« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

今年はやるんです♪『愛媛さすらい大賞2012』

早いもので、2012年も残すところあと1日。

気のせいか、年を重ねる度に月日が経つのを早く感じています。

当ブログ「愛媛さすらい日記」も今年3年目を迎えることが出来ましたが

あーだこーだ言いながらも、飽きることなく続けてこられたのは

いつもご愛顧いただいている読者の皆様のお陰だと、感謝してもしきれない思いです。

そんなこんなで?今年もやっちゃいます、愛媛さすらい大賞♪

昨年は面倒臭くてやらなかったので、この企画も2年ぶりとなりますが(笑)

何だよそれって方に、ざっくり簡単に説明しますと

「愛媛さすらい日記」で今年紹介した記事の中から

私きくりんが独断と偏見で、愛媛の素ん晴らし~いところを勝手に表彰しちゃう

ま、完全なる一人遊び企画なんですよね(笑)






まずは、今年訪れた愛媛の観光スポットから選出する“ぶらつき部門”

ぶらつきネタのエントリーは以下のとおり

【今治市】

綱敷天満神社と志島ヶ原梅林/第57番札所 栄福寺/鈍川渓谷(紅葉)

【東温市】

森の交流センター(紫陽花)/花き研究指導室(紫陽花)

【松山市】

大宝寺(桜)/第46番札所 浄瑠璃寺/奥道後遊園地/花園町通り(イルミネーション)

【松前町】

義農通り ふれあい広場(イルミネーション)/ひょこたん池公園(桜、ひまわり)

【砥部町】

赤坂泉公園(桜)

【久万高原町】

石鎚山

【大洲市】

五郎河川敷(菜の花、ひまわり)/フラワーパークおおず/祇園公園(桜)

【八幡浜市】

北浜公園(桜)/琴平公園(桜)/釜倉のコスモス畑

【西予市】

三滝渓谷自然公園(紅葉)/竜沢寺緑地公園(紅葉)

【宇和島市】

きさいやロード(おもちゃ博)/ドリームランド宇和島、他(ナンゾコレ珍百景)

【愛南町】

松軒山公園/外泊・石垣の里(だんだん雛祭り)/高茂岬




出かけているようで、あんまり出かけていないような

そんな微妙なエントリー数ではありますが、決めちゃいます!

今年の愛媛さすらい大賞・ぶらつき部門は…




ドルドルドルドルドル…(←ドラム音)




ドルドルドルドルドル…




ドルドルドルドルドル…




ジャジャン!!






07

09

大洲市の『五郎河川敷』です♪

春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモス

季節によって様々な景色を楽しめる南予の素敵な観光スポットです。

その中でも、河川敷一面に咲き誇る春の菜の花は一見の価値があるでしょう。

また来年も訪問して、乙女チックな気分を是非味わいたいものです♪(笑)

ぶらつき部門では他にも

年末になって慌ただしく紹介した、久万高原町の「石鎚山」

山頂からの眺めも、ガス状態だったために感動度は今ひとつでしたが

忘れたくても忘れられない、強烈なインパクトを残す初登頂でもありました。

そして、愛南町の「高茂岬」

ちょっと遠くて機会に恵まれないのがネックですが

今年は暖かい時期に訪問し、綺麗な夕日を眺めて感動してみたいものです。






さて、お次は

愛媛のあちこちで食べまくったネタから選出する“食べ歩き部門”

エントリーは以下のとおり

【四国中央市】

ロケットうどん

【新居浜市】

カレー&コーヒー アフリカ

【西条市】

ちゃーしゅう工房 いしづち店

【今治市】

カナディアン/中華料理 白龍/丸啓食堂

【東温市】

まんぷく飯店/カフェレスト マーズ/もりの精/マッケンジー ファミリーレストラン

若竹食堂/カフェレスト 葡萄舎/食事処 きよさと

【松山市】

乃み助/うどん 麦わら/レスト喫茶 クレピス/はなまるうどん 松山山越店

活うどん いってつ庵 久米店/らーめんエビス(閉店)/食堂ひまわり/勝山協食

めん工房 家族庵(閉店)/ラーメンくーた 土居田店(閉店)/麺処 風月

もつ鍋専門店かない 本店/中華料理 太白/お食事処 福美食堂

カフェ&レスト モンドーレ/ラーメン来来亭 松山大前店/中華レストラン 烏龍茶

御食事処 味平/フリータイム/お食事処 かわぐち/焼肉 くいしん坊

本格炭火焼おいでまい 空港通店/喫茶&お食事処 なにわや/たこ焼 さくら

たも屋 松山平井店/日記館/手打ちうどん こはる/多磨屋 保免店/太養軒

びっくり焼き亭/麺処 庵/らーめん 春光亭/コーヒー&レスト 美美

キッチン ダムダム/レスト喫茶 粋人/お食事処 くいしんぼ/中華料理 縁中縁

コーヒーハウス 珈人/麺工房 茜屋 松山本店/コーヒーハウス エブリワン

お食事処 丸味/のざわ食堂/にちょう 余戸本店

久留米とんこつラーメン 松山分校/どん・るーかす/麺屋 壱 松山店

【松前町】

丸衛門/ていきびん/すたみな亭/カフェトレイン ブローニュ/喫茶 モカチャーぜ

川崎屋/双葉食堂/のどか食堂/洋食屋 ひまわり

【伊予市】

キッチンわびすけ/もりみせ食堂/珈食亭/アイドル/濱田屋

焼肉屋 愛姫屋 本店(閉店)/お食事処 大平/茶屋 ささい/焼肉 井ノ口

中華そば専門店 みかさ

【砥部町】

ラーメン喫茶 この味めん/なかまる/珈琲 貴族/麺屋 夢創(閉店)/食堂ちとせ

うどん茶屋 大林/楢家

【久万高原町】

焼肉 ちぐさ/吉野屋菓子舗

【大洲市】

ドライブイン ルート56/中華料理 珉珉

【八幡浜市】

中華料理 みづほ/喫茶 モンブラン/清家食堂/珈琲専科 ぶるまん/魚松食堂

【西予市】

お食事処 志津

【宇和島市】

とんかつ 味奈味/大衆食堂 わかば

【鬼北町】

喫茶 ラング

【愛南町】

いそべ食堂/腹八分 めぐみ




それにしてもよく食べました♪

こりゃ、体の中に色んなモノが蓄積されるわけだ(笑)

正直なところ、この中から選出するのは極めて難しいですが決めちゃいます!

今年の愛媛さすらい大賞・食べ歩き部門は…




ドルドルドルドルドル…(←ドラム音)




ドルドルドルドルドル…




ドルドルドルドルドル…




ジャジャン!!






02

03

久万高原町の『吉野屋菓子舗』です♪

意外と思われるかもしれませんが

この店を訪れたことがある方には、納得していただける選出ではないでしょうか。

カステラの味は勿論、店のレトロな雰囲気も良い感じですが

何といっても、店のご主人の真摯な仕事ぶりに頭が下がります。

店内滞在時間は実質5~10分位かと思いますが

その短い時間の中で、心温まる“物語”が展開されるんですよね。

食べ歩きで他に印象深かったのが、松山市の「春光亭」「くいしん坊」

この2店も「吉野屋」とはまた違った感じで、店主のキャラクター色が強い(笑)

思わず肩入れしたくなるような、そんな魅力を感じるのも

店主の仕事にかける情熱と人柄による部分が大きいでしょう。




今年の『愛媛さすらい大賞』はこんな感じ。

こんな一人遊びに最後までお付き合いしていただき、ありがとうございます。

来年もこんな感じでボチボチやっていきますが、よろしくお願いいたします。

それでは皆様、よいお年を~♪




関連記事はこちら

突然ですが…「愛媛さすらい大賞2010」の発表です♪(笑)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/2010-ad48-1.html




2012年12月30日 (日)

土小屋から石鎚山頂へ② ~2012年秋~ (久万高原町)

01

前記事の続き。

鳥居周辺で休憩を軽く済ませ、再び山頂を目指します。






見頃と予想していた紅葉も、10月上旬ではまだ色づき始めといった感じ。

愛媛でも一足早く紅葉が見られる石鎚山も、年々見頃の時期が遅れているようです。






02

傾斜がキツくなり、この辺から鉄の階段が現れます。






04

お上りさんに、お下りさん。

意気揚々と下山する登山者ともすれ違います。






05

登山者ならぬ、登山犬の姿も。

何とも微笑ましい光景。

この鉄の階段を上り終えた頃に見えてくるんですよ…






山頂が♪






登り始めて3時間、やっとこさの到着~♪

そこに待ち受けたのは多くの登山者。

まさに、芋を洗うような状態ってやつでしょうか。

モザイク処理も大変(笑)






11

やはりといいますか、山頂から眺める景色はご覧の通り(笑)

登山前には、天狗岳にも登ってみようかとうそぶいていましたが

その天狗岳すらハッキリ確認できず、迷うことなく諦めます(笑)






13

12

石鎚神社・頂上社で参拝を済ませ、山荘の売店へ。

場所が場所だけに販売されている物も当然限られていますが

それ以前に、その値段に驚いたりなんかして(笑)

ま、山頂まで持ち運ぶ手間を考えるとこうなるのかもしれない。






14

疲労困憊の私は、1杯50円の“石鎚の力水”をグビッと飲み干します。

これで体力回復するわけないけど、要は気持ちが大事ってやつでしょう(笑)






16

他にも、石鎚山ならではの土産物なども販売されています。

この壁に掛けられた写真のように、本来ならば美しい風景も望めることでしょう。







Aさんが熱心に眺め入っていたのが“山ガール”写真集。

ま、Aさんからすると

これもある意味、美しい風景といえるのかもしれませんが(笑)






18

下山がまた大変。

下るほうが楽そうに見えて、実は足へかかる負担は大きいんです。

おまけに、ルートを間違えてしばらく下ってしまい

引き返すために、再度登らないといけなくなる始末(笑)

下山が遅れて、スマホのライトで足下を照らしながらの土小屋到着でもありました(笑)

いや、ほんと、山はナメちゃいけませんね。

登山はほぼ初心者と言っていい我々は

事前の計画や準備なども怠り、今回それを物凄く痛感しました。

ま、でも、無事戻ってこれて何より。

AさんNさん共に、また来年も挑戦したいなんて言ってましたが

私は…まだ何とも言えないかな?(笑)




関連記事はこちら

土小屋から石鎚山頂へ① ~2012年秋~(久万高原町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/2012-9d74.html

石鎚スカイラインから土小屋へ(久万高原町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-c679.html?optimized=0






■石鎚スカイライン 土小屋

住所:愛媛県上浮穴郡久万高原町若山土小屋 地図

駐車場:有




2012年12月29日 (土)

土小屋から石鎚山頂へ① ~2012年秋~ (久万高原町)

今年も残り僅か。

やり残したことはなかったかな~なんて、ふと考えてみると

忘れてましたよ、年賀状!(笑)

ま、それは今晩徹夜で粛々と励むとしまして

ブログの方も今年中に書き上げておくべき記事があったんですよね。






01_3

さて、そんなこんなで10月7日の記事の続き。

この日訪問したのが、久万高原町にある土小屋。

何故、こんなところにやって来たのかと言いますと






03

そうです!

今回目指すのは、石鎚山頂!!

2年前の面河渓訪問で土小屋に立ち寄って以来

いつかは登ってみたい願望ってやつがフツフツと湧いていましたが

今年こそは実現するぞ、と思い立っての挑戦です♪

この登山道入口から山頂まで4.6km。

決して厳しい距離ではなさそうですが、果たして…






04picsay2

一人登山は危険も伴いますので

今回は職場の同僚AさんとNさんにも同行して頂きました。

西日本最高峰の山頂を目前にして、Nさん(左)のテンションもアゲアゲ(笑)






05picsay

いや~、それにしても人が多い。

土小屋駐車場の車の数からもある程度の予想はしていましたが

まさか、行列が出来るほどとはね(笑)






06

上っては下り、上っては下りの繰り返しですが

談笑しながらだと、キツいはずの登山も楽しい。






07picsay_2

登り始めて30分経過。

ここで休憩ポイントに到着。

改めて感じましたが、登山者も年配の方の割合が高いんですよね。

私には将来この地点まで登山出来る元気と体力はないでしょう。






08_3

山頂まで、残り2.8km。

休憩を終えての再出発ですが、またしても長蛇の行列。






09_2

ここら辺からがキツかった。

思うように進めない上に、歩道の丸太が足へのダメージを蓄積していきます。

登り始めて1時間半、もうこの時点で既にバテバテ。





10picsay_2

山頂に達するには、こんな道も通過しなければなりません。

高所恐怖症の私は、なるべく右下の崖は見ないように突き進む(笑)






11picsay

登り始めて2時間経過。

この鳥居周辺で、多くの登山者が食事休憩をしていたので

ようやく到着したかと、疲労困憊だった私は思わずニヤケてしまいましたが

ところがどっこい

この場所は土小屋ルートと石鎚登山ロープウェイからのルートとの合流地点。






山頂まで、残り1.0km。

自身の限界寸前の笑う膝を見て、思わず苦笑い。

そして、景色が全く見えないガス状態にも苦笑い。

果たして、無事に山頂にたどり着けるのか否か?




次の記事「土小屋から石鎚山頂へ② ~2012年秋~(久万高原町)」に続く。




2012年12月26日 (水)

『洋食屋 ひまわり』日替わりランチ(松前町)

01

02

松前町の『洋食屋 ひまわり』

国道56号線沿い「ていきびん」の裏辺りにある、知る人ぞ知る店。

平日昼間のみの営業で、これまで訪問の機会に恵まれませんでしたが

ワケありの休暇を利用して、やっとこさの初突撃です。

ま、ワケありと言っても、単に風邪でダウンしていただけなんですが

そんな状況でも、食べる時は食べるんです♪(笑)




03

店は住居の一部(リビング?)を利用しているようで、そこにテーブルやソファーが置かれています。

なお、店の入口は駐車場の向かい側になりますが

間違って家の玄関に向かうと、犬に激しく吠えられるのでご注意を(笑)






04

テーブル席以外にも、外のテラスで飲食することも可能のようです。

一瞬気にはなりましたが、背中が妙にゾクゾクしていたのでとりあえず回避(笑)






05

今回のオーダーがこちら。

【日替わりランチ】680円

この日の内容は、カレー・ヒレカツ・ポテトサラダ。

カレー狙いだったので、ちょうど良かった。






06

カレーのアップ。

牛肉がゴロゴロ入ったビーフカレーです。






07

牛肉の旨味が前面に出ているコク深いルー。

家庭的といえば家庭的な味わいですが

友人宅でこんなカレーを出されりゃ、おかわりすることは必至で

一晩寝かせたもの目当てに、翌日もお邪魔してしまうのではないでしょうか♪

う~む…あんまり上手い例えではないけども(笑)

なかなか美味しい、好みのカレーでしたね。






08

ヒレカツはそれなりでしたが、カレーの上に乗っていると印象もまた違うかも。






09

10

11

こちらがメニュー。

揚げ物系のランチに、カレーやラーメンなど。

日替わりランチのカレーのボリュームは少なめでしたが

通常メニューのカレーだともうちょい多いのかな。

洋食屋というよりはアットホームな喫茶店という感じでしたが

昼下がりのひと時をまったり過ごすには適した店といえますね。

次回は、暖かくなった頃にテラスでラーメンを食べてみよう♪






■洋食屋 ひまわり

住所:愛媛県伊予郡松前町上高柳503-1 地図

時間:11:00~15:00

定休日:土・日曜

駐車場:有




2012年12月23日 (日)

新店『麺屋 壱 松山店』魚+やきとん丼(松山市)

01

12月13日にオープンしたばかりのラーメン店『麺屋 壱(いち)松山店』に初訪問。

場所は、新空港通り付近にあるフジ北斎院店の向かい側。

一足早く訪問済みのyoshiさんのブログによると、新居浜市の人気店の2号店なんだそうです。

最近は街中に出向くのも億劫になってきた私には、郊外への進出はありがたい話。






02

入口の扉を開けると、目の前に券売機。

昼時はこちらで食券を購入するようですが、夜はそのまま席へと移動します。






03

店内はカウンターとテーブルで構成されていて、席数も豊富。

テーブルは背もたれ部分が高くなっていて

横はともかく、前後は人目を気にせず食べられる仕組みになっています。






04

05

ラーメン・つけ麺だけでなく、焼き鳥・串カツなどの居酒屋メニューも充実。

券売機にビールはあるけど、ガッツリ昼飲みするのは無理かな?






06

【魚(かつお味)】680円

記事タイトルから焼き魚や煮魚を予想した魚好きの皆様、ごめんなさい(笑)






07_2

ラーメンのアップ。

チャーシュー・メンマ・海苔がトッピング。






08

茶褐色のスープは鰹の風味が強い魚介系ですが

背脂ギッシュ&豚骨ベースのクリーミー感も兼ね備えています。

濃厚といえば濃厚、でもクドさは残らない。






09

麺は中太ちぢれタイプ。

この麺が濃厚スープに絡み、なかなかグッ♪

これならば、魚のつけ麺も期待できそう。






Img_0355

卓上の調味料は、酢・ラー油・辛味噌?・ニンニク・胡椒など。

しっかりとしたスープなので、味変しなくてもイケると思いますが

好みに応じて調整するのもアリかもしれませんね。






10

サイズ:大(同価格)

追加トッピング:なし

麺の固さ:固め

背脂の量:普通

味の濃さ:普通

薬味(ネギ)の量:普通

↑これが私の今回のオーダー内容。

アッサリ好きな方は、背脂や味の濃さを抑えめにしたほうがベターでしょう。






11

【やきとん丼】300円

居酒屋メニューの“やきとん”が乗った丼物。

部位はハツだったかな?

食感は柔らかいけど、肉の旨味がギュッと詰まった感じ。

タレの味も辛すぎず甘すぎず、ちょうど良い。

やきとん単品で次回はグビっといきたいけど、場所的に難しいのが残念。

ま、でも、ラーメンだけでなく、店員の接客対応も良く

お気に入りの一店になりそうで、再訪問も近いかな♪




yoshiさんのブログ記事はこちら

新居浜から2号店松山へ進出!『麺屋壱 松山店』
http://ameblo.jp/yoshichyan/entry-11429715779.html






■麺屋 壱 松山店

住所:愛媛県松山市北斎院698-1 フジ北斎院店敷地内 地図

時間:11:00~15:00/17:00~23:00

定休日:無休

駐車場:有




2012年12月22日 (土)

『どん・るーかす』コロッケカレー(松山市)

Photo

国道317号線、松山市紅葉町にある『どん・るーかす』

独特な看板に赤レンガと木造の外観が印象的な喫茶店(洋食屋?)

こちらも気になっていた店でようやくの初訪問です。






Photo_2

どこか落ち着いた雰囲気ながら、オシャレで温かみもある店内。

客層は学生やファミリーなど、女性が多かったかな。






Photo_3

Photo_4

メニューは洋食系がメイン。

かぼちゃプリンなどのデザートも人気のようです。

で、今回オーダーしたのが






Photo_5

【コロッケカレー(サラダ付)】840円

またカレーかよ、と自分でツッコンでおきます(笑)






Photo_6

カレーの上には、1口大のコロッケが3個。

お上品でおちょぼ口な私は2口サイズ。






Photo_8

ま、そんな冗談はさておいて

このコロッケがなかなか♪

熱々を頬張ってハフハフするのもアリですが

少し冷めるとジャガイモの甘い風味が強くなり、また違った食感を楽しめます。

カレーは、ごくごく家庭的でオーソドックスな味わい。

“手作り”をウリにしているだけあって、料理にも温かみがあるのが良いですね。

次回は可愛らしく、デザートにも挑戦してみるかな?(笑)






■どん・るーかす

住所:愛媛県松山市紅葉町3-47 地図

時間:11:00~22:00

定休日:木曜

駐車場:有


2012年12月20日 (木)

『食事処 きよさと』すき焼き丼(東温市)

01

Img_5065

東温市下林にある『食事処 きよさと』に初訪問。

県道23号線沿いから、店の看板を目印に脇道へ進入すると

小高い土地に店舗を構えていることが確認出来ます。






03

明るく綺麗な造りの店内。

この飲食スペース以外にも、宴会場や喫茶室などがあり

多目的な用途に応じられる店のようです。






04

05

06

こちらがメニュー。

入店するまでは、高そうな店かと勝手にイメージしていましたが

麺類・ご飯ものなど比較的リーズナブルな値段設定。

チョイス次第では居酒屋気分も楽しめるかな。






07

【すき焼き丼・ご飯大盛り(吸い物・漬け物付き)】700+200円

店の奥様が大盛りをえらく勧めてくるので、無料サービスかと思っていたら

しっかりと200円追加されていました(笑)






08

ま、それはともかく、すき焼き丼のアップをば。

具材は、牛肉・玉葱・ネギに玉子。

まさしく、すき焼き on the ご飯♪






09

食堂の丼物の味って、食べる前に大方の予想はつきそうなものですが

ところがどっこい、良い意味で裏切られることに。

味付けも濃くなく、上品で丁度良い塩梅。

つゆダクでないのが有り難く、具材とご飯も実にマッチしていますね。

あまり空腹ではなかったものの、思わずガッツリ♪

ちょっと高めの丼物になってしまいましたが、美味しかったので許しちゃいます(笑)

願わくは、玉子が半熟だともうちょい楽しめたかな?






10

吸い物はちょいと塩分高め。

ま、でも、すき焼き丼が良かったので許しちゃいます(笑)

宴会や仕出しをしていることもあり、料理の味はある程度期待出来るかも。

まだ気になるメニューもあるので、近々再訪問してみよう。






■食事処 きよさと

住所:愛媛県東温市下林1939-3 地図

時間:11:00~14:00/17:00~22:00(21:30オーダーストップ)

定休日:月曜

駐車場:有

2012年12月16日 (日)

『中華そば専門店 みかさ』焼きそば定食(伊予市)

01

国道56号線沿い、伊予インターチェンジ付近にある『中華そば専門店 みかさ』

こちらも、食事時には来店客が次々と押し寄せる人気店。

混雑が苦手な私は、ここ暫く訪問の機会を逃していましたが

珍しく駐車場が埋まっていない時間帯に店の近くまで来たもんで

このタイミングを逃すまい、と久々の突撃に相成りました♪






02_2

客があまりにも多いと座る席も限られるゆえ

大きなテーブルを一人が陣取り、居心地悪いことも度々ありましたが

今回は余裕を持ってカウンターへ。

見慣れた風景も、角度が変われば新鮮に映るってもんです(笑)






03_2

前回は中華そばを食べたので、今回は2本柱のもう一品の方をチョイス。

【焼きそば定食】850円

焼きそば(単品だと700円)に、ご飯・漬物・味付け海苔が付いたセット物。






04_2

「みかさ」の焼きそばは、中華麺をパリッと焼き上げ

その上に餡掛けを載せた、俗に言う“皿うどん”スタイル。

餡掛けに使用される具材は、鶏モツ・豚肉・海老・キャベツ・玉葱など。






05_3

この店の主役でもある鶏モツ。

見た目はグロいですが、ハマればイケます♪

当然ですが、ハマらなければ全くイケません(笑)

じゅんさんのブログによると

この「みかさ」と、同じく伊予市にある「焼肉 井ノ口」は親戚関係にあるんだとか。

鶏モツが取り持つ縁…ってやつですね、こりゃ。






07_3

さて、渾身のギャグが炸裂したところでいざ実食♪(笑)

焼き目の付いた中華麺をほぐしつつ、餡に絡めてガッツリ。

以前食べた時はコショウ加減が強く、ジャンキー感タップリでしたが

この日は程よい塩梅で、よござんした♪

この味わいは、美味しいよりも“クセになる”という表現の方が適切かな?

次回は中華そばですな。

次々回は再び、焼きそば。

そして、次々々回は…よ~し、今後これをひたすら繰り返していこう♪(笑)




関連記事はこちら

「中華そば専門店 みかさ」そば定食(伊予市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-6680-1.html






■中華そば専門店 みかさ

住所:愛媛県伊予市市場154-1 地図

時間:10:00~20:00(早く閉める場合あり)

定休日:月曜

駐車場:有




宴~♪

Img_0282

昨夜の忘年会の1コマ。

今回は親睦を深めることに専念したので、画像はこの1枚のみ。

帰りの〆ラーメンの誘惑に負けなかった自分を褒めてあげたい♪(笑)




2012年12月15日 (土)

『久留米とんこつラーメン 松山分校』ちゃんぽん拉麺(松山市)

国道437号線、中央通り沿いにある『久留米とんこつラーメン 松山分校』

愛媛の豚骨ラーメンを代表する屈指の人気店です。

個人的にもお気に入りの一店ですが、訪問は何だかんだで3年ぶりになるでしょうか。






02

“松山分校”というだけあって、昔懐かしい学校を模した店内。

あちこちで目に付く昭和アイテムに、思わずニヤリとさせられます。






04

アルミやかんもレトロ感たっぷり。

少し濁ったお茶がまた雰囲気あって良い感じ。






05_2

06

こちらがメニュー。

この店のウリは、何といっても豚骨臭プンプン漂う久留米ラーメン。

臭いに関しては好みも分かれそうですが

“まろやか系”と“こってり系”のチョイス次第で、それもクリア出来ることでしょう。






07_2

【ちゃんぽん拉麺】780円

しばらく訪問していなかった間に登場していた限定メニュー。






Img_0235

豚肉・イカ・海老・アサリ・キャベツ・もやし・蒲鉾など具沢山。






09

しっかりとしたコクを残しながらも、比較的まろやかなスープ。

具材から出た旨みによって、豚骨臭も抑えられているかもしれません。






10

やや細めの軟らかい麺は、ラーメンとは別タイプのちゃんぽん専用のようです。

麺よりも具材やスープの方にウエートを置いている感もありますが

全体的にバランスよく仕上がっているのはさすがというべきですね。

一心不乱に貪り喰らって、あっという間に完食♪

焼き飯の追加も考えましたが、この一杯で腹も心も充分満たされました。

クセになるヤミツキ度ではコッテリ系に軍配が上がりますが

まろやか且つガッツリ、ちゃんぽんもなかなかイケます♪






■久留米とんこつラーメン 松山分校

住所:愛媛県松山市中央2-38-6 地図

時間:11:00~23:00

定休日:無休

駐車場:有




2012年12月14日 (金)

義農通り ふれあい広場のイルミネーション ~2012年冬~(松前町)

01

Photo

Photo_2

松前町にある『ふれあい広場』にイルミネーションが点灯されています。

クリスマスを前にした12月から約2ヵ月間楽しめるのかな?

私も今年1月に訪問して以来。

今回はちょっと早い時間帯に来てしまい、暗くなるまで小一時間に渡り撮影(笑)






Photo_4

Photo_5

前回は気付きませんでしたが、時間帯によっては広場に駐車することも可能のようです。

広場に立ち寄っては眺めていく人も結構いました。

この時期は特に地元の方たちにとっても憩いの場になるのでしょう。






Photo_3

しかし、イルミネーションの撮影ってうまくいかないもんですね。

思ってた以上に綺麗に撮れない。

もうちょい性能の良いカメラ購入しようかな?

ま、腕が悪けりゃ無駄金になるか…(笑)




関連記事はこちら

「義農通り ふれあい広場」のイルミネーション(松前町)

http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-1.html?optimized=0





■義農通り ふれあい広場

住所:愛媛県伊予郡松前町大字筒井1320 地図

駐車場:有




2012年12月12日 (水)

『にちょう 余戸本店』炭火焼豚と季節の野菜天ぷらコンビ丼(松山市)

01_2

国道56号線沿い、松山市余戸にある炭火焼豚丼専門店『にちょう』

先月のリニューアルオープン以降、賑わっていたようですが

そろそろ客足も落ち着いてきた感じなので突撃してきました♪






02_2

外観だけでなく、内装もリニューアル。

入口から正面にカウンター、左側にテーブル

右側は未確認ですが座敷とかあったのかな?

席数は全体的に増えてるようですね。






03

04

05

06

09

メニューの一部。

他には、豚丼&うどんのセット物やサイドメニューの一品物など。

豚丼へのトッピング、サラダ系が追加されているのが新しいところでしょうか。






11

【炭火焼豚と季節の野菜天ぷらコンビ丼(味噌汁・漬物付)】880円

メニュー名に惹かれてのオーダー。






14

天ぷらの気になる中身は、人参・茄子・南瓜。

冬野菜というわけでもないし、小ぶりなのがちょっと寂しい。

“お好みで塩をふりかけて…”とメニューに記されていながら、卓上に塩は用意されておらず。

ま、でも、揚げたてホクホクなのが救い。






12

やはり、主役は炭火焼豚。

香ばしい匂い、輝く照り、食欲をそそります♪






13

タレの味の良さは言わずもがな。

今回の訪問で際立っていたのが、豚肉の柔らかさ。

これは、あくまでも個人的な所感ですが

正直なところ、リニューアル前は訪問する度に肉質が落ちていってる気がして

それが、ご近所ながら足が遠のく理由にもなっていたんですが

いやいや、どうして、悪くないですね。

これなら、天ぷらなしの普通の豚丼をチョイスすれば良かったな~。






16

リニューアルしたとはいえ、大きく路線変更をしたわけではなく

店のコンセプトは守り続けている感じは好ましいですね。

今回だけではまだ何とも言えない部分もあるので、機が熟したら再訪問してみよう。



関連記事はこちら

にちょう、復活!?
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-9c9a.html






■にちょう 余戸本店

住所:愛媛県松山市余戸東2-1-42  地図

時間:11:00〜22:00ラストオーダー

定休日:無休

駐車場:有


2012年12月10日 (月)

ファミリーマート『裕ちゃんの愛したビーフカレーライス』


コンビニにて購入。

その名も『裕ちゃんの愛したビーフカレーライス』

そう、石原軍団の炊き出しレシピを参考に作られたものなんですね。







本物をどこまで再現出来ているか明らかでないですが

コンビニ弁当ということを前提にすれば(←ここ強調)悪くないカレーでした。

ニッポン人に親しまれる味わいってやつかな。

てか、最近カレーに関する記事が多いのは気のせいか?(笑)


2012年12月 9日 (日)

『カレー&コーヒー アフリカ』アフリカカレー大盛り(新居浜市)

01

02

先週末の東予遠征ネタの続き。

四国中央市から松山市に戻る道すがら、もう1件気になる店に立ち寄ってみました。

新居浜市にある『カレー&コーヒー アフリカ』

国道11号線から少し北側に移動した県道133号線沿いに店舗を構えています。






18

店の入口横には小さな小屋が。

「もぎたてテレビ」で紹介されていたカレー弁当はここで購入出来るのかな?

ネタ的にも面白そうですが、今回は店内へ突撃してみます。






03

店の真ん中に置かれた観葉植物を避けながら、奥のテーブルへと移動。

もしかして、これはジャングルを演出?






04

テーブル横には木彫りのアフリカ象。

やはり、演出だったか(笑)






05

06

そして、目に飛び込んできたのが、こちらのビックリメニュー。

小サイズながら100円で色々食べられるのが嬉しいですね。

“オムイライス”は単なる誤植か、これまた何だかの演出か?(笑)






08

09

やはり、せっかく新居浜まで来てるのでガッツリいくべきでしょ♪

ご飯の量や辛さの調節が出来るのもありがたい。

それならば、ここはいっちょ「特大」に挑戦してみたいところですが

「食べられませんよ」

店のご主人が真顔で、あまりにもあっさりと言いのけるもんで

私もあっさり、特大→「大盛り」に予定変更(笑)

が、しかし!!

安心したのも束の間、今まで見たことのないサイズのカレーが登場するわけです。






10_2

【アフリカカレー・大盛り(辛口)】700円+160円

1kgご飯を薄焼き玉子で包み隠し、その上からカレーをかけ

牛焼肉がトッピングされた一品。

カレーの横には、福神漬け&らっきょうと野菜サラダ

そして、別添のカレールーまで用意されています。






11_2

ひょえ~!と驚く私に

「特大なら、その1.5倍はありますよ」と、ご主人がニヤリ(笑)

そのボリュームが画像だと今一つ伝わりにくいのが残念ですが

これまで最強と称された「マーズ」を軽く超えたと言えば、分かる人には分かるはず。

う~む、これを今から食べるのか…

てか、この一時間前に「ロケット」で焼きうどんを食べたのを忘れてた(笑)






13

横幅も凄いが、それ以上に厚みが凄い。

yoshiさんが最近多用している“つまようじ測定”を真似て、その厚みを検証(笑)

これで大盛りですから、特大はどこまで凄いのか…






14

ざっくりスプーンを入れると、分厚く巨大な白い壁が顔を出し

思わず苦笑い(笑)

カレーそのものは、酸味やスパイシーさを抑えたまろやかな口当たり。

辛口チョイスとはいえガツンと来ず、辛いかも?と後々気付くレベル。

もうちょいコク深さがあれば嬉しいけど、この辺は好みにもよるのかな?






16

さ~、ここからが本当のバトル(笑)

壁を崩して、ルーをかける!

崩してはかける!

これの繰り返し!!(笑)

こういった作業は、勢いでやり遂げなければなりませぬ。






17

あと一歩かと、最後の一山を崩した瞬間

お茶碗大サイズご飯の塊が現れ、完全に戦意喪失。

う~ん、ギブアップ!!(笑)

これまで何度となくデカ盛り料理に挑戦して、それを切り抜けてもきましたが

食べきれず残してしまったのは、この「アフリカ」が初めてかも。






Img_0095

ご主人曰く、大盛り注文した人は半分以上残すケースが殆どのようで

私は、まだ健闘した方に入るそうです。

全国ネットのテレビ番組で紹介されるような

何人前あるんだよと思わずツッコンでしまう、超デカ盛り料理を出す店が

愛媛の新居浜にも存在していたんですね。

大食いに自信のある方は是非挑戦を♪

そうでない方は、先ずは中盛りか普通盛りから試してみるのはいかがでしょ?

いや~、それにしても参りましたね。

リベンジ?

いやいや、修行して出直して来ます♪(笑)






■カレー&コーヒー アフリカ

住所:愛媛県新居浜市郷4-24-7 地図

時間:9:00~24:00

定休日:無休

駐車場:有




2012年12月 8日 (土)

『ロケットうどん』焼きうどん(四国中央市)


02

先週末の東予遠征の話。

今年まだ取り上げていない四国中央市ネタを収拾すべく、馳せ参じましたが

お目当ての店を前にしての撃沈がありながらも(笑)

14時過ぎにようやく昼食にありつくことが出来ました。

国道11号線沿いにある『ロケットうどん』

正式名は“手打ちうどん ロケット”のようですが

ネットでも「ロケットうどん」で浸透しているので、当ブログもそれに準じます。






03

店内はカウンター席を中心に、意外に広々とした空間。

厨房内には、うどん作りに神経を尖らせている感もあるご主人。

それとは対照的に、お手伝いのお母さん方はのんびりとしていて

その光景が何とも微笑ましかったりします。






04

壁にはこんな写真が。

ご主人が種子島の出身らしく、一風変わったその店名にも由来しているんだとか。

吊られたウルトラマンといい、この遊び心は嫌いじゃない♪






040

この店といえば、何といっても“焼きうどん”

初訪問したうどん屋で、あるまじきチョイスではあるものの

この名物を食べなきゃ松山に帰れないってもんです(笑)






06

「麺が無いので時間かかるよ~!」

…いえいえ、待たせていただきます♪

「釜あげなら一番早く食べられるよ~!」

…いえいえ、焼きうどんでお願いします♪

そんなやり取りが繰り広げられる中、テーブルに板がセッティングされました。






07

【焼きうどん・中(玉子入り)】700円

30cm幅の鉄鍋で、ジュワーっと音を立てながらの登場♪

板は鉄鍋の下に敷かれるものだったんですね。






08

具材は、牛肉・イカ・キャベツに生卵。

ソースの甘酸っぱい香りが食欲をそそります。






10

茹で上がったばかりの麺は、さすがと言うべきモチモチ加減。

空腹に耐えながら、20分以上待った甲斐があります。

ソースの味もそんなに濃くなく、酸味・甘味共にちょうど良いバランス。

鉄鍋の熱によって卵が半熟化することで、まろやかさも生まれますね。

中サイズでも充分なボリュームですが、美味しくて短時間でペロリ完食♪

普段の外食でも選択肢から外れることの多い“焼きうどん”

そんなイメージを難なく覆してしまうパワーある優良店だと感じました。






05

焼きうどん以外のメニューもバッチリ完備。

次回訪問で何を食べるか、楽しみがまた一つ増えました♪






■ロケットうどん

住所:愛媛県四国中央市豊岡町大町1425-1 地図

時間:11:00~20:00

定休日:水曜

駐車場:有




2012年12月 7日 (金)

『のざわ食堂』チャンポン麺(松山市)

01

02

良さげな店がないかな~なんて、仕事帰りにウロウロしていると

国道196号線~県道184号線間の狭い路地で、こちらの食堂を発見。

松山市安城寺にある『のざわ食堂』です。






03

車の往来が多くはない、そんな場所にある食堂ですが

店内の雰囲気もある意味イメージ通りといった感じで、なかなかグッ♪

私、こんな食堂がとても大好きです♪(笑)

メニューも食堂の定番が揃い、なおかつリーズナブル♪

2品オーダーしても千円以内に収まるではないですか♪






04

♪の数が私のテンションを物語っていたりもしますが(笑)

そんな中、チョイスしたのはコチラ

【チャンポン麺】480円

あーだこーだ言いながら、オーダーは様子見の1品のみ(笑)






05

麺を持ち上げようとすると、隠れていた具材が登場。

豚肉・キャベツ・もやし・人参・蒲鉾・綴じ卵など

チャンポンであり、五目そばと言っても遜色はない内容。






06

麺は食堂にありがちな中華麺。

スープは鶏ガラベースかな?

具材からも旨味が出ている上に、卵のまろやかさも加わっています。

ズバ抜けて特出しているわけではないですが、ホッと安心出来る味わい。

何度食べても飽きのこない一品といえるでしょうね。

いや~、味のある良い食堂に出会えました。

これは近いうちに、カレー狙いで再訪問してみようかな♪






07

…ってなことで、昨夜に再訪問♪(笑)

【カレーライス】400円






08_2

牛肉と細かく刻まれた野菜が入った家庭的な味わい。

ちょっと辛口なのが、また良い。

ボリュームはそれなりですが、この値段ならば文句なしでしょう♪






10_2

空腹なこの日は、迷うことなく2品オーダー(笑)

【肉うどん】370円






11_2

出汁も具材も比較的アッサリ味。

甘辛い肉うどんも好きですが、こちらの方がジックリ賞味出来ますね。

熱々の出汁を一口飲めば、寒風で冷え切った身体に染み渡る。

麺はコシ抜け軟らかタイプだけど、そんなのどうでも良くなる位に満足♪

いや~、良いです。

ご家族で切り盛りしているアットホームな雰囲気も悪くないし

どこか自然体で、肩肘張ってない感じが心地よい。

うむ、これはまた後日に再訪問しなくちゃいけませんな~♪






■のざわ食堂

住所:愛媛県松山市安城寺町171 地図

時間:7:30~19:00

定休日:日曜・祭日

駐車場:有




2012年12月 4日 (火)

『楢家』カツスパゲティ(砥部町)

01_2

02

砥部町高尾田にある『楢家(ならや)』に初訪問。

県道23号(伊予川内線)を東方面に進んだ、高尾田交差点付近にある喫茶店。

こちらも以前から気になっていた店の一つだったりします。






03

店内は明るく、清潔感もある良い雰囲気。

テーブル数も多めで、人数もそこそこ入りそうな広さ。






04_2

05_2

06

メニューの数も結構豊富。

やはり定番のアレかな~なんて考えていた矢先

思わず目にとまってしまったコチラをチョイスしてみました。






07

【カツスパゲティ】800円

店を切り盛りしているお母さん曰く、一番よく注文されるメニューだそうです。




08

鉄板 on the ミートスパ on the カツ♪

カツスパゲティが食べられる店ってありそうで、あまりないのかも。

私も、数年前に訪問した今治市「イーストバレイ」以来だったりします。






09

カツは脂身の少ないロース肉。

油が新鮮なのか、衣もサクッとアッサリとした食感で食べやすい。






10

ミートソースはまろやかな昔懐かしい味わい。

トマトの酸味も抑えめで、奇をてらうことなく具材もシンプル。

お好みで、タバスコや粉チーズなどで味変しながら食べるのがアリかな。

ボリュームはもうちょい欲しいですね、800円だし。

ま、でも、ネタに行き詰まりしていた砥部方面で

のんびりと寛げそうな喫茶店を発見できたのは何よりの収穫♪






■楢家

住所:愛媛県伊予郡砥部町高尾田270 地図

時間:8:00~20:00

定休日:?

駐車場:有


2012年12月 3日 (月)

おやつカンパニー『CoCo壱番屋 カツカレーチップス』

01

おやつカンパニーとココ壱のコラボ商品。

最近カツカレーを食べる機会が多いからなのか

ついつい、コンビニでもこんなお菓子に心奪われ購入してしまいます。






02

ふむふむ、なるほど。

それでは、実食~♪






03

うーーーーーーむ、妙に油っぽい?(笑)

カレー風味3割、カツの衣風味7割…の味わいって感じでしょうか。

カツカレーに拘らず、普通のカレー味でも良かったかもしれませんね。

でも、久々にココ壱に行ってみたい気分に駆られたことを思えば

まんまと企業戦略にハメられてる気もしますね(笑)




2012年12月 2日 (日)

がびーん!!


四国中央市までやって来たのに







そ、そんな~…(笑)




『喫茶 ラング』カツカレー(鬼北町)

01

さて、先週末の南予遠征の記事もこれでラスト。

こちらは、三滝渓谷「びっくりはうす」の入場券おみくじ。

願い事が叶わないのは辛いところですが、次なる目的地へと移動します(笑)






02

西予市城川町から鬼北町へと南下。

隣町とはいえ、三滝渓谷から約20kmもの距離がありましたが

そこまで苦労してでも訪問したかったのが、こちらの『喫茶 LANGE(ラング)』

のどかな風景にポツンと佇む、田舎の喫茶店といった感じです。






03

店内は明るい雰囲気で寛ぎやすい空間。

真ん中にいる大きなクマのぬいぐるみが、店のマスコットなのでしょう。






04

06

07

こちらがメニュー。

ランチ・スパゲティ・カレーなど、喫茶店の食事系は一通り揃っています。

他にもデザートやドリンク類などがあったかな。

で、今回オーダーしたのが






12

【カツカレー(サラダ付)】700円

この店に来たらコレを食べるって、以前から決めていたんですよね。






13

食べやすくカットされているとはいえ、2cm厚のカツはワイルド♪

脂身の多いロース肉なのもベリーグッ♪

カレールーは、フルーティーな酸味(ちょっとウスターソースっぽい)が口の中で広がり

その奥で辛さがひょっこり顔を出す感じで、なかなか面白い。

でも、全体的にはまろやかな味わいで、食べ終わるまで飽きさせません。

今まで食べてきたカツカレーの中でも、上位に食い込むであろう一品でしたね。






14

可愛らしい皿に入った野菜サラダには、何故か煮玉子が入っていました。

どこか掴み所のない不思議な印象がなくもないですが

田舎町ではごくごくありふれた自然体がアリの店ともいえますね。

宇和島に帰省した時にでも再訪問してみようかな♪






■喫茶 ラング

住所:愛媛県北宇和郡鬼北町大字興野々337-5 地図

時間:9:00~19:00

定休日:無休

駐車場:有


2012年12月 1日 (土)

三滝渓谷自然公園の紅葉 ~2012年秋~(西予市)



「竜沢寺緑地公園」で紅葉を楽しんだ後、国道197号線に再び戻り

道の駅「きなはい屋しろかわ」を越えた辺りで左折。

県道2号線から案内板に従い、山道へ。

そして、今回の南予遠征の本命『三滝(みたき)渓谷自然公園』に到着。

この公園への訪問は、新緑が観られた今年のGW以来。

秋には紅葉スポットに様変わりするとあって、再訪問を楽しみにしていたんですよね。







橋の左側上流では“二見滝”を眺めることが出来ますが

今回は、右側下流からの遊歩道を散策してみました。







落ち葉の絨毯ともいうべき道をひょこひょこ。

前日に雨が降ったのか、足下が滑りやすい下り坂ではありましたが

ブログネタのためならば、そんなの意に介しません(笑)











この日(11月25日)は紅葉の見頃も過ぎていましたが

自然に触れ、マイナスイオンを肌に感じ、の~んびりと散歩するには絶好の場所でしたね。







ただ、距離はそこそこあるので

上り下り往復することを考えれば、かなり気合を入れて挑まなければなりません。

私も茶堂を越えた中間地点辺りで、すごすごと引き返すはめに…(笑)

次回は時間をゆっくり取って、暖かくなった時期に再訪問してみようかな。







前回訪問では休館日だった「びっくりはうす」にも立ち寄ってみました。







入場券の自販機に100円を投入すると、こんな物が。

ちなみに、気になる中身ですが

ブログネタとしては嬉しくない、中途半端な末吉だったり…(笑)








一応、有料ってことで

館内の様子は一部のみ紹介しておきます。

どうです? 行ってみたくなったでしょ?

でも、過度な期待は禁物

渓谷巡りの“ついでに”立ち寄ってみるので充分でしょう(笑)




関連記事はこちら

三滝渓谷自然公園(西予市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-7f11.html?optimized=0






■三滝渓谷自然公園

住所: 愛媛県西予市城川町窪野2080 地図

駐車場:有



« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

無料ブログはココログ