« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

『手打ちうどん たぬき』肉そば(今治市)



またまた、今治ネタです。

といっても、今回は松山市から程近い菊間町方面。

まずは、軽く腹ごしらえするために『手打ちうどん たぬき』に初訪問。

場所は、伊予亀岡駅の少し手前の国道196号線沿いにありますよ。







店先では、たぬきの置物が出迎えてくれてました。

その愛くるしい姿には、妙に親近感を覚えたりなんかして…?(笑)









ネタとして思い描いていた「たぬきそば」は残念ながらありませんでしたが(笑)

うどん・そば共に、オーソドックスなメニューが揃っていましたよ。

本来ならば、店側が推しているうどん系で行くべきですが

そばを食べたい気分を頭から拭い切れず、こちらをオーダー。







「肉そば」600円

甘辛く煮込まれた牛肉とゴボウが入った蕎麦です。







麺は細めで柔らかいですが、その食感から手打ちの良さも充分感じられました。

具材の甘辛さが出汁に滲み出て、どこか懐かしくて優しい味わいでしたよ。

今度来る機会があれば、うどんメニューも食べてみないと…♪







さて、次に向かうは

この店からそう遠くない、今回の目的地です♪






たぬきそば(蕎麦) / 伊予亀岡駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


住所:愛媛県今治市菊間町種3598-2

時間:10:30〜21:00

定休日:月曜

駐車場:有

2011年7月28日 (木)

『愛媛大衆酒場 エビス』で呑んで喰らう♪(松山市)



またまた、Gさんの青春とやらにお付き合いしてきました。

今回は、同僚のNさんも同行。

まずは、グビッとやる前のウォーミングアップにボウリング。

そして、キスケから歩いて直ぐの『愛媛大衆酒場 エビス』に到着〜♪







三人共に「エビス」は初訪問だったわけですが

どこか昭和チックな店内は、まさしく“大衆酒場”らしさ満点で好印象。

この画像からも分かるように、我々も外から丸見えですが

そんな堅苦しいこと言うのも野暮ってもんでしょう…(笑)







お通しは、いりこと大根おろしが入ったサッパリ系。

これで、生ビールをグビッと♪







前回同様、ボウリングのスコアをさりげなくテーブルの上に…

画像のブレ具合からも、惨敗したGさんの動揺が窺えるかと(笑)







メニューは、七輪焼きを中心に刺身と一品料理が揃っています。

この中から最初にオーダーしたのが…







「エビスセット」1260円

七輪焼きのメニュー数種を寄せ集めたセットですね。

色んな物が食べられる上に、ドリンク1杯サービス付きなのでお得ですよ。

※この画像は二人前です。







焼き開始〜♪

このミニ七輪は、初っ端は火力も弱いんですが

じっくりと焼けるのを待つのも何か楽しかったりします。







良い感じで焼けてきました♪

「七輪って良いね〜」なんて言い合いながらパクつきます。







ありがたいことに、二人共に私の撮影に協力的で

網の上に色んな物を乗っけては、こちらをジーッと見たりなんかします…(笑)







突然、目の前が煙に包まれるのも七輪ならでは。

「いい画が撮れた」と言い合い、涙目で再びパクつきます♪(笑)







「ししとう」200円

何気にデカくて固まってしまいましたが

そんなに辛くもなく、箸休めには丁度良いですね。







左:「エイヒレ」500円

右:「ホタルイカ畳干し」300円

個人的には、このホタルイカが大ヒット。

七輪で軽く炙ることで、旨味が出てくるんですよね。

こりゃ、ビールもすすみます♪

その他にも…







「本日の刺身盛り合せ」650円







左上から時計回りに

「イカの塩辛」300円

「タコ刺身」?

「トマトスライス」250円

「プリプリホルモン」580円







ボウリングに勝利したNさんに、Gさんがお酌する画もパチリ。

しっかりと、ラベルも正面に向けてくれてます(笑)

「エビス」で“エビス”ビール…Nさんも思わずエビス顔♪







で、私はホッピーを初体験。

体には良さそうですけど、やっぱビールの方が好きかな(笑)

あれこれ食べて飲んで、一人3000円ほどのリーズナブルさ。

“仕事帰りにふらっと気軽に寄りたくなる”…これが三人の一致した感想でした。

庶民的な雰囲気込みで、お気に入りの一店となりそうです。






愛媛大衆酒場 エビス居酒屋 / 松山駅前駅松山駅大手町駅

夜総合点★★★★ 4.0


住所:愛媛県松山市大手町2-9-18 石田ビル1F

時間:17:00〜25:00(ラストオーダー24:30)

定休日:無休

駐車場:無

2011年7月23日 (土)

松山中央公園でウォーキング♪(松山市)





食べ歩きネタが続いたからというわけでもないですが

たまにやってる散歩ネタをちょっくら書いてみます。

国道56号線沿いをてくてく…

余戸の「ローズハウス」と余土中グラウンドの間の道を歩いていくと

今回の目的地でもある『松山中央公園』に到着しました。







『松山中央公園』でピンとこない方でも

「坊ちゃんスタジアム」がある公園だとなれば分かりやすいかもしれません。







で、こちらがその「坊ちゃんスタジアム」

愛媛マンダリンパイレーツの本拠地としても有名な球場で

プロ野球の公式戦も年に数回行われていますよね。

以下、Wikipediaより抜粋

【公募により命名された愛称「坊っちゃんスタジアム」は、松山市を舞台にした夏目漱石の小説「坊っちゃん」に因んでいる。もともと「野球」という言葉は、松山市出身で夏目漱石らとも交遊関係にあった俳聖・正岡子規が作ったといわれる俗説がある。子規の本名は「升」(のぼる)で、これに引っ掛けてベースボールを「野(の)・ボール」と称し、これが「野球」になったとされる。】

いや〜、困った時のWikipedia(笑)







今回は公園内にあるウォーキングコースを利用してみましたよ。

そのコースも、A・B・Cの3コースが楽しめるようです。

それでは、ウォーキングがてら

公園内の施設もサクッと紹介してみたいと思います。









手始めに、一番距離の短いBコースにレッツトライ♪

足元のラインが、コースの行方の目印になりますよ。

まずは、テニスコートの横をてくてく…







間もなくして見えてくるのが、松山競輪が行われる「であいフィールド」

この競輪場の周りを歩いていくと、外からも場内のバンクが確認出来ます。







「であいフィールド」を越えた辺りで、綺麗な桜も観賞出来ますよ。

ま、ここで

ウォーキングなんて暫くやってないことがバレたりもするんですが…(笑)







公園内を流れる川の向こう岸に見えるのが「愛媛県武道館」

柔道や剣道などの大会の他にも、コンサートなどのイベントも行われるようです。







スタジアム前に戻ってきて、Bコース終了〜♪

意外とあっさり終わって物足りないこともあり

お次は、一番長い距離のAコースにレッツチャレンジ♪

(いいね、前向きな私…笑)







Aコースを歩き始めて直ぐに見えてくるのが「アクアパレットまつやま」

この施設では、屋内と屋外にあるプールで水泳が楽しめます。







こちらは「マドンナスタジアム」

坊ちゃんスタジアムと、ほぼ同規格の球場なんですが

主に、硬式・軟式やソフトボールで利用されているようです。







このAコースは、目印となるラインが見つけにくかったもんで

適当なウォーキングに切り替えるまでに、そう時間はかかりませんでした(笑)

ま、でも

複数のコースを自分なりに絡めれば、飽きないウォーキングを楽しめるかと思います♪







空も暗くなってきたし、これにてウォーキング終了♪

心地好い疲労感が残る中、再び帰路をてくてく…

いや、それにしても

健康面を考えると、また久しぶりにウォーキングを再開しないといけません。

昨夜も、ついつい暴飲暴食をしてしまったもんで(笑)

(詳細は後日)

今後、公園内で歩きながらパチパチ撮ってるオッサンがいたら

ひょっとすると、それが私かもしれない…

※多分違います(笑)







ちなみに、こちらが公園内の案内図。

詳しい『松山中央公園』情報は→コチラでご確認を。






■松山中央公園

住所:愛媛県松山市市坪西町

時間:8:00〜21:30

駐車場:有

2011年7月22日 (金)

『お食事処 トンネル茶屋』パイクー麺(東温市)



今治で八十八ヵ寺巡りB級グルメを堪能

西条でうちぬき水も汲んだ“東予方面ぷらぷら旅”も

その後は、なんだかんだで大人しく松山に戻ってきたわけですが…

どうも私の胃袋は大人しくなるどころか、グズり始める一方で?(笑)

ってなことで

国道11号線の桜三里をひた走る中

河之内トンネルの側にある『お食事処 トンネル茶屋』に寄り道♪







店内は、大人数の団体客が訪れても大丈夫なほど結構広々としたスペース。

この日も、ドライブがてら立ち寄ったと思われる幅広い層の客で賑わっていました。

うどん・そば・丼物が揃っている辺りは、基本メニューの範疇なんでしょうが

鴨やキジの鍋料理まである所に“山道のお食事処”らしさも感じられたりします。

(店の近くで捕獲するかどうかは不明…笑)









…なんて、ほのぼのとした気分でメニューをめくっていけば

“山道のお食事処”らしからぬ、中華系がメインメニューだと気付くんですけどね(笑)

ま、せっかくなんで?

今回は、その中華系メニューからオーダー♪







「排骨(パイクー)麺」750円

骨付き豚ロース肉の唐揚げが乗ったラーメンに、野菜サラダが付いてきましたよ。







ちょっと濃いめでスパイシーな味付けの唐揚げは、ビールに合いそう。

骨が無い方が食べやすいのにな〜と思うのは、私がお子ちゃまだから?

見てくれは、充分過ぎるほどオッサンですが(笑)







ラーメン自体は、こうゆうドライブインの食堂にありがちな素朴な味わいですが

唐揚げの濃い味付けと合わさり、丁度良くなっていますよ。

ちなみに、店のスタッフはご年輩のお母さん方が中心。

ま、その辺は“山道のお食事処”らしいとはいえますが(笑)

もし、実際に厨房で中華系を調理しているのであれば

これは、なかなかパワフルなお母さん方だな〜なんて思ったりもしました。








関連ランキング:定食・食堂 | 横河原


2011年7月20日 (水)

お持ち帰り〜♪



はい、お持ち帰りです。

たまには浮いた話の一つでもネタにしてみようかと思いますが

持ち帰ったのは「すたみな亭」のカラアゲ♪(笑)

てか、これ

焼肉丼セットをガッツリ完食した後のお持ち帰りなんですけどね(笑)

あ〜、次回の健康診断が恐いぞ〜…



2011年7月19日 (火)

映画『阪急電車 片道15分の奇跡』を観てきたぞ〜♪



第一候補、第二候補で観たかった映画が数時間待ちということで

ノーマークだった、この『阪急電車 片道15分の奇跡』を重信シネマサンシャインで鑑賞。

原作も読まず、全く予備知識なし故にあまり期待はしていなかったんですが…

ところが、どっこい♪

この作品は、完全に“当たり”でした。

内容については細かく触れませんが、心温まる素晴らしい作品でしたよ。

最近お疲れ気味だったり、凹み気味な人にはオススメといえます。

そろそろ、上映期間も終わり間際かもしれないので

気になる方はお早めに〜♪



2011年7月18日 (月)

『チャイナダイニング 白楽天』焼豚玉子飯(今治市)





東予方面ぷらぷら旅の続き。

さてさて、当てもなく動いた旅とはいえど

いつもと変わらず、腹ってのは減るもんで…(笑)

そこで、やって来たのが

今治市の常盤町にある『チャイナダイニング 白楽天』です。

どうやら、かなりの人気店のようで

昼食時とはいえ、店内はほぼ満員状態で賑やか。

“お一人様”だった私は、誰もいない外れのカウンター席へ通されます。

ま、その方が気兼ねなく撮れるってもんですよ…(笑)











店頭にも幟が立っていたように

やっぱ、今治まで来たら“焼豚玉子飯”は食べてみないかんでしょう♪

ま、そう言いながらも

このメニューの豊富さに、かなり目移りはしましたね(笑)







「玉子飯(焼豚玉子飯)」700円

ボリュームあるサイズの丼に入った焼豚玉子飯に、中華スープ付き。







かつて、店の“まかない飯”だった焼豚玉子飯を

最初に商品化したのが、この「白楽天」なんだそうです。

“玉子飯”とメニュー表記された辺りに、そのこだわりもあるんでしょうかね?







レンゲで玉子をつつくと、濃厚な黄身がドロ〜ンと…

ほんでもって、パクっとな♪







いや〜、こりゃ美味い♪

やや甘めで香ばしいタレが、ご飯と玉子の黄身に絡んでグ〜♪

焼豚玉子飯の評価は、タレの味が好みかどうかによる部分が大きいとは思いますが

個人的には、これまで食べたどの焼豚玉子飯よりも

この店のそれは、断トツと言えるんではないかと♪

松山にあれば、間違いなく通う店なんだろうな…と思ったりもしましたね。






白楽天中華料理 / 今治駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


住所:愛媛県今治市常盤町4-1-19

時間:11:00〜15:00/17:00〜22:00

定休日:火曜

駐車場:有

第54番札所 延命寺(今治市)



先日の“東予方面ぷらぷら旅”での話。

当てもない旅だったとはいえ、道中で八十八ヶ寺巡りはしっかりと行いました。

国道196号線も大西町を越えた辺りで、県道38号線へと移り

案内板に従って行けば、難無くたどり着くことも出来ますよ。

ま、方向音痴でナビ頼み一本槍な私は

小高い住宅地の離合も出来ない狭い道をグルグル回ったりもしましたが…(笑)







人間は横着をしたらダメなんだな…と自分に言い聞かせ

ここからは、徒歩で向かうことに(笑)









今回やって来たのは、第五十四番札所となる『延命寺(えんめいじ)』

この仁王門を抜けると…









山門が見えてきました。

その昔、今治城門の一つを譲り受けたものなんだそうですね。

そして、境内を進み







本堂へ。









その本堂の左側に見える石段を上ると、大師堂が見えてきます。

参拝を済ませ、再び当てもなくぷらぷらと…

【2011年7月3日巡礼】






■延命寺

住所:愛媛県今治市阿方甲636

駐車場:有

2011年7月16日 (土)

『イタリア料理 でゅえっと 市駅前店』デュエット風ミートソース(松山市)





松山市駅前にある『イタリア料理 でゅえっと』をご紹介。

松山で生まれ育った人であれば、一度は訪れたことがあるのでは?…といわれるほどの有名店ですよね。

ま、そんなこと言いながら

松山の在住歴が長くなってしまった私も、今回ようやくの初訪問。

うれしはずかし、頬を赤らめながらのハニカミ突撃です♪









ま、オッサンのそんな気色悪い胸中はさておき…(笑)

店内に入ると、幅は狭いながらも奥行きがあり

ほの暗い照明とジャズのBGMが、妙に心を穏やかにしてくれます。

さて、気になるメニューの内容ですが

種類こそ少ないながらも、スパゲティーを中心にイタリア料理が揃っていますね。

うむむ…グラタンやピラフも気になりますが

やっぱ、今回は“定番”で行くべきでしょう♪







「デュエット風ミートソース(サラダ付)」840円

お〜、定番どころか“ド定番”のミートスパですよ〜♪







量は多いと聞いてはいましたが、この盛り具合はナカナカ♪

(画像では、ちょっと伝わりにくいかな?)

ほんでもって…パクっとな♪







う〜ん、もう余計な言葉は要らないでしょう♪

一口食べただけで、早くもクセになりそうな予感…(笑)

定番っちゃ〜定番なんですが

甘酸っぱいミートソースは、どこか懐かしい味わいでした。

脳内に確実にインプットされてしまった今後は

おそらく、定期的に無意識に口走ったりするでしょうね

「あ〜、でゅえっとのミートスパが食べたくなってきた」…と♪






そして、この記事を書き終える今…

「でゅえっとのミートスパが食べたくなってきた♪(笑)」






でゅえっと 市駅前店イタリアン / 松山市駅前駅松山市駅南堀端駅

昼総合点★★★★ 4.0


住所:愛媛県松山市湊町5-2-1

時間:10:30〜21:00

定休日:火曜(祝日の場合は営業)

駐車場:無

2011年7月15日 (金)

『長浜フェリー食堂』かつ丼(大洲市)



今回で二度目の訪問となる『長浜フェリー食堂』

長浜大橋のイルミネーションを見る前に立ち寄ったわけですが

いつの間にやら、外観もこんな感じに様変わり?(笑)







おそらく、外装工事しているだけなのでしょう

中にある食堂は、何事もなく営業されているようで一安心。

それにしても、この入口

相変わらず、来る者を寄せつけない雰囲気を醸し出してます(笑)







今回は、店内もチラリズムで♪

テーブル席と小上がり席が数席あり、カウンターと化したこの席の前には魚拓も飾られています。







壁には、8月6日に開催される「赤橋夏まつり」のポスターも。

このポスターの小さい文字も、最近は目が霞んで見づらいな〜…という人のためにか







…視力検査も行えるんですよね(笑)

ま、そんなこんなで

今回オーダーしたものが到着〜♪







「かつ丼」730円

カツ丼には、味噌汁と漬物が付いてきましたよ。







玉子の半熟具合も良い感じ。

つゆだくではない点からも、私好みのカツ丼といえるようです。

ほんでもって、パクっとな♪







…う〜ん、美味い♪

豚カツは、衣サクサク&肉汁ジューシー。

そんな豚カツに、ほど好い味付けの卵とじが合わさります。

いや〜、しかし

オーソドックス故の抜群の安定感というのでしょうか

どのメニューをオーダーしても、ハズレが無さそうな店といえますね。

ここも、お気に入りの一店となりそう♪

(前回の記事は→コチラ






フェリー食堂定食・食堂 / 伊予長浜駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


住所:愛媛県大洲市長浜甲1030-3

時間:11:30〜13:30/17:00〜20:00

定休日:日曜、祝祭日

駐車場:有

2011年7月12日 (火)

長浜大橋のイルミネーション(大洲市)



さてさて、昨夜の話です。

今回やって来たのは、大洲長浜にある『長浜大橋』







昭和10年架設ということは、70年以上の歴史がある橋なんですね。

今年の正月は、肱川あらしの強風に吹かれながらの訪問だったために

今回は、こういった辺りもじっくりと再確認出来た次第です。







この時、19時過ぎ。

学校帰りと思われる学生達も橋の上を行き交います。

で、仕事帰りに慌ただしく

何故、この長浜大橋にやって来たのかといいますと…







7〜9月の夏期は、夜間にイルミネーションが点灯されるんですね〜♪

その時間帯も19:30〜21:00の間とのことですが

どうやら、少し早めから点灯されている様子?







そうこうしているうちに、空も良い感じで暗くなってきました。







橋の上から、日が沈む伊予灘方面をパチリ♪

で、30分ほど待機してると…







長浜大橋の風景も、こんな感じになりました。

ライトの明かりが、肱川の水面に照らされます。







しかし、夜景の撮影は難しいもんですね〜。

何十枚も撮っていながら、まともなのは数枚だけ。

ま、腕が悪いだけかもしれませんが…(笑)







橋の側にある長浜商店街も、ひっそりと点灯されていましたよ。

個人的には、こちらのイルミネーションの方が情緒もあって好きだったりしますが…(笑)






■長浜大橋

住所:愛媛県大洲市長浜

駐車場:有

2011年7月11日 (月)

双海なう



仕事帰りに大洲長浜に向かって、ピュピュ〜ンと♪

(詳細は後日)

で、その帰りに「ふたみシーサイド公園」に寄り道してみましたよ。

どうやら、石像?にカラフルなライトアップをしてるみたいです。

近くまで行って、パシパシ撮りまくりたいところですが

良いムードなカップル達が周りにいたので、やめときました(笑)

ま、暗い所でオッサンが一人でいると“変人の聖地”になりかねんから早く松山に帰ろう♪(笑)



2011年7月 9日 (土)

『愛媛さすらい日記』2011年上半期の回顧録

今年もあっという間に半年が経過しました。

これからは、本格的な暑い夏を迎えることになるんでしょうね〜。

そして、そんな猛暑を潜り抜け

涼しくなってきたかな?…と感じた頃には

年賀状の準備なんてしているのかもしれません。







え〜、そんな前置きはさておき…(笑)

今年も、やるかどうか分からない「愛媛さすらい大賞」

年末にバタバタとまとめるのもしんどいと思うので

(そんな大したもんじゃないが…笑)

この機会に、今年上半期をサラっとツルンと軽く振り返ってみましたよ〜♪

※画像と文章は関係ございません。







正月の“大洲三部作”(勝手に命名)でもある「肱川あらし」「人面岩」「金山出石寺」

これは道中で大変な思いをした分、強烈な印象が残っています。

ここ最近では、長浜大橋も夜間のイルミネーションを始め

出石寺でも紫陽花が見られるようで、行ってはみたいところなんですが

遠方へのネタ探しに、やたら腰も重く感じてしまうのは気のせいか…(笑)







同じく、大洲の「五郎河川敷」も印象深いですね。

河川敷一面に咲き誇る黄色い菜の花は、見事に鮮やかでした。

もうそろそろ、ここでヒマワリが見られることになるでしょう。

下半期は、もうちょい“ぶらつきネタ”を強化したいところ。

それが、食べ歩きと小ネタばかり横行している当ブログの課題でもあります…(笑)







食べ歩きでは、松前の「すたみな亭」は外せないかな。

大食いな私としては、実にありがたい店でして

今年上半期でも、三度に渡り紹介させていただきました。

ま、今後は乱発するのもどうかと思うので

忘れた頃に、さりげな〜く紹介してみたいと思います(笑)







文末に、リピ確定だとか

次回は○○を食べてみたい…とか書いておきながらも

二度目の訪問に至らない店なんて、ざらにある無責任な私ですが(笑)

下半期は、この「太白」への再訪は絶対押さえておきたいところ。

しばらく行けてない「いそべ食堂」「ひかり食堂」へも、年内には是非…♪






あ、そうそう

会社の健康診断の結果が、かなり悪かったもんで

今後は、食べ歩きもヘルシー指向になるかもしれません(涙)




2011年7月 6日 (水)

本日の夕食

某店の「豚とろ丼」をお持ち帰り〜♪

袋から取出すと、こんな感じ。







なんでしょ…

この、やられた感(笑)



2011年7月 5日 (火)

『らーめん工房 夢来人(むらびと)』みそつけ麺(松山市) ※閉店





垣生のラーメンショップが衣更えしているという、ハマーさんからのコメント情報を受け

ネタを求めて、早速駆け付けてみましたよ〜♪

で、その店名は『らーめん工房 夢来人(むらびと)』

ふりがな有ってこその当て字といえますね(笑)







店のご主人の話によると

ラーメンショップから、店名とメニューを変えての再出発なんだそうで

特に、メニューに関しては「ガラリと変えました」と力が入っていました。

“無添加で化学調味料は使用してません”という文字にも目が止まりますが

私には“並盛りと中盛りは同一料金”の方が気になったりします(笑)

で、そのメニューをちょいと拡大してみますと…







ラーメンも、しょうゆ・みそ・塩と揃っています。

どうやら、具材の豪華さによって値段もアップするようですね。

ラーメンショップも暫く行ってなかったので、あまり記憶も定かでないですが

塩味は、これまでには無かった新しいメニューなのかな?







つけ麺も同様。

全体的に値段が少し高く感じる気はしますけど。

で、この中から今回オーダーしたのが…







「みそつけ麺」730円(税込み766円)

そして、トッピングに

「味付け玉子」95円(税込み99円)







つけダレを底から掬ってみると、ワカメと茹で豚タイプのチャーシューが出てきましたよ。







麺の上には、海苔とネギ&白髪ネギ

そして、つけダレ同様に茹で豚タイプのチャーシューが乗っています。

追加トッピングした味付け玉子が無ければ、ちょっと寂しく感じたかも?







白く透き通った細めの麺は、引っ張ってもちぎれない弾力性があります。

つけ麺の麺としては、あまり見かけない珍しいタイプかもしれませんね。







つけダレの味は、どことなくラーメンショップの趣を残した味わい。

(そう言及すると、ご主人は否定的でしたけど…笑)

そして、どことなく「青しょう」のつけダレに似た感じもしました。

魚粉も無い、太麺でもない

ここ最近流行りのガツンと来るつけ麺とはまた違いますが

そうではない部分で勝負するご主人の狙い?は所々で見受けられました。

次回は、メニューの中に“是非たべて〜♪”と書かれていた塩ラーメンを食べてみようかな?






■らーめん工房 夢来人(むらびと)

住所:愛媛県松山市西垣生町380-1

時間:?

定休日:?

駐車場:有

2011年7月 4日 (月)

『魚河岸市場 男組 釣天狗』で呑んで喰らう♪(松山市)



さてさて

Gさんの青春とやらへのお付き合いも、今回のネタでようやく完結編(笑)

いろんなショックを抱え込んだGさんに連れられ、やって来たのは

味酒町にある居酒屋『魚河岸市場 男組 釣天狗』です。

どうやら、この店を知った情報源も「もぎたてテレビ」のようで…(笑)







明るく活気溢れる店内は多くの客で賑わっていました。

一階のカウンター席に通されましたが、この店は四階まであるんだそうですよ。







店名からも分かるように、この店は新鮮な魚料理がウリのようです。









焼き物・炒め物・揚げ物・煮物など…何でもござれといった印象。

魚だけかと思いきや、鶏料理なんかもあるんですね。







では、オーダーした品の一部をご紹介。

まずは…

「ハマチの刺身」500円







う〜ん、脂が乗っていて美味い♪

新鮮な魚を頂くには、やっぱ刺身が一番です。







で、これが…マグロのユッケ?

酔ってたので、メニュー名と金額は忘れました(笑)







海老とホルモンの鉄板焼き?

プリプリとした食感が良く、少し塩分高めながらもビールが進みます♪

本来なら、ミニコンロでジュージュー焼きながら食べるんでしょうけど

二人共に、火を点けたり消した記憶はございません…(笑)







と、ここで

メニューの中に「レバ刺し」を発見♪

どうせ無いんでしょ?

…という複雑な表情をしたGさんを尻目に、私が代わりにオーダー(笑)







じゃじゃん♪

「レバー刺し」780円

“レアレバ”ショック覚めやらぬGさんも、これは喜色満面(笑)







私は、実はレバーが苦手だったんですが

一口だけ食べてみると…これが美味い♪

全く臭みもなく、ツルンと口の中で溶けていきます。

ここ最近の生肉に対する固定観念が、全く無いかといえば嘘にはなりますが

鮮度に自信があるからこそ出せる一品なんでしょうね。

さて、そんな先入観はどこへやら

次から次へと、私がお構い無しにレバ刺しをパクついてしまったもんで

Gさんにとっては、また新たなショックが生まれたかもしれません…(笑)









閉店前の訪問だったこともあり、ラストオーダーも近付いてきました。

ご飯物やデザートはシメにも向いてますよね。

新鮮なネタを使った握り寿司も捨て難いところですが

ここで、私がチョイスしたのは…







「だし巻き玉子」500円

いや〜、これも美味いんです♪

これに、ご飯と味噌汁なんかあれば最強ですが

残ったビールと一緒に片付けました。









今回はビールしか飲みませんでしたが、日本酒や焼酎も豊富。

マッコリやカクテルなどの飲みやすいドリンクもあるので“女組”にもウケは良さそう。









この店もあれこれと食べて飲んで、二人で7000円くらい。

お得なコースもあるので、予算に応じて楽しめますよね。

ここも、リピ確定です♪

なお、昼間は「大手町食堂」として営業していて

リーズナブルな定食類が食べられるそうですよ。






■魚河岸市場 男組 釣天狗

住所:愛媛県松山市味酒町1-1-8 

時間:17:00〜23:00(大手町食堂は11:00〜14:00)

定休日:無休

駐車場:有

2011年7月 3日 (日)

西条なう



さて、Gさんとの戯れ話の途中なんですが

次ネタは画像が多くて面倒そうなので、小ネタを一つ挟みます(笑)

で、只今の私はといいますと…

東予方面をぷらぷらと、当てもなくうろついております。

今治で焼豚玉子飯を食べ、西条でうちぬき水をゲット♪

ま、その水を汲むのも

自販機で買った水を一気飲みし、空けたそのペットボトルに注ぐという

全く何がやりたいんだ?…と思うような行き当たりばったり(笑)

さ〜て、そろそろ松山に帰ろかな?

それとも、新居浜まで行ってみようかな♪(笑)



2011年7月 2日 (土)

カラオケ喫茶で…ホゲ〜♪



久しぶりのジャイアンリサイタル♪

Gさんの青春とやらにお付き合いしていくと

ちょっと怪しげな?“カラオケ喫茶”なる場所にも突入するわけで…(笑)

カラオケボックスやスナックとかで歌うことは数あれど

ま〜、こうゆうユル〜イ雰囲気も悪くないかも♪








歌いたい曲を紙に書き、カウンターにいるマスターに手渡し…

実に“アナログ”な、昭和の名残がここにはあります(笑)

客層の年齢も高めで、歌好きが集う故に歌唱力ある人も多いのが特徴?

こんな世界に放り込まれると、まだまだ私もヒヨッコなのだと痛感します(笑)

画像では、気持ち良く歌っているように見えるGさんですが

お気に入りのママさんが不在だったこの日は、テンションもやや低め。

“レアレバ”ショックの余韻をも引きずりつつ、そそくさと店を出ました…(笑)




つづく



2011年7月 1日 (金)

『日向鳥 あかね家』で呑んで喰らう♪(松山市)





ボウリングで軽く汗をかいた後は、居酒屋でタップリと水分補給♪(笑)

キスケの入口から歩いて数分の場所にある『日向鳥 あかね家』に到着です。

この店は「ぶぁいく屋」なるバイク屋の二階にあるんですよね。

Gさんの話によると

以前「もぎたてテレビ」で紹介された、この店の“レアレバ”がどうしても食べたくて仕方なかったんだそうで…











焼き鳥メニューも、鶏の各部位・つくね・変わり種などが揃っており

それを塩焼き・たれ焼き・ゆず胡椒などで頂けるようですね〜。

で、Gさんが開口一番に“レアレバ”をオーダーするんですが…

やはり、と言うべきか?

この時季は、ほとんど生状態の“レアレバ”は取り扱わないそうで

これまで“レアレバ”を事あるごとに職場で話題にしていたGさんにとって、これは大ショック。







生肉に関しては諸所で問題発生した件もありますし、これは致し方ないですね。

そんな中、私は

ボウリングのスコアを見せつけ、さらにGさんを凹ませる追い討ちを(笑)

それでは、今回食べた物の中から一部を紹介してみます。







「砂ズリ」一串200円(左)

「せせり」一串120円(右)







「皮」一串100円(左)

「もも」一串220円(中)

「ぼんじり」一串250円(右)







「ぼんじり」とは、鶏の尾骨の周りにある僅かにしか取れない部分の肉だそうで

一串しか残ってなかったという、その「ぼんじり」をGさんと仲良くシェア。

で、一口食べてみたところ

肉は小さめながらも、その中に旨味がギュッと詰まった感じ。

これは、なかなか良いですね〜♪







焼き鳥以外のメニューでは

「チャンジャ」500円







「もろきゅう」200円







「ヤゲン軟骨の素揚げ」400円







ここで、予めオーダーしておいた“時間がかかります!”という「ごぼうチップ」が運ばれてくるわけですが…







「ごぼうチップ」400円

ま〜、これがね

とにかくデカいんですよ(笑)

横に置いたケータイと比較してもらえると、そのサイズも伝わるかな?

てっきり、かき揚げの類いかと思ってたのに…(笑)







う〜ん、食べても食べても減りやしまへん。

二人共に途中でギブアップして残りはお持ち帰りしました(笑)

ごぼうのシャキシャキ感が、もうちょい残っていれば飽きも来ないかもしれませんね。







あれこれと食べて飲んだ割りには、二人で7000円くらい?

ま、リーズナブルっちゃリーズナブルなんですが

1500円コースや飲み放題コースなどを利用すると、それ以上にお得かもしれません。

他にも、鍋料理(要予約)なんかもありましたよ。







酔っていたので、よく覚えてなかったんですが(笑)

撮っておいた画像を後々見てみると“串もの豆知識”なんてあったんですね。

オーダー前に、こうゆうのを参考にするのは楽しいかも♪

いや〜、それにしても

砂ズリに関しては、もうちょい食べておいても良かったかな?(笑)






■日向鳥 あかね家

住所:愛媛県松山市宮田町2-8 ぶぁいく屋Fビル 2F

時間:17:30〜23:00 ※各ラストオーダー時間は画像参照

定休日:月曜

駐車場:無

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

無料ブログはココログ