« 『お食事処 かわぐち』焼きそば(松山市) | トップページ | 花き研究指導室の紫陽花(東温市) »

2012年6月15日 (金)

愛媛県森の交流センターの紫陽花(東温市)





ネタのストックが溜まりに溜まって、どれから書けば良いか迷っていますが

やはり、ここは旬なものを旬なうちに放出しておくべきでしょう♪

てなことで…

約一年ぶりの訪問となる東温市の『愛媛県森の交流センター』

今回の訪問の目的は、今が見頃の“紫陽花”です。








紫陽花が咲いているエリアに向かう前に

まずは、センター入口から向かって右側にある「亜熱帯植物展示館」に立ち寄ります。








温室の中で見られるのは、ヤシなどの亜熱帯地域ならではの植物。

室内には私しかいなくてシンミリと静まり返っているので

トロピカル気分を満喫♪…とまではいきません(笑)








そんな静かな室内なので

周囲でガサガサッと物音がすると、かなり驚きます(笑)

草むらの影からセンターの管理人?が現れたのには、年甲斐もなく慌てふためきましたが…(笑)










温室を出て、センター内の遊歩道を散策すると

あちらこちらで多種多様な植物を見ることが出来ますよ。

こちらは“ホプシー”というマツ科の植物。

灰色をした葉も珍しいですよね。










こちらは、赤い薔薇。

ちょっとしたパーティーには、これを胸ポケットに差せばOKかな♪(笑)

ま、でも、枯れかけているものも多く

アップで撮れる薔薇を探すのには苦労しました。








こちらも、同じバラ科の“シモツケ”

下野(しもつけ)の国(現在の栃木県)で最初に発見されたことから、この名前が付けられたとか。

甘い香りに誘われ、カナブンも飛んできました。








前回訪問(昨年4月)では綺麗に咲き誇っていた“ベニバナユキヤナギ”。

こうやって季節を通して変化していく姿を見られるので勉強にもなりますね。








さて、今回の目的でもある紫陽花ですが

センター入口から向かって一番奥に、咲いているエリアがありました。








ここで見られる紫陽花は白い花びらをしたもの。

この日の時点(6月9日)では、まだ色付いていない状態の紫陽花も多く

見頃を迎えるのは、まだこれからといったところでしょう。










それでも、その隣に咲いていた“カシワバアジサイ”と“ガクアジサイ”は綺麗でしたよ。

しばらく雨天続きとなりそうですが、雨に濡れた紫陽花を観賞するのも乙かも?

ま、私はそんな日は自宅に引きこもりますけど~♪(笑)




関連記事はこちら

紫陽花なう♪
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-7f5c.html

愛媛県 森の交流センター(東温市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-ea2b.html?optimized=0






■愛媛県森の交流センター

住所:愛媛県東温市田窪743 地図

時間:9:00〜17:00

定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、12月27日〜1月5日

駐車場:有

 

« 『お食事処 かわぐち』焼きそば(松山市) | トップページ | 花き研究指導室の紫陽花(東温市) »

ぶらつき@東温市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1352874/45646643

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛県森の交流センターの紫陽花(東温市):

« 『お食事処 かわぐち』焼きそば(松山市) | トップページ | 花き研究指導室の紫陽花(東温市) »

無料ブログはココログ