴマの風味が特徴的。

食べ進むにつれ、甘さがクドく感じられなくもないけど

コショウでピリッと引き締めると、また違った味わいを楽しめます。

おそらく、麺は市販の物を利用しているのだろうけど

やや硬めの茹で加減が功を奏しているのか、これがなかなか悪くない。






08

真っ昼間からグビッと一杯♪…ではなく

お冷が焼酎のボトルに入って出てくるのも、何だか微笑ましい(笑)

今回の大洲での食べ歩きは、2軒続けて中華そばでしたが

それぞれ趣や味わいがあって楽しむことが出来ました。

大洲には、まだ古き良き食堂が何軒も残っていそうなので

次回遠征でもまた立ち寄ってみよう♪






■山美呼食堂

住所:愛媛県大洲市八多喜町甲52 地図

時間:?

定休日:?

駐車場:?






2013年5月 3日 (金)

『千津食堂』中華そば(大洲市)

01

国道56号線沿い、大洲市柚木の『千津食堂』

大洲市役所から南下し、トンネルを越えた辺りで営業している老舗の食堂。

こちらも以前から気になっていて、先月の大洲遠征で初訪問してみました。






02

こじんまりとした昔懐かしい雰囲気漂う店内。

ご当地提灯や演歌歌手のサインが飾られているのが印象的。

店を一人で切り盛りしているお母さんが千津さんかな?






03

麺類・丼物などが揃う食堂の定番メニュー。

湯だめうどんや椎茸うどんは、この地域の食堂ならではと言えるのでしょうか。

で、今回オーダーしたのが






04

【中華そば】350円

これまた安い♪






05

具材は、豚肉・キャベツ・蒲鉾・竹輪・もやし・海苔など。

豚肉とキャベツが大きめにカットされているのが特徴的。






06

スープは鶏ガラ醤油ベースでアッサリとした味わい。

見た目滑らかそうな麺は噛むとボソボソとした食感。

素朴な味というか、店の看板通り「田舎の味」という表現がピッタリで

外の景色を眺めながら麺をすするだけで

あくせくした日常を忘れ、まったり気分のひと時を味わえます。

こんな食堂は貴重な存在で、末永く営業を続けてほしいものです。






■千津食堂

住所:愛媛県大洲市柚木182-5 地図

時間:?

定休日:?

駐車場:有






2013年5月 2日 (木)

『チャンプ』カツカレー(松山市)

01

松山市勝山町、勝山通り付近にある『チャンプ』

伊予鉄城南線・上一万駅を少し南下し

「六時屋」の向かい側辺りの脇道に入って直ぐの場所にある喫茶店。

こちらも以前から気になっていて、今回が初訪問となります。






02

店先には黒板に書かれた一部メニューとサンプル。

何を食べるか入店前に考えることも可能です。






03

少し薄暗い照明で落ち着いた雰囲気の店内。

入口から向かって右側にカウンター、奥にテーブル席。

増設されたかのような、日当たりの良いテラス?があるのも特徴的。

そういえば、食べログでは「ホワイトテラス チャンプ」と登録されてましたっけ。






04

今回オーダーしたのがコチラ

【カツカレー】650円






05

口当たりは円やかながら、次第に広がるスパイシー感。

色んな具材が溶け込んだであろう、良い意味で複雑な味わい。

少し緑がかった色合いなのは、ほうれん草のペーストとか入っているのかな?

そんなルーの中で目視で確認出来る具材は、大粒な挽肉のみ。

この挽肉の食感と旨味がいいアクセントにもなっています。

カツは脂身の少ないロース肉。

肉厚は薄めだけど、このカレーとはマッチしているし

揚げた油も新鮮なのか、ジューシーなのに全然クドくない。

これまでお目にかからなかったタイプのカツカレー

いや~、なかなか美味しかった♪






06

店を切り盛りしているご主人は、30代位のまだ若い男性。

今回のカツカレーから察するに、他のメニューも期待出来そう。

モーニング・ランチ・定食・丼物・スパゲティー・カレー・ピラフ

他には、コーヒーやドリンク類など。

決して、そう多くはないメニュー数に感じますが

ご主人が得意とするハズレない陣容だと推測も出来るかも。

うむ、また近々訪問してみよう♪






■チャンプ

住所:愛媛県松山市勝山町2-155-1 メゾンドール勝山1F 地図

時間:7:30~18:30(土・日・祝日は9:30~)オーダーは18:00まで

定休日:不定休

駐車場:有






   

2013年5月 1日 (水)

『ホワイトやまむら』ミートスパゲティー(松山市)

01_2

2度目の訪問となる松山市朝生田町の『ホワイトやまむら』

今回は前回の“忘れ物”をちょいと取りに来た次第です。






02_2

グリーンカラーが特徴的な店内。

座る席が変われば、また違った風景も見られるもんですが

この角度だと、スナックっぽいな(笑)






03

【ミートスパゲティー(サラダ付)】550円

今回は喫茶店らしい真っ当なメニューをチョイス。






04

ミートソースはコッテリ濃厚で、酸味よりも甘みが強い印象。

食べたことありそうでなさそうな、そんな独特の味わい。

ちょいとばかり調理に時間がかかっていたところを見ると

このソース作りにも、何か拘わりがあるのかもしれない。






Img_1371

鉄板の熱で焼けた麺がカリカリになるのも悪くない。

ボリューム的にはもうちょい欲しいところだけど

そんな時にはコレがあるでしょう






05_2

【おにぎりセット】麺類+50円

そうそう、文頭で触れた“忘れ物”とはコレなんです(笑)

おにぎりと言っても、ご飯を俵型押ししたタイプですが

茶碗大サイズ並のボリュームはありそうで

これが結構、腹にずっしり溜まるんですよね。






11

無理やり満足させられた感が無きにしも非ず?とはいえ(笑)

麺類にプラス50円だけでより満腹になれるなら

おにぎりセットは必ず併せてオーダーすべきでしょう。

え~と…今回は忘れ物なかったかな?

ま~、また取りに行けばいっか♪(笑)




関連記事はこちら

「ホワイトやまむら」チキンカツラーメン(松山市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-3.html






■ホワイトやまむら

住所:愛媛県松山市朝生田町1-12-6 地図

時間:9:00~20:00

定休日:土・日・祝日

駐車場:有(店舗裏に数台)




« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

無料ブログはココログ