« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

【まとめ】宇和島で早朝うどんシリーズ

“宇和島 早朝うどん”

当ブログへのアクセスで、一定してヒットする検索ワード。

先日放送の「もぎたてテレビ」で宇和島の「やまこ」が紹介されて以来

その傾向も顕著に現れているようです。

香川県で讃岐うどんツアーする感覚と同様に

愛媛の宇和島で早朝うどん巡りってのも乙なものなんですよね。

てなことで、参考になるかどうか分かりませんが

「愛媛さすらい日記」オススメの3店をこれから紹介してみたいと思います。

てか、3店しか知らないんですけどね(笑)




1_4

看板もない普通の民家の一階で営業。

仕事前に立ち寄るオッサン率高い店。

通い慣れた常連ともなると、麺もセルフで湯がくようです。


やまこうどん

住所:愛媛県宇和島市錦町1-7 地図

時間:5:00~9:00

定休日:日曜、祝日

駐車場:無






Image001

昭和55年創業の老舗。

宇和島のうどん店の中でも、この「しらい」はレベル高し。

朝だけでなく、夜営業もしています。


麺処 しらい

住所:愛媛県宇和島市錦町4-7 地図

時間:6:30~10:00/11:30~19:30

定休日:隔週日曜

駐車場:無(近隣に有料Pあり)






02_2

変わり種メニューが多いのも特徴的。

入口付近に車数台駐車可能だったかな?

店の裏には製麺所もあります。


麺処 河萬

住所:愛媛県宇和島市新町1-1-24 地図

時間:4:00~14:00

定休日:火曜

駐車場:?




どうです、ハシゴしてみたくなったでしょ?(笑)

早朝に是非、宇和島にきてみさいや♪






谷上山からの夕日 ~2013年春~(伊予市)

01

伊予市上吾川辺りの『谷上山公園』

まだまだ肌寒かった4月上旬、仕事帰りにふらっと立ち寄ってみました。

国道56号線の米湊交差点から東方面へ進入

そのまま直進し、山頂へと向かいます。






Img_1772

勾配のキツい坂道をフンフン鼻息荒い愛車で駆け上がり

間もなくして、駐車場に到着。

谷上山及び、周辺の森林公園は

「えひめ森林浴八十八ヵ所」にも指定されている自然溢れるスポット。

春にはここ一面、桜が咲き誇って綺麗な






03

…はずでした(笑)

どうやら、この訪問した一週間程前に見頃は過ぎた上に

前日にも強烈な“春の嵐”が吹き荒れたことで、このような光景に。






00

ま、そんなこんなで

記事タイトルも「谷上山の桜」→「夕日」に変更となるわけです(笑)

駐車場傍にある階段を上っていき、第2展望台へ。






Img_1782

数分も歩けば、展望台がチラリズム。






Img_1791

Img_1798

夕日色に染まり始める展望台。

その下にはベンチもあって、のんびり寛ぐことも可能。






08

展望台の最上階で眺ることが出来るのが






09

こちらの景色♪

伊予灘に夕日が沈み始める直前の絶好のタイミング。






しょぼ動画もどうぞ。






11

残念ながら、この日は雲がかかっていて

水平線上で海面に映し出される“だるま夕日”は見られず。

同様にこの日撮影しに来ていたカメラマンの方にお話を伺うと

この春頃は向こう岸の山並みに夕日が沈みますが

沈む位置も季節によって少しずつ移り行き

僅かな期間ながら、最高の夕日に出会うチャンスの日があるとか。

むふっ、その時期は毎夕出かけてみるかな♪






05

なお、展望台周辺に遅咲きの“八重桜”を確認することも出来ました。

花見よし、景色よし、運動がてら散歩よしの谷上山公園。

今後は定期的に訪れて、その季節を撮り続けてみたいと思います。






■谷上山公園

住所:愛媛県伊予市上吾川 地図

駐車場:有






2013年4月28日 (日)

新店情報 その2 【追記あり】

Img_2245

このブログにも度々登場するGさんから情報を得て

現場までぴゅぴゅんと確認しに行ってきました♪

気になる新店は、その名も『スペイン石釜工房パンメゾン』

そうです、八幡浜の人気店「メゾン」の2号店なんです。

場所は松前町の田んぼ道沿い(「丸衛門」のある通り)で

ひょこたん池公園のちょい西側。

これは貴重な情報だと、ググってみると

一足早く、のしうめさんのブログでも紹介されていましたよ。

いや~、6月下旬オープンが楽しみです♪






Img_3104

【追記】オープン日は6月21日(金)です。




のしうめさんの記事はこちら

速報! パンメゾンさん 伊予松前店オープン♪
http://39001919.at.webry.info/201304/article_21.html


関連記事はこちら

「パン・メゾン」塩パン(八幡浜市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-6559.html






2013年4月26日 (金)

デビュー


平日の昼は社食で、夜の外食が多い私には無縁だったコレ。

遅ればせながら、そのブームに乗っかりたいと思います♪

行ける店は限られるし、期間も残り約2ヶ月

それでも元だけは取らねば~!






2013年4月24日 (水)

『食堂 ごりらくん』カツカレー(八幡浜市)

01_2

八幡浜市保内町の『食堂 ごりらくん』

国道197号線沿い、伊方町に向かう佐田岬メロディーラインに差し掛かる交差点の少し東側

パチンコ店の隣にある、ゴリラの看板が目印の食堂。

先月の八幡浜遠征「マルマ食堂」の次に立ち寄ってみました。

やっぱ、遠征時の食べ歩きにはハシゴが付き物なんですな~♪(笑)






02_2

ま、そんなことばかりしてるから

先日受けた健康診断でヒヤヒヤしてしまうわけですが…(笑)

さて、この「食堂 ごりらくん」

実は一昨年秋の伊方町遠征で初訪問していたのですが

撮り収めた画像が黄色がかったものばかりで、ボツネタとなっていました。

今回は昼間で店内も明るいし、デジカメなので問題なしですね。






03

04

こちらがメニュー。

麺類・カレー・丼物・定食など、食堂として申し分ない陣容。

前回食べたチャンポンを再度オーダーし、記事化するのもアリでしたが






05

今回はこちらをオーダー。

【カツカレー】600円






06

牛肉や玉葱がゴロゴロ入った家庭的なカレー。

この牛肉が肉々しい旨味でアリ。

まろやかな口当たりで、その後徐々にスパイシーさを感じる味わい。

カツは1cm弱の厚みながら、肉の美味しさがギュッと詰まった食感。

油の風味も良く、このカレーともマッチ。

食堂のカツカレーとして、なかなか美味しい♪






07

この食堂は何をオーダーしてもハズさないのではないでしょうか。

こちらもリピ確定ですね。

店を切り盛りしているのは、年配のご夫婦とその娘さん?

まだ小さいお孫さんも店に遊びに来ていてアットホームな雰囲気。

「もぎたてテレビ」でご主人がゴリラ似?なんて“イジられて”ましたが

うーん、どうなんでしょうね?

ま、その辺はノーコメントにしておこうかな(笑)






■食堂 ごりらくん

住所:愛媛県八幡浜市保内町喜木1-68-5 地図

時間:11:00~20:00(日曜は~17:00まで)

定休日:月曜

駐車場:有




2013年4月22日 (月)

第55番札所 南光坊(今治市)

01

02

03

04

05

06

【2013年3月17日 巡礼その23】

随分ご無沙汰となる四国八十八ヵ寺巡り。

先月の今治遠征の中、ふらり立ち寄ったのが

別宮町の第55番札所の南光坊(なんこうぼう)

場所は、国道317号線沿いにある市役所を少し北上した辺り。

広々とした境内では、お遍路さんだけでなく

ご近所の方々ものんびり寛いでいる姿が印象的でした。






■南光坊

住所:愛媛県今治市別宮町3-1 地図

駐車場:有






2013年4月21日 (日)

『日の出食堂』中華そば+お好み焼き(松山市)

01

松山市古三津の『日の出食堂』

伊予鉄高浜線・山西駅の傍にある懐かしい雰囲気を感じる食堂。

店先に置かれた出前用“単車”がこれまた良いんです。






02

当ブログでも、古き良き食堂の紹介がここ最近増えていますが

この「日の出食堂」のレトロ感も負けていない。

昭和25年から60年以上営業を続けてきた老舗とあって

幅広い年代のファンに愛されているのも頷けます。






03

04

麺類や丼物といった食堂の定番も然ることながら

お好み焼きもこの食堂の人気メニューのようです。

この周辺地域のソウルフード“三津浜焼き”とは表記しないあたり

この店の拘りがあるのではないでしょうか。






05

今回オーダーしたのがこちら。

【中華そば】500円






06

細かく刻まれた竹輪・蒲鉾・玉子蒲鉾などの練り物系に

豚肉・モヤシ・天かすまで入っている具沢山な内容。






07

アッサリとした控えめな味わいながら、その奥で旨味を感じるスープ。

やはり、どこか懐かしくホッと安心出来る味わい。

半分位食べ終えた頃に、コショウをかけると

ピリッと味が締まり、また違った味を楽しめて良いんですよね。

麺はボソボソとした食感だが、これも昔懐かしの食堂“らしさ”を感じます。






08

こちらも追加オーダー。

【お好み焼き・素焼き】350円

厨房にある鉄板で焼かれた物が皿に乗っての登場。






09

実は、当ブログで「お好み焼き」を紹介するのは今回が初。

小麦粉焼いて、ソースかけて、千円近く取られちゃ~堪ったもんじゃない!

…なんて言ってしまえば、諸所から責められそうだけど(笑)

こんなリーズナブルなお好み焼きならばウエルカム♪

素焼きとはいえ、竹輪やキャベツなど入っているし

スパイシーで酸味あるソースと、モチモチ食感の生地がこれまた良い♪

遠い昔にお小遣い握りしめ、祭りの屋台で買って食べた

割り箸にグルッと巻いたお好み焼き(詳しい名前は分かりまへん)を思い出す。

うむ、これはリピ確定。

今回は「まるふじ食堂」の記事にコメントを頂いた、祭好きさんの情報を元に訪問。

祭好きさん、情報ありがとうございました♪






■日の出食堂

住所:愛媛県松山市古三津6-1-12 地図

時間:10:00~19:30

定休日:水曜

駐車場:有(店舗横に2台程度)






2013年4月20日 (土)

新店情報

Img_2152

先日惜しまれながら閉店した「多磨屋 保免店」

その場所で、今度は蕎麦屋が新たにオープンするようです。

店名は『井上のそば屋』

その他詳細は不明ですが

蕎麦好きブロガーの方々に今後紹介して頂けるのではないでしょうか。

(完全に人任せ…笑)






Img_2154

おまけ。

エミフルの「網元」も着々と工事が進んでいるようです。

こちらも、そろそろオープン。

どちらも楽しみですね。






2013年4月18日 (木)

新店『石ヤキ製麺所』ミックスの焼麺(松山市)※閉店

01

松山市姫原に3月15日オープンした『石ヤキ製麺所』

国道196号線沿い、パルティフジ姫原から数十m南下した辺りで

「めん処 矢磨樹」の傍にある、元は居酒屋だった場所?

普段は利用しない帰宅ルートを走る中

目を引く派手な看板を発見し、たまらず突撃してみました。






02_2

新店だけあって綺麗な店内。

入口から向かって左側にカウンター、右側に小上がり席。

店を切り盛りしているのは20代位の若いご夫婦?

全てがフレッシュな感じで好印象。






03

こちらがメニュー。

うむむ、その前に“石焼麺”とは何ぞや?…って話ですが

論より証拠、オーダーすれば一目瞭然ではないかと






04

【ミックスの焼麺】580円(税込609円)

なるほど♪

熱々の石焼の丼に麺や具材が入った

石焼ビビンバの麺バージョンとでも言うべき、斬新な一品です。






05_2

まぜそばのように、満遍なく掻き混ぜると

麺の下に隠れていた自家製チャーシューや炙り豚が顔を出し

ジュワッと焼かれた特製ダレの香ばしい匂いが立ちこめます。

天カスかと思われたトッピングは、フライドガーリックでしょうか?

この香りがまた食欲をそそるんですよね。






06

やや太めの平打ちタイプの自家製麺。

コシがあり、モチッとした食感もナイス。

香ばしい風味が絡まったこの麺をガッツリいけば、箸が止まらなくなること請け合い。

焼きちゃんぽんと塩焼きそばを足して割って…掛けたような?(笑)

B級グルメな味わいは、ちょっとハマりそうな予感がします♪






07

ひと口食べたシャイなあんちくしょうが、思わず「美味い!」と

厨房にいるご主人に告げずにはいられなくなるくらい…

そんな美味しさだと表現すれば、少しは伝わるでしょうか?

ちょっとハードルを上げ過ぎてしまった感もありますが(笑)

気になる方は是非お試しあれ♪






■石ヤキ製麺所

住所:愛媛県松山市姫原2-3-16 地図

時間:11:00~15:00(L.O 14:30)/17:30~22:00(L.O 21:30)

        ※土・日・祝日は11:00~22:00

定休日:火曜

駐車場:有(店舗前)






2013年4月17日 (水)

『一休食堂』カツカレー(東温市)

01

東温市下林の『一休食堂』

場所は、県道23号線沿いにある拝志小学校付近で

昨年紹介した「食事処 きよさと」から東へ数百m移動した辺り。

この店も以前から気になっていて、今回が初訪問となりました。






02

店を切り盛りしているのは、ご年配のお母さん一人。

常連と思われる先客も、お母さんと同年代位の方々。

スローテンポな空気が流れる空間。

極度の空腹での入店は、それなりの覚悟が必要?(笑)






03

こちらがメニュー。

食堂の定番は揃っている感じ。

ど・れ・に・し・よ~か・なっ♪…と迷うこと3秒(笑)

ま、こういう時はコレに決まるわけです。






04

【カツカレー】600円






05

やや甘口の家庭的な味わい。

“家庭的”という表現は、当ブログのカレー記事でも多用していますが

この食堂のカレーはまさに、そんな味わい。

おそらく、市販のルーを複数組み合わせたり

隠し味として何かを…ってことはしていない“ピュア”なカレーかな?






06

ウスターソースをチョロっと滴らせたくなるような

オッサンがこよなく愛す、昔懐かしいカレーでもありますが

ここ最近、美味しいカツカレーとの巡り合わせが良かっただけに

タイミング的にも、ちょっと物足りなさが残る結果に。

やはり、食堂では麺類や定食物の方がハズさないかもしれない。

次回訪問では中華そばにチャレンジしてみよう♪






■一休食堂

住所:愛媛県東温市下林1443-2 地図

時間:?

定休日:?

駐車場:有






2013年4月16日 (火)

本日の夕食

Img_2116_2

嗚呼、至福のひと時…






『一天張』麻婆定食(松山市)

01

松山市二番町の坦々麺専門店『一天張(いってんばり)』

場所は、三越の裏から「博多一風堂」のある道沿いを数十m南下した辺り。

こちらは2度目の訪問となります。






02

店内は手前にテーブル席、奥にカウンター。

お一人様ということもあってか、30代位のご主人にカウンターに誘導されます。

腰痛持ちには若干座り心地がよくない席ですが

初訪問時、テーブル席に座ったことに気付かれず(厨房からは死角の位置)

しばらく放置プレイを受けたことを思えば、幾分マシかもしれない(笑)






03

04

05

06

こちらがメニュー。

汁ありと汁なし、2種のタンタン麺を中心に潔い構成。

前回食べた“タンタン冷麺”が好印象だったこともあり

いやが上にも期待が高まりますが






07

またしても、ちょっと違う物をオーダーする天邪鬼な私。

【麻婆定食】730円

麻婆豆腐に、ご飯・サラダ・杏仁豆腐が付く終日OKの定食もの。






08

豆腐と挽肉の入ったオーソドックスな麻婆豆腐の上には

四川山椒(花椒)が振りかけられています。






09

ややドロっとした、絶妙のとろみ。

そんな麻婆を一口頬張ると、辛さが一気に頭上まで突き抜けます。

頭皮の毛穴がカッと開き、直ぐさま額に汗が滲む。

と言っても、体が受け付けないような嫌な辛さではなく

寧ろ、レンゲを持つ手を矢継ぎ早に動かしてしまうほどの魔力を持っています。

その辛さと相まって、大粒な挽肉に肉そのものの甘みを感じるのがまた良い。






10

山椒独特の痺れるような刺激はあまり感じられなかったが

その辺は、大赤や特赤をチョイスすればクリア出来る問題なのかな?

ご飯はちょっとくたびれた感じで残念。

麺類メイン故、そこまで力は入れていないのであろう。

しかし、杏仁豆腐がシンプルながら

乳酸菌飲料のようなスッキリした甘さでなかなか良い。

次回はタンタン麺と併せて、この杏仁豆腐も追加オーダーするかもしれない。




関連記事はこちら

最近メシ  その5
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-1.html?optimized=0






■一天張

住所:愛媛県松山市二番町3-8-2 地図

時間:11:00~翌2:00

定休日:無休

駐車場:無




2013年4月14日 (日)

冨士山公園の八重桜 ~2013年春~(大洲市)

01_2

春の大洲遠征

何だか、慌ただしく駆け巡ってる感が無きにしも非ずですが(笑)

「フラワーパークおおず」の次に立ち寄ったのがこちら

大洲市柚木(ゆのき)にある『冨士山(とみすやま)公園』

えひめ森林浴八十八ヵ所にも指定されている、自然溢れる公園です。






03_2

昨秋の石鎚登頂以来、日頃の運動不足をかなり痛感していますが

この冨士山の山頂へ上ることすら、キツく感じてしまうなんて。

3年前の訪問では全然平気だったのにな。

こりゃ、そろそろ真剣にダイエットに挑まなきゃ(笑)






04_2

心臓バクバクでたどり着いた山頂。

大州の広々とした景色が見渡せ、疲れも吹き飛ぶ。

展望台辺りから聴こえてくるのは、スピーカー大音量の童謡(民謡?)

そういえば、祇園公園でも演歌がガンガン流れてましたっけ。

これって、のどかな風景の妨げになってると思うのは私だけだろうか?

何処かしら聴こえてくる小鳥のさえずりなんて、最高のBGMだと思うんだけどな。






しょぼ動画もどうぞ。






山頂周辺の所々で咲いている八重桜は満開(4月13日時点)

鮮やかなピンク色は目を見張るものがあります。






06_2

その八重桜の下で少しずつ咲き始めたツツジ。

冨士山の山頂がツツジに染まるのはGW前位になるだろうか?

これも楽しみ。






藤の開花も間近かな?

今年はその頃にもう一度訪問してみよう。




関連記事はこちら

冨士山のツツジ(大洲市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-9575.html






■冨士山公園

住所:愛媛県大洲市柚木 地図

時間:8:30〜18:30

定休日:無休

駐車場:有






フラワーパークおおず ~2013年春~(大洲市)

01

祇園公園に続いて訪問したのがこちら

大洲市西大洲にある『フラワーパークおおず』です。

国道56号線を南下し、八幡浜方面と宇和島方面との分岐点の少し手前

「大洲青年の家」入口を目印に坂道を上った場所にあります。






02

03

04

06

07

08

09

色とりどりのチューリップが満開(4月13日時点)

形が崩れてしまった箇所も一部ありましたが

今、見頃を迎えていると言ってよいでしょう。

それにしても、この日はほんと人が多かった。






しょぼ動画もどうぞ。






10

芝生の広場でお弁当を楽しんでいる人もチラホラ。

なるほど、こんな花見もアリですね。

今日も天気が良さそうだし、多くの人が訪れて賑わいそう。




関連記事はこちら

フラワーパークおおず③(大洲市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-1912.html

フラワーパークおおず②(大洲市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-4edd.html

フラワーパークおおず(大洲市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-0aee.html






■フラワーパークおおず

住所:愛媛県大洲市西大洲甲1766-7 地図

時間:入園自由

定休日:年末年始

駐車場:有




2013年4月13日 (土)

祇園公園の八重桜 ~2013年春~(大洲市)

大洲市八多喜(はたき)町の『祇園(ぎおん)公園』

場所は、市内中心街~長浜間の県道24号線

JR八多喜駅付近にあるガソリンスタンド辺りの脇道に進入すると

こちらの公園の入口が見えてきます。






「祇園公園」は遅咲きの桜“八重桜”で有名なスポット。

昨年は4月上旬に訪問しましたが

ほとんどの枝木が蕾状態で残念な思いをしただけに

今年はちょいとばかり意気込んでやって来たんですよね。






そんなこんなで公園の山頂に到着。

観光客もそれほど多くはなく、比較的のどかな風景。






04

桜祭り開催中とあって、簡易的な売店でうどんなどが販売されています。






07

06

八重桜は花びらが何重にも重なっているのが特徴的。

色鮮やかな白やピンクが青空に映えますね。

(八重桜の詳細はWikipediaをご参照下さい)

この日(4月13日)の時点で、ほぼ満開。

祇園公園の八重桜は今が見頃を迎えていますよ。






しょぼ動画もアップ。






08

山頂から眺める八多喜町の景色。

反対側には肱川が流れていて、こちらの景色も良好。

来年も機会があれば訪問してみようかな。




関連記事はこちら

祇園公園の桜(大洲市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-7295.html






■祇園公園

住所:愛媛県大洲市八多喜町 地図

駐車場:?




2013年4月12日 (金)

『レストラン 野咲』カツスパ(松山市)

01_2

松山市千舟町の『レストラン 野咲』

約2年ぶり、2度目の訪問となりましたが

過去にも何度か来ているのでは?という錯覚すらさせる

どこか昔懐かしい雰囲気を醸し出す、町の洋食屋さんです。






02_2

店内には油の匂いと煙が蔓延しているものの

これだよ、町の洋食屋はこうでなくっちゃ♪

…と、オッサンはノスタルジックに浸ってしまうのです。






03

【カツスパ・大盛り】580円+100円

「野咲」の数ある魅力的なメニューの中から

今回は敢えて、この伏兵“カツスパ”に挑むわけです。






04

というのも、この店に通い慣れたファットマンさんが

かなりの頻度でオーダーしているのが、このカツスパなんですよね。






05

ある程度予想はしていたものの

甘酸っぱい昔懐かし~い味わいが、ストライクど真ん中過ぎて

思わず頬が緩みっぱなし♪

具材は玉葱が少量のみと極々シンプル。

(何故か、スパの下にレタスが一枚だけ敷かれていたりもする)

ナポリタンよりもウエッティーで、口の中でパサつかないのもまた良い。

そんなスパの上に乗っているヒレカツも存在感大。

少々焦げ臭いのは、油が昼の混雑時にフル活用されたからだろうか?

これも町の洋食屋らしい…と言いたいところだけど

やっぱ、油は新鮮な方が良いですわな(笑)






06

07

だが、メニューを凝視して改めて思う

ひょっとしたら、私もカツスパを何度もオーダーしてしまうのではないかと。

そんな中毒性のある一品(逸品)なんであります。

気になる方は是非お試しあれ♪




ファットマンさんの記事はこちら

野咲でカツスパ(ナイフは贅沢品か)
http://ameblo.jp/199170/entry-11476724843.html


関連記事はこちら

「レストラン 野咲」特製ランチ(松山市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-904c.html






■レストラン 野咲

住所:愛媛県松山市千舟町3-2-13 地図

時間:11:00〜21:00

定休日:火曜

駐車場:無




期間限定♪すき家『やきそば牛丼』

01

やきそば牛丼

その文字が目に飛び込んできた時、思わず我が目を疑ってしまった。

この手の牛丼メニューをお家芸としている「すき家」だが

今回ばかりは言わせていただく

何でも乗せりゃ良いってもんじゃない!!…と(笑)






02

だが、一口食べると印象が90度変わってしまった。

(180度ではないのである…笑)

炭水化物と炭水化物の融合を口の中ではむはむしてると

これは悪くないな、いや、そうでもないかな

…と、頭の中で自問自答を繰り返すも、最終的には

ま、いいんじゃない?という感想で落ち着くことになる(笑)

優しい味わいのやわらか麺が牛丼の邪魔をしないし

別添のソースを垂らせば、ジャンキー感も増して

また違った味わいを楽しめるのである。

うむ、今回は言わせていただく

「すき家」の飽くなきチャレンジ精神は大いに評価して良いだろう♪




関連記事はこちら

すき家「カレー南蛮牛丼」
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-a7e1.html

秋限定♪すき家「きのこペペロンチーノ牛丼」
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-2.html







2013年4月10日 (水)

こんなところに網元が?

Img_1851

Img_1854

久しぶりの「こんなところに」シリーズ♪(笑)

もう既にご存知の方も多いとは思いますが

エミフル松前内に『居魚屋 網元』がオープンするようです。

4月下旬の営業開始に向けて、現在工事中。

この場所だと、ランチ目的で利用するのがアリかな?

いや、しかし…

網元さん、儲かってまんな(笑)






2013年4月 8日 (月)

『北京料理 樹幸園』唐揚ランチ(松山市)

01_3

松山市富久町の『北京料理 樹幸園(じゅこうえん)』

旧空港通り~余戸間の通り、TSUTAYA富久店付近にある中華店。

この店は何度か訪問済みですが、ブログで紹介するのは今回が初となります。






02_3

どこか、一見さんを寄せ付けない雰囲気を醸し出す外観。

そして、店の歴史を感じさせる店内。

デートには不向きな、おっさん率高い店です(笑)

店を切り盛りしているのは、年配のお父さん2人組。

客が入店すると、ウィーッ!!…とスタンハンセンばりの掛け声を交わし合い

阿吽の呼吸で、調理の準備に取りかかるのです。






03_2

04_2

こちらがメニュー。

中華の定番はバッチリ押さえた陣容。

以前食べた料理では、チャンポンや焼き飯が美味しかったと記憶しております。

で、今回オーダーしたのは






05_3

【唐揚ランチ】750円

メインの唐揚げに、ご飯・サラダ・スープ・漬物付。

ランチとはいえ、昼夜関係なく食べられます。






06_2

肉汁少なめの鶏肉で、カラッとしたタイプの唐揚げ。

お好みで塩コショウを付けて食べることになりますが

比較的、淡白な味わいの印象で

ご飯のおかずというよりも、ビールとの相性の方が良さそう。






Img_0629

行儀は悪いですが、スープに浸すと案外美味しかったりなんかして?(笑)

やはり、中華らしい中華メニューを食べてみないと何とも言えませんが

普段使いに適した“町の中華屋さん”ということは間違いなさそうです。






■北京料理 樹幸園

住所:愛媛県松山市富久町442-1 地図

時間:11:00~21:00

定休日:日曜

駐車場:有






2013年4月 7日 (日)

『まるふじ食堂』しっぽく(松山市)

01

松山市木屋町にある『まるふじ食堂』に初訪問。

国道196号線から少し外れた道沿いの城北交番付近にある食堂。

「雁飯店」の隣と言えば、分かる人には分かる場所。

方向音痴な私は滅多に通らない道で、右往左往しましたけど(笑)






02

昭和にタイムスリップしたかのような、古き良き食堂の雰囲気残る店内。

入店した時点で、私の好みのツボにハマりそうな予感大♪






Img_0245

全体的にリーズナブルな値段設定。

定食・麺類・丼物など、食堂の定番メニューは揃っています。

で、今回オーダーしたのが






05

【しっぽく】380円

これまた、安い♪






06

蒲鉾・竹輪・カニかま・えのき・葱など、具沢山。

きつねうどん並みの大きな油揚げも入っているのが嬉しい。






07

けんちん汁のような、少し甘みのあるダシは優しい味わい。

極めてやわらかタイプの麺は、好みが分かれそうなところですが

消化に良さそうで、年齢層高めのお客にも対応出来る麺類と言えるでしょう。

この日は、寒風吹きすさぶ昨年12月頃の訪問でしたが

食べ終わる頃には身体も温まり、思わず目尻も下がってしまいました。






08

【オムライス】480円

財布に優しいもんで、もう一品追加オーダー。






09

極々平凡な、食堂のオムライスといった感じではありますが

こんなオムライスが妙に恋しくなって、無性に食べたくなる時があるんですよね。

これでワンコイン以内だし、文句なし。






10

オムライスには、汁物と漬物が付いてくるようですが

しっぽくと被るからと、汁物をサラダに変更してくれる心遣いも。

この店を切り盛りしているお母さんの笑顔にも癒されます。

ほっこり、まったり、ほんわか出来る、そんな食堂でした。

まだ気になるメニューがあるので、近々再訪問してみないといけませんね。

今回は「のざわ食堂」の記事にコメントを頂いた、るんさんの情報を元に訪問。

るんさん、情報ありがとうございました♪






■まるふじ食堂

住所:愛媛県松山市木屋町2-7-22 地図

時間:~20:00位まで

定休日:日曜

駐車場:有(入口隣2台、道路反対側2台)


2013年4月 6日 (土)

『峠茶屋』手打そば(伊予市)

01

国道56号線沿い、伊予市の犬寄峠にある『峠茶屋』

こちらは久しぶりの訪問となりました。






02

店内から見渡せる紅葉は最高♪

そうです、これ昨秋のネタだったりします(笑)






03

【手打そば】450円

笑顔が可愛らしい店のお母さんがワゴンで配膳してくれます。

このお母さんには癒されますね。






04

この店のウリであろう手打そばは今回が初実食。

蒲鉾や揚巻が入った田舎風な素朴感に和まされ

刻まれた柚子の皮の香りに鼻腔をくすぐられるのがまた良い。






05

短かくてボソボソとした食感の麺は、徳島名物の祖谷そばを思わせますが

この「峠茶屋」は、うどん並みの太さが特徴的。

麺をすすると言うよりも、自ずと一本一本をパクつき噛み締めることになります。






06

麺の下に隠れていた鶏肉に思わずニンマリ。

一気に満足度もアップ♪

高速を利用する機会が増えると、つい足も遠のいてしまいがちですが

定期的に訪れ、峠の頂上でまったり気分を味わいたいものです。




関連記事はこちら

「峠茶屋」中華そば(伊予市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-e3d7.html





■峠茶屋

住所:愛媛県伊予市中山町佐礼谷1285-1 地図

時間:10:00~未定

定休日:日曜

駐車場:有






『カレーハウス いんでいら』欧風チキンカツカレー(松山市)

01

02

松山市来住町の『カレーハウス いんでいら』に初訪問。

国道11号線沿いにある三菱自動車横の脇道に入るとすぐ。

こんな所にカレー屋があったのか、という意外な場所だったりします。






03

店は2階にあり、こちらが入口。

「いんでいら」は東京や岡山にも数店舗を構えるフランチャイズ店のようで

愛媛では、松山にあるこの店のみ営業されています。






04

店内には、カウンターとテーブルが数席。

ロフト風の造りなのか、テーブル側は天井も傾斜している上に

隣席との仕切りもどこか不自然で、正直なところ気分的に落ち着かないけど(笑)

その辺は、通い慣れてくれば問題なくなるかな?






05

06

07

こちらがメニュー。

カレーも、欧風とインド風の2種類を楽しめます。

他にも、ピラフ・スパゲティー・ドリアなど豊富な陣容。

で、この中からオーダーしたのが






08

【チキンカツカレー(欧風)】730円

指定しなかったので、辛さは普通?






09

濃厚そうな茶褐色のルーに生クリームが注がれていて

先日絶賛したばかりの「葡萄舎」のカレーを彷彿させ、期待感も膨らみます。






10

これまた、なかなか秀逸のカレー。

先ずは酸味がフワッと広がり、その後ジワジワと辛さが押し寄せてきます。

コク深さも残しながら濃厚過ぎず、全体的にバランス良い仕上がり。

長年培われてたどり着いたであろう、完成度の高さも感じ取れますね。

1cm厚のチキンカツもサクッと食感が良く、ルーとの相性も良い。

ボリュームは今一つでしたが、充分満足出来ました。

これは、リピ確定。

次回訪問では、インド風カレーに挑戦してみよう♪






■カレーハウス いんでいら

住所:愛媛県松山市来住町824-1 2F 地図

時間:11:00~21:30(木曜は14:30まで)ラストオーダー21:00

定休日:無休

駐車場:有






2013年4月 4日 (木)

『マルマ食堂』チャンポン(伊方町)


琴平公園で桜を堪能した後、ようやく遅めの昼食。

以前から気になっていた伊方町の『マルマ食堂』に初訪問。

国道197号線沿い、八幡浜市保内町からそう遠くない伊方町の東寄り。

丸マの看板が目印にもなります。






02

外観・店内共に食後の撮影画像ですが

私の入店時には、店先に車が何台も駐車されていて、店内もほぼ満席。

その雰囲気から察するに、地元の人にこよなく愛されている食堂といえそう。






03

こちらがメニュー。

定食・丼物・カレー・麺類など、どれもリーズナブル。

で、この中からオーダーしたのが






04

【チャンポン】500円






05

具材は、豚肉・キャベツ・人参・玉葱・もやしなど。

伊方町ゆえ、厳密に言うと“八幡浜ちゃんぽん”ではないですが

じゃこ天などの練り物系や、鶏がらベースの甘味あるスープがそれを髣髴させます。






07

麺は中細、滑らかタイプ。

この麺が、具材やスープとも実にマッチしています。

何度でも食べたくなる、何度食べても飽きないであろう、安心出来る美味しさ。

近くまで行ったら、是非立ち寄ってほしいオススメの店ですね。






■マルマ食堂

住所:愛媛県西宇和郡伊方町河内1458 地図

時間:8:30~19:30(土曜は19:00まで)

定休日:日曜

駐車場:有






2013年4月 3日 (水)

琴平公園の桜 ~2013年春~(八幡浜市)

01

伊予市双海町で菜の花ウオッチングを堪能した後

大洲長浜を通過し、八幡浜市の保内町へ。

そして、今回の目的地『琴平公園』に到着しました。






005

昨年の春に初訪問して好印象だった、この琴平公園。

今年も桜満開です。

桜のトンネルを潜り、のどかな風景を見渡せば心も癒されますね。

賑やかなのは苦手なんだよな、っていう方にオススメの花見スポットでしょう。






しょぼいですが、たまには動画も。






08

公園周辺もぷらっと散策。

現在も残る赤煉瓦の小路はレトロ感漂います。






09

その奥には、古くから使われているであろう井戸もありました。

くしくも、先日放送された「もぎたてテレビ」でも紹介されていましたね。






11

10

保内町の町並みも一度はじっくりと歩いてみたいところ。

ま、今回は空腹だったもので次回辺りに…(笑)




関連記事はこちら

琴平公園の桜(八幡浜市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-61e1.html?optimized=0






■琴平公園

住所:愛媛県八幡浜市保内町川之石琴平 地図

駐車場:無(町並み見学用駐車場が利用可)






2013年4月 1日 (月)

閏住の菜の花 ~2013年春~(伊予市)

01

今日、4月1日より新年度。

そして、当ブログ『愛媛さすらい日記』も4年目に突入です。

日記を書いても三日坊主にすらならない、飽きっぽい私が

こうやって長く続けていられるのも、ひとえに読者の皆様のおかげだと思っております。

改めて、心から感謝を申し上げます。

さて、新年度一発目のネタは先日の南予遠征から。

この日は天気もよく、絶好の花見日和。

国道378号線“ゆうやけこやけライン”沿いも桜が満開となっています。






02

桜に負けじと、現在も綺麗に咲き誇っているのが菜の花。

ライン沿いの至る所に咲いていて、目を楽しませてくれますが

その中でも、伊予市双海町の閏住(うるすみ)地区は有名な菜の花スポット。

多くの人がドライブ中に立ち寄っては、眺めたり撮影しています。






03

05

06

黄色く明るい菜の花を見ていると、元気をもらえますね。

伊予灘から吹かれる潮風もまた気持ちいい♪






08

09

菜の花の斜面の上には線路が通っていて

タイミングが合えば、列車と菜の花の“コラボ”撮影も可能のようです。

あいにく、私の訪問は11時過ぎ。

空腹だったので、2時間も待つことはしませんでしたが(笑)

来年こそはコラボ撮影にチャレンジしてみたいですね。






■ゆうやけこやけライン 閏住地区

住所:愛媛県伊予市双海町大久保閏住 地図

駐車場:なし






« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

無料ブログはココログ