« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月27日 (土)

最近メシ

夏休み終わり間近のちびっ子達

宿題はもう済ませたかい?

今頃になって、あわてて絵日記を書いてたりしないかい?













ま、あれだ

そんな偉そうなこと言うオッサンの日記も

去年から撮っておいた画像をネタにしとるんやけど(笑)













ボツネタ扱いというわけではございません。

何を食べたか忘れていたり、書くタイミングを逃していたり…

ま、そうゆうのをボツネタというのかも?













さて、画像だけでどこの店か分かるでしょうか?

かと言って、全問正解しても景品なんて出ません(笑)



2011年8月20日 (土)

『セルフめん処 どがいぞう』ぶっかけうどん(宇和島市)



つい先日、お盆休みを利用して田舎へ帰省していました。

こちらは、私が幼少期によく遊んだ「中央公園」

公園の向かいにあった駄菓子屋は無くなっていたものの

こういった郷愁に浸れる場所が、未だ顕在なのは嬉しいですよね。







おっ…あんな所にうどん屋が?

前出の公園から歩いて直ぐの距離に、オープンして間もない新店を発見♪

その名も『セルフめん処 どがいぞう』

宇和島弁も「きさいや」「がいや」とかは、耳にしたことがある人も多いと思いますが

“どがいぞう”なんて…どがいぞう?(笑)

※「どうでしょう」という意味です。

おそらく、ヤングな宇和島人は使わない言葉でしょうね。

(私も含めて…笑)







店内に入ると、先ずは厨房前でオーダーを済ませます。

うどんを中心に、蕎麦やご飯ものなどのメニューが揃っていますよ。







夕方前の入店だったからなのか、よく確認出来ませんでしたが

かけうどんの場合は、小さなザルに入ったうどんが予め準備されていて

それを自らテボに入れて温める“大介うどん方式”が用いられるようです。







やっぱり、暑い日には冷たいうどんを食べたくなりますね。

こちらのメニューは、少し待たなければいけないようですが

その方が、活きの良い麺を食べられそうなもんです。

…ってなことで







「ぶっかけうどん」450円

「むきえびの天ぷら」150円

うどんは、大盛りでも同じ値段。

これが結構なボリュームなんですよね♪







微妙な時間帯の入店だったとはいえ、麺のコシは充分感じられる上に

やや細めの麺とアッサリしたダシがマッチして、これは老若男女に受け入れられそう。

次回は、他のうどんも食べてみたくなりました♪

ただ、ひとつ気になったのは…

ネギと天かすが、スプーン二杯目からは有料となるシステム。

ま、無料となると某店のようにガッツリいく客も続出するのかもしれませんが

(私はしませんよ…笑)

わざわざ、こんなシステムにしなくても

ネギなんて最初からトッピングしてくれれば…なんて思ったりも。

ま、何度か通えばそんな些細なこと気にならなくなるかもしれませんが

そんなこと思ってしまうセコい私って…どがいぞう?(笑)








関連ランキング:うどん | 宇和島駅

2011年8月19日 (金)

こんなん出ました



…壊れましたね(笑)

2011年8月18日 (木)

『パン・メゾン』塩パン(八幡浜市)



八幡浜市役所の側にある人気パン屋『パン・メゾン』をご紹介。

今年のGWに、この店の塩パンを初めて食べて以来

次回の八幡浜遠征ではチャンポン食べて、その後に塩パンを買って帰る

…という構想を思い描いていたんですよね。

ま、思いのほか満腹になってるのは予定外ではありますが(笑)

塩パンならば、胃袋のすき間に入るってもんですよ♪











ま〜、しかし

さすが人気店というか、引っ切りなしに訪れる客の数がハンパない。

外でノンビリ待機しようかな?…な〜んて思いつつも

客足が全然落ち着かない様子を見て、なりふり構わずの突撃。

美味しそうなパンがズラリと並ぶ中、お目当ての塩パンはどこじゃらホイ♪

あ、あれかな?







…Oh!!(笑)







ま、そんな茶番劇はさておき(笑)

人気商品であるが故に、この塩パンは随時焼かれているようで

今回も難なく購入することが出来ました♪

で、その塩パンをアップでパチリ。

撮影場所が八幡浜港なのは、意味は特別ありません(笑)







外はパリッ、中はシットリ。

いや〜、やっぱ美味い♪

ご満悦で帰路を走る中、車内は塩パンの香ばしい匂いが充満…

どんな芳香剤よりも、いい香りだったりしました(笑)








関連ランキング:パン | 八幡浜駅

2011年8月14日 (日)

『お食事処 ロンドン』ちゃんぽん大盛(八幡浜市)



大洲の五郎河川敷フラワーパークで乙女チックな気分を味わった後(笑)

八幡浜へと移動して、昼食を取るために商店街を散策。

そして、たどり着いたのが『お食事処 ロンドン』です。

この店は、ちゃんぽんで有名な老舗店ですよね。

実は、ブログを始めて間もない昨年の春にも訪れてはいたんですが

撮った画像の大半がピンボケで“お蔵入り”したネタだったんです。

ま、撮るコツも多少は覚えた今日この頃…

ちょいとばかり用心しながらの突撃〜♪(笑)







こちらがメニュー。

ちゃんぽん以外にも、定食類や丼物など充実してますよ。

これまで見かけていた一番高い「ステーキ定食」は無くなっていましたが

新たに、ちゃんぽんの“大盛り”が追加されていて嬉しい限り♪







ちなみに、こちらが昨年春に撮っておいた“ノーマル”ちゃんぽん。

過去にも何度か食べてますが、ボリュームが若干…というのが正直な感想でした。

ま、食い意地張った私の感想なんて参考にならないかもしれませんけど(笑)







で、当然の如く今回オーダーしたのが

「ちゃんぽん大盛」630円

なんと、ノーマルちゃんぽんの倍近いボリューム。

105円だけの違いであれば、こちらが断然お得ですね〜♪







豚肉と野菜も具沢山。

ちゃんぽんは、こうでなくっちゃいけません♪







鶏ガラベースのアッサリとしたスープに、野菜の甘みも加わって

食べ終わるまで飽きさせない味わいといえますね。

味は以前と変わらないと思いますが、これまでよりも満足度は高かったです♪

(大盛りだったということを抜きにしても…笑)







お土産用としても「ロンドン」のパック入りチャンポンは販売されているようです。

いや〜、それにしても思いがけぬ満腹感といいますか…

この後のチャンポンの“ハシゴ”は、泣く泣く断念しましたよ(笑)








関連ランキング:ちゃんぽん | 八幡浜駅


2011年8月13日 (土)

深夜の牛丼〜♪



夏休みに入り、いつになく順調なペースで更新中の「愛媛さすらい日記」♪

ま、ただヒマなだけなんですが…(笑)

え〜、そんな話はさておき

やれ、チーズだ

お次は大根おろしだ

なんて、色んなトッピングが登場する「すき家」の牛丼も

なんだかんだで、何も乗せないノーマル牛丼が一番美味いと思う私。

(こんな“仕打ち”も含めて…笑)

ところが!!

今回登場した期間限定「ニンニク牛丼」は

辛さとニンニクの芽の食感が、牛肉と案外マッチしていてアリでしたよ〜。

てか、以前も存在したメニューなので“復活”といえるのかな?






それにしても、ヘルシー路線はどこへやら…

夏休みだからいいか♪(笑)



2011年8月12日 (金)

『伊予 源氏車』特製辛醤つけめん(松山市)



高島屋のビアガーデンの次に向かったのはコチラ♪

花園町にある『伊予 源氏車』です。

たらふく食べて飲んで、まだ物足りんのかっちゅ〜話やけど(笑)

やっぱね…

一日の終わりをビシッとシメるのは麺類でしょう♪(笑)







なんだかんだで一年以上来てなかった、この「源氏車」

その頃より若干メニューが増えたような増えてないような?

で、今回はまだ食べたことのない一品をオーダーしてみましたよ。







「特製辛醤(シンジャン)つけめん」950円

酔いも回ってるせいか、一番高いメニューをオーダーしております(笑)







で、この「特製辛醤つけめん」とノーマル「つけめん」の違いはといいますと

香ばしく焼かれたチャーシューが数枚入ってるところが“特製”で

辛味のある赤いラー油がかかっていて“辛醤”のようですね。







つけダレの中身は、とにかく具沢山。

中をホジホジすると、この店ならではの海老チクワも。

ほんでもって、パクっとな♪







う〜ん、美味いっ♪

濃厚つけダレに太麺を投入し、具材も絡めてガッツリ!!

こってりクリーミーな味わいに魚粉の風味がプラスされ

その後を追いかけるように、辛味のある刺激までプラスされるんですよね。

いや〜、以前来た時よりも美味くなってる気がします。

これは、また来てみないといけませんね。

ビアガーデン後の〆としては、さすがにヘビーだったので(笑)

やっぱ、次回は空腹時に来てみないと…♪






■伊予 源氏車

住所:愛媛県松山市花園町5-11

時間:11:30〜15:30/17:30〜22:00(祝日は11:30〜18:00) 

定休日:日曜

駐車場:無(駐車券持参で100円キャッシュバック)

2011年8月11日 (木)

『いよてつ高島屋 スカイビアガーデン』で呑んで喰らう♪…&くるりん(松山市)



『いよてつ高島屋 スカイビアガーデン』にて、有志達との交流会が行われました。

いや〜、待ちに待った今年初のビアガーデン♪

去年は行けなかったから、なんだかんだで2年ぶりになるのかな?

よ〜し、去年の分も飲みまくるぞ〜♪(笑)







この時、午後6時

まだ空も明るく、客足もまばらです。

ま、人がいない方が料理も撮りやすいんですけどね(笑)

さて、その料理ですが…













ソーセージ・フライドポテト・唐揚げ・焼き飯・酢豚・揚げ出し豆腐・おでん・冷奴などなど

珍しい物こそないものの、ビアガーデンの定番メニューが揃っていましたよ。







ビールは、こちらのマシーンのボタンをポチっと押せば

ジョッキが傾き、泡まで綺麗に注いでくれますよ。

う〜ん、このマシーン欲しくてたまらん♪(笑)

ビールの他にも、チューハイなどのアルコール類

メロンソーダなどのソフトドリンクも充実してました。







チョイスした食べ物を摘みながら、ビールをグビッと♪

開放的な空間で飲むビールの量は、限りな〜く増えるってもんです(笑)

有志達もアルコール効果?で饒舌にもなり、有意義な交流会となりました。

で、この画像の左上に見えるのが「観覧車くるりん」のチケット。

ビアガーデンを利用することで、100円で搭乗出来るようになるんですよね。











空も暗くなってくると、空席が見当たらないほどの盛況ぶりに。

そして、くるりんも“夜バージョン”に様変わり。

よし、せっかくなんで乗ってみましょ〜♪







酔いも手伝ってか、私自身が高所恐怖症だということを忘れてました(笑)







ま、酔いも手伝ってなんでしょう

肝心な夜景も、まともに撮れてませんでしたけどね(笑)

てか、昼間の明るい時間帯に乗るのはやっぱ厳しいかな…







前売券が2800円(当日だと3000円)で

平日は2500円になるサービスもあるんですね〜。

ここは、他所のビアガーデンよりも安い割には

料理もそんなに悪くもなく、全然“アリ”でしたよ♪

今夏中に、もう一回くらい行けるかな?(笑)






■いよてつ高島屋 スカイビアガーデン

住所:愛媛県松山市湊町5-1-1 高島屋8階屋上

時間:17:30〜21:30

定休日:無休

駐車場:有

※ビアガーデン開催期間は、2011年9月30日まで

フラワーパークおおず②(大洲市)





五郎河川敷でヒマワリを見た後にやって来たのが

大洲北只IC近くにある『フラワーパークおおず』です。

昨年7月の訪問では、ちょいとばかり肩透かしを食らいましたが(笑)

五郎河川敷にヒマワリがあれだけ咲いてるんだから、ここも…







おっ?







おおっ?







おおおっ!?

咲いてますよ〜♪

てか、フラワーパークだから当然か(笑)











この画像のアングルは、真夏の焼けたアスファルトに寝そべりながらの撮影…

良い子のみんなは、決して真似しないでください(笑)







ま、そんな撮影の仕方も

周りに人っ子一人いない状況だから出来るわけです(笑)

やはり、このフラワーパークが多くの人で賑わうのは春と秋でしょうか。

ここも、季節が変わる頃に再び訪れてみないと…♪

(前回の記事は→コチラ






■フラワーパークおおず

住所:愛媛県大洲市西大洲甲1766-7

時間:入園自由

定休日:年末年始

駐車場:有

2011年8月 9日 (火)

五郎河川敷のひまわり(大洲市)



大洲の五郎河川敷にやって来ました。

この河川敷は、今年の春に菜の花を見て以来の訪問となります。

あの一面に咲き誇る黄色い菜の花は、未だ鮮明に記憶している次第です。

で、この夏に見に来たのが…







ヒマワリなんですね〜♪







河川敷の中でも“畑の前橋”周辺に密集するように咲き誇っています。











画像では確認しづらいですが、ミツバチも飛び交っていましたよ。

ちょっと夏バテ気味?なヒマワリが多いことからも

この日(8月7日)の時点では、見頃も過ぎていた様子。







さて、次はコスモスですね〜。

今度はタイミングを誤らないようにしないと…(笑)

(前回の記事は→コチラ






■五郎河川敷

住所:愛媛県大洲市五郎河川敷

駐車場:有

『うどん 味十味』冷やし山かけ(松山市)



松山市の南高井町にある『うどん 味十味(あじとみ)』に初訪問。

場所は、県道40号線沿いの「西林寺」の向かいになりますよ。







田舎の民家のような造りの店内は落ち着く雰囲気。

切り盛りしているのは、愛想よい年輩のご夫婦で

常連客と思われる男性と和やかに談話している様子からも

アットホームな優良店だということがよく分かります。







こちらがメニュー。

各種うどんが揃っていて、季節によって限定メニューが加わるようです。

で、この中からオーダーしたのが…







「冷やし山かけ」788円

山かけうどんの冷たいバージョン。

うどんに付いてくるのは、薬味とキュウリの酢の物。

なんでも、このキュウリは自家製なんだとか。







うどんのアップ。

すりおろした山芋に卵黄と青海苔が乗っています。

ほんでもって、パクっとな♪







若干細めの麺と山芋の粘りがマッチしていて

ズルズル〜っと一気に胃袋の中に消えていきます♪

コシは然ほど感じられませんが、喉越しも良く好印象。

と、ここで

自家製野菜と思われるナスを使った料理をサービスをしていただきました。

しかし、何でも食らいつく私が唯一食べられないのがナス!!(笑)

大変失礼ながら、今回はお断りする羽目に…(すみません)

でも、新鮮な自家製野菜は一度食べてみる価値アリですよ〜♪







こちらは、夏限定メニューかな?

次回は、このうどんを食べてみることにしよう♪








関連ランキング:うどん | 鷹ノ子駅平井駅梅本駅






2011年8月 7日 (日)

『中国料理 梁山泊』カレー天津丼(松山市)



松山市の平和通りにある『中国料理 梁山泊(りょうざんぱく)』に初訪問。

場所は、平和通りでも西側の古町駅寄りになります。

ここも以前から気になっていた店の一つでしたが

駐車場が何処にあるやら分からず、行けず仕舞いだったんですよね。

さて、その問題の駐車場へたどり着くには

一方通行路の都合上、店の正面を通り越して左折

そして、左折を繰り返し…

なんだかんだで店の周りを一周する形になります(笑)

ま、別ルートの探索は今後の課題にしておきましょう♪









こじんまりとした薄暗い店内は、万人を寄せ付けない雰囲気はありますが

空腹のオッサンはそんなの気にしません(笑)

メニューは、麺類・ご飯物・定食・一品料理など豊富。

好奇心をくすぐるメニュー名も所々に見受けられますね〜♪







「カレー天津丼」700円

あれこれ悩みそうなので、最初に目に止まった物をオーダー。

餡の代わりにカレーがかかった天津飯に、福神漬と中華スープが付いてきます。







てか、こぼれそう…(笑)

30cm級の丼に溢れんばかりのボリューム感♪







思いのほか、カレーはまろやかな味わい。

個人的には、もうちょいスパイシーな方が好きなんですが

卓上にあるウスターソースをかけてみると、これがなかなかイケましたよ。

しかし、食べても食べても減りません♪

このボリュームに、完食するまで多少の苦戦もしましたが

ガッツリやれる店が、私の中で一つ加わったことは大きな収穫でした。

次回は、変わり種メニューに挑戦してみるのもいいかも♪

しかも、大盛りにも挑戦したりなんかして…?(笑)








関連ランキング:中華料理 | 本町4丁目駅古町駅本町3丁目駅


2011年8月 2日 (火)

歌仙の滝公園(今治市)



「手打ちうどん たぬき」で昼食を済ませ、今回の目的地へと向かいます。

国道196号線沿いの来た道を少しだけ戻り、玉川町への山道へと入っていけば

こちらの案内板が目印となりますよ。







そして、車で走ること数分

『歌仙(かせん)の滝公園』に到着しました♪









この『歌仙の滝公園』は“えひめ森林浴八十八ヶ所”の他にも

“えひめ自然百選”にも選定されているんですよね。

駐車場から滝までは歩いて行くことになりますが、そう遠くはないかな。

よ〜し、早速レッツらゴ〜♪







う〜ん、早速しんどい(笑)







坂道を黙々と上り続けること約5分、傾斜も緩くなってきました。

と、ここで現れたのが…







歌仙の滝〜♪

思いのほか近場でした。







この滝は、小屈折も数えると36曲がりあるため

36歌仙にちなんで「歌仙の滝」と言われるんだそうです。







滝観音堂のある場所まで上がれば、滝に近付くことも出来ますよ。









ここまで上れば、岩肌をゆっくり水が流れ落ちる様子や

滝壺の前にいる滝観音も確認出来ますね。







さて、ここで駐車場へと一旦戻り

公園内にある、もうひとつの滝「霧合(むごう)の滝」も見に行ってみました。









この滝は、道沿いから確認することが出来ます。

雄滝と雌滝の二筋に分かれた滝が一つになって一気に流れ落ちる様は、力強く迫力もありますね〜。







滝の近くまで下りてみました。

※足元が滑りやすいので要注意。







滝を目の当たりにすると、マイナスイオンを感じられる上に

水しぶきが霧状に散布し、心地好い気分ですよ〜♪

歌仙の滝よりも古いこの滝は“古滝”とも呼ばれ

その昔、滝に打たれ修業も行われていたこともあったんだとか?

ま、私も何か思い立った時は

Gさんでも連れて一緒に打たれてみようかな♪

もちろん、冬場は避けますけどね…(笑)






■歌仙の滝公園

住所:愛媛県今治市菊間町松尾

駐車場:有

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

無料ブログはココログ