« 土小屋から石鎚山頂へ① ~2012年秋~ (久万高原町) | トップページ | 今年はやるんです♪『愛媛さすらい大賞2012』 »

2012年12月30日 (日)

土小屋から石鎚山頂へ② ~2012年秋~ (久万高原町)

01

前記事の続き。

鳥居周辺で休憩を軽く済ませ、再び山頂を目指します。






見頃と予想していた紅葉も、10月上旬ではまだ色づき始めといった感じ。

愛媛でも一足早く紅葉が見られる石鎚山も、年々見頃の時期が遅れているようです。






02

傾斜がキツくなり、この辺から鉄の階段が現れます。






04

お上りさんに、お下りさん。

意気揚々と下山する登山者ともすれ違います。






05

登山者ならぬ、登山犬の姿も。

何とも微笑ましい光景。

この鉄の階段を上り終えた頃に見えてくるんですよ…






山頂が♪






登り始めて3時間、やっとこさの到着~♪

そこに待ち受けたのは多くの登山者。

まさに、芋を洗うような状態ってやつでしょうか。

モザイク処理も大変(笑)






11

やはりといいますか、山頂から眺める景色はご覧の通り(笑)

登山前には、天狗岳にも登ってみようかとうそぶいていましたが

その天狗岳すらハッキリ確認できず、迷うことなく諦めます(笑)






13

12

石鎚神社・頂上社で参拝を済ませ、山荘の売店へ。

場所が場所だけに販売されている物も当然限られていますが

それ以前に、その値段に驚いたりなんかして(笑)

ま、山頂まで持ち運ぶ手間を考えるとこうなるのかもしれない。






14

疲労困憊の私は、1杯50円の“石鎚の力水”をグビッと飲み干します。

これで体力回復するわけないけど、要は気持ちが大事ってやつでしょう(笑)






16

他にも、石鎚山ならではの土産物なども販売されています。

この壁に掛けられた写真のように、本来ならば美しい風景も望めることでしょう。







Aさんが熱心に眺め入っていたのが“山ガール”写真集。

ま、Aさんからすると

これもある意味、美しい風景といえるのかもしれませんが(笑)






18

下山がまた大変。

下るほうが楽そうに見えて、実は足へかかる負担は大きいんです。

おまけに、ルートを間違えてしばらく下ってしまい

引き返すために、再度登らないといけなくなる始末(笑)

下山が遅れて、スマホのライトで足下を照らしながらの土小屋到着でもありました(笑)

いや、ほんと、山はナメちゃいけませんね。

登山はほぼ初心者と言っていい我々は

事前の計画や準備なども怠り、今回それを物凄く痛感しました。

ま、でも、無事戻ってこれて何より。

AさんNさん共に、また来年も挑戦したいなんて言ってましたが

私は…まだ何とも言えないかな?(笑)




関連記事はこちら

土小屋から石鎚山頂へ① ~2012年秋~(久万高原町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/2012-9d74.html

石鎚スカイラインから土小屋へ(久万高原町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-c679.html?optimized=0






■石鎚スカイライン 土小屋

住所:愛媛県上浮穴郡久万高原町若山土小屋 地図

駐車場:有




« 土小屋から石鎚山頂へ① ~2012年秋~ (久万高原町) | トップページ | 今年はやるんです♪『愛媛さすらい大賞2012』 »

ぶらつき@久万高原町」カテゴリの記事

コメント

きくりん様
この記事をお借りして、年末の挨拶をさせていただきます。

今年も随分多くのお店の情報をいただきありがとうございました。当初、ブログを書き始めた当時は、一人でコツコツお店を探して訪問しておりました。
でも、この所多くのお店の情報がいただけるようになり、随分助かるようになりました。

どうかいいお年をお迎え下さい。そして来年もよろしくお願いいたします。

石鎚山頂、私も一度登ってみたいと念がけているのですが…。
この記事を読んで、行きは数珠つながりの観光地状態、でも帰りは道に迷って危ない思いをするなど、あらためて石鎚登山の複雑さを知らされた思いです。
来年こそは真面目にダイエットして石鎚制覇するぞっ、なんてまたまた言うだけかもしれませんが(笑)。
四国遍路、別府湯治旅行、石鎚登山など、やってみたいことはいろいろあるのですが。いずれも海外のパック旅行などよりもよっぽどハードルが高いんですよねえ。
ともあれ来年もよろしくお願いいたします!

じゅんさんへ

いえいえ、こちらこそです。
他の方の情報を頼りに店を訪問することなんて多々あるものです。
私も趣味嗜好が合いそうなファットマンさん、yoshiさん、メタぼでぃさんの記事を今年は随分と参考にさせていただきました。
これからも情報を楽しく共有しあえたら良いですよね。
また来年もよろしくお願いいたします♪

ファットマンさんへ

そうなんです、私も今回の石鎚初登頂は念願でした。
「一生に一度くらいは登ってみたい」「苦労して登った山頂で眺める景色は最高に違いない」
なんて、職場の仲間とも2年前から事あるごとに話していて、ようやく実現に至りました。
私も少しでも体を軽くして挑もうと、登山1ヶ月前からダイエットしてみたものの、あまり効果は出ませんでしたし(笑)
是非登ってみてください♪…なんて本来ならば言いたいところですが
何せ自分自身が予想以上のキツい思いを身をもって体験したので、軽々しくオススメは出来ないんですよね(笑)
ま、でも、体調や天候なども良く、気運が高まってきた時が初挑戦のタイミングなのかもしれません。

今年はお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1352874/48512191

この記事へのトラックバック一覧です: 土小屋から石鎚山頂へ② ~2012年秋~ (久万高原町):

« 土小屋から石鎚山頂へ① ~2012年秋~ (久万高原町) | トップページ | 今年はやるんです♪『愛媛さすらい大賞2012』 »

無料ブログはココログ