« 『洋食屋 ひまわり』日替わりランチ(松前町) | トップページ | 土小屋から石鎚山頂へ② ~2012年秋~ (久万高原町) »

2012年12月29日 (土)

土小屋から石鎚山頂へ① ~2012年秋~ (久万高原町)

今年も残り僅か。

やり残したことはなかったかな~なんて、ふと考えてみると

忘れてましたよ、年賀状!(笑)

ま、それは今晩徹夜で粛々と励むとしまして

ブログの方も今年中に書き上げておくべき記事があったんですよね。






01_3

さて、そんなこんなで10月7日の記事の続き。

この日訪問したのが、久万高原町にある土小屋。

何故、こんなところにやって来たのかと言いますと






03

そうです!

今回目指すのは、石鎚山頂!!

2年前の面河渓訪問で土小屋に立ち寄って以来

いつかは登ってみたい願望ってやつがフツフツと湧いていましたが

今年こそは実現するぞ、と思い立っての挑戦です♪

この登山道入口から山頂まで4.6km。

決して厳しい距離ではなさそうですが、果たして…






04picsay2

一人登山は危険も伴いますので

今回は職場の同僚AさんとNさんにも同行して頂きました。

西日本最高峰の山頂を目前にして、Nさん(左)のテンションもアゲアゲ(笑)






05picsay

いや~、それにしても人が多い。

土小屋駐車場の車の数からもある程度の予想はしていましたが

まさか、行列が出来るほどとはね(笑)






06

上っては下り、上っては下りの繰り返しですが

談笑しながらだと、キツいはずの登山も楽しい。






07picsay_2

登り始めて30分経過。

ここで休憩ポイントに到着。

改めて感じましたが、登山者も年配の方の割合が高いんですよね。

私には将来この地点まで登山出来る元気と体力はないでしょう。






08_3

山頂まで、残り2.8km。

休憩を終えての再出発ですが、またしても長蛇の行列。






09_2

ここら辺からがキツかった。

思うように進めない上に、歩道の丸太が足へのダメージを蓄積していきます。

登り始めて1時間半、もうこの時点で既にバテバテ。





10picsay_2

山頂に達するには、こんな道も通過しなければなりません。

高所恐怖症の私は、なるべく右下の崖は見ないように突き進む(笑)






11picsay

登り始めて2時間経過。

この鳥居周辺で、多くの登山者が食事休憩をしていたので

ようやく到着したかと、疲労困憊だった私は思わずニヤケてしまいましたが

ところがどっこい

この場所は土小屋ルートと石鎚登山ロープウェイからのルートとの合流地点。






山頂まで、残り1.0km。

自身の限界寸前の笑う膝を見て、思わず苦笑い。

そして、景色が全く見えないガス状態にも苦笑い。

果たして、無事に山頂にたどり着けるのか否か?




次の記事「土小屋から石鎚山頂へ② ~2012年秋~(久万高原町)」に続く。




« 『洋食屋 ひまわり』日替わりランチ(松前町) | トップページ | 土小屋から石鎚山頂へ② ~2012年秋~ (久万高原町) »

ぶらつき@久万高原町」カテゴリの記事

コメント

私も、年賀状は切羽詰ってから仕上ました;

石鎚登山をされてたんですね。そのためのダイエットでしたか~(笑)
でも、こんな大行列ができるなんて、少し驚きでした。山ガール増加も一因??

今年もあと1日。
放置気味のブログにもコメントをいただき、本当にありがとうございました。
また来年も、楽しい食べ歩きやぶらつき日記を楽しみにしております♪
よい年越しをされてくださいね^^

ナツメさんへ

私は、現時点でまだ一枚も年賀状が作成出来てません(笑)
さすがに今晩はやっておかなければなりませんね。

石鎚山は想像以上にキツかったです。
ダイエットはあまり効果なかったので、山中でも早々とバテてしまいました(笑)
女性の登山者は結構多く、登山がちょっとしたブームなんだと感じた次第です。

こちらこそ、今年はお世話になりました。
また来年もよろしくお願いいたします♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1352874/47926740

この記事へのトラックバック一覧です: 土小屋から石鎚山頂へ① ~2012年秋~ (久万高原町):

« 『洋食屋 ひまわり』日替わりランチ(松前町) | トップページ | 土小屋から石鎚山頂へ② ~2012年秋~ (久万高原町) »

無料ブログはココログ