« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月26日 (火)

『お食事処 大平』キジボッカケ(伊予市)





国道56号線沿い、伊予市大平にある『お食事処 大平』に初訪問。

松山市から伊予市方面へと南下し、犬寄峠へと向かう上り坂の手前辺りに見られる食堂です。

正直なところ、この店の前を通っても営業されている気配を感じたこともなく

(タイミングの問題もありますが…)

今回、暖簾が掛かっているのを発見して思わず突撃した次第であります。








昔ながらの食堂といった雰囲気の店内には、テーブル席と小上がりが数席。

よく見ると、壁には大きな亀の剥製が掛けられていたりもします。








こちらがメニュー。

麺類・丼・定食などの食堂らしいメニューが揃っている中、一際目立つのが“キジ料理”

普段あまり食べ慣れていないし、ここはやはり押さえておくべきでしょう♪








【キジボッカケ(味噌汁付)】780円








愛媛では馴染みも薄い“ぼっかけ”とは、牛スジと蒟蒻を甘辛く煮た神戸発祥の料理のようですが

この店では、キジ肉と白菜・人参・もやしなどの野菜が煮込まれていました。








キジ肉は、鶏肉よりもやや硬めの噛み応えある弾力で

シャキっとした野菜と相俟って、なかなか面白い食感の丼です。

苦手なツユダクでありながら、甘すぎず辛すぎずの丁度良い味付けでペロリと完食。

チェーン店の牛丼や豚丼もそれはそれで美味しいですが

たまには、こんな丼も良いですね。








ちなみに“キジ丼”は、キジボッカケを卵とじにした丼だそうです。

キジ肉そのものを充分堪能出来るのは、やはり1000円オーバーのキジ料理かな?

「(ぼっかけは)初めてですか?お口に合いましたでしょうか?」

…と声をかけて下さった、愛想よいご主人。

感想を伝えると、いい笑顔で応えてくれました。

うむ、これは、通えそうな店にまた巡り会えたかも。

営業時間や定休日も聞いておけば良かったな~…






■お食事処 大平

住所:愛媛県伊予市大平1148-3 地図

時間:?

定休日:?

駐車場:有




2012年6月24日 (日)

『本格炭火焼 おいでまい 空港通店』で呑んで喰らう♪(松山市)



「くいしん坊」で美味い焼肉を堪能した後は、ぷらぷら歩いて旧空港通りへと移動。

そして、やって来たのが、こちらの『本格炭火焼 おいでまい』

元は、うどんの「耕庵」だった場所で、オープンして間もない居酒屋です。

この辺りは車で来る機会が多く、飲むにはちとばかり不便な場所でしたので

ある意味、この日は貴重なネタ収集にもなりました。

(ちょっと大袈裟かな?…笑)








そんな場所にある居酒屋ですが、意外や意外?これが結構賑わっているんです。

女性スタッフの掛け声が飛び交い、活気溢れる雰囲気。

客の年齢層も幅広く、小さい子ども連れのファミリーも見かけました。

そんな中、入口付近で10分程待ち、女性スタッフに誘導され空いた席に。

各テーブルは個別に分けられている上に、暖簾まで掛けられているので

周りを気にせず飲食出来ますね。








まずは、生ビールで乾杯♪

ジョッキは、店名のロゴ入り。

どうやら、この「おいでまい」は香川県にある居酒屋チェーン店のようで

愛媛では今回が初出店になるようです。

店内のオペレーションの様相といい、この辺がしっかりしているのはチェーン店ならでは。














おつまみのオーダーは、上から順に

【たこわさ】【あさり酒蒸しバター】【スナズリガーリック揚げ】【鶏もつ煮】

砂ずりは、コリコリ食感&程よい塩加減でビールに合います。








豊富に揃ったアルコール類の中でも一際目立つのが“梅酒”

全国各地から取り寄せた地梅酒の数が30種類もあります。








どうせならば、ネタになるものを飲んでみよう♪…とチョイスしたのがこちら。








【霧の中の愛人】

何とも、邪(よこしま)で淫靡な響きのするネーミングですが(笑)

これが、なかなかの辛口な味わい。

いや〜、やはり、そんなに甘くはないもんだ…と妙に納得したとかしないとか?(笑)
















店のウリでもある炭火焼も、上から順に

【しいたけ串】【ししとう串】【月見つくね串】【若どりもも串】【ししゃも串】

全体的にもう一息といった感じもしましたが、これはオーダーのチョイスにもよるかな。








ほんでもって、ルネッサ〜ンス♪

あまり覚えていませんが、いい感じでホロ酔い気分だったのでしょう(笑)










〆は【とり釜めし】

少し甘めの味付けですが、これはアリですね。

最後はダシをかけ、お茶漬け状態にして食べられます。

ビチャ飯が苦手な私も、酔いが手伝ってか?サラサラッと完食。






















いつもよりピンボケが多いのは、言わずもがな…(笑)

ボリュームや値段あたりに、どこか特出するポイントがあると魅力も増すとは思いますが

あまり気にせず、仲間でワイワイやるには向いてる店といえますね。

昼営業もしているようなので、次回はランチ目的で訪問してみよう♪






■本格炭火焼 おいでまい 空港通店

住所:愛媛県松山市空港通6-12-3  地図

時間:11:30~15:00(14:30オーダーストップ)
   17:00~24:00(23:00オーダーストップ)

定休日:不定休

駐車場:有(ジョイランド21内)



2012年6月21日 (木)

『焼肉 くいしん坊』で呑んで喰らう♪(松山市)





職場の同僚と久々に飲み会。

今回は、松山市の旧空港通りの裏道にある『焼肉 くいしん坊』に初訪問です。

ひっそりと営業されている感もある、知る人ぞ知る焼肉店のように見えますが

テレビでも何度か紹介されている、ちょいとばかり有名店だったりもするんですよね。

愛媛でも放送された、全国ネットの番組(友近、千原ジュニア、ローラ出演)でこの店の存在を知ってからは

私も機会があれば、いつか行ってみたいと思っていました。








その番組で異彩を放っていたのが、店のご主人の飄々としたキャラクター。

何でも、友近がコントで演じるオッサンキャラのモチーフになっているとかいないとか?

実際にお会いすると

「うちの肉は美味いんやけん、いっぺん食べてみたらビックリするんやけん」

「そしたら“段取り”させてもらいます〜」

…といった感じで、確かに間違いなさそう(笑)












さほど広くはない店内には、何故か枝木が四方八方に伸び渡っていて

その先の蔓にメニュー札が掛けられていたりします。

安い店に行き慣れた私には少し高めの値段設定で、オーダーの選択もあれこれ迷ってしまいそうですが(笑)

ここは、店のご主人の“お任せ”で料理を楽しむことにしてみました。








まず、最初に登場したのが【上バラ】

私が普段食べ慣れている肉とはサシが違います(笑)

撮影許可のお願いをすると

「うちの美味い肉は、どんどん撮ってもらわんと~」

ここまで歓迎されると、妙な使命感が湧いてきます(笑)








「肉は食べる分だけ焼くんがええんよ〜」

そう言われ、素直に従う私たち(笑)

で、焼ける肉を撮影していると

「タイミングを逃すと美味しくなくなるんやけん」

「前にも撮りよる人がおったけど、それで焦がしよったんやけん」

…と言われ、網に乗った肉を慌てて引き上げます(笑)








で、これがまた美味い♪

脂が口の中で優しくとろけていくのが、よ〜く分かります。

「ほやろ〜、美味いんやけん」

絶賛する我々に、ご主人もご満悦の様子。

このあと、あれこれ試してみましたが

焼く時間が数秒違うだけで、味が全然違ってくるんですよね。

ご主人が“タイミング”を強調した意味が理解出来ました。

「その一番美味しい時を見付けるんが楽しいんよ〜」

うむ、確かにこれは楽しい♪










続いて登場したのが【キムチ】と【野菜盛合せ】

キムチはそんなに辛くもなく、比較的あっさり味。

野菜は有機野菜を使っているそうで、瑞々しい玉ねぎは生で食べても充分美味しい新鮮さ。








「網では焼き加減が難しいけん、こちらで焼かせてもらいます〜」

…と言ってから、出てきたのが【リブロースステーキ】








塩コショウで味付けされ、ハーブの風味が良いアクセンントになっています。

肉の旨味を堪能出来るレア状態の焼き加減で、自分たちで焼かなくて正解。

これも良い♪








お次は【上ミノ】

こちらは、他店で食べるミノよりも上品な食感。

そんなこんなで、ご主人お任せコースが終了。

いや〜、満足満足♪

腹も満たされましたが、ほんとに美味い料理を食べると心まで満たされるってもんです。

と、ここで、ご主人が

「ご飯も食べるようやったら、サービスするけん」

「キムチ焼き飯もあるんやけん」

マ、マジですか〜♪








で、これが【キムチ焼き飯】

どうですか、このビジュアル。

鶏足やソーセージまで入っているんですけど…(笑)

フライパンで調理済みの物を温め直したものなので、パラパラ食感は皆無でしたが

これまた、不思議に美味いんです♪

ま、でも、焼き飯というよりは

“ごちゃ混ぜご飯”と表現した方が正しいかもしれませんね(笑)








「その鶏を食べてみて〜、そ〜、そこそこ」

「骨のところをかぶり付くのが一番美味いんやけん」

肉を知り尽くしているご主人の話は止まりません。

肉への愛情をテーマに語り始め

食の安全→社会問題→世界平和…にまで話は発展しました(笑)

でも、飄々としたような語り口ながら、実に的を射てるので

話を聞いていても飽きないんですよね。








会計時、サインも発見。

ご主人のお任せ+瓶ビール数本で、一人5000円ちょい。

(いくらかオマケしていただきました♪)

むやみやたらに高い焼肉店も多い中?

この店のこの内容ならば、庶民な私にも充分リーズナブルといえました。

美味い肉&ご主人のキャラクターを楽しめる焼肉店「くいしん坊」

オススメです♪

※“お任せ”の内容は異なる場合がありますので、悪しからずご了承ください。






■焼肉 くいしん坊

住所:愛媛県松山市南斎院町947-1 地図

時間:19:00~23:00

定休日:無休

駐車場:?



2012年6月17日 (日)

『喫茶 モカチャーゼ』ジャンボオムライス(松前町)



二度目の訪問となる松前町の『喫茶 モカチャーゼ』

実は前回訪問から間を開けずの再突撃をしていたんです。

ええ、気に入った店ならば何度だって紹介しちゃいますよ(笑)








オーダーは、前回から気になっていたメニューを♪








【ジャンボオムライス(味噌汁・サラダ付)】880円








厨房から聞こえてくる音から察するに

一筋縄ではいかない量を調理しているんだろうな、と感じていましたが

やはり、なかなかのボリューム♪








スマホはこんな時にも便利です(笑)

画像だけでは伝わりにくいものはありますが

「香港」のオムライスに匹敵する大きさ…といえば分かる人には分かるかと。








卵はフワトロではなく、しっかり焼かれたもの。

中に入っているのは、チキンライスならぬ“ポーク”ライス。

ケチャップ率も抑え目で、このボリュームでも最後まで飽きずに食べられます。

食べ進めていくと、そのボリュームもさることながら

この店のオムライスは、ライスが熱々だということに気付かされます。

これまで、オムライスの中身の温度なんて気にしちゃいませんでしたが

何度もハフハフ繰り返すことで、鈍感な私でも身をもって感じ取れました(笑)








付け合わせのミートスパは、酸味を抑えたマイルドな感じ。

昔食べた給食のような…という例えは語弊があるのかな?(笑)

でも、そんな、どこか懐かしい味わいでした。








いや〜、今回も満腹の満足♪

食べ終えての会計時、店のご夫妻?と雑談。

何でも、ジャンボオムライスは更に大盛りにすることも可能なようで…(笑)

言うなれば“スーパージャンボ”オムライスといったところかな。

ま、その挑戦は

近々下される健康診断の結果を待ってからでも遅くはないでしょう(笑)




関連記事はこちら

「喫茶 モカチャーゼ」スタミナ定食(松前町)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-688f.html?optimized=0






■喫茶 モカチャーゼ

住所:愛媛県伊予郡松前町北黒田粟津394-3 地図

時間:8:00~20:00

定休日:日曜

駐車場:有



2012年6月16日 (土)

花き研究指導室の紫陽花(東温市)





さてさて、再び“紫陽花”ネタです。

「森の交流センター」を出て、車で2、3分

同じく東温市の『花(か)き研究指導室』にやって来ました。

こちらは、約2年ぶりの訪問になります。








この「花き研究指導室」でも色んな植物を観賞することが出来るんですよね。

まず、目に入ったのが“チェリーセイジ”という花。

ミッキーマウスを逆さまにしたような、普段はあまり見かけない色形ですよね。








こちらは“スィートヤロームーンウォーカー”

競走馬だとしても違和感ないほど、変わった名前ですが(笑)

別名は“ノコギリソウ”というそうです。










ほんとは色々紹介して、最後まで引っ張りたいところですが(笑)

案外あっさりと、紫陽花に遭遇♪

範囲こそ狭いものの、綺麗に咲いていましたよ。








ま、でも、記事は続くんです(笑)

それは何故かといいますと…








また別のエリアでも、紫陽花を発見していたんですね~。












ビニールハウスの中にも、沢山の色取り取りの紫陽花が♪

こちらは、この日の時点(6月9日)で早くも見頃を迎えていました。

ま、このまま記事を終えるのも何なので(笑)

最後に、この施設で見られる他の植物の画像も載せておきます。



















関連記事はこちら

花き研究指導室(東温市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-c51c.html?optimized=0






■花き研究指導室

住所:愛媛県東温市下林2210-1 地図

時間:9:00~17:00

定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、12月28日~1月4日

駐車場:有

2012年6月15日 (金)

愛媛県森の交流センターの紫陽花(東温市)





ネタのストックが溜まりに溜まって、どれから書けば良いか迷っていますが

やはり、ここは旬なものを旬なうちに放出しておくべきでしょう♪

てなことで…

約一年ぶりの訪問となる東温市の『愛媛県森の交流センター』

今回の訪問の目的は、今が見頃の“紫陽花”です。








紫陽花が咲いているエリアに向かう前に

まずは、センター入口から向かって右側にある「亜熱帯植物展示館」に立ち寄ります。








温室の中で見られるのは、ヤシなどの亜熱帯地域ならではの植物。

室内には私しかいなくてシンミリと静まり返っているので

トロピカル気分を満喫♪…とまではいきません(笑)








そんな静かな室内なので

周囲でガサガサッと物音がすると、かなり驚きます(笑)

草むらの影からセンターの管理人?が現れたのには、年甲斐もなく慌てふためきましたが…(笑)










温室を出て、センター内の遊歩道を散策すると

あちらこちらで多種多様な植物を見ることが出来ますよ。

こちらは“ホプシー”というマツ科の植物。

灰色をした葉も珍しいですよね。










こちらは、赤い薔薇。

ちょっとしたパーティーには、これを胸ポケットに差せばOKかな♪(笑)

ま、でも、枯れかけているものも多く

アップで撮れる薔薇を探すのには苦労しました。








こちらも、同じバラ科の“シモツケ”

下野(しもつけ)の国(現在の栃木県)で最初に発見されたことから、この名前が付けられたとか。

甘い香りに誘われ、カナブンも飛んできました。








前回訪問(昨年4月)では綺麗に咲き誇っていた“ベニバナユキヤナギ”。

こうやって季節を通して変化していく姿を見られるので勉強にもなりますね。








さて、今回の目的でもある紫陽花ですが

センター入口から向かって一番奥に、咲いているエリアがありました。








ここで見られる紫陽花は白い花びらをしたもの。

この日の時点(6月9日)では、まだ色付いていない状態の紫陽花も多く

見頃を迎えるのは、まだこれからといったところでしょう。










それでも、その隣に咲いていた“カシワバアジサイ”と“ガクアジサイ”は綺麗でしたよ。

しばらく雨天続きとなりそうですが、雨に濡れた紫陽花を観賞するのも乙かも?

ま、私はそんな日は自宅に引きこもりますけど~♪(笑)




関連記事はこちら

紫陽花なう♪
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-7f5c.html

愛媛県 森の交流センター(東温市)
http://6987452.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-ea2b.html?optimized=0






■愛媛県森の交流センター

住所:愛媛県東温市田窪743 地図

時間:9:00〜17:00

定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、12月27日〜1月5日

駐車場:有

 

2012年6月12日 (火)

『お食事処 かわぐち』焼きそば(松山市)



“松山市余戸”シリーズの第3弾。

三回目にして、早くもシリーズの最終回を迎えます(笑)

今回は、伊予鉄郡中線・余戸駅の向かいにある『お食事処 かわぐち』

こちらも、なんだかんだで初訪問と相成りました。








店内は、入口から向かって左側にカウンター席と右側にテーブル席。

食堂でありながら、夜は居酒屋も兼ねるスタイルでしょうか。

客は私一人なので、カウンター席に座っても良かったんですが

ま、相変わらずシャイなあんちくしょうなもので(笑)

店内を見渡せる、入口から一番近い席に陣取ります。










店を一人で切り盛りしていたお母さんに、日替り定食の内容を聞くと

「ごっめ〜ん、日替りは昼までなんよ~」

…んじゃ、カレーうどんで♪

「はい、カレーうどんね♪」

「あ〜っ!カレーうどん出来るほど、カレーが残ってない〜!!」

…うむむ、なかなか面白い店かも(笑)








メニューの選択肢がどんどん狭まる中で(笑)

今回は、こちらをオーダー。

【焼きそば】500円








焼きそばは、熱々の鉄板の上に乗ってやって来ました。

トッピングの削り節が揺らめきます。








ソース辛さはなく、やや甘めの優しい味わい。

極々シンプルながらも、充分満足出来る一品でした。

これで、もうちょいボリュームがあれば嬉しいかな。

一仕事終え、テレビのバラエティー番組を見やるお母さん。

明るくケラケラ笑うその姿は、実に微笑ましい光景。

かといって、出しゃばりがちな豪快なオバチャン系ではなく

どこか品があるので、一緒に居ても居心地が悪くないんですよね。

駐車場もなく利用しづらい店ではあるけれど

シャイなあんちくしょうでも常連になりたい♪…なんて思わせてくれる雰囲気の店でした。






■お食事処 かわぐち

住所:愛媛県松山市余戸中6-2-34 地図

時間:8:30~14:00/16:30~21:00

定休日:日曜・祝日

駐車場:無




2012年6月11日 (月)

『COFFEE HOUSE フリータイム』ドライカレー(松山市)



「御食事処 味平」に続く“松山市余戸”シリーズの第2弾。

国道56号線を松山市から松前町方面へと南下すると

出合大橋に向かう上り坂の手前に、チラリと見かける喫茶店『COFFEE HOUSE フリータイム』

こちらも、見過ごしてしまいがちな店の一つと言えるのではないでしょうか。

私も店の存在は以前から知りつつも、実際に訪問するのは今回が初めてとなります。








入口を抜けると正面にカウンター。

そのカウンターを通り過ぎると、テーブル席のエリアになります。

若干広く感じる店内は、テーブル毎にレンガで仕切りがされていて

お一人様での訪問でも気兼ねなく寛ぐことが出来そう。

客層も通い慣れた常連が多い様子でした。










こちらがメニュー。

コーヒーやドリンク類、軽食にデザートなど喫茶店らしいオーソドックスな内容。

で、今回オーダーしたのが








【ドライカレー】550円

スープと、福神漬け付き。








焦げ付いている部分が多いのが若干気になりますが(笑)

これまたオーソドックスなドライカレーの様相。








やはり、焦げの苦味が気になりますが(笑)

程よい辛さとパラパラとした食感。

ボリュームに関しては、ちとばかり物足りず

“フリータイム”なひとときを満喫する前に食べ終えてしまいそうな…

ま、それは、私だけかもしれませんね(笑)








スープは、コンソメスープを薄めたような…何とも表現しにくい味わい(笑)

でも、付け合わせとしてはこれ位が丁度良いのかも?

店を一人で切り盛りしていたお母さんも、ほんわかとした雰囲気で

色々あっても何故か憎めない、ちょいとばかり不思議な店でした。

ま、そこが、常連を引き付けて離さない「フリータイム」の魅力なのでしょう。








コーヒーの種類は豊富で、世界各地の味わいが楽しめるようです。

この店も自宅から近所なので、また寄ってみよう♪






■COFFEE HOUSE フリータイム

住所:愛媛県松山市余戸南2丁目11-15 地図

時間:?~20:00(土・日は、18:00まで)

定休日:?

駐車場:有




2012年6月 9日 (土)

紫陽花なう♪



松山市→久万高原町→東温市入り♪

梅雨入りしたことで、紫陽花も見頃を迎えているかな?…と思いましたが

綺麗に見られるのはもうちょい先の様子。

てか“なう”の使い方、間違ってる気もするけど、ま、いいか♪(笑)



吉野屋なう♪



…といっても、牛丼屋じゃありまへん。

『吉野屋』のカステラ目当てに、またまた久万高原町入り♪

今日はあちこち行かないといけないので

私も“チャカチャカ”しそうです(笑)



『御食事処 味平』オムライス(松山市)



松山市余戸にある食堂『御食事処 味平』に初訪問。

国道56号線から少し外れた県道190号線、スーパー「マルヨシセンター」の向かい側。

この店もなかなか気付きにくい、素通りされがちな店の一つかもしれません。

私も以前から、マルヨシの駐車場から入店の時期を遠目に窺っていました(笑)








いざ入店してみると、こじんまりとした庶民的な食堂の雰囲気。

入るのを躊躇っていた時期が取り越し苦労だったことに気付かされます。








なので、躊躇うことなく座った席の真横に

色んな物が雑然と置かれていることにも、後々気付かされます(笑)

ある意味、これも庶民的な雰囲気でニンマリ。








今回オーダーしたのがこちら。

【オムライス】500円

オカンが作るような家庭的なオムライスの横に添えられているのは

福神漬けではなく、黄色い沢庵。

これまた庶民的な雰囲気でニンマリ。








中をホジホジしてみると、意外に具沢山。








口当たりは少し油っぽい感じもしましたが、程よいケチャップ率で食べやすい♪

卵も表面はしっかり焼けてますが、内側は半熟状態をキープしています。

食堂の庶民的なオムライスとはいえ、侮りがたし…といった印象でした。








他にも、麺類・丼もの・定食など、気になるメニューがちらほら。

自宅からそう遠くないし、またふらっと寄ってみることにしよう♪






■御食事処 味平

住所:愛媛県松山市余戸東5-1-3 地図

時間:11:00~20:30

定休日:日曜

駐車場:有



2012年6月 3日 (日)

コンビニで三津浜焼き♪



これが撮りたいがために450円の出費(笑)

さて、家に帰ってから食べよ〜っと♪

ま、でも

三津浜焼きデビューがコレになるとは思わなんだけどね(笑)



『吉野屋菓子舗』カステラ(久万高原町)



久万高原町ネタの続き。

「焼肉 ちぐさ」で昼食を済ませた後は、その周辺を散策。

食べること以外の情報収集は事前にしていなかったので(笑)

然したる観光スポットを発見することも出来ませんでしたが

こちらの「笛ヶ滝公園」に立ち寄り、のどかな風景を満喫。

時間に追われる日々を過ごす昨今、癒されるこの一時を堪能します。










そして、今回の久万遠征の本命でもある『吉野屋菓子舗』に初訪問。

場所は、国道33号線から少し外れた商店街の通りになります

普段からあまり甘いものを好んでは食べない私ですが

メタぼでぃさんのブログで、この店の存在を知ってからは

久万高原町入りした時には必ず立ち寄ろうと決めていました。








店の外観からも分かるように、その佇まいは老舗のお菓子屋。

今どきのスイーツなんてのは置いてません。

店を切り盛りしているのは、おそらく親子と思われる

店のご主人とお兄さんの二人。








この店のウリでもある「カステラ」は一本840円、金の箱に入れると1050円。

ま、今回は自分で食べるのが目的なので“箱なし”をオーダー。

…と、ここまでは

さほど珍しくもなく、ありふれた様相でしょ?

でも、ここから先に、目を見張る光景が待ち受けていたんです(笑)








箱なしカステラを包装すべく、動き出したお兄さん。

小刻みなその動きは、リズミカル…いや、違う

“せわしない”と言った方が、正しいかな?(笑)

メタぼでぃさんの表現を引用するならば

“チャカチャカしている”となりますが、まさにその通り(笑)

包装が一段落するやいなや、お兄さんが

「840円ですが、○○○円で構いません」

…え~、ありがとうございます♪








すると、ご主人が、カステラとは別の紙袋へ何やら詰め込み

(ご主人もチャカチャカしてます…笑)

「こちらも入れておきますので、お早めに」

後で紙袋を開けてみると、カステラの切り落としが入っていました♪

そして、更なるサービスが…

あまりこれ以上書き込むのも何なので、ここはあえて触れずにおきましょう(笑)

そのサービス精神もさることながら、ご主人とお兄さんの腰の低さには

こちらまで恐縮せざるを得ません(笑)

ご主人、お兄さん、私の三人共に何度も頭を下げながら

お兄さんにお見送りまでしてもらいながら、気分よく店を出るのでした♪

※サービスの内容は保証出来ませんので、悪しからずご了承くださいませ。








今回購入した【カステラ】がこちら。

一見、ありがちな普通のカステラに見えますが

ある部分に、この店独特の“施し”がされています。

その“施し”が良いアクセントになり、美味しくて手が止まらなくなるんです♪

いや~、これはオススメ出来る一品ですね。








それも、そのはず

後で画像を確認すると、店内には何枚もの賞状が飾られていました。

誠実な人柄のご主人の真摯なお菓子作りが認められた証なのでしょう。

この伝統がお兄さんに受け継がれ、末永く続けてほしいと切に願うばかりです。

(チャカチャカした動きは既に受け継がれてるかな?…笑)

久万高原町に行かれましたら…

いや、このカステラ目当てに、久万高原町入りするのもアリではないでしょうか♪




メタぼでぃさんのブログ記事はこちら

三坂道路開通
http://bmikaku.i-yoblog.com/e501190.html






■吉野屋 菓子舗

住所:愛媛県上浮穴郡久万高原町久万166-1 地図

時間:8:00~20:00(日曜は19:30まで)

定休日:毎月3日・13日・23日

駐車場:無



2012年6月 2日 (土)

『焼肉 ちぐさ』中華そば・丼ぶりセット(久万高原町)



今年3月に開通した「三坂道路」

遅れ馳せながら、先週末ようやく走行することが出来ました。

カーブ道の多い三坂峠も、この道路を利用することで快適になりましたね。

これで、久万高原町に行く機会も増えそうです。










そして、今回やって来たのが、こちらの『焼肉 ちぐさ』

場所は国道33号線沿い、久万中学校付近で営業されています。








幸か不幸か、一人での焼肉店訪問にも免疫が出来つつある私(笑)

抵抗感なく座敷の席にも堂々と座ります♪

「あの人、どうしたのかしら?」…と

近くの席にいたファミリー客に思われようが、そんなの気にしません♪(笑)










焼肉以外にも、麺類・丼もの・定食などのメニューが揃っています。

三坂道路が開通したとはいえ、そう頻繁に訪れることは出来ない店なので

メニューの選択も慎重になりがちではありますが








こちらのセットメニューならば一挙両得でしょう。








【中華そば・丼ぶりセット】800円

中華そばに付いてくる丼ものは

牛丼・鳥丼・豚キムチ丼・豚生姜焼き丼・親子丼…の中からチョイス可能で

今回は牛丼をチョイスしてみましたよ。








中華そばの上には、チャーシュー・メンマ・蒲鉾・ゆで卵など。

実にシンプルな、中華そばらしい中華そばといった雰囲気。








麺は軟らかめ、スープはあっさり味。

唸らされるほどではないものの、普通に美味しい。

シンプル・イズ …ベター♪といったところでしょうか。

実は、当初は某食堂の中華そばを食べる予定でしたが

いつになく、たまらなく空腹だったもので今回は回避(理由はともかく)

でも、そんな中で“久万の中華そば”と呼べそうな

二件目の店を発見出来たことが、今回の久万遠征の収穫かな♪

某食堂へは、小腹を少し満たした状態で行くことにしよう(笑)








牛丼は予想していたものと違って

卵でとじた牛肉が乗った、俗にいう“他人丼”スタイル。

肩透かしを食った上に、茶碗サイズのボリューム。

おまけに、私の苦手なビチャ飯(ツユダク)といった三重苦ながら(笑)

これが、あっさり味で食べやすくペロリと完食。

ま、空腹の成せる業かどうかは判断しにくいところですが(笑)

また来てみたいな、と思える店であることは間違いないでしょう。

次回は、焼肉にチャレンジしてみようかな?






■焼肉 ちぐさ

住所:愛媛県上浮穴郡久万高原町久万277 地図

時間:11:00~14:00/16:00~22:00

定休日:月曜

駐車場:有



« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

無料ブログはココログ