« こんなん出ました | トップページ | 最近メシ »

2011年8月20日 (土)

『セルフめん処 どがいぞう』ぶっかけうどん(宇和島市)



つい先日、お盆休みを利用して田舎へ帰省していました。

こちらは、私が幼少期によく遊んだ「中央公園」

公園の向かいにあった駄菓子屋は無くなっていたものの

こういった郷愁に浸れる場所が、未だ顕在なのは嬉しいですよね。







おっ…あんな所にうどん屋が?

前出の公園から歩いて直ぐの距離に、オープンして間もない新店を発見♪

その名も『セルフめん処 どがいぞう』

宇和島弁も「きさいや」「がいや」とかは、耳にしたことがある人も多いと思いますが

“どがいぞう”なんて…どがいぞう?(笑)

※「どうでしょう」という意味です。

おそらく、ヤングな宇和島人は使わない言葉でしょうね。

(私も含めて…笑)







店内に入ると、先ずは厨房前でオーダーを済ませます。

うどんを中心に、蕎麦やご飯ものなどのメニューが揃っていますよ。







夕方前の入店だったからなのか、よく確認出来ませんでしたが

かけうどんの場合は、小さなザルに入ったうどんが予め準備されていて

それを自らテボに入れて温める“大介うどん方式”が用いられるようです。







やっぱり、暑い日には冷たいうどんを食べたくなりますね。

こちらのメニューは、少し待たなければいけないようですが

その方が、活きの良い麺を食べられそうなもんです。

…ってなことで







「ぶっかけうどん」450円

「むきえびの天ぷら」150円

うどんは、大盛りでも同じ値段。

これが結構なボリュームなんですよね♪







微妙な時間帯の入店だったとはいえ、麺のコシは充分感じられる上に

やや細めの麺とアッサリしたダシがマッチして、これは老若男女に受け入れられそう。

次回は、他のうどんも食べてみたくなりました♪

ただ、ひとつ気になったのは…

ネギと天かすが、スプーン二杯目からは有料となるシステム。

ま、無料となると某店のようにガッツリいく客も続出するのかもしれませんが

(私はしませんよ…笑)

わざわざ、こんなシステムにしなくても

ネギなんて最初からトッピングしてくれれば…なんて思ったりも。

ま、何度か通えばそんな些細なこと気にならなくなるかもしれませんが

そんなこと思ってしまうセコい私って…どがいぞう?(笑)








関連ランキング:うどん | 宇和島駅

« こんなん出ました | トップページ | 最近メシ »

食べ歩き@宇和島市」カテゴリの記事

コメント

松山では「どないぞ?」になるんですかねぇ。しかし、インパクトある店名でw

薬味を入れたくないお客さんのことを思ってのことかもしれないよ

「きさいや」は分かるけど、「がいや」は、松山では使わないよね

どういうシチュエーションで使うんだろ

カプリさん

この名前を付ける店は、今後おそらく出てこないでしょうね〜。
松山で「どないぞ」を使う人はいますね。
私は「どないなっとんぞ?」と、昔はよく怒られたりもしましたが…(笑)

あいぼんさん

なるほど、ネギ嫌いな人にはその方がいいかもしれませんよね。
「がいや」は「凄いな」という意味になるでしょうか。
「あの○○、がいやね〜」という使い方です。
松山での暮らしの中で、宇和島弁がポロッと出るような人に遭遇すると嬉しくなったりもしますね(笑)

懐かしい響きの店名ですねえ~。亡くなった祖父が「どがいぞ?」・・とかって言ってたのを思い出しました。まぁ僕が遥か昔の幼き頃の記憶ですけど。。「がいや・・・」「がいに・・」っていう言葉も聞いた事があります。兵庫県人の幼き僕には、ある意味外国に来たような感覚だったあの頃でした。。。

のりさん

宇和島生まれの私が言うのも何ですが「がいや」は異国の言葉に聞こえますね(笑)
愛媛県内でも距離が少し離れると、方言は随分と違ってきます。
現在住んでいる松山で初めて耳にした「ほやろげ」は衝撃的でした(笑)

※そうですよね…という意味です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1352874/41278066

この記事へのトラックバック一覧です: 『セルフめん処 どがいぞう』ぶっかけうどん(宇和島市):

« こんなん出ました | トップページ | 最近メシ »

無料ブログはココログ