« 冨士山公園の八重桜 ~2013年春~(大洲市) | トップページ | 本日の夕食 »

2013年4月16日 (火)

『一天張』麻婆定食(松山市)

01

松山市二番町の坦々麺専門店『一天張(いってんばり)』

場所は、三越の裏から「博多一風堂」のある道沿いを数十m南下した辺り。

こちらは2度目の訪問となります。






02

店内は手前にテーブル席、奥にカウンター。

お一人様ということもあってか、30代位のご主人にカウンターに誘導されます。

腰痛持ちには若干座り心地がよくない席ですが

初訪問時、テーブル席に座ったことに気付かれず(厨房からは死角の位置)

しばらく放置プレイを受けたことを思えば、幾分マシかもしれない(笑)






03

04

05

06

こちらがメニュー。

汁ありと汁なし、2種のタンタン麺を中心に潔い構成。

前回食べた“タンタン冷麺”が好印象だったこともあり

いやが上にも期待が高まりますが






07

またしても、ちょっと違う物をオーダーする天邪鬼な私。

【麻婆定食】730円

麻婆豆腐に、ご飯・サラダ・杏仁豆腐が付く終日OKの定食もの。






08

豆腐と挽肉の入ったオーソドックスな麻婆豆腐の上には

四川山椒(花椒)が振りかけられています。






09

ややドロっとした、絶妙のとろみ。

そんな麻婆を一口頬張ると、辛さが一気に頭上まで突き抜けます。

頭皮の毛穴がカッと開き、直ぐさま額に汗が滲む。

と言っても、体が受け付けないような嫌な辛さではなく

寧ろ、レンゲを持つ手を矢継ぎ早に動かしてしまうほどの魔力を持っています。

その辛さと相まって、大粒な挽肉に肉そのものの甘みを感じるのがまた良い。






10

山椒独特の痺れるような刺激はあまり感じられなかったが

その辺は、大赤や特赤をチョイスすればクリア出来る問題なのかな?

ご飯はちょっとくたびれた感じで残念。

麺類メイン故、そこまで力は入れていないのであろう。

しかし、杏仁豆腐がシンプルながら

乳酸菌飲料のようなスッキリした甘さでなかなか良い。

次回はタンタン麺と併せて、この杏仁豆腐も追加オーダーするかもしれない。




関連記事はこちら

最近メシ  その5
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-1.html?optimized=0






■一天張

住所:愛媛県松山市二番町3-8-2 地図

時間:11:00~翌2:00

定休日:無休

駐車場:無




« 冨士山公園の八重桜 ~2013年春~(大洲市) | トップページ | 本日の夕食 »

食べ歩き@松山市」カテゴリの記事

コメント

きくりん様
このお店は、何と言っても「汁なし」をお試し下さい。ただし、いきなりの「汁なし赤」はちょっときついと思いますので、「汁なし白」などがお薦めです。
なにしろ本場の四川成都では「汁なし」が普通ですから。

あの辛いもの大の苦手の乱さんも、今年こそはこのお店の「担担麺」に挑戦すると仰っています。私は日本で陳さんが日本人向けにアレンジした、胡麻タップリの担担麺は苦手ですが、このお店のものにははまりました。

じゅんさんへ

なるほど、汁なしですね。
私は辛いのは結構得意な方なので、赤に挑戦してみたいと思います♪
私もゴマペーストな担々麺はあまり食べないです。
乱駆郎さんの挑戦する記事も楽しみですね(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1352874/51236595

この記事へのトラックバック一覧です: 『一天張』麻婆定食(松山市):

« 冨士山公園の八重桜 ~2013年春~(大洲市) | トップページ | 本日の夕食 »

無料ブログはココログ