« 道の駅・マイントピア別子(新居浜市) | トップページ | 『もつ鍋専門店 国重』中華そばセット(松山市) »

2010年8月28日 (土)

東洋のマチュピチュ(新居浜市)

「今度、別子銅山にでも行かない?」

…って、気になるあのコを誘えば

「ベッシドーザン?」

と、眉間にシワ寄せられたりすることも予想されますが(笑)

「東洋のマチュピチュ♪体験してみよ〜よ」

…であれば、気になるあのコも

「マチュピチュ…♪」

と、目をキラキラさせたりするんでしょね

…多分(笑)







そうなんです

四国のインカ帝国と言われた別子銅山も

“東洋のマチュピチュ”と宣伝をし始めると

その神秘的?なキャッチフレーズも手伝って、観光客も増加したんだとか。

イメチェン効果、絶大ですね〜。

さてさて…

道の駅「マイントピア別子」から、車で数分走ると

目の前には、ループ橋♪

ここも、今や名所と言えるでしょうね。

フジグランの出入りで、目が回りそうな私も

これくらいの距離ならば、大丈夫(笑)

そして、さらに車を走らせ

東平ゾーンへの山道へと突入します♪









その山道は、狭いながらも

離合可能な箇所がいくつかあるんですが

予想以上に観光客が多いこともあってか?

度々、渋滞に出くわしてしまいます。

そんなこんなで

ようやく、駐車場に到着♪

なんと、車の大半が県外ナンバーでした。









駐車場から、展望台らしき場所まで歩を進めると

遺跡の一つでもある建物を上から見下ろすことが出来ます。

よく、メディアやネットで見かける風景は

この展望台からの眺めだったんですね。

よし♪あの場所まで降りてみましょ〜。







すると、突然Aさんが呼びかけるので振り向くと

歳喰ってても、少年のような心を忘れてないぜ

…なるポーズを見せつけてくれました(笑)

ブログに載せろというアピールでしょうか?

渋々ですが、載せときましょう(笑)







ここからは、結構長い階段を降りることに。











階段を降りれば、この光景♪

貯鉱庫や索道基地など

実際に目の当たりにすると、その歴史の重みを感じますね。







こちらは、個人的にお気に入りの一枚。

先程、上から見下ろした展望台があんな所に。

写真からもお分かりいただけるとは思いますが

この日も、ほんと暑かった…











この周辺は、銅山に関わる労働者やその家族が住んでいた場所だったこともあり

この山道の中には、娯楽場・病院・保育園などの跡地も見受けられました。

あ、そうそう

山道歩く時は運動靴がいいですね。

我々オッサン二人のように

サンダル履きだと、かなり苦戦しますよ(笑)







にわか雨が止みかけ、ミスト状になり

それがキラキラと太陽の光に反射。

天候の変わりやすい山上ならではの現象でしょうね。

かなり美しい光景でしたが、撮り損ねてしまい残念…

一度訪れると、足は遠退いてしまいそうな気もしますが

機会があれば、またいつか再訪してみたいとは思いますね。

まだ行かれていない方は、是非どうぞ…♪

今回の新居浜ぶらり旅も

時系列的には、このあと…こんな感じでフィニッシュ♪(笑)






■マイントピア別子・東平ゾーン

住所:愛媛県新居浜市立川町654-3

駐車場:有

« 道の駅・マイントピア別子(新居浜市) | トップページ | 『もつ鍋専門店 国重』中華そばセット(松山市) »

ぶらつき@新居浜市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1352874/36399185

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋のマチュピチュ(新居浜市):

« 道の駅・マイントピア別子(新居浜市) | トップページ | 『もつ鍋専門店 国重』中華そばセット(松山市) »

無料ブログはココログ