« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月26日 (日)

八幡浜なう



嗚呼、何とも香ばしき茶色い物体…



2012年8月25日 (土)

新店『手打ちうどん こはる』かしわ天ざる(松山市)



松山市和泉に最近オープンした『手打ちうどん こはる』に初訪問。

メタぼでぃさんのブログや、食べログのkappa18さんのレビューを拝見し

私も颯爽と駆け付けてみました♪

場所は、県道16号線沿いのバッティングドーム近く

オレンジ色の看板と暖簾が目印にもなりますよ。

営業開始は10時39分から。

こういった遊び心?は嫌いじゃない私。

なもんで、その10時39分に突撃してみました♪(笑)








こちらがメニュー。

うどんの定番メニューがきっちり揃う中

やはり気になるのは“子どもうどん150円”

見た目オッサンでも、少年のような澄んだ心を持つ身としては

これが何歳までOKなのか、非常に気になるところ(笑)

メタぼでぃさんの指令にも背中を押され、無邪気な少年のように伺います(笑)

「一応、小学生低学年くらいまでが…」

多少困惑しつつも、親切に対応してくれた女性店員。

あ〜、惜しい!!…という、渾身のオッサンギャグにも笑顔で対応してくれました。

(苦笑いだったかも…笑)








いえいえ、本当に気になるのはコチラです。

【かしわ天ざる】650円

店のご主人が、本場・香川県で修業した店が“かしわうどん”で有名だったようで

これは期待しちゃってもいいでしょう♪








艶やかな麺の向こうに、かしわ天とオクラ天がデンと構えます。

うどん自体のボリュームはそれなりですが

かしわ天込みと考えれば、リーズナブルな値段設定といえますね。








麺は細めで、喉越しは良い感じ。

でも、コシはどうだろう…

強力な弾力性を好む人には、ちとばかり物足りなさが残るのかな?(私含めて)

比較的アッサリめの麺つゆは、後口は醤油の風味が強く出てくる感じ。

ま、この辺も完全に好みの問題にはなるでしょうけど。








かしわ天は、あらかじめコショウで下味が付いていて

出来立てを頬張ると、さすがの美味さ♪

肉汁ジュワッと系ではないけど、噛み応えある程よい固さの肉質。

そのまま、レモンかけ、麺つゆ…と、3パターンの味わいを試せます。

この麺つゆは、麺よりも天ぷらとの相性の方が良い気もしますね。

オクラ天はホクホクで、何本でも食べられそうなほどハマりそうな予感。

でも、今回は泣く泣く追加オーダーを諦める(笑)








うどんの出来、まだぎこちない接客など

色んな事含めその他諸々、これから少しずつクリアされていくはず。

まだオープンして間もないし、そういう意味では今後が楽しみといえますね。

私も、自宅からそう遠くない距離にある店だし

また機会があれば、温かいうどん狙いで再訪問してみよう。




メタぼでぃさんのブログ記事はこちら

こはる
http://bmikaku.i-yoblog.com/e537233.html



Kappa18さんのレビューはこちら

温は、つるりィ〜〜ッん♪ 冷は、キュッつる〜ッ♪
http://tabelog.com/ehime/A3801/A380101/38008611/dtlrvwlst/4435550/






■手打ちうどん こはる

住所:愛媛県松山市和泉南3丁目4-1 1F 地図

時間:10:39~15:00 (14:39ラストオーダー)

定休日:?

駐車場:有(近辺のカラオケ「まねきねこ」駐車場も使用可)



2012年8月23日 (木)

『なつかしのキャラクター おもちゃ博』in きさいやロード(宇和島市)



盆休みの宇和島ぶらり旅の続き。

「大衆食堂 わかば」で昼食を済ませた後は

愛車ハーレーで、商店街アーケードの“きさいやロード”を爆走♪

松山の大街道を自転車で走ろうものなら

血相変えた監視員?に慌てて止められますが

宇和島であれば、のんびり優雅に走ることが出来ます(笑)








そんなこんなで

次の目的地は、こちらの「もーにほ〜る」(三越跡地)

この会場では、えひめ南予いやし博の一環として

『なつかしのキャラクター おもちゃ博』が現在開催中なんです。

やはり、おもちゃで育った“元・男の子”としては、このイベントは押さえておくべき♪(笑)








会場内に入ると、1階ロビーでは

子どもの頃、我々が胸を熱くしたヒーローやロボットがお出迎え。

左から、グレンダイザー・マジンガーZ・グレートマジンガー

う〜ん、今見てもカッコいい♪








その横には、仮面ライダー・ウルトラマンエース

奥には、鉄腕アトム・タイガーマスク

昭和のヒーローが、これでもかと勢揃い♪








この仮面ライダーは、どうやらガチャガチャの自販機のようで

左太股にお金を入れ、右膝からカプセルが出たりするのかな?

ま、この辺は、カッコいいのか悪いのかちょっと微妙…(笑)








会場の2階へと上がると、そこには沢山のおもちゃが待ち構えています。

おもちゃの種類も、1960〜2000年代別に分けられていて

大人から子どもまで幅広い年齢層に受け入れられる仕組。

1960年代の有名どころは、鉄人28号・巨人の星・ウルトラマン・黄金バットあたり。








さて、これは何でしょう?

私は微かに記憶を残しながら、全然思い出せませんでしたが(笑)

年上の同僚Aさんにこの画像を見せたところ、なんと、ジョウロだと判明。

背中から水を入れ、指先からピューッと…?

これまた、カッコいいんだか悪いんだか微妙(笑)








私がハマるのは、1970年代。

これは自宅にあったよな〜なんて物もチラホラ見られます。








ライディーン・ガイキング・コンバトラーV・鋼鉄ジーグ










ジャッカー電撃隊

知っている人は知っている

知らない人は当然知らない、4人のサイボーグ♪(笑)








あしたのジョーは、シャンプーの容器でしょうか?

昔はこんな、キャラクター物シャンプーも多かったんですよね。

ま、でも、ジョーの顔も微妙な上に

“手ブラ”ポーズがセクシーだったりします(笑)








おもちゃ以外には、映画のポスターも。

その昔、宇和島にあった東映の映画館にはよく通ったな〜。

グレートマジンガー&ゲッターロボや

歴代仮面ライダーの“夢の競演”には大興奮したものでした。








入場料は、大人300円(子どもは100円)

私と同世代のオッサン(元・男の子)であれば、これで300円なら安いもんです。

開催期間は、9月30日まで。

気になる方は、宇和島に遊びに来たついでに立ち寄ってみるのもいかがでしょうか♪






■もーにほ〜る

住所:愛媛県宇和島市新町1-4-9 地図(スマホ ナビ対応)

時間:10:00~18:00(イベント開催期間中)

定休日:?

駐車場:無(周辺に有料駐車場あり)




2012年8月21日 (火)

『大衆食堂 わかば』オムライス(宇和島市)



ここから盆休みの話。

実家に帰省した翌日

眠っていた愛車ハーレーに跨がり、宇和島の町を爆走♪

しかし、このハーレー…

雨ざらしが祟ってか、下り坂でブレーキが利かないのが玉にキズ(笑)








そして、やって来たのが

JR宇和島駅の傍にある『大衆食堂 わかば』です。

何ともノスタルジックな気分に浸れそうな雰囲気。

入店前から早くも期待値はアップしてしまいます♪








店内の雰囲気も大衆食堂らしさ満点。

入口から向かって左奥側にも小上がり席があり、そこそこ人数も入りそう。










味のある手書きメニュー。

麺類・定食・丼・洋食・中華など、その種類は豊富。

斗牛丼(闘牛丼)なる宇和島らしいメニューも気になるところですが

今回、オーダーしたのは








【オムライス】700円

使い込まれたステンレス皿が、これまたノスタルジック。








真ん中を割ってみると、中身は至ってシンプル。

いやいや、シンプルなのが良いんです。

ここで、変に手の込んだオムライスだったりなんぞすれば

せっかくのノスタルジック気分も、どこかへ消え失せるってもんです(笑)








うむ、ごくごくシンプルな食堂のオムライスの味わい。

でも、これが良いんです♪

年を取っても、ふと思い出し食べたくなるような

そんなオムライスではないでしょうか。

欲を言えば、もうちょいボリュームあれば良かったかな。

まだ試してみたいメニューも残っているので、機会があれば再訪問してみよう。






■大衆食堂 わかば

住所:愛媛県宇和島市錦町9-7 地図(スマホ ナビ対応)

時間:?

定休日:?

駐車場:?



2012年8月20日 (月)

『お食事処 志津』チャンポン(西予市)



GWネタの続き。

三滝渓谷自然公園から、国道197号線へと移動し

次なる目的地の「きなはい屋しろかわ」に到着。








「きなはい屋しろかわ」といえば、城川自然牧場産のソーセージやベーコンが有名。

数ある製品の中から、猪肉を使ったソーセージを購入して食べてみましたが

しっかりと味が付いた、ビールに合いそうな一品でした。








こちらの飲食スペースは、残念ながら定休日。

スープカレーが気になるところですが、これはまた次回のお楽しみということで。








その向かいにある「ギャラリーしろかわ」にも立ち寄ってみましたが

またまた、休館日。

前記事の「びっくりはうす」といい、火曜日の城川町はひっそり閑としています(笑)








ま、その程度ではめげません。

というのも

今回の遠征の本命は、こちらの『お食事処 志津』だったんですよね。

さほど腹を空かしてなさそうな両親も、半ば強引に連れ立ちます(笑)








店内は、まさに“田舎の食堂”といった雰囲気で実にほのぼの。

微妙な時間帯の訪問で、ひょっとしたら休憩前だったのかもしれないけど

店を切り盛りしているご夫婦は快く歓迎してくれました。










こちらがメニュー。

麺類やご飯ものを中心に食堂の定番が揃っていますが

入店前から食べる物は決めてます。

車だん吉氏も絶賛のこちら♪








【チャンポン】500円








麺の上には、キャベツ・豚肉・人参・玉葱など具沢山。

てか、てんこ盛り♪








一口食べると、何とも素朴な味わい。

チャンポンというよりも、家庭で作る具沢山ラーメンといった感じでしょうか。

スープはもうちょいコクが欲しい気もしますが、これはこれで良いのかも。








そして、このチャンポンにはミニサラダが付いてくるんです。

こういった心遣いは嬉しいですよね。

これまた家庭的な味わいでアリ。

ほのぼのとした雰囲気の中、同年代であろう店のご夫婦と両親の会話も弾み

それを横で眺める私もほのぼの(笑)

あ~、この店に来て良かった…と思える

ご夫婦の“一期一会”のもてなしを感じた次第です。

城川ドライブで立ち寄る「志津」ファンもきっと多いことでしょう。

私も機会があれば再訪問してみたいですね。






■お食事処 志津

住所:愛媛県西予市城川町嘉喜尾4851-3 地図(スマホ ナビ対応)

時間:昼のみ?

定休日:土・日曜

駐車場:有



2012年8月19日 (日)

三滝渓谷自然公園(西予市)



残暑厳しい今日この頃ですが、ここら辺りでGWネタを投入(笑)

そんなGWも、実家に帰省してぷらぷらするのもアリっちゃアリでしたが

思えば、両親と共にどこかに出かける機会もあまり無いよな〜なんて反省。

てなことで

今回やって来たのが、西予市城川町にある『三滝渓谷自然公園』

この公園には何度か訪問済みの両親のナビで、えっちらおっちら散策。








最初に私が食い付いたのは、駐車場内にある「びっくりはうす」

何がビックリなのかといいますと








見てください、この入口。

斜めになってますね~。

ま、でも、それ位ではビックリしません。








中に入ると、これまた斜め状態。

真っ直ぐ歩こうにも、右側の壁までフラフラと下がっていきます。

いやいや、これ位でビックリだなんて。










ん~、なになに?

水が上へ向かって流れる?








そんな訳あらへんがな。

なんぼなんでも、水が上がっていくなんて








…って、ほんまや!

ま、楽しみ方は人それぞれですが(笑)








本来ならば、更なる視覚体験も楽しめるようですが

この日は、あいにくの休館日。

夏休み中にご家族で訪問するならば、火曜日以外が良いかもしれませんね。










駐車場の下には動かずの水車小屋や、数十億年前のデンマークの岩石など

ひょんな場所で、意外な物を観賞出来たりなんかします。








前出の駐車場から山道を更に上り、滝の見える場所へ。

日に照らされた新緑が眩しい♪








“三滝”のうちの一つをパチリ。

勢いよい水量とまではいきませんが、近付くと涼しげな雰囲気。

この滝に沿って遊歩道を上って行くと、マイナスイオンを肌で感じ取ることも出来ます。








その遊歩道沿いで発見した“シャガ”の花。

4〜5月頃、森林周辺の湿った場所で咲くんだそうです。

この夏から秋にかけて、また違った景色が見られるのかな?

私もまた紅葉を目当てに再訪問してみたいものです。






■三滝渓谷自然公園

住所: 愛媛県西予市城川町窪野2080 地図(スマホ ナビ対応)

駐車場:有



2012年8月16日 (木)

『双葉食堂』中華そば(松前町)



食べ歩きネタが続きます。

今回紹介する店は、松前町にある『双葉食堂』

この食堂への訪問は、なんだかんだで約20年ぶりになります。

「古びた食堂だな〜」それが20年前に感じた印象。

(私がまだヤングでピュアだった頃…笑)

“昔ながらの”といった表現を超越した、雰囲気あるレトロな食堂だったんです。








店のご主人の話によると

この「双葉食堂」も18年前に改装して、現在に至るそうです。

店内の雰囲気も当時から様変わりしてはいますが

席に腰を下ろすと、その頃の記憶が頭の中でフラッシュバックしてきました。










こちらがメニュー。

その当時食べた、いなり寿司は顕在。

「双葉食堂」のいなり寿司は、田舎の祖母宅の食事を思い出させる懐かしい一品です。

が、しかし

入口近くのガラスケースを覗くと、この日は残念ながら売り切れ。

ちょっと早めに訪問した方が良いのかな?







【中華そば】450円

当時の記憶では、鍋焼きうどんを食べた印象が強いので

今回は、こちらの中華そばをオーダーしてみました。








丼の中には、牛肉・わかめ・蒲鉾・錦糸玉子などの具材。








澄みきった醤油ベースのスープは

あっさりとした味わいで、その奥に感じるうどんダシにも似た甘みは

ちょっとややこしいけど“和風・中華そば”とも呼べそうな一品。

麺・具材・スープのどれかが突出することなく、共にバランスよく

この中華そばからの、さりげない味の主張も感じ取ることが出来ます。

いや〜、これは良い。

想い出と共に、心に染み入る一杯でした。

ごちそうさまでした♪






■双葉食堂

住所:愛媛県伊予郡松前町浜370-1 地図(スマホ ナビ対応)

時間:?

定休日:?

駐車場:有




2012年8月15日 (水)

『めん工房 家族庵』カツカレーうどん(松山市) ※移転による閉店



ちょいとばかり、ご無沙汰の『めん工房 家族庵』

過去2度の訪問で優良店であることは確認済みだし

個人的にも、自宅から近所にある数少ない貴重なうどん屋だったりもします。

でも、どれだけ良いものを提供しても

立地条件などの問題が邪魔し、集客になかなか結びつかなかったりで?

どこか、もどかしさも感じてしまう店だったりします。








「家族庵」という店名が示すとおり

幅広い層に色んな物を食べてもらいたいと言わんばかり、メニューは実に豊富。

うどんだけでなく、蕎麦・鍋焼きラーメン・つけ麺・定食・丼物・カレー・ビールのおつまみなどなど

逆に豊富過ぎて、もうちょい絞った方が…なんてのは余計なお世話か(笑)

ま、でも、提供する品々にそれだけ自信があるという証なのでしょう。

よし、それならば、私も今回は敢えて

店の自慢の麺類をスルーして、カツカレーにチャレンジ!!(笑)








…するつもりが、何故かこんなことに(笑)

【カツカレーうどん】830円

店のご主人と目が合うと、オーダーも思わず

「カツカレー、…うどん♪」となってしまうヘタレな私(笑)

ま、うどんもご飯もそう変わらんわい…と開き直ってみますが(笑)








カレーつゆは、カレーライスのルーを利用したものでしょうか

ダシと併せた“和風カレーうどん”になっていないのが私好み。

無添加ゆえに口当たりもマイルドに感じますが、悪くないです。








麺はモチモチ♪

冷たいうどんでは強く感じた麺の歯応えも、この温かいカレーうどんでは和らぎます。

温・冷関係なく、この店自家製の麺はコシを充分楽しめますね。








半分食べた辺りで、味変を求めて七味を投入。

すると、マイルドなカレーがピリッと締まるのはおろか

辛さによって、カツの脂身の甘みが浮かび上がる“化学反応”が発生。

ありゃりゃ、このカツカレーうどん

辛口で提供した方が何倍も美味しいのに〜♪…なんて

これも余計なお世話だし、やはり、もどかしかったりもする(笑)

ま、それでも優しい味にこだわり続けるのが

幅広い客層に対する「家族庵」の思いやりなんでしょうね。

この「家族庵」の優しい味

是非とも、夏休みを過ごす家族で一緒に味わってもらいたいものです♪




関連記事はこちら

新店「めん工房 家族庵」かきあげおろしうどん(松山市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-62dd.html

最近メシ その4
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-4.html






■めん工房 家族庵

住所:愛媛県松山市余戸中6-8-1 地図(スマホ ナビ対応)

時間:11:00~21:00

定休日:不定休

駐車場:有(ヴェスタ余戸敷地内)




2012年8月12日 (日)

『中華料理 珉珉』焼きめし+ギョーザラーメン(大洲市)



時々行う遠征時も、通い慣れた道を往来するばかりだった大洲市。

たまには気分を変えて、国道56号線から一本外れた道に移動してみると

そこには商店街通りが待ち受けていました。

恥ずかしながら、この道を通るのって初めてかも?

新鮮な光景に目移りしながら商店街通りを徐行運転…

なんだかんだで、2往復したかな(笑)








そして、商店街通りにあった飲食店の中から

その日の夕食に立ち寄ったのが、こちらの『中華料理 珉珉(ミンミン)』

セミの鳴き声がうるさいこの時期に、この店を紹介する深い意図はありませんが

ムンムンとした猛暑の熱気に、モンモンしていたことだけは間違いありません(笑)








店内は庶民的な“下町の中華屋さん”といった雰囲気。

常連客が陣取るカウンターを通過し、奥の小上がり席に腰を下ろします。










こちらがメニュー。

麺類・一品物・ご飯物・定食類など、定番が豊富に揃っています。

「シークレットチャンポン」なんて、心くすぐられるメニューもありますが

“あんかけ”と記されている時点で、全然シークレットでなかったり(笑)








今回オーダーしたのがこちら。

【焼きめし】500円








俗にいうシットリ系焼き飯。

パラパラ食感の方が私は好みですが、これはこれで充分美味しい。

全然油っこくなく、味付けも比較的抑えめ。

最後まで飽きなく食べられる、なかなか完成度が高い焼き飯といえます。








こちらも追加オーダー。

【ギョーザラーメン】650円







実は“ワンタン”だったりなんかして?…という予想に反し

焼き上がったばかりの餃子が、ラーメンの上にしっかりと鎮座しております♪








餃子そのものは文句なく美味い♪

でも、やはり…

餃子は、酢醤油&ラー油だよな〜と再認識させられます(笑)








これは、あくまでも個人的見解ですが

中華料理店のラーメンは、ラーメン専門店のそれに比べると見劣りしがちかと。

(勿論、美味いラーメンを提供する中華料理店もあります)

よって、さほど期待もせず、変わり種メニューを楽しむ方向で食べ進めていくんですが…

いやいや、どうして

この「珉珉」のラーメンは良い♪

麺もスープも唸らされるほどではないものの、トータルで見るとこれまた完成度は高い。

チャーシューも分厚く肉々していてアリ。

この店のメニューに麺類が多いのは、ラーメンに自信がある証なのかもしれませんね。








なお、店専用の駐車場はありませんが

近くの有料駐車場を利用しても、駐車券持参で無料券と引き換えてもらえますよ。

ネットの情報も少ない店でしたが、ラーメン狙いでリピ確定かな。






■中華料理 珉珉

住所:愛媛県大洲市常磐町110 地図(スマホ ナビ対応)

時間:16:30~24:30

定休日:日曜・祭日

駐車場:無



2012年8月11日 (土)

『日記館』氷カフェ+焼きサンド(松山市)





気温もマックスな昼下がり、松山市の南環状線にある喫茶店『日記館』に初訪問。

どこに出かけても暑くてたまらないこんな時は

涼し~い喫茶店に避難するのが得策なんであります♪








天井も高く広々とした店内は、一昔前の洋館を思わせる趣。

静かで落ち着いた雰囲気はノンビリと寛げそうでもあります。

そして、何より…涼しい♪(笑)

やはり、こんな日には喫茶店に限りますね。








【氷カフェ(抹茶)】525円

たまには、こんな可愛らしいものをオーダーしてみる(笑)








氷カフェとは?…って話ですが

ミルクの中に抹茶味の氷が入っているドリンクなんですね。

その抹茶味の氷を溶かしながら、ちびちび飲むわけですが…

ほとんどミルクの味しかしない、お子ちゃま向けだったりする(笑)

他には、イチゴ味やコーヒー味もあったけど

昼下がりにオッサンが気取って飲むには、不似合いだったりもする(笑)

無難にアイスコーヒーとかにした方が良かったかな。








さて、気を取り直して…(笑)

どれだけ暑くても小腹が空くってもんで、こちらもオーダー♪

【焼きサンド】630円

パンが焼かれていることで香ばしく、カリッとした食感が良いです。

でも、喫茶店の焼きサンドって、これ位の値段設定なんでしょうか?

氷カフェ含めて、ちょいとばかり高めのオヤツでした。

ま、小一時間涼めたからアリとしますか♪(笑)
















こちらがメニュー。

次回はオムライスかパスタあたりをガッツリいってみようかな。






■日記館

住所:愛媛県松山市朝生田町2-2-9 地図

時間:8:30~23:00

定休日:無休

駐車場:有




2012年8月10日 (金)

『喫茶 モカチャーゼ』ゴールドカレー(松前町)



早くも3度目の紹介、松前町の『喫茶 モカチャーゼ』

喫茶店(レストラン?)ながら、実にバラエティーに富んだメニュー内容ゆえに

これまで、頭の中では候補に挙がりつつ断念してきた“カレー”を今回はチョイス。

既にカレーを攻略済みのファットマンさんのブログを読むと、なかなか評価も良さそう。

これは、いやが上にも期待は高まります。








【ゴールドカレー】1000円

開催中のロンドンオリンピックを意識した訳ではないですが

一番良い色のメダル…ならぬ、カレーを食べてみることに♪(笑)








カレーが入った楕円形の皿は、横幅約30cmの大きさ。

うむ、でも…

ボリュームに対する概念が崩壊しまくっている私は、この程度では驚きませんぞ(笑)








しかし、皿を持った瞬間、このカレーの真のボリュームに気付かされることに。

底が深い皿には、タップリ注がれたカレーの重みがズッシリ。

そして、思わずニンマリ(笑)








カレーのルーは、一口食べた瞬間にフルーツの酸味がフワッとほのかに広がり

ワンクッション置いて、追いかけるようにスパイシー感がやって来ます。

この(良い意味で)微妙に複雑な味わいが、口の中でどのような広がり方をして

そして、どのタイミングでどう変化していくのか

個人的には、これを楽しむことがカレーの醍醐味だと思っていますが

モカチャーゼのカレーには、その醍醐味が充分備わっていますね。

いや〜、これは良い♪








カレーとは別皿の洋食系おかず。

既存メニューのハンバーグカレーとエビカレーが、この一品で堪能出来るのかも。

このスペシャル感が、ゴールドカレーの“ゴールド”を表現しているのでしょう♪








フワッとした口当たりの優しい今どき?のハンバーグとは違い

この店のそれは、昔食べたことがあるような懐かしさすら感じさせる肉々したハンバーグ。

ちょっと濃いめのソースと肉汁のジューシー感が相まって、白ご飯との相性も良さそう。








このレモンの横に添えられているのは、モカチャーゼ自家製マヨネーズ。

おそらく、体に良いものをと考えられて作られていると思われ

市販のマヨネーズのような酸味や油っこさは皆無。

その円やかな口当たりは、エビフライ用と気付かずそのまま食べてしまったほど(笑)

ファットマンさんもブログで触れていたけど

私も3度目の訪問で、この店の洋食屋としての実力の片鱗を見せつけられた思い。

まだあまり知られていない地味な印象の残る店ですが、いやいやどうして

モカチャーゼ、侮るなかれ♪




ファットマンさんのブログ記事はこちら

モカチャーゼで石手川ダムカレー(満水時の)
http://ameblo.jp/199170/entry-11311653988.html




関連記事はこちら

「喫茶 モカチャーゼ」ジャンボオムライス(松前町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-7a93.html

「喫茶 モカチャーゼ」スタミナ定食(松前町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-688f.html?optimized=0






■喫茶 モカチャーゼ

住所:愛媛県伊予郡松前町北黒田粟津394-3 地図

時間:8:00~20:00

定休日:日曜

駐車場:有



2012年8月 9日 (木)

『とんかつ 味奈味』チャンポン(宇和島市)



宇和島市丸之内にある『とんかつ 味奈味(みなみ)』に初訪問。

宇和島東高の向かいで、その周辺には「天赦園」あの弁当屋もある

ウワジマ人ならば誰もがご存知の場所かと思います。








そして、この「味奈味」は

ウワジマ人ならば誰もがご存知の「かどや」の姉妹店だったりもするんですよね。

大人の階段上る頃、宇和島を離れた私にとっては

「かどや」は、お小遣い握りしめて行けるような気軽なイメージはありませんでしたが

こちらの店はさほど敷居も高くなく、比較的庶民的な雰囲気で入店もしやすい。








凡ミスで、メニュー名と値段をド忘れしてしまいましたが

チャンポンと唐揚げのセット、900円台だったかな?。

(チャンポン単品であれば750円)

ま、それにしても…

とんかつ屋に来ながら、あるまじきメニューチョイス(笑)








と、いうのも

おっさんさんのブログ「おっさんのはじめの一歩」で、この店のチャンポンが絶賛されていて

私も宇和島に帰省した際は、とんかつ屋のチャンポンを試してみようと決めていたんですよね。








スープは、あっさりとした和風ベースながら

魚介類や野菜などの旨みがコク深い風味となって表れ、口の中に満遍なく広がります。

しっかりとした味わいなのに、全然くどくないのが特徴的。








やや太めのチャンポン麺と野菜をスープに絡めてガッツリ♪

食べ応えあり、そして、どこかしらに繊細さも兼ね備えているように感じるのも

さすが、かどやグループといったところでしょうか。

いや〜、なかなかです♪









唐揚げも普通に美味しかったですが

やはり、とんかつ屋ではとんかつを食べておくべきですね。

ま、でも、メニューの一部を改めて眺めてみると

内容は充実しているとはいえ、ちょいとばかり割高な気もして。

ま、そこら辺も含めて

さすが、かどやグループ…というべきかな?(笑)








まだ気になる試したいメニューが残っているので、またいつか再訪問してみないといけません。

おっさんさん、優良店の紹介ありがとうございました♪




おっさんさんのブログ記事はこちら

宇和島でランチだぜ~♪ とんかつ味奈味
http://blog.livedoor.jp/firststepot/archives/52056664.html






■とんかつ 味奈味

住所:愛媛県宇和島市丸之内3-3-10 地図

時間:11:00~21:00

定休日:木曜

駐車場:有



2012年8月 6日 (月)

『たも屋 松山平井店』中華そば(松山市)



国道旧11号線沿いにあるセルフうどん店『たも屋 松山平井店』に久々の訪問。

ブログを始めて間もない頃に紹介して以来なので、2年以上来てなかったことになります。








今回のお目当ては、コレ。

その久々の間に登場していた、うどん屋の裏メニュー?をいただきます。

どうやら、麺が茹で上がるまで少し時間がかかるようで

オーダー後、先に会計を済ませてテーブルで待機。

5分程経過したところで、厨房から呼ばれます。

不馴れな私は店員の指示に従い、中華そばを完成させていきます。








【中華そば・大】330円

【海老天】120円

【コロッケ】120円








中華そばのスープには、うどんダシを使用(温 or 冷からチョイス)

そして、ここがポイント。

なんと、そのダシに、ごま油とコショウも適量降りかけるんです。








うーむ、中華そば………っぽい♪(笑)

うどんダシを中華そばスープっぽく思わせる、ごま油とコショウの力が偉大だ(笑)

でも、これが妙にハマっていくから不思議。

ツルシコ麺もgood♪

あっさり食べられるので、食欲が減退しがちな今の季節にピッタリでしょう。








ちなみに、天ぷらとの相性は今一つ。

辛味噌や食べるラー油など置いてあれば、味変も楽しめそうですけど

余計なトッピングはせず、今回のようなシンプルな食べ方がベターかな?








このコロッケは、濃いめの味付けながら

ポテトサラダやグラタンを思わせる洋食チックな味わいでアリ♪










他のセルフ店に行き馴れたせいか、久々の「たも屋」が私の目には新鮮に映りました。

ちょっと遠くて、営業時間も限られているけど

また近々行ってみよう♪




関連記事はこちら

「たも屋 松山平井店」ひやかけ(松山市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-d07a.html






■たも屋 松山平井店

住所:愛媛県松山市平井町2264 地図

営業時間:10:00〜15:00

定休日:無休(年末年始除く)

駐車場:有



2012年8月 5日 (日)

『ドライブイン ルート56』スタミナ定食(大洲市)



大洲市新谷にある『ドライブイン ルート56』に初訪問。

店名が示すように、国道56号線沿いに店舗を構えています。

正直なところ、外観からは営業しているのか判断しづらくもあり

店の存在は以前から知りつつも、なかなか訪問する機会に恵まれませんでした。

ですが、先日、メタぼでぃさんのブログで「ルート56」の近況を知ることも出来て

次回の大洲遠征では、必ず立ち寄ってみようと決めていました。








大洲五郎からの帰りに、申し訳程度に輝く店頭の赤いパトランプを確認し

心くすぐられる期待感を持ちながら、恐る恐る?入店。

店内はカウンターとテーブル席が数席。

厨房では、店のご主人が一人で切り盛りしていました。

ドライブインといっても、今時のサービスエリアとは全く違って

ドライバーが食事休憩を取るために立ち寄る、昔ながらの食堂の雰囲気でしょうか。








メニューは、こちらの2つ。

いや、この2つだけで充分という潔さも感じ取られます。

で、今回オーダーしたのが








【スタミナ定食】700円

メインのおかずに、ご飯・漬物・生卵・味噌汁が付いてきます。







ジュワーっと音を立てながら、鉄板の上に乗っている肉野菜炒め。

豚肉・キャベツ・もやし・玉ねぎなど、そこそこボリュームもあります。








少し濃いめの焼肉のタレ風味ですが、ご飯との相性はバッチリ。

が、このスタミナ定食はここで終わらない。








生卵の中に投入し、すき焼き風でガッツリ♪

案外、生卵と肉野菜炒めの相性も悪くない。

これまた、ご飯がススム君状態で

残されたもう一つの食べ方“卵かけご飯”が出来なくなるほどペロリ完食(笑)

いや、待てよ

熱々の鉄板の上に生卵を投入してみるのもアリだったかな…

よ~し、また来てみよう♪(笑)




メタぼでぃさんのブログ記事はこちら

ルート56
http://bmikaku.i-yoblog.com/e516099.html






■ドライブイン ルート56

住所:愛媛県大洲市新谷乙1813-6 地図

時間:?

定休日:?

駐車場:有



2012年8月 4日 (土)

五郎河川敷のひまわり②(大洲市)



こちらは、7月中旬の大洲市五郎(畑の前橋周辺)の様子。

宇和島に帰省した際に立ち寄ってみましたが

雨天日続きの影響か、お目当てのヒマワリは咲き始めてすらいませんでした。

そして、猛暑日続く8月

てか、今朝…








じゃじゃん、今年もお見事♪

赤い橋、青い空、そして…黄色いヒマワリ。

絵になる風景です。












数時間前の撮れ立てホヤホヤ画像。

大洲五郎のヒマワリは今が見頃ですよ〜♪




関連記事はこちら

五郎河川敷のヒマワリ(大洲市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-330d.html?optimized=0






■五郎河川敷

住所:愛媛県大洲市五郎 地図

駐車場:有




2012年8月 2日 (木)

『たこ焼 さくら』揚げたこ(松山市)





松山市高岡町にある『たこ焼 さくら』に初訪問。

場所は、旧空港通り沿いから少し外れた「ゆらら温泉」の近くで

以前に紹介した「福美食堂」の隣に店舗を構えています。

この店は随分前から気にはなりつつも、店舗前に1台程度しか駐車スペースがなく

シャイなあんちくしょうの性格も手伝ってか?なかなか店に入るチャンスに恵まれませんでした。








こじんまりとした店内には、入って直ぐの位置に椅子とテーブルが置かれていて

そこに座って、たこ焼が焼き上がるのを待つシステムのようです。

私が入店して間もなく、後客がチラホラ。

たこ焼の味は勿論、店を切り盛りしているご夫婦?の接客も愛想よく

ここら辺りが、多くの常連客のハートをガッチリ掴んで離さないポイントなのでしょう。








これですよ、これ♪

やっぱり、たこ焼は焼き立てを頬張るのがベスト。

最近は、焼き立てを提供する店も増えてきてはいますが

保温庫をパカッと開け、作り置きを手渡される店も未だに遭遇したりします。

あれは、たこ焼ではありません。

たこ焼とは似て非なる“たこ焼後”と呼ぶべきです(笑)








こちらがメニュー。

ノーマルたこ焼と揚げたこ焼が、この店の二枚看板。

他にはポテトと、そのポテト&たこ焼のセットなど。

で、この中からオーダーしたのが








【揚げたこ(塩味)】400円








外はカリッ、中はトロッ。

揚げられていることで、中のクリーミー感がより強調されます。

今回は塩味をチョイスしましたが、この風味は間違いなくビールに合うでしょう。

仕事終わりの一杯が堪らないこの時期、この店はリピ確定ですね♪

次回は、揚げたこのソース味を試してみようかな?








今回は、たこ焼が焼き上がるまで10分ほど待ちましたが

電話予約しておけば、待たずに購入も可能のようです。






■たこ焼 さくら

住所:愛媛県松山市高岡町138-4 地図

時間:12:00~20:00(土日祝日は11:00~20:00)

定休日:月曜(祝日の場合は翌日が定休日)

駐車場:有




« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

無料ブログはココログ